「筆を折ってはいけないと決意した」現代アーティスト・小松美羽インタビュー

「筆を折ってはいけないと決意した」現代アーティスト・小松美羽インタビュー

いま話題の現代アーティスト・小松美羽さん。その活躍は、出雲大社や大英博物館など国内外問わず、世界まで。これまでどのような思考を持って、活動を続けているのか? いくつかの質問を投げかけてみました。記事の最後には、小松さんが次回開催される個展の招待券も。ぜひ最後までチェックしてください。


出雲大社には、絵画「新・風土記」を。大英博物館には有田焼の狛犬「天地の守護獣」を。ワールドトレードセンターではライブペイントを。国内外問わず、話題を集めている今注目の現代アーティスト・小松美羽さん。

2018年9月2日(日)からは、長野県軽井沢町の「軽井沢ニューアートミュージアム」で、個展の開催が決定しています。私たちからは想像もできないような独創的な世界観で「守護獣」を表現する、小松さんですが、その才能はいつから開花されたのでしょう? 小松さんのルーツを探るべく、いくつかの質問を投げかけてみました。

【小松 美羽】
幼少期より自然豊かな環境で様々な生き物と触れ合い、その死を間近で見届けてきた経験から独特の死生観を構築、死の美しさの表現を目指す。

2003年に女子美術大学入学。線の美しさに惹かれ銅版画の制作を行う。

20歳の頃に制作した銅版画「四十九日」はその技術と作風が高く評価を受け、プロ活動への足がかりとなる。
近年は銅版画の他に、アクリル画や有田焼など制作の幅を広げ、死とそれを取り巻く神々、神獣、もののけを力強く表現。

2016年には長野県・軽井沢G7交通大臣会合アンバサダーを勤め上げるなど国内でも活躍。

11月にはニューヨークにて作品を発表し、作品はワールドトレードセンターにも収蔵される。
2017年6月に紀尾井カンファレンスにて開催された、小松美羽展「神獣〜エリア 21〜」では来場者3万人を動員。

同年12月の台北で行われた個展のオープニングでは1000人以上が並び3時間待ちを記録。2018年1月、北京の「Tian Gala 2017」にて Young Artist of the Year を受賞。

画家・アーティストとして活躍する小松さん。自分の才能に気づいたのはいつ?

才能というより、自分がこの世に生を受けた役割を知ったことが今に繋がっています。24歳の時にはじめて絵を買ってくださる方と出会え、その瞬間から絶対に筆を折ってはいけないと決意しました。才能はギフトであり、自分で作り上げるものではないという認識です。人と関わり、そこから知ることが出来る役割、その確信の積み重ねだと思います。

小松さんにとっての転機(ターニングポイント)とは?

常に、すべてに未来過去今のエッセンスがあります。
私は、3年周期、覚醒(1年目)→進化(2年目)→達成(3年目)というループで生きています。
今年は達成の年でもあり、次の覚醒のための年でもあります。
常に前進すること、毎日が大切で、毎年、いつだってターニングポイントです。

インスピレーションは一体どこから受けていますか?

自然はもちろんですが、瞑想の世界から受けるインスピレーションが大きいです。

作品を通じて、人に伝えるために意識していることはありますか?

作品名:【鍾乳洞に響く神獣達の地鳴りと、満月の日】

わたしの作品に出てくる神獣たちには、必ず目が大きいという特徴があります。
それは、人と非物理的な目に見えない存在とを繋げるという意味があります。
また、彼らの目が大きいことで、その場を守護し、また、人々を見捨てないでほしいという願いを込めています。
神獣たちは昔から災害に例えられてきました。
そういった存在と人が共存することで、本当の生きることへの持続が可能になると信じ、描いています。

日本だけでなく海外でも評価の高い小松さん、今後の目標を教えてください

今後はもっと多くの場所で作品を発表していくのはもちろんですが、様々な素材や手法、たくさんの国で多くのことを学び、感じ、瞑想し、「和」というまとめあげる力で絵の中でよりエネルギッシュに表現していきます。
また、いつになっても、小松美羽はずっといろいろなことにチャレンジしているな、と思われる人間でありたいです。

