仕事復帰が楽になる方法は、キャリアを「見える化」しておくこと|MY WORK ヒント#61

仕事復帰が楽になる方法は、キャリアを「見える化」しておくこと|MY WORK ヒント#61

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第61回目は、女性が仕事に復帰しやすくなる方法について考えます。


仕事を離れてしまうと戻りにくい?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

結婚後に旦那をサポートする為に専業主婦になる方や出産して子育てをする方など、一定期間仕事を離れる選択をする女性もいらっしゃると思います。そこで、出てくるのは「復帰できるかな?」という悩みではないでしょうか。

キャリアが際立って優れており、名前や活動が知れ渡るくらいの方であれば「復帰後もぜひ!」とオファーがかかるかもしれませんが、すべての女性がキャリア志向が強いわけでもなければ、実績が豊富に作れるとも限りません。

また、結婚や出産を計画的にできれば良いですが、突然予想していないタイミングで訪れるかもしれないですよね。そこで、今回は、一定期間仕事を離れたとしても、復帰しやすくなるコツをご紹介します。

ほとんどの職種は、仕事風景や実績が残らない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ある経営者から言われたことで、ハッと気づいたことがありました。それは、「ライターっていいよね。原稿として納品するから、目に見えて実績が積み重なっていくし過去に書いた記事の内容まで読める。いや〜羨ましいよ」という内容。

その方は、リラクゼーションサロンを何店舗か経営していたのですが、「私みたいな仕事は、どれだけ数をこなしても接客商売だから、店がなくなれば実績も残らない。仕事を目に見えた状態で積み重ねられるのは、当たり前じゃないんだよ」と。これを聞いた時に、妙に納得したことを覚えています。

確かに、多くの仕事は実績が残りません。雑貨屋さんで商品を販売している人、営業やPR担当の人、美容師で髪の毛を切る人、交通機関の運転手など、ほとんどの職業が仕事をしている時“だけ”仕事風景を見ることができます。

一度現場を離れたら戻りにくくなる理由はまさにコレで、どれだけ実績を積んでも自分をまったく知らない第三者からは、たとえベテランだったとしても役職があったとしても、トップセールスだったとしても「未経験者」扱いになってしまうのです。

しかし、仕事が目に見えて積み重なっていくライターやイラストレーター、デザイナーなどは個人のスキルがある程度必要なので、すぐに真似できる職業ではないですよね。

では、一体どうしたら良いのでしょうか?

同じように「見える化」しておくのが◎

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

多くの職業が仕事風景や実績が残らないならば、逆手をとって「見える化」してはどうかと思うのです。確かに、ライターは過去に書いた記事を後から読み返すことができますし、それを過去の実績として第三者に見せることができます。

しかし、私は過去の記事だけに頼っているわけではなく、ポートフォリオ(オフィシャルブログ)を別で作ってまとめています。特に、掲載期間の決まっているような記事や広告であれば、自分が知らない間にリンク切れという場合もありますし、紙面で掲載されたら直接見せることしか方法がありません。

しかし、それをスクリーンショットして保存したり、掲載ページを画像として残しておいたりすることで、後からも見えるように工夫しているのです。

実際に、一定期間美容ジャンルの執筆が止まっていた時期があったのですが、また再開する時には「過去に書いた記事」や「出演したLP」などを見せることで未経験ではないと判断してもらえたことがあります。これは、冒頭であげたような結婚後のブランクにも応用できるのではないでしょうか?

時間を使うのは非効率。フリーランスが意識したい営業ツールについて|MY WORK ヒント#27

https://cinq.style/articles/831

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第27回目は、自分で仕事をする際に、自分の時間を使って営業することに関して考えます。

※『MY WORK ヒント#27』にも、ポートフォリオについて書きました。

ないなら作る!自分で仕事実績を残そう

そのリラクゼーションサロン経営者も、「確かに今まで実績を見えるように工夫していなかった」と言ってくださり、来客者の様子や店長の日記など写真つきでブログを始めたというのです。

これは、どの職種にもきっと応用できると思います。写真が撮れるならば風景をおさめておく、写真が厳しいならばどんな内容の仕事をこなしたのか記録しておくなど、「実績が残らないから…」と諦めるのではなく、ぜひ自分で残していきましょう!

