【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯5

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯5

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第5回目は、「与えられた環境から学ぶべきこと」について。


初めての挫折

ココ・シャネルの史実を知っている方なら、彼女がどれだけ芯が強く、自分の力で運命を切り開いてきたかを知ることができるでしょう。しかし、そんなシャネルでも様々な挫折を経験しています。その初めての挫折とも言えるのが、歌手への道を諦めたことではないでしょうか。

前回のコラムでシャネルは自分の力で仕事を手に入れるために、歌手の道を極めようとしていたとお伝えしましたね。シャネルは踊り子兼歌手として、ムーランではなかなかの売れっ子でした。彼女の叔母であるアドリアンヌと共に名声を手に入れ、順風満帆な生活を送っていました。このまま歌手として生きていけるのでは…!と期待し、意を決してお針子の仕事を辞めて、より高みを目指そうと、レベルの高い歌手が集まるヴィシーという場所へ拠点を移します。

しかし拠点を移した以降、オーディションは落選続き…。あのシャネルもヴィシーでは井の中の蛙だったのです。なんとか気持ちを奮い立たせるも、とうとう自分はここではやっていけないと悟ると、完全に自信を喪失。シャネルは傷心状態でかつていたムーランへ戻ることになりました。

エティエンヌ・バルサンによる救いの手

ムーランにはシャネルのファンである取り巻きの男性が何人もいた。そのうちの一人である、上流貴族のエティエンヌ・バルサンはシャネルに「愛人として一緒に暮らさないか」とシャネルに申し込みをしていた。歌手としてやっていける可能性を見出していたら、きっとシャネルはこの時、エティエンヌの申し出を断っていただろう。しかし、自分には地位も名声も富もない。このまま生きていてもお針子の仕事に戻るしかできないと確信したシャネルは、エティエンヌの愛人として、彼と共に生活をすることを受け入れたのです。

今でこそ『愛人』というと、不誠実な関係とされていましたが、シャネルの生きた時代では、男性にとって愛人を持つことはステイタスの象徴でした。そのため風俗産業も盛んで、身分の低い女性が唯一成り上がれる職業こそが娼婦・愛人という職業でした。娼婦や愛人にも様々な階級や制度があり、複数の男性と関係を持つ愛人もいれば、生涯たった一人の人を愛し抜く愛人もいたのだとか。

エティエンヌとシャネルの関係は後者で、たった一人の男を愛し抜く愛人として彼のシャトー(子城)で贅沢な生活を送ることになりました。でも、エティエンヌにはもう一人、エミリエンヌという愛人がいたのですけれどね…。こともあろうに、シャネルとエティエンヌを同じシャトーに住まわせるという始末。最初こそ、女同士のいがみ合いはあったのかもしれませんが、シャネルとエティエンヌのはタイプの違う魅力的な女性で、次第に二人は戦友のように切磋琢磨し合う仲になったのだそう。エミリエンヌの存在は、シャネルがデザイナーとして成功して行くためのキーパーソンともなっていきます。

贅を尽くした場所でシャネルが学んだこと

生まれた血筋で貧富の差が決まる時代に生きたシャネル。身分の低い生まれの女性が社会的な成功をおさめる道は『高級娼婦』になるか、『愛人』として囲われて暮らすかのどちらかしかありませんでした。しかし、高級娼婦になることも、お金持ちの愛人になることも言うほど簡単ではありません。

愛人になったところで、男の人に捨てられれば元の生活に元どおり。高級娼婦としての地位を築いても、年を取るごとに目減りしていく世界。確固たる幸せな生活を確保することといえば、『結婚』のほかにはあり得ません。シャネルもまたエティエンヌの愛人ではありながら、結婚はできないと彼の言葉の端々から感じていました。

幼少期の母の姿、身分の低い女がたどる末路からシャネルは男の力で生きることは本当の意味で『自由』ではないと感じ始めるのです。普通の女性は“貴族の愛人”という当時でいう最高峰の立場を獲得したならば、将来のことなど案じるよりも先に贅の限りを尽くしたり、幸せに満ち溢れた生活を送ろうとします。

しかし、シャネルは本質を見抜く才能がある女性。これは永遠に手に入れた自由ではないと気づくやいなやエティエンヌの屋敷にあった、さまざまな小説を読み漁り“教養”を身につけます。どんな小説にも必ずそこには学びがある。小説を通して見える世の条理や、人間性、これまで身分の低さから学べなかったこと、知らなかった世界をしっかりその目で焼き付けていたのです。