個展の作品を通して伝えたいこと、また見どころを教えてください

生き様を見ていただける展覧会になっています。
新作だけでなく、過去の海外での発表作品、日本での展示作品を一同に軽井沢に集めました。
また、白黒という版画の世界から色に変わり今にいたるまでの1人の人間の魂の成長がありのままにただ、そこにある、そんな真っ直ぐな展覧会になっております。

9月2日(日)にはライブペイントを開催

これまでたくさんの動物と関わり、生と死を見つめ、不思議な体験をして来た小松さん。
だからこそ小松さんにしか表現できない、伝えることのできない、人と非物理的な目に見えない存在とを繋ぐ役割。
私たちはその世界を、小松さんの描くアートを通じて触れることができるのではないでしょうか。

またこれまでのライブペイントでは、床に置かれた絵の具を直接手に取り、そのままキャンバスに描いていく……。時には絵の具をおもむろにキャンバスへ向かって投げつけたりし、絵の具が飛び散る。そこには一瞬の迷いもなく、魂を込め、一心不乱に描く小松さんの姿があります。

ひとたびその空間に入り込めば、息つく間もないほどに引き込まれる、その世界観。
気付いた時には、小松美羽ワールドの中に引き込まれているはず。

ライブペイント前には真っ白だった衣装が、終了後にはカラフルに彩られているのも、小松さんの持つパワーを感じます。

「これまでエネルギー不足でやりたいことができなかった」
「新しいことにチャレンジしたい」
「小松さんの生き様が見たい」などと思っている方は、夏休み最後の週末、小松さんの描く世界を体感しに、足を運んでみてはいかがでしょうか?

イベント情報

『小松美羽 大回顧展 "The World of Prayer" MIWA KOMATSU 小松美羽展 〜祈り〜』
ダラス、香港、台湾、ニューヨーク、出雲大社の日本未発表作品と新作を集結させた大回顧展

【開催日程】2018年9月2日(日)〜9月30日(日)
※ライブペイントは9月2日 14:00〜15:00を予定
11:00より先着100名に整理券を配布予定
【開催場所】軽井沢ニューアートミュージアム
〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1151-5
【開館時間】10:00〜18:00
【軽井沢ニューアートミュージアムHP】http://knam.jp

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

http://miwa-komatsu.jp

Miwa Komatsu Official Site。日本の風土が生み出すものにこだわり、信州を拠点に 世界にメッセージを発信する新進気鋭のアーティスト・小松美羽の公式ホームページ。 1984年長野県坂城町生まれ。坂城特命大使。

ペアチケットを5組様にプレゼント!

今回、個展の開催にあたって、Cinq編集部は『小松美羽 大回顧展 "The World of Prayer" MIWA KOMATSU 小松美羽展 〜祈り〜』招待券ぺアチケット(2名)×5組分を頂戴しました。

応募はTwitterから。

①Cinq公式アカウント(@cinq_style) をフォロー。
②下記の投稿をRTするだけで応募が完了します。



【ご注意点について】
・当選者の方にはDMよりご連絡させていただきます。
※鍵付きアカウントの方からのご応募は無効となります。ご注意ください。

締め切り…2018年8月31日(金)23:59まで!

ぜひこの貴重な機会に足を運んでみてください。皆さんからのご応募、お待ちしております。

この記事のライター

Kupono Beauty代表。クポノライフデザイナー。ビューティ―&ファッションライター、美容商材やプログラムの開発コンサル

関連するキーワード


インタビュー

関連する投稿


「応援してくれるファンのみんなと一生の付き合いがしたい」|#つくるを選ぶ【タレント・経営者/手束真知子】

「応援してくれるファンのみんなと一生の付き合いがしたい」|#つくるを選ぶ【タレント・経営者/手束真知子】

グラビアアイドルとしてミスマガジン2004を受賞(原田桜怜名義)。その後SKE48、SDN48とアイドル活動を経たのちに、フリーランスとしてタレント活動を続けながらも、自ら会社を起こしグラビアアイドルを育成するマネジメント業務をこなしながら飲食店を経営するパワーガール、手束真知子。その活動の源は一体?


「旅の過程にこそ価値がある」 ウーマンダイアローグ#8

「旅の過程にこそ価値がある」 ウーマンダイアローグ#8

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、写真家の葛西亜理沙(かさいありさ)さん。活躍の場をどんどん広めていらっしゃる葛西さんですが、その秘訣は「出会い」だそうです♡


『どのように魅せると人を惹きつけられるのか』スピーチライター千葉佳織×元SUPER☆GiRLS勝田梨乃 後編

『どのように魅せると人を惹きつけられるのか』スピーチライター千葉佳織×元SUPER☆GiRLS勝田梨乃 後編

スピーチライターの千葉佳織さんが3rdclassで毎週開催している女性スピーチ講座。その特別講座として、イベント『わたしたちが“今”伝えられること』を開催。ゲストに、元SUPER☆GiRLSの勝田梨乃さんを迎えました。後編は「どのように魅せると人を惹きつけられるのか」をテーマに会話する様子をお伝えします。


キャリアコンサルタントが考える、女性のキャリア形成とは?【ポジウィル株式会社代表 金井 芽衣】

キャリアコンサルタントが考える、女性のキャリア形成とは?【ポジウィル株式会社代表 金井 芽衣】

求人を紹介しないオンラインキャリア支援をメインとするポジウィル株式会社を設立した、キャリアコンサルタント金井芽衣さん。これまで、キャリアコンサルタントとしてさまざまな人の悩みに向き合ってきた彼女に、女性とキャリアについて伺いました。


『アイドルを引退した私が思う「大切なこと」スピーチライター千葉佳織×元SUPER☆GiRLS勝田梨乃 』前編

『アイドルを引退した私が思う「大切なこと」スピーチライター千葉佳織×元SUPER☆GiRLS勝田梨乃 』前編

スピーチライターの千葉佳織さんが3rdclassで毎週開催している女性スピーチ講座。その特別講座として、イベント『わたしたちが“今”伝えられること』を開催。ゲストに、元SUPER☆GiRLSの勝田梨乃さんを迎えました。今回は、その様子を【前編】と【後編】の2部に分けてレポートします。


最新の投稿


【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯11

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯11

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第11回目は、「シャネルファッションの確立」について。


鍛えるべき目利き力!「奮発して購入したのに似合わない」を無くす試着室での確認ポイント

鍛えるべき目利き力!「奮発して購入したのに似合わない」を無くす試着室での確認ポイント

買い物に出かけた時、一目惚れに近いような衝撃を受けたから購入したにも関わらず、実際に着てみると想像していたイメージと違ってガッカリ……。な経験はありませんか? 今回は目利き力を鍛えるために、試着室で見るべきポイントをトップスとボトムスに分けてお教えします。


香りに包まれ磨かれる女子力。内側から発せられる魅力引き出す香りアイテム3つ

香りに包まれ磨かれる女子力。内側から発せられる魅力引き出す香りアイテム3つ

もう来月にはクリスマスがやってきます。大切なイベントに備えて、今からできる準備として、女子力をアップさせておきたいですよね。パートナーがいない方も、今から頑張れば、素敵な出会いが訪れるかも?! 今回は内側から女子力を引き上げてくれるような贅沢な香りを3つをご紹介します。


【ワンフレーズ英会話 vol.1 】「これ落としましたよ」を英語で伝えてみる

【ワンフレーズ英会話 vol.1 】「これ落としましたよ」を英語で伝えてみる

すぐに使える英語フレーズを日本ワーキングホリデーのKOTAROがお届け。今回は、「これ落としましたよ」を、伝えたいときに使えるフレーズです。


イイ人って言われるけど…それって都合のイイ人?自分の存在意義を見直す。

イイ人って言われるけど…それって都合のイイ人?自分の存在意義を見直す。

『あなたって本当にいい人!』一見、褒め言葉のようですがその実、言われたほうは何だか釈然としない。『ねぇ、それってアナタにとっての“都合のいい人”?』.......なんていう、はてなマークが浮かんだらアナタの変わりどき!


RANKING


>>総合人気ランキング