将来きっと、履歴書より役に立つと思います。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


初めてや久しぶりのセックスに痛み…。どうやって馴染ませるのが良いの?|真っ赤な濡れオンナ#67

初めてや久しぶりのセックスに痛み…。どうやって馴染ませるのが良いの?|真っ赤な濡れオンナ#67

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第67回目は、セックスで痛みを感じる時の対処方法です。


同業種の恋愛で気をつけたい! 公私混同しないパートナー作りのコツ2つ|MY WORK ヒント#62

同業種の恋愛で気をつけたい! 公私混同しないパートナー作りのコツ2つ|MY WORK ヒント#62

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第62回目は、同業種での恋愛について考えます。


「旅の過程にこそ価値がある」 ウーマンダイアローグ#8

「旅の過程にこそ価値がある」 ウーマンダイアローグ#8

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、写真家の葛西亜理沙(かさいありさ)さん。活躍の場をどんどん広めていらっしゃる葛西さんですが、その秘訣は「出会い」だそうです♡


セクシーだけが武器じゃない。男が硬くなる「母性」を育てよう|真っ赤な濡れオンナ#66

セクシーだけが武器じゃない。男が硬くなる「母性」を育てよう|真っ赤な濡れオンナ#66

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第66回目は、色気以外を武器にする方法です。


【連載】真っ赤な濡れオンナ3

【連載】真っ赤な濡れオンナ3

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。連載ページ3ページ目に突入です。


最新の投稿


フラットシューズで細見えできる!ぺたんこ靴のコーデテク

フラットシューズで細見えできる!ぺたんこ靴のコーデテク

長時間の外出や、満員電車必須の出勤時などは足が太く見えようと、フラットシューズで挑みたい。とはいえ、本音はヒールでごまかさなくても細見えできるほうが望ましいですよね。フラットシューズ=足の太さがカバーできない理論をくつがえす!今回は、フラットシューズで最大限細見えできるコーデテクをご紹介します。


心のリズムを元に戻す。生活を整える4つの習慣

心のリズムを元に戻す。生活を整える4つの習慣

乱れた心を一度リセット。ゆっくり深呼吸しながら、心と体を癒してあげて。


初めてや久しぶりのセックスに痛み…。どうやって馴染ませるのが良いの?|真っ赤な濡れオンナ#67

初めてや久しぶりのセックスに痛み…。どうやって馴染ませるのが良いの?|真っ赤な濡れオンナ#67

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第67回目は、セックスで痛みを感じる時の対処方法です。


覚えておいて損はナシ!人間関係をスムーズにさせる断り方

覚えておいて損はナシ!人間関係をスムーズにさせる断り方

友達や知人からやってきた乗り気でないお誘い、仕事の急な依頼、興味のない人からのアプローチ。私たちには時にこうした、即イエス!とは言い難い場面に遭遇します。うまく乗り切れれば良いのですが不器用な方だと、ちょっとした言い回しや断り方で余計に相手との関係に亀裂が生じることも……。


ボディケアはお風呂で済ませる!ボディスクラブですべすべ肌に導いて♡

ボディケアはお風呂で済ませる!ボディスクラブですべすべ肌に導いて♡

最近寒くなってきて、肌のお手入れをより一層力を入れなければいけない季節になりました。顔の保湿はしっかりやっているのに、ボディのお手入れはサボりがちになっていませんか? ボディケアはスクラブを使って、お風呂で手軽に済ませちゃいましょう♪


RANKING


>>総合人気ランキング