美しいOLは黒を制す。無難にならないブラックコーデの極意

美しいOLは黒を制す。無難にならないブラックコーデの極意

黒をカッコ良く、自然に身につける女性こそ美しさの象徴。働く女に相応しい、ブラックコーディネートとは?脱無難、洗練された上質を手に入れる黒の取り入れ方を紹介。


目指すのは社内で噂されるほどの“お洒落で美人なOL”。露出はもちろん、華美な服装もカジュアル過ぎるものもダメ。そんな制限された環境の中でお洒落が出来る人こそ、真のファッションマスターである。

ではどうすれば周りからの「お洒落だね!」の一言を引き出せるだろうか。他の人と差をつけるファッションコーディネートのテクニックをスタイリスト兼ライターの角侑子が紹介。

今回のテーマはズバリ「BLACK」。
無難・重たい・怖いと思われがちなブラックコーデを洗練させるに必要なファッションテクニックをお伝えします。

ワンピースとスカートでは敢えて黒を使わない

いざ、黒をファッションで取り入れるとなればどこにポイントを置けば良いのか、組み合わせのバランスが難しいと感じることはないだろうか。そうして多くの女性が選ぶのは黒のワンピース、間違いではないしそれもOK。

だけどワンピースやスカートは面積が広い分、重たく感じてしまう原因をつくる。抜け感のつくりどころを分かっていないと“その他大勢ファッション”になってしまうのでご注意を。

迷ったら手に入れるべきは、“ノースリーブトップス”

では、コーディネートのどの部分に黒を取り入れるのが正解か。お洒落においての“さじ加減”・“バランスの取り方”という言葉に、いまいちピンと来ない方は、まずトップスで黒を取り入れるのが良いだろう。

最近ではハイウエストのパンツや、スカート丈も膝下の長いものが流行していることで必然的にボトムの色やシルエットが全体コーディネートの7割を占めている。明るい印象を持たせたい時はボトムに明るい色を取り入れることで明るさと柔らかさを表現できるのだ。

反対にシックな色は面積比の少ないトップスでコンパクトに取り入れることで、重たさや暗さを感じさせにくくなっている。もちろん、長袖・半袖よりもノースリーブがより洗練された印象をつくるのでおすすめ。

顔周りが暗くならないよう、素材・アクセ選びに意識を

さて、トップスに黒を取り入れることが良いとお伝えしたが、中には「顔に暗い色を持ってくると疲れた印象になる」と感じる方もいるだろう。

その場合は、服の素材とアクセサリー選びで気になる顔映りをカバーすると良い。服の素材は可能であればシルク素材が良いが価格帯が高いので、シルクに近い光沢と滑らかさを持つレーヨン素材かシルクと綿の混合が上質さをまとう。

アクセサリーはジルコニアなどの発色効果の高いものやクリア素材のアイテムを取り入れることでアクセサリーがレフ板効果(顔に反射して色白に見せてくれる)に繋がるので、組み合わせを意識してみよう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

黒は洗練さの極み

かの有名なファッションデザイナー・ココシャネルが愛した色はブラック。究極のシンプリティな色である黒を身にまとうことで、女は極上に美しくなると、彼女はずっと美しいブラックドレスを創り続けていたのだ。

黒とは、重たさや怖さの象徴ではなく、洗練さと強さの象徴。是非、美しく働くOLにも黒を積極的に取り入れて頂きたい。極上のブラックアイテムを取り入れれば、余計なデザインも組み合わせも必要なくなるはず。是非、ブラックアイテムを探す際の参考にしてみては。

30歳、ファッションスタイルで確立する『私』の作り方

https://cinq.style/articles/1389

自分を印象づけるのに有効なファッション。どんな服でも上手に着こなせるのも素敵だけど、これだけは負けないと言える私だけの個性をファッションで発揮するにはどうすればよい?

