それ、アナタに必要?思い切って“〇〇を止める”習慣法

それ、アナタに必要?思い切って“〇〇を止める”習慣法

忙しい私たちは常にたくさんのモノを抱え込みがち。ゆとりある暮らしを実現するには、足りないものを手に入れるのではなく抱えすぎていることを捨てる・止めることが大切。


♯それ、あなたに今、必要なコト・モノ?

あなたは、自分にとって必要なコト・モノを日々選択して選んでいますか?誰かとの予定、やらなくてはいけない仕事、欲しいモノ……。人は欲を持つ限り、何かを満たそうとつい多くのものを抱え込んでしまいます。しかし、不思議なもので多くのモノを抱え込もうとすればするほど、満たされない気持ちになっていくような感覚を覚えませんか?本当に必要なものだけを見極め、シンプルに止める・捨てるを習慣化させる方が実はとっても純度の高いライフスタイルが送れるのかもしれません。そこで今回は、私たちがついやってしまいがちな、止めると良い習慣をご紹介します。

♯買い物をやめてみる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

私は仕事柄、よく服を購入します。撮影が続く場合は、毎月、大量に服を購入したり、借りたりするので意識しないと服に対する欲求感覚がズレてしまうんですよね。本当は手持ちのクローゼットでワンシーズン着回せるほど持っているのに、どうしても『まだ服が足りない』という気持ちになってしまいます。また、旬な洋服に取り囲まれている環境にいると、そのアイテムを持っていないということがストレスになってしまいがちに。

こういうときは「なぜその服を買う必要があるの?」といざ洋服を購入する前に自分に問いかけると少し冷静になって衝動買いの欲がおさまります。さらに、つけ加えて「その服はどこを探しても絶対に手に入らないもの?それを今買わないとものすごく後悔する?」と洋服を前に自分と対話を習慣にしています。すると、「まいっか。ここじゃなくても似た服はありそう」とすんなり買いたい欲が落ち着くのですね。反対に「これはどこを探しても、今、ここでしか手に入らない!」と強く思えた服は、本当に愛着を持って何年も着続けることができる。こうした自問自答をすることによって、自分にとって本当に良い服を見極められるので、ぜひモノを買いすぎな方は取り入れてみてくださいね。

買いすぎることを止めると、手にしているモノを大切にする気持ちが高まって、日々の暮らしがより満たされていきますよ。

♯SNSをやめてみる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

SNSが情報源となっている昨今。SNSをやめる若者も増えていますよね。とくに女性はSNSをやめたくなる気持ちがなんとなく分かるのではないでしょうか。日々、友人の華々しい活躍や嬉しい報告が自然と目に入り、自分と人を比べて劣等感を感じやすいツールにもなっています。

私も素晴らしい友人の活躍が嬉しく思う反面で、彼女たちのようになりたいのに、なれていない自分にイラ立ちを覚えることがありました。それだけでなく、24時間、友人や職場の人と繋がれる環境があるというのもけっこうなストレス。「今、こんな投稿したら仕事してないって思われるかな?」や「〇〇さんとのやり取りを××さんに見られるのはなんとなく気まずい…」みたいな人間関係のしがらみなども全てクリアになってしまうので、ある意味完全プライベートな空間がない感覚に陥ります。

個人的に『SNSはしがらみを感じない程度に楽しくやる』がSNSの本分だと思っています。ストレスだなと感じたときは思い切って、投稿頻度を下げてみたり、レスの速度を遅くしてみるのも良いかもしれません。あなたの心が誰かに振り回されていると感じないことが大切。

♯詰め込みすぎをやめてみる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

『今日は○時に〇〇さんと会って、その後すぐ移動してセミナー、打ち合わせして、彼と新宿でご飯!』このようにバリバリ活動して一日に何件ものアポイントを入れる方ってかっこいいですよね。活動的に動く方は、一日24時間を思い切り有効活用していて尊敬します。

しかし、人には人のペースというものがあるんですよね。私自身もかつては分刻みスケジュールで動くほど、仕事や遊びを充実させている人でありたいと思っていました。なんというかそれがいわゆる『社会的な成功を成し遂げた人の姿』と勝手に思っていたのです。

でも、心の奥底にある本心は『自分のペースで仕事も遊びも楽しみたい』ということに最近になって気づきました。明らかに予定を詰め込みすぎていた時期は、それはそれで楽しかったのですが、気持ちに余裕がなかったので、結局自分がどういう人生を歩みたいのか将来像が全く見えてこず、不安に生きる毎日でした。無理に予定を詰め込みすぎず、自分のペースで生きていく速度を維持し続けることが、その人の人生をより豊かにする生き方なのではないでしょうか。

♯止めることで見える世界

私たちはどうしても、あれもこれも……と何かを満たすように両手に大きな持ちモノを抱えてしまいやすいです。何故なら、私たちは大人になる度に時間は有限であり、過去は取り戻せないことを知るから。あの時、ああすれば良かったと後悔しないために、色々な努力を重ねていく。そうしてどんどん荷物が多くなるのでしょう。

止める・捨てる行為というのは、アナタがこれまでに詰め込んだ知識・人脈・モノ全ての棚卸しをするということ。抱えすぎて動けなくなる前に、本当にあなたが必要としているものを見極められるよう、余計な情報や動き、モノを日常生活の習慣から少しずつ取り除いていきましょう。そうするともっとあなたの人生は純度が高く素晴らしいものになっていくのではないでしょうか。

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


具体的なプランニングがキモ!今より収入をアップさせるハウツーテク

具体的なプランニングがキモ!今より収入をアップさせるハウツーテク

風水の力も良いけれど、もっと確実に収入をアップさせる方法が知りたい!そんな時は、具体的なプランニングが必須!


第二の人生をプランニング。女性のセカンドキャリアはいつ頃に考える?

第二の人生をプランニング。女性のセカンドキャリアはいつ頃に考える?

一生今の生活が続くわけじゃない。長い目で考えた第二の人生・仕事を今からプランニングしよう!


変われない理由を心理学が解明。自分を変えたい!がスグに叶う3つの方法

変われない理由を心理学が解明。自分を変えたい!がスグに叶う3つの方法

新しく始めたいと思うことや、自分を変えたいと思うことがあっても、なかなか変わることができないのが人間です。今回は、“人間が変わることができないメカニズム”から、変わるためのもっとも簡単な3つの方法を紹介。ぜひ参考にしてみてくださいね。


続かない私にサヨウナラ♡「書く習慣」を楽しく続けるコツ

続かない私にサヨウナラ♡「書く習慣」を楽しく続けるコツ

手帳や日記、アイデアノート。書く習慣が定着しはじめる頃には、自分の運命も変わりはじめているでしょう。


自分に向いてるかも!天職に出会った瞬間にあらわれ始める「大きな変化」

自分に向いてるかも!天職に出会った瞬間にあらわれ始める「大きな変化」

天職に出会うと、人生が大きく、劇的に変わっていく……。きっと本気で探したら、自分だからできる仕事、ワタシの個性を活かせる場所が見つかるはず。1回きりの人生を自分の意思で、豊かな方へと導きましょう♩


最新の投稿


毛穴もくすみもシワまでも! 肌の七難を隠す“ツヤ肌”の作り方

毛穴もくすみもシワまでも! 肌の七難を隠す“ツヤ肌”の作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「ツヤ肌のつくりかた」「ツヤ肌づくりにおすすめのコスメ」について紹介します。


具体的なプランニングがキモ!今より収入をアップさせるハウツーテク

具体的なプランニングがキモ!今より収入をアップさせるハウツーテク

風水の力も良いけれど、もっと確実に収入をアップさせる方法が知りたい!そんな時は、具体的なプランニングが必須!


【情報収集を味方に!】検索力は仕事力。質の高い情報を素早く得る検索テク

【情報収集を味方に!】検索力は仕事力。質の高い情報を素早く得る検索テク

質の良い情報を収集する「検索力」は仕事にとって欠かせないスキル。とはいえ、時間がかかりすぎてしまっては意味がありませんよね。今回は効率よく、情報収集するためのスキルをお教えします。


お金は使うのが“悪”なんじゃない! お金に関するギモンQ&A

お金は使うのが“悪”なんじゃない! お金に関するギモンQ&A

お金が貯まらない人は「浪費グセがあるからだ」と思ってはいませんか。けれど、お金が貯まらないことに理由はあれど、使うことがいけないワケではないのです。今回はお金に関するギモンについて、いくつか紹介していきたいと思います。


「マウスを持つ手に、上司の手のひらが重なってきて…」 #これってハラスメントですか?!

「マウスを持つ手に、上司の手のひらが重なってきて…」 #これってハラスメントですか?!

パワハラ、セクハラ、モラハラ…。さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようす。そんな読者の悩みに答えるべく、人間関係トラブルに強い弁護士、齋藤 健博さんが答えていきます。


RANKING


>>総合人気ランキング