与えられた環境を活かす力を大切に

今回ご紹介したエピソードは最もシャネルらしい強さが垣間見えたものだと私は考えています。不遇な状況や、自分にとって辛いと思われる出来事が起こったとしても、落胆するだけじゃなく、そこから何を得られるのかという“先”を見る賢さがある。

そして、ふっと与えられたチャンスを常に掴んで離さないキャッチ力も強い。正直、エティエンヌの愛人になるというのは、シャネルにとってチャンスであるいっぽう、賭けでもあったと思います。身分は低く、貧困の生活ではあるものの、愛人にならず真っ当な生活を送れば、自分と同程度の身分の男性と結婚をしたかもしれない。でも、上流貴族の愛人となれば、貴族との結婚はほとんどあり得ない。公然と愛人をしていた女性に他の男が結婚を申し込むチャンスもほぼないと言って良い状態になります。

それでも現状打破を望み、どんな状況でもなんとか生き抜いていく知恵を新しい環境で見つけていくしかない!と、彼の手を取ったのかもしれません。そして文字通りシャネルは与えられた環境にただ、あぐらをかくのではなく次の一手、また次の一手と学びと実行を繰り返していきます。この強さと賢さは現代の私たちでもぜひ見習いたいですよね。

どんなに不利な立場でも、その環境に置かれた意味がある。学ぶことがある。変わらぬ本質さえ見抜き続ければきっと未来は明るいものになっていくはず。もし今後アナタにとって不利な状況が起こった時はぜひ、シャネルのような考え方を取り入れてみてはいかがでしょう。負のスパイラルから抜ける手立てが見つかるかもしれません。

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯9

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯9

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第9回目は、「本当のパートナー」について。


「こだわり」だと思っていたら頑固扱い!?こだわりの境界線って一体どこ?

「こだわり」だと思っていたら頑固扱い!?こだわりの境界線って一体どこ?

自分にとってこだわりだと思っていたこと。実はそれが周りにとっては「細かい」や「頑固」といったネガティブな目線で見られることもときにはある。だからといって仕事に手を抜くことは正解なのか。今回は、こだわりが頑固に見られる境界線と対処法についてご紹介します。


最低賃金が引き上げられるタイミングに!自分の給与の見直しについて

最低賃金が引き上げられるタイミングに!自分の給与の見直しについて

年々上がり続ける最低賃金。「正社員の私には関係がない」と思っていませんか? 最低賃金は労働者であれば誰にでも当てはまること。最低賃金が引き上げになる度に、自分の給与やお金のことについて、しっかりチェックしておきましょう。


「好きなことを仕事にする」より「能力を発揮できる仕事」のススメ|MY WORK ヒント#57

「好きなことを仕事にする」より「能力を発揮できる仕事」のススメ|MY WORK ヒント#57

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第57回目は、好きなことを仕事にする注意点についてです。


今日は自宅で仕事。朝起きてから一瞬で仕事スイッチに切り替えるコツ

今日は自宅で仕事。朝起きてから一瞬で仕事スイッチに切り替えるコツ

きょうは自宅で仕事。どうすれば家にいながら仕事モードに切り替えられるのか、試行錯誤していませんか?今回は、朝起きてから一瞬で仕事スイッチに切り替えるコツをご紹介します。


最新の投稿


合理的な恋愛を求める婚活女子の「マッチングアプリ」事情について

合理的な恋愛を求める婚活女子の「マッチングアプリ」事情について

恋愛だ結婚だ、と出会いの活動を増やしている女性は多いけれど、出会いは多くなればなるほど選択肢が生まれて恋のチャンスを失っていく。今回は、婚活に力を入れてマッチングアプリで出会いを増やす女性たちの話。


信じ続ければ、願いは叶う。夢を叶える女性の特徴

信じ続ければ、願いは叶う。夢を叶える女性の特徴

夢は願うものではなく、叶えるもの。次々と目標を達成する女性の横顔は、みているだけで、うっとり。今回は、夢を叶える女性の特徴をご紹介します。


【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯9

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯9

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第9回目は、「本当のパートナー」について。


やる気が出ない…。あえて自分にプレッシャーをかけるメリット|MY WORK ヒント#58

やる気が出ない…。あえて自分にプレッシャーをかけるメリット|MY WORK ヒント#58

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第58回目は、計画しても前に進まない自分を奮い立たせる方法です。


秋の季節にぴったり!ほどよいしっとり肌に導くボディソープ3つ

秋の季節にぴったり!ほどよいしっとり肌に導くボディソープ3つ

そろそろ肌の乾燥が気になってきたこの時期。 顔だけでなくボディに対する乾燥も、まずは洗うものから衣替えをはじめてみませんか? この時期にちょうど良い、しっとりさに導いてくれるボディソープを3つご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング