その悩み、化粧品を買わなくても解消できるかも? 日々の美容にプラスワンの努力を

その悩み、化粧品を買わなくても解消できるかも? 日々の美容にプラスワンの努力を

毎日のスキンケア、メイク……。自分を美しく見せるためにやっている努力が間違っていることがわかったら、あなたはどうする? 今回はすぐに実践できる美容のアレコレをまとめてみました。肌の変化が気になる年齢だからこそ基本を大事にしていきましょう。


その悩みは「化粧品」じゃなくても改善できるかも?

今までなかったはずのクマが急に現れたり、ふとした時にシワやたるみが目についたり……。アラサーになると、肌の変化を実感するタイミングがやってきます。今まできちんとスキンケアに気を遣っていたとしても、年齢による変化は多かれ少なかれ、必ずと言っていいほどあるものなのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そんなときにこそ、見直してほしいのが美容に対する基礎知識。もちろん、今まで使っていたスキンケアをエイジング用のものに切り替えたり、ポイント用のアイテムを加えるなど、様々な手段はありますが、毎日のスキンケアでやっている小さなマイナスを減らすこと、そしてお金をかけずに継続できるプラスワンの努力をすることが何より大切なのです。今回はすぐに実践のできる美容についてまとめてみました。

化粧崩れがしやすくなったら……

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

朝、入念なスキンケアをしてファンデーションの後にはしっかりとお粉もはたいたはずなのに、ふとしたとき鏡の前に立つと、メイク崩れが目立つことがあります。とくに、湿気の高い時期や暑い日なんかは余計に、ファンデーションの色ムラが気になるもの。

化粧崩れが気になることが増え始めたら、毎朝メイクをする前に毛穴のケアをするようにしておきましょう。方法はとっても簡単。スキンケアを終えた最後の仕上げに、水で濡らしたタオルを顔に5分ほど当ててから、メイクを開始すればいいだけです。
毛穴が開いた状態でファンデーションやお粉を重ねることで、皮脂の分泌が活発になってしまい化粧崩れの原因になります。冷たいタオルを当てて、顔の毛穴をひきしめてからメイクをすると、ファンデーションが落ちにくくなります。

メイクやクレンジングの際は肌に負担をかけないことが第一

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

メイクやクレンジングの際に、肌に摩擦を与えると色素沈着の原因になることがあります。特に、目元の肌はとくに敏感な部分です。目元をこすりすぎたり刺激を与えることによって目の下のクマが目立ってしまうことも。化粧品やクリームを塗る際は、力のかかりやすい人差し指や中指を使うのではなく、小指や薬指など、負担のかかりにくい指をつかって優しく塗布するようにしましょう。

フェイスマスクを長時間放置すると乾燥の原因に

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

乾燥が気になる季節になると「保湿が第一!」とフェイスマスクを利用する方が多くなるはず。顔の上に一枚パックを重ねるだけで肌がしっかりと潤うのだから、ズボラさんにもとっても有効な手段ではありますよね。けれど、マスクが乾燥するまで長時間放置してしまっている方は逆効果になっている可能性が高いです。
乾燥したマスクは、肌の水分を吸収してしまう恐れがあります。時間をかけてマスクをしたのに、逆に乾燥が増してしまうことも。使用時間の目安は必ず守るようにしてくださいね。

肌トラブルには、清潔な環境が必要

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ニキビや吹き出物が気になるようになった時には、寝具を清潔に保ちましょう。摩擦によって肌あれが生じたり、枕や布団に潜むダニが肌トラブルのリスクを高めている可能性があります。
肌に直接触れるものは定期的に洗って清潔にしておく、またタオルを敷くなどして対策を。
また、肌トラブルが気になるときには、ついべたべたと肌を触ってしまいがち。ですが、その刺激や雑菌がさらに炎症を引き起こす原因になります。
できれば普段よりメイクも控えめに、お肌をしっかりと休ませてあげましょう。

もちろん睡眠をしっかりとることも効果的です。肌の再生は睡眠をとっている間に行われています。早寝早起き、正しい生活習慣を心がけてくさい。

肌のたるみが気になったら表情筋を鍛えて

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

肌のたるみが気になったら、マッサージをするという方も多いと思います。けれど、マッサージはあくまで一時的な実感を得られるだけ。日々の努力として、表情筋を鍛えることが一番効果的です。
発声練習や口角の上げ下げ、ウインクをするなど、意識的に顔の筋肉をつかうことで表情筋を鍛えることができます。

第一声がおブスにならないための「超簡単! 美声エクササイズ」

https://cinq.style/articles/377

長時間声を出していなかったせいで、突然話しかけられたときにすごくおブスな声で返事をしてしまった経験、ありませんか? 今回は超簡単に、おブス声を解消するエクササイズをお教えします。

特に目元のくすみや目の下にできたクマは、老け顔に見られる原因になりやすいです。目の周りの筋肉の衰えも原因になります。目をぎゅっと閉じたあとに、目をがっと大きく開く。これを10秒ずつ、数回繰り返すことで、目の周辺の表情筋が鍛えられ、血行もよくなります。

首元からデコルテには年齢が現れやすい

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

スキンケアをするときは、首元やデコルテのケアも忘れずに。顔全体はメイクをしているからカバーできていても、意外と年齢を感じやすいのがこういった顔回りのゾーンです。首元のシワや乾燥があなたを老けて見せているかもしれません。
ボディクリームなどをつかって、しっかりと保湿をしてあげましょう。