マイナス3Kg細く見せる洋服選びは、自分でできるセルフ骨格診断で

https://cinq.style/articles/964

一目ぼれして買った洋服のはずなのに、自分が身に付けた瞬間にその魅力がガクッと下がってしまうことがある。素敵な洋服は、誰にだって似合うわけじゃない。自分のフレーム(体型)に合わせた洋服選びで魅力を引き出して。

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


バッグの中がゴチャついて大変…! “きちんと見え”する通勤バッグ

バッグの中がゴチャついて大変…! “きちんと見え”する通勤バッグ

レディースブランドバッグのジュエルナローズから働く女性にぴったりの通勤バッグが登場。開発のお手伝いをしたのが、広報室長とセラピストを両立する働き女子代表、下田奈奈(しもだななさん)。多忙に過ごす女子の「こんなバッグが欲しい」を形にした『ズボラーナ』を紹介します♩


電話越しの相手にも好感を!美しい電話応対の基本

電話越しの相手にも好感を!美しい電話応対の基本

仕事の基本となる電話応対。 何事にも一生懸命だった新人時代を経て、慣れがくるとこうした小さな業務も流れ作業になってしまいがちです。しかし、私達が考えている以上にもっともっと奥深いものなのかもしれません。 今回は、美しい電話応対の基本をご紹介いたします。


淡いグリーンが透明感抜群。大人かわいいをつくるピスタチオカラーの魅力

淡いグリーンが透明感抜群。大人かわいいをつくるピスタチオカラーの魅力

淡く優しいグリーン「ピスタチオカラー」が昨年夏から流行していますが、この冬以降もその人気ぶりは変わらず続きそうな予感。今回は、大人かわいいコーデが叶うピスタチオカラーを取り入れたコーデを紹介します。


この恋はどっち…?上手くいく恋愛とそうでない恋愛の見極めかた

この恋はどっち…?上手くいく恋愛とそうでない恋愛の見極めかた

素晴らしい恋愛になる前兆って付き合う前から感じられるもの?上手くいく恋とそうでない恋の違いについてご紹介!


この冬履き回したいのはコレ! 働き女子の冬用シューズ4選

この冬履き回したいのはコレ! 働き女子の冬用シューズ4選

寒い季節は分厚いコートを着る機会も多く、足元に合わせるアイテムを悩むことがありますよね。丈感や色のバランスをチェックして上手にシューズを選ぶことがおしゃれ見えのコツ。働き女子が寒い冬に履き回したい、オススメのアイテムを紹介します。


最新の投稿


「完璧すぎない」がいちばん頑張れる! 上手に仕事をこなす人の心得

「完璧すぎない」がいちばん頑張れる! 上手に仕事をこなす人の心得

なんでも完璧にこなさないと、とつい自分を追いこんでいませんか? そんなに「完璧」を求めなくても、意外と物事って上手くいくこともあるんです。 頑張りすぎなあなたに、ちょっと力を抜くポイントを紹介。


肌が敏感になる春先は、洗顔料を見直すべき。肌負担の少ないの洗顔料は?

肌が敏感になる春先は、洗顔料を見直すべき。肌負担の少ないの洗顔料は?

2〜3月は冬の肌代謝の不足によって、バリア機能が弱くなり肌が敏感になりやすい季節。そんな時こそ肌負担の少ない洗顔料を使うべき。 今こそ、基本の洗顔料を見直して、肌が敏感になりやすいこの季節を乗り切りましょう。


フリーランスのリスクは⁈ 「フリーランスから会社員に戻った人たち」を考察

フリーランスのリスクは⁈ 「フリーランスから会社員に戻った人たち」を考察

組織に縛られず、自分の力で生きていきたい。フリーランスという働き方に憧れる人は多いものです。けれど、そうしてフリーになった人の中には「フリーランスから会社員に戻りたい」と希望される人も多くいらっしゃいます。今回は、キャリアアドバイザーが「フリーランスから会社員に戻った人たち」を考察。フリーランスのリスクを伝えます。


恋人はいてもいなくてもいい。恋愛お休み期間が長くても自分らしく過ごすコツ

恋人はいてもいなくてもいい。恋愛お休み期間が長くても自分らしく過ごすコツ

彼氏はほしいけれど、ガツガツ攻めるのも苦手……。恋愛をお休みする時間が長くなりはじめても今は焦らず、彼と出会う日をゆっくり待ちましょう♩


【キャリア志向は4タイプに分かれる】理想的なワークライフバランスって?

【キャリア志向は4タイプに分かれる】理想的なワークライフバランスって?

仕事と生活の調和として「ワークライフバランス」の見直しをする機会が増えました。とはいえ「仕事と生活のバランス」は人によって違います。では、あなたにとって理想のワークライフバランスとは、一体なんなのでしょうか?


RANKING


>>総合人気ランキング