別れても追いかけてしまう…つらい失恋の乗り越え方

別れても追いかけてしまう…つらい失恋の乗り越え方

別れても、好きな人は好きな人…。いつまで未練タラタラの状態でいるの?そろそろ一歩前に進んでみましょう♡


失恋ってつらい!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
突然の大失恋!

彼から放たれた言葉を思い返しては、彼との最後の一時を思い出していませんか?引きずるなと言われても、それは本人ではないからこそ言えること。でも、いつかは乗り越えないと、貴重な時間があっという間に過ぎてしまいます。
そこで今回は、つらい失恋の乗り越え方をご紹介いたします。

無理やり連絡を断たない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

つらい失恋をした後は、しばらく連絡をとってしまうものです。
どうしても今まで通り誰かに寄りかかりたくて仕方がないのでしょう。しかし、何度話し合っても別れが決定打になっていると、もう修復はできません。彼の考えも固定化され、何を言っても通じなくなるでしょう。

失恋した後、どうしても連絡先を消して彼との関係を断とうとしますが、無理やり連絡先を消そうとしている時点で、むしろまだ意識している証拠。わざわざ連絡先は消さず、何も気にしないのが一番なんです♡

仕事や趣味に没頭する

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

失恋してしまった以上、過ぎ去った過去を取り戻すことはできません。
いつまでもぐだぐだしていても時間だけが過ぎていき、もったいない!たとえ今すぐ新しい恋をする予定がなくても、シングル生活を楽しめばいいのです。周りが結婚をしていようと子どもを産んでいようと、それは周りのペースであって、自分のペースを乱してまで合わせる必要はありません。

イライラやモヤモヤを解消するなら、仕事や趣味に没頭するのが一番。
がんばっている過程でストレスを感じるときはたくさんありますが、ずっと彼との関係について考えているよりかは精神衛生上いいでしょう。きっと没頭しているうちに世界が広がって、その先に出会いが待っています。

友人には会わずひとりでゆっくり過ごす

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

失恋した後、友人に報告しても「また今度話を聞くね!」で話を強制終了された経験はありませんか?そう友人も毎日を過ごすことで精一杯でまともに話を聞く余裕がないのでしょう。

延々と愚痴を吐いた結果、空振りするくらいなら、友人は頼らず、気が済むまで一人でゆっくり過ごしてみてはいかが?後日会う機会があったら「実はね」と報告するくらいの距離感が一番楽でしょう。学生時代のようにリアルタイムで報告しても、きっと真正直に受け止めてくれる人は少ないはず。

今までと変わらず過ごすことが最大の復讐になる!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

一方的に傷つけられると、落ち込むというより悔しい感情に変わりませんか?
散々一緒にいたのに最後に彼が言い放った言葉を思い出すだけでイライラしてくるでしょう。

復讐だってしたいと思いませんか?しかし、実際に復讐をしたら訴えられてしまいますから、一番いいのは、彼をまったく気にせず、今まで通りのペースで過ごすことが最大の復讐になるのです。彼と別れたことで、通常ではない状態が続いていたら、それこそ彼の思うツボ!

復縁したい男の行動!もうすぐ春が来ちゃうかも♡

https://cinq.style/articles/803

復縁をしたい男性の行動って意外と単純!今回はそんな彼らの行動や特徴をまとめてご紹介します。

彼なんて気にせず前へ、前へ。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

いかがでしたか?
別れても追いかけてしまう気持ちはすごくよく分かります。しかし、散々彼と向き合ったなら、もう彼のことなんて振り切って新しいステージへと向かいましょう♡

残念すぎる!友達としては好きだけど彼としては考えられない男性の特徴

https://cinq.style/articles/955

友達としては付き合えるけど、彼氏となると話は別!女子の恋人審査は意外と厳しかったり。今回は、友達としては好きだけど彼としては考えられない男性の特徴をご紹介します。

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連する投稿


彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

セックス中、彼にもっと喜んでもらいたいと思っていても、どうすればいいのかわからない……と悩むことはありませんか? おすすめなのが男性が「感じやすい」パーツを狙うことです。実は男女で感じやすいパーツは異なっています。今回は、男性が「感じやすい」体のパーツについてご紹介します。


セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

いつ誰がみても仲の良い「ラブラブカップル」。そんな姿に憧れている女性は多いのではないでしょうか? 付き合いが長くなると、ときめきが減少してマンネリが進んだり、セックスレスに陥ったりと悩みがつきもの。ラブラブなカップルで居続けるヒントは、ベッドタイムでのコミュニケーションにありました。


キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第100回目は、女性の「中」の吸い付きや締まり具合をあげる方法についてです。


身体を許すタイミングって…。初めての夜に確認したい3つのこと|真っ赤な濡れオンナ#98

身体を許すタイミングって…。初めての夜に確認したい3つのこと|真っ赤な濡れオンナ#98

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第98回目は、彼氏に身体を許すタイミングについてご紹介します。


“肌見せ”だけがエロさではない。誘いたい時に着たい大人のファッション3つ|真っ赤な濡れオンナ#97

“肌見せ”だけがエロさではない。誘いたい時に着たい大人のファッション3つ|真っ赤な濡れオンナ#97

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第97回目は、露出度を上げずにセクシーさを作る服装を考えます。


最新の投稿


忙しくても頑張りすぎない。今こそ見直したい、ていねいに生きるということ

忙しくても頑張りすぎない。今こそ見直したい、ていねいに生きるということ

忙しい日々を送る毎日。常にやることが頭の中にあるとストレスが溜まってしまいますよね。だけど頑張りすぎてしまうと、モチベーションも下がり、体も疲労してしまって逆効果かもしれません。そんな時は、自然の力を利用して生活を見直してみてはいかが?


【#もちこのパンイチ 22】缶詰を使ったお手軽な食パンアレンジ

【#もちこのパンイチ 22】缶詰を使ったお手軽な食パンアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ企画。今回は缶詰を使ったレシピです!すでに調理済みなありがたい缶詰にちょい足しで簡単おいしいラインナップになりました♪


もうくすみに悩まない!「肌」「目」「歯」をとことん白くする透明感コスメ

もうくすみに悩まない!「肌」「目」「歯」をとことん白くする透明感コスメ

美人度を上げる一つの方法は、パーツの「白」を際立たせること。年齢を重ねるにつれてくすみがちな肌、目、歯が白ければ、それだけで透明感が出て、“丁寧にケアをしている人”という印象を与えることができるから。 今回は「肌」「目」「歯」の3点を白くする方法を、おすすめコスメと一緒に紹介します。


後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

20代後半に差しかかると、仕事にも随分慣れが生まれて自分のポジションが確立してくる時期。後輩や同性からも憧れられるような「オフィスの華」になるのか、厄介なお局キャラになってしまうのか分かれ道となるタイミングでもあります。今回は、オフィスの華と呼ばれる女性の特徴をチェックしていきましょう。


悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

気にしすぎ? ただの心配性? いえいえ、そんなことありません。毎日一生懸命頑張っている人には不安と悩みがつきものなんです。働く女性がつい陥りやすい、職場や仕事を通じてのお悩みについて考えましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング