体の“ダル重”は体内時計と取り戻して解消!早起きを継続するための工夫



長期的な自粛期間とテレワーク。毎日の体内リズムが崩れてなんだか体が重ダルい…なんて感じてはいませんか?
起きる時間を決めることや、早起きは健康に良い…とわかっていても、なかなか体が慣れるまでに時間がかかって早起きを継続できないことってありますよね。今回は、私が早起き生活を継続するための、ポイントを皆さんに伝えていきたいと思います。

早起きを継続するためにやっておきたいこと

アラームは「起きる時間」と「寝る時間」にセットする

起きる時間にアラームをセットしている方は多いと思いますが、早起きを継続するために大切なのは睡眠時間をしっかりと確保すること。つまり“眠る時間”が重要になるのです。

私は早起きを決めてからすぐに、まずiPhoneの「ベッドタイム」を使うことにしました。これはアラームと同様にiphoneに備わっている機能で、眠りたい時間と睡眠時間などをすぐに設定することができます。

「ベッドタイム」のオプションを見てみると、リマインダーもしっかりと備わっています。曜日の設定もできるため、これをまずは利用していきましょう。もちろん、iphoneユーザーでない方もいらっしゃると思うので、その場合はぜひ普通のアラームで眠りに入る時間帯もセットしてみてください。

例えば、「前日が飲み会で遅くなるかも……」と不安な方にとってもこのようなアラーム機能は便利です。特別な予定でない場合には、「ちょっと急ぎで対応しないといけないことができました」と言い訳として使うこともできます。無駄な付き合いや、だらだらと長時間飲み続ける時間が減るかもしれません。

起きたらすぐに、日の光を浴びる

疲れが溜まっていると、つい朝起きなくてもいい言い訳を考えてしまうのが私たちです。けれど、とりあえず、朝の光が入るように前日からカーテンを開いておきましょう。朝日を浴びることで、自然と身体が起き上がってきます。

朝の楽しみをつくっておく

「明日の朝は、これをしよう」と楽しみをつくっておくのも、大切です。何も楽しみがないと、早起きを続けることに嫌気がさしてしまうかもしれません。朝、美味しい食事を食べる、こだわりの豆でコーヒーを入れる、読みたかった本を読む時間をつくる、新しい洋服に着替えるなど。自分にとって心地の良いプライベート時間を朝つくることで、1日の満足度が上がります。

とりあえず2週間継続してみる

朝、毎回ご褒美を考えるのが難しいという方は、もうひとつ別の目標を作ってみるのもいいかもしれません。私の場合は「ダイエットのため、ストレス発散のため、運動をしたい」という欲があったので、ジムに行くことを2週間継続してみました。
2週間継続してみるとどうでしょうか。朝起きる、だけが目的なのではなく運動によるストレス発散がセットになって、習慣化された気がします。不思議なことに2週間続けると、運動しない日があることに違和感を感じるほどに。まずは騙されたと思って2週間継続してみましょう。

あらかじめ予定をいれておく

自分だけで成り立つ予定だけでは、なかなか続けられない……という女性も多いと思います。私も早起きを始めたばかりの頃は、ジムでさえ友人と一緒に通っていました。けれど、よく考えてみてください。「友達と一緒なら出来る」のであれば自分と同じく早起きする仲間をつくって、朝カフェに行くなどの予定を入れてしまえばいいのです。

「〇日、〇時にこのカフェで」こういった約束があると、さすがに当日無視をするわけにはいきません。例え普段、早起きをしていない友人であっても、単発であれば頑張れるという人もいます。そういった仲間からまずは増やしていきましょう。あなた自身が朝活で変わると、きっと早起きの魅力に友達たちも意識が変わっていくはず。

早起き仲間をつくる

モチベーションが落ちてしまうあなたには、早起き仲間をつくっておくことをオススメします。友人たちが、自分と同じく早起きをして活発になっている姿を見て、自分も頑張ろうという活力になることがあります。また、朝の時間だけではなく、夜の時間の過ごし方など、様々な情報を交換することができるようになるので、自分に合った早起き方法を見つけられる可能性もあります。現在は、コミュニティのようなものもたくさんあるため、異業種の方と接する機会に参加してみてもいいかもしれませんね。

楽しみながら続ければ、特別無理はしなくても習慣化できる

早起きを続けていて、もちろん「辛いな」「このままもう一度眠ってしまおうか」と思ったことは何度もありました。けれど、早起きをしていなくても、そう思ったことは何度もありました。みなさんもそうではないでしょうか?

数週間だけでも継続して早起きをするだけ…いえ1日の早起きだけでも、その良さを実感することができるはずです。朝の時間はノイズがなく、フラットな気持ちで過ごすことができるからです。
プライベートの時間もしっかり確保できるため、充実した生活を送ることができるようになりますよ。