職場復帰する時に知っておきたい!短時間勤務のデメリットって?

職場復帰する時に知っておきたい!短時間勤務のデメリットって?

育児休業を終えて、いよいよやってくる職場復帰のタイミング。「まずは時短勤務をしながら、育児と仕事のバランスを整えていこう」なんて、軽く考えてはいませんか? 時短勤務には、良い面はもちろんありますが、始まってから知る悪い面もあるのです。後々後悔することのないよう、あらかじめ短時間勤務のデメリットを知っておきましょう。


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

育児休暇の終わりが決まり、会社への復帰時期が決まると大体の女性たちが「時短勤務」することを選びます。ですが、意外と知られていないのが、時短勤務のデメリットです。時短勤務で働くことを選んだ女性のほとんどが、口を揃えて「時短勤務のデメリットをもっと早く知っていたかった」と言います。
仕事と育児の両立のためにベストだと思った働き方が、実は頭を抱える悩みになっていた……と後悔することのないように、時短勤務のデメリットについて考えておきましょう。

短時間勤務になっても、仕事量が変わらない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「働く時間が短くなったら業務も減る、と当然のように思っていたけど、実際はそうじゃなかった。(32歳/女性・回答なし)」

働く時間は変わったものの、作業量は変わらず、結果的につらい思いをしたという声が多く挙がりました。また、サポート職に変わったことで、今まで任せられていなかった人からの急な依頼が増えたと語る方も。業務量に変化がなければ、働く時間が変わったとしても結局はどこかで同じ働きをしなければなりません。今まで以上に追い込む必要があり、精神的なプレッシャーを感じることが増えるかもしれません。

帰ると決めた時間に帰れないことがある

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

自分以外の人は通常の勤務をしているので、自分のスケジュール通りに物事が進まない。結果的に帰ると決めた時間に帰れないことが多い(34歳/広報)

「人のサポートをすることが増えたので、遠慮なしに業務を追加されて、それが結果的に辛くなった(29歳/営業事務)」

時間が変わったのは自分だけ……となると人と関わることが多い仕事をこなしている方は、なかなか思うようにスケジュール調整ができません。これまで以上に周囲との連携を取りながら、物事を進め、理解してもらう必要があります。スケジュールやタスク、仕事の内容を共有・見える化させることで多少の改善はできますが、時短勤務だからといって絶対に時間通りに帰宅できるかどうかはわからないという現状があります。

責任のある仕事、やりがいのある仕事を任せてもらえない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

営業職をしていましたが、今は営業事務としてサポートに回っています。営業サポートには、自分と同じような状況の女性が多いのですが、サポート=時短という見え方が結構あって、今までの自分とは全く違った環境です(28歳/営業サポート)

時間外対応が多い職種に就いている人が時短勤務になると、作業内容や部署を変えられることがあります。しかしそれが、本当に自分に求めていることなのか? と聞かれるとそれはまた別の話。とくに「営業が好き」という女性が時短勤務になると、違う仕事を任されるケースは多いのですが、それによって自分のキャリアの選択肢が制限されることは、不満の種になります。

この方のように、部署を変えられたことによって、まるで自分自身が区別されたかのように感じることもいるでしょう。あらかじめ、自分の配属先や業務内容については希望を出しておくことをオススメします。

仕事内容・量に対しての評価が低くなる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「子どもが急に体調を崩すかも知れないから」という理由で、仕事量を減らされることになりました。女性上司からの心遣いだとは聞いたのですが、今まで急な遅刻や早退をしたことはないのに、なぜそうなるのか、不思議です。(34歳/人事)

いつでも、誰でもできる仕事しか回ってこなくなって仕事に対する評価が下がった(27歳/IT会社勤務)

仕事に対しての成果・評価がわかりづらくなってしまうことから、周囲からの理解が得られない場合もあります。必ずしも悪意があるとは言い切れませんが、時短勤務になったときの評価基準が明確になっていない企業も多いため、このようなことが起こりやすいのでしょう。

昇進や昇格が遅れる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

長期休暇や時短勤務の影響で、同期との仕事に差がついた(31歳/ブライダル業)

同期の男性陣はどんどん昇格していくのに、女性は変わらない。気のせいではないと思う。(27歳/金融)

休暇や時短勤務の影響で、昇進・昇格のタイミングに変わることもあるようです。同性が多い職場になると、その違いも顕著に見えてしまうのだとか。
また、時短勤務になることによって支給される給与額が減ることになります。給与は下がっても、年金や社会保険料などの差し引き額は変わらないことから、「収入が下がった!」と認識してしまい、このような不安を感じやすくなってしまうのではないでしょうか。

職場の上司・同僚からの理解が得られないことがある

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

実家が近いため時短勤務は必要ないと思っていましたが、半強制的に時短勤務になった(30歳/企画・マーケティング)

時短勤務なのは周囲も知っているけれど、やはり早く帰るということに対して周囲の目が冷たく感じる(25歳/事務)

ロールモデルがいないことによって、周囲からの理解が得られないこともあるようです。制度としては設けられているものの、これまでの事例がないことによってどのような対応をするのが一般的なのかがわからなくなっている状態です。働く女性の増加に伴い、社内で意識の改善ができればよいのですが、明確な対処法も見つけづらく、頭を悩ませる女性も多いことがわかります。

会社をよく見極めるタイミングでもあるかも

自分のライフステージに合わせて、働く場所を変えたという女性もたくさんいます。自分が勤めている会社がどのような環境なのかをよく見極めるタイミングでもあるかもしれません。仕事と家庭、もちろん人によって働き方の理想形は違います。自分にとって、後悔のない選択をしていきたいですね。

この記事のライター

UNI

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


ワーママ

関連する投稿


【仕事と育児】育休後、職場復帰に向けて悩むこととその改善について

【仕事と育児】育休後、職場復帰に向けて悩むこととその改善について

働く女性の悩みで多く挙げられるのは、仕事と生活の両立。なかでも、結婚・出産に関しては、仕事との兼ね合いもあり、いつのタイミングがベストなのか……と頭を悩ませるものです。今回は出産後、職場復帰に向けて悩むことについてをまとめてみました。


育児と仕事の両立だけじゃない、ワーママを悩ませる人間関係について

育児と仕事の両立だけじゃない、ワーママを悩ませる人間関係について

育児と仕事の両立だけで、毎日いっぱいいっぱいになっているワーキングマザーたち。だけど、そんな彼女たちをさらに悩ませるのがどうやら人間関係だそうで。今回は実際にワーママとして頑張る女性たちにリアルな悩みを聞いてみました。


最新の投稿


秋冬は配色コーデに挑戦!2018年オススメのカラーコーディネイト

秋冬は配色コーデに挑戦!2018年オススメのカラーコーディネイト

一年の中で最もオシャレが楽しくなる季節がやってきましたね。秋冬のコーディネイトといえば、アイテムもさることながら、カラーコーディネイトにも力を入れたいところです。そこで今回は2018年にオススメの秋冬カラーコーディネイトの組み合わせについてご紹介します。


ここまでやりきる!成果を出す人が必ず大切にしていること。

ここまでやりきる!成果を出す人が必ず大切にしていること。

与えられた仕事をやり抜く。周りからの期待に応える。簡単なようでいて、とても難しいことです。でも、これを必ず達成する人と達成できない人は如実に努力の差が分かれているのかもしれません。そこで今回は、成果を出す人が常に意識している大切なことをご紹介します。


悩んだことは「自分ノート」に書き出して!ストレスを抱え込まないための習慣

悩んだことは「自分ノート」に書き出して!ストレスを抱え込まないための習慣

ストレスフリーでいたいけど、完全にフリーにすることは難しい。だけど、ストレスと向き合って対策を考えることはできる。悩んだことは「自分ノート」に書き出す習慣をとって。ストレスを抱え込まない方法をご紹介します。


マンネリ解消裏技! ネクタイひとつで夜のバリエーション…♡|真っ赤な濡れオンナ#63

マンネリ解消裏技! ネクタイひとつで夜のバリエーション…♡|真っ赤な濡れオンナ#63

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第63回目は、ネクタイでできる刺激についてです。


働く女子の強い味方! 歩き疲れない「fitfit」の人気シューズ

働く女子の強い味方! 歩き疲れない「fitfit」の人気シューズ

ヒールは欲しいけれど、たくさん歩くから機能性も重視したい。働く女子の靴事情はとっても難しいものです。今回は、外反母趾にもやさしい『fitfit』からオススメシューズをご紹介。『DoCLASSE』のアイテムと組み合わせたコーデも合わせてチェックして。


RANKING


>>総合人気ランキング