ファンを増やしたい!苦手なSNSで情報発信を毎日続けるためのマインドづくり



SNSで、世界が広がる

今はSNSで仕事がとれる時代。
とくに会社に属さず働いている人たちにとってはSNSでいかにファンを獲得するかで仕事の幅が広がります。

とはいえ、本当はSNSを使用せず、穏やかに暮らしていたいと願う人も多いでしょう。でも時代背景を考えると、そんなわがままを言っていられません。

今回は、苦手なSNSで情報発信を毎日続けるためのマインドづくりをご紹介します。

力を入れるSNSを決める

私もSNSに対しては、まだまだ抵抗を感じています。
しかし毎日一回だけ更新し続けたことで、100もなかったTwitterのフォロワーが1000以上に到達しました。はっきり言います。「健全なアカウント」です。

周りのTwitterを覗きにいくと、フォロワー数があってもそれが偽物だということがバレバレの人もいます。本当にファンがいる人とそうではない人の差ははっきりと分かるのです。

一人でも多くのファンをつくるためには、力を入れるSNSを決めます。SNSは、FacebookやInstagram、Twitterの3つがメインではありますが、一番拡散力が強いのはTwitterだと感じています。セルフブランディングしやすいのはInstagram。

ちなみに私のおすすめは、こちらの二つのうちのどちらか。なぜなら、Facebookに関しては周りの人がほとんど更新をせず、ファンづくりの場所としては向いていないと思ったからです。

すべてのSNSを同じペースで更新し続けるのは、あまりにもつらすぎます。何か一つ決めて、毎日更新し続けましょう。

必要な道具を揃える

次に必要な道具を揃えます。携帯が古いなら、最新のものに変えるのも仕事といえば仕事。
Instagramのように写真要素が強いSNSの場合は、本格的なカメラも必要になります。必要な道具をすべて揃えて、ようやくスタートラインに立てるのです。

あとは必要なスキルも身につけておいた方がいいかも。たとえば、一眼レフを買っても写真のセンスが向上しないと、インスタ映え効果は期待できません。独りよがりの写真は意味がないのです。

あくまでもセルフブランディングの一環でSNSに力を入れるなら、今の自分に必要な道具をすべて書き出し、一つずつそろえましょう。

専用の手帳で管理する

苦手なSNSを毎日続ける最大のコツは、専用の手帳を用意すること。本格的な手帳ではなくても、自分のテンションが上がるキャラクター手帳でも構いません。

大切なのは、手帳に書き込む時間を楽しく感じさせてくれるデザインを選ぶことです。あとは毎日更新をしたら、スタンプかシールを押して管理。さらに時間があるなら、どのくらいの反応があったか、なぜ反応が鈍かったかを分析し、メモに残すとファンづくりに活きてくるでしょう。

今のアカウントがどんな変遷をたどるのか記録につけておくことで数年後、改めて振り返れます。

毎日続ければ、かたちになる

毎日続けていれば、必ず結果はでます。
たとえ反応がなくても続けているうちに、誰かの胸には響きます。

SNSが苦手でも、あえて力を入れることで今よりも高い位置にステップアップできるでしょう。毎日コツコツと続けられるオリジナルの作戦を立ててみてください。