出産したら、やっぱり再就職は難しい? ママになる前に始めたいこと

出産したら、やっぱり再就職は難しい? ママになる前に始めたいこと

今後のことを考えると、人ごとじゃない…!子育てが落ち着いた後の再就職って難しい? 今回はママになる前に始めておきたいことについて紹介します。


将来、子どもが欲しいと思う女性にとっては、子どもを産むタイミングはもちろんのこと、育児が落ち着いてからの再就職についても気になりますよね。実際、子育てしながらフルタイムで働くことが難しいと悩んでいるママも多く、なかなか就職先が見つからないという方も少なくないようです。そこで、今回は子どもを持つ前の段階でやっておくと良いことをご紹介いたします。

♯職場の経験値や実績を高める

育児が落ち着いて再就職をするために活動しているママに、子供が生まれる前にやっておいた方が良いことを聞いてみました。すると一番最初にあげられたのが「仕事の実績や経験値をあげておいた方が良い」という返答。

育休制度がない企業や、夫の転勤と重なって会社を辞めるといった場合、再就職に有利になるのが前職においての実績や経験値だそうです。業務経験が長い、こういったスキルがある、成績が良く評価されていた、役職のある仕事を任されていたという実績があることで、企業側からみても魅力的な人材となるので重宝されやすいのだとか。今のうちから仕事に邁進をし、結果を残しておくのも重要事項ですね。

♯リモートワークを探す

子どもは病気やケガをしやすいため、保育園から急にお呼びがかかることはよくあることです。このとき、最初は職場の人も寛大に対応していても、休みが多くなるたびに、同僚や上司から、ひんしゅくを買ったり、自己嫌悪に陥ることがあるそうで……。

時短勤務が正社員で難しいという状況であれば、リモートワーク(在宅勤務)型にシフトするのも良いかもしれませんね。在宅勤務であれば子育てしながら仕事をすることができるので、お母さんのストレスがかかりにくいのではないでしょうか。とはいえ、リモートワークを採用している企業はまだ少ない上に、技術職の方がメインという状況です。子どもが生まれてから満足のいく収入でリモートワークを探すのは少し大変かもしれません。

今のうちから出来ることとすれば、リモートワークでできる仕事を少しずつ始めたり、リモートワーク案件が多い(Webデザイナー・イラストレーターなど)職種の資格を取っておくのも良さそうですね。産後も安心した収入で働ける環境があるというのはかなり有難いはず。

♯育児制度が充実している企業に転職もアリ

育児制度が充実している企業は10年前よりもかなり増えてきていますよね。今、ご自身が働いている職場で育児制度がある場合は少なくとも働きやすい環境がありそうです。ぜひ、職場内で活躍している先輩ママに自社の育児制度について詳しくお話を聞いてみてください。

残念ながら現在、働いている会社に育児制度がない場合、思い切って今のうちから転職を考えるのも一つの策かもしれません。やはりどうしても職場内に子どもを持つ人がいないと育児環境を理解してもらえないことが多いです。今の会社が気に入ってやめたくはないけど、今後のことについて考えると不安……という方は、一度上司に悩みを相談してみるのも良いかもしれません。

もしかしたら、そういった悩みが育児制度を実現させるきっかけとなるかも!ただ、先にもお伝えしたように表面上で「育児制度充実!」と呼びかけていても、蓋を開ければ、全然適用されていない、理解されないということもあるので気をつけましょう。

♯今からやれることにトライ!

子どもが生まれてもいないのに、産後の就職のことを考えるって気が早い?と思うかもしれませんが、将来的に子どもが欲しいと思うなら今のうちから計画的に動けるところは動いておくと良さそうですよ。

しかも、どれも意識しておくことで何か損があるワケでもありません。人生設計は10年後を見据えて動くことでより豊かな未来を実現させることができるのです。

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

長く働き続けるためには、"学び"を得ることを必要とされています。そこで注目されつつある「リカレント教育」の必要性と課題について考えてみました。


間違った敬語、使ってない? 気を付けたいビジネス敬語集

間違った敬語、使ってない? 気を付けたいビジネス敬語集

ビジネスシーンで敬語は欠かせません。相手を敬う気持ちがあっても、間違えた言葉を使用することで失礼に当たることもあります。正しい敬語を使って品のある女性に。


やりがいにも繋がる! みんなの仕事が楽しいと思う瞬間はどんなとき?

やりがいにも繋がる! みんなの仕事が楽しいと思う瞬間はどんなとき?

みなさんは今やっている仕事が楽しいですか? 人生のうちの1/3の時間を占める仕事。楽しいと思えたら最高ですよね。「仕事が楽しいと思う瞬間」についてアンケート調査を実施。どれくらいの割合が仕事に満足感を得ているのか、調査結果を見ていきましょう。


仕事が好きで最優先、でも結婚はしたい「複雑なキモチ」の整え方

仕事が好きで最優先、でも結婚はしたい「複雑なキモチ」の整え方

仕事が好きだから、一生懸命頑張っている。でも、ときどき揺らいでは何が答えなのか分からなくなっているのでは?結婚したくなるその気持ちも、自分の一部なのです。少しずつ絡まった糸をほどき、整理整頓を始めましょう。


悩みや不満、同期の成長が気になる。入社2年目の孤独について

悩みや不満、同期の成長が気になる。入社2年目の孤独について

なんとか乗り越えた入社1年目。きっと2年目も順調に成長していくだろうと思っていたら急につまずきがやってきます。実はこれ「2年目の孤独」によるもの。なぜこのような言葉が生まれるほど、2年目は不安定になりやすいのでしょうか。


最新の投稿


翌日の疲れを持ち越さない。「眠活」で睡眠の質を向上させるには?

翌日の疲れを持ち越さない。「眠活」で睡眠の質を向上させるには?

朝起きて、体がダルかったり重かったり……寝起きの状態が悪くなってはいませんか? 健康的に過ごしてパフォーマンスの高い仕事をするためにも、睡眠はとっても大切なのです。朝活・夜活などとアクティブに動くことが始めることが難しい人ほど、まずは「眠活」に力を入れてみて。


肩書きを増やす「スラッシュキャリア」で、自分に付加価値を付けよう

肩書きを増やす「スラッシュキャリア」で、自分に付加価値を付けよう

複数の仕事を抱えるワークスタイルが現在、注目を集めています。興味はあるけど、どうすれば良いのか分からない。そんな人はまず「スラッシュキャリア」を考える所からはじめるのがオススメです。


【濃いめピンク】がキモ。大人レディに似合うピンクの作り方

【濃いめピンク】がキモ。大人レディに似合うピンクの作り方

女性に生まれたなら一度はピンクを思い切り着こなしてみたい!だけど、ピンクって相性の善し悪しが二極化します。そこで改めて、大人の女性に似合うピンクを分析!


【仕事と生活を変える小さなライフハック!】1日を3つの時間帯に分けて仕事の作業効率をアップして

【仕事と生活を変える小さなライフハック!】1日を3つの時間帯に分けて仕事の作業効率をアップして

メールチェック、書類の作成、数字の管理、構成や戦略に頭を悩ませる・・・。地味で単調な作業もあれば、頭の中から案をひねり出す必要もあるのが仕事というもの。業務内容によって時間の使い方を変えると、毎日の仕事がちょっとだけ楽になる。


大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

長く働き続けるためには、"学び"を得ることを必要とされています。そこで注目されつつある「リカレント教育」の必要性と課題について考えてみました。


RANKING


>>総合人気ランキング