もちろん眠っているときの姿勢も大切です。枕が高すぎたり、低すぎたりすると、眠っている間に首元のシワをつくる原因になってしまいます。肩こりなどに悩まされている方も、一度枕の見直しを検討してみて。

首のシワには年齢が出る。正しい枕選びで美容と健康の見直しを

https://cinq.style/articles/731

顔はメイクでごまかせても、首元の首元のシワは隠せない。正しい枕を選ぶことで、健康にも美容にも嬉しい効果が。

「お金をかける」ことが全てじゃない

今までなかった悩みが増え始める年齢になると、ついお金をかけてケアする必要があるのではないかと思ってしまいます。ですが、肌は日々のケアによってつくられるもの。毎日の積み重ねが大切なのです。むやみやたらにお金をかけるのではなく、日々のケアにプラスワンの努力を。すぐにできる実践方法たちなので、ぜひ試してみてください。

この記事のライター

UNI

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


美容 スキンケア

関連する投稿


【松下流・女磨き術①】奥二重を活かしたクールビューティーメイク

【松下流・女磨き術①】奥二重を活かしたクールビューティーメイク

コンプレックスは「隠す」のではなく「活かす」ことで改善できる。読者の持つメイクに関するお悩みを、美容家の松下侑衣花が解決! 自己流メイクを少し変えるだけで、ガラリと変わる印象を実感して。1人目のゲストは、「奥二重」に悩むこんな方。


「花も実もある」 #ウーマンダイアローグ 特別編【日本化粧品検定協会】

「花も実もある」 #ウーマンダイアローグ 特別編【日本化粧品検定協会】

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは「日本化粧品検定協会」の公式キャラクターのここちゃん。私と同じ「コスメコンシェルジュ」という資格を持っているコスメ好きです♡


ブラックドレスに映える赤リップが最強。『JILL STUART My Black Dress』デビュー

ブラックドレスに映える赤リップが最強。『JILL STUART My Black Dress』デビュー

10月5日から発売される『JILL STUART My Black Dress』は、その名の通り“ブラック”を貴重としたミニマルでシックなデザインが特徴の新メイクアップライン。女性ならではの美しさを引き立ててくれる、とっておきのブラックドレスをクローゼットから取り出して、煌めき艶めく瞬間を手に入れて。


夏に受けたダメージを対策して! 秋はヘアケアオイルを取り入れよう

夏に受けたダメージを対策して! 秋はヘアケアオイルを取り入れよう

夏に紫外線をたくさん浴びてしまったのは、肌だけではありません。 太陽に1番近い部分である髪の毛は、年中紫外線を浴びっぱなし。夏の紫外線ダメージを、きちんとケアしてあげることが大切なのです。


そろそろカサつく季節?!今のうちからハンドクリームで保湿しておこう

そろそろカサつく季節?!今のうちからハンドクリームで保湿しておこう

実は手元というのは、年齢も出やすく人にも見られている場所です。 だからこそ、冬の乾燥が本格化する前からハンドクリームで保湿は行っておくべき。 そこで今の時期にもオススメな軽いつけ心地のハンドクリームを3つご紹介します。


最新の投稿


秋冬は配色コーデに挑戦!2018年オススメのカラーコーディネイト

秋冬は配色コーデに挑戦!2018年オススメのカラーコーディネイト

一年の中で最もオシャレが楽しくなる季節がやってきましたね。秋冬のコーディネイトといえば、アイテムもさることながら、カラーコーディネイトにも力を入れたいところです。そこで今回は2018年にオススメの秋冬カラーコーディネイトの組み合わせについてご紹介します。


ここまでやりきる!成果を出す人が必ず大切にしていること。

ここまでやりきる!成果を出す人が必ず大切にしていること。

与えられた仕事をやり抜く。周りからの期待に応える。簡単なようでいて、とても難しいことです。でも、これを必ず達成する人と達成できない人は如実に努力の差が分かれているのかもしれません。そこで今回は、成果を出す人が常に意識している大切なことをご紹介します。


悩んだことは「自分ノート」に書き出して!ストレスを抱え込まないための習慣

悩んだことは「自分ノート」に書き出して!ストレスを抱え込まないための習慣

ストレスフリーでいたいけど、完全にフリーにすることは難しい。だけど、ストレスと向き合って対策を考えることはできる。悩んだことは「自分ノート」に書き出す習慣をとって。ストレスを抱え込まない方法をご紹介します。


マンネリ解消裏技! ネクタイひとつで夜のバリエーション…♡|真っ赤な濡れオンナ#63

マンネリ解消裏技! ネクタイひとつで夜のバリエーション…♡|真っ赤な濡れオンナ#63

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第63回目は、ネクタイでできる刺激についてです。


働く女子の強い味方! 歩き疲れない「fitfit」の人気シューズ

働く女子の強い味方! 歩き疲れない「fitfit」の人気シューズ

ヒールは欲しいけれど、たくさん歩くから機能性も重視したい。働く女子の靴事情はとっても難しいものです。今回は、外反母趾にもやさしい『fitfit』からオススメシューズをご紹介。『DoCLASSE』のアイテムと組み合わせたコーデも合わせてチェックして。


RANKING


>>総合人気ランキング