本当に相談する相手合ってる?弱った時の相談相手選びのコツ|MY WORK ヒント#71

本当に相談する相手合ってる?弱った時の相談相手選びのコツ|MY WORK ヒント#71

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第71回目は、悩んだ時の相談相手についてです。


弱った時に、誰の話を聞く?

仕事や人生の方向性などで悩んだ時、近しい人に相談することはよくあると思います。できることなら自分で解決するのが良いですが、人間弱い生き物。答えを見つけられない時や不安に感じている時には、優柔不断になることもありますよね。

しかし、相談相手を間違えていると、解決できるどころか違う方向に行ってしまうこともあります。そこで、私が相談相手の基準をご紹介します。

近しい人=たまたま近くにいる人

よく相談相手として挙げられるのは、家族、職場の人、友達、恋人など近しい人ではないでしょうか?

もちろん、気を許している人間関係であればあるほど自分の弱いところや悩みをさらけ出せる気持ちも分かりますが、私はそこにトラップが潜んでいると思います。

なぜなら、これらの近しい人は、たまたまあなたの近くにいる人であり、悩みの本質を解決できる答えを持っている訳ではないからです。特に、家族であれば親は子を選べませんし、子は親を選べません。たまたまそこの血筋で生まれただけです。

また、職場の人であれば、たまたまそこの会社に入社したことで出会った上司や部下、同僚。そして、友達に関しても、幼馴染であればたまたま地元が同じだったから、趣味が合うからなどが交友関係の発端になることが多いと思います。

恋人も同様に、「一緒にいて落ち着く」「見た目がタイプ」「理解してくれる」など様々な恋愛スタイルがありますが、それでも恋愛は気持ちが共有できるからこそ成り立つ関係なので、とんでもなく自分とかけ離れた人と一緒になるとは考えにくいです。

そう、すべてに共通していることは「たまたま」近くにいる人であり、「偶然の出会い」なのです。

近しい人がいつも答えを持っている訳ではない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

とはいえ、近しい人に相談することで、安心感を得たりストレスを発散できたりする気持ちも分かります。そこでポイントなのは、「近しい人=解決策を持っている」と思わないことです。

近しい人のことを信頼していないという意味ではありません。いつも近しい人が自分に適切な解決策を提示してくれるわけではなく、安心感を提示してくれている。この境界線を引くことが、とても大切です。

私が思う相談相手の基準は、「その道のプロ」であるかどうかです。例えば、自分がフリーランスの確定申告に悩んでいたとして、恋人が税理士ならばその道の専門家として意見を聞くのは賛成です。しかし、会社勤めの経験しかない恋人に、フリーランスの苦悩を話しても理解はしてくれるかもしれませんが、解決策は落ちていないと思います。経験したことがなければ専門知識もないので、仕方がないことです。

また、自分の人生の方向性や転職の話を上司や同僚に相談しても、解決策が得られないのも当然の話です。なぜなら、悩んでいる自分と同じ会社に勤めている人だから。自分が悩んでいることを、近しい人に話しても答えはほぼ見つからない。これが現実だと思います。

弱った時こそ、遠くに目を向けて!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

解決策を持つ人を探すには、悩んでいるトピックを達成している人に目を向けることが一番良い方法です。

今はSNSやブログなど自分の考えを発信している人が多いので、近しい人ではなくても考えを知ることができます。このように情報収集する習慣を身につけるのも、SNSやブログを効率よく使うためのコツです。

弱っている時や悩んでいる時こそ、近しい人の意見が本当に自分にとって正しいのか?を見極めてみてくださいね!

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


「否定語」を使わないだけで印象UP! 会話が上手な人の共通点とは|MY WORK ヒント#80

「否定語」を使わないだけで印象UP! 会話が上手な人の共通点とは|MY WORK ヒント#80

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第80回目は、会話が上手な人に共通することを考えます。


「知る」ことが大前提。気持ちよく仕事に向かうための心づもり

「知る」ことが大前提。気持ちよく仕事に向かうための心づもり

みなさんは普段、気持ちよく仕事に取り組めていますか? 本当はやりたくないことを「やらなきゃいけない」と無理してはいないでしょうか。ビジネスにおいてはまず、何事も仕事を”知る”ことが大切。気持ちよく仕事に取り組めるよう、知っておきたい心づもりについての話をしましょう。


彼にどう思われるか心配…。そんな時に仕込みたい4つのボディエチケット|真っ赤な濡れオンナ#84

彼にどう思われるか心配…。そんな時に仕込みたい4つのボディエチケット|真っ赤な濡れオンナ#84

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第84回目は、女性が意識したいボディエチケットについてです。


スピリットはいつも高めで。仕事で成功する人が、定期的に占いに通う理由

スピリットはいつも高めで。仕事で成功する人が、定期的に占いに通う理由

仕事で成功する人たちは、「占い」をひとつの指針にしていると耳にしたことがあります。定期的に通い、占いで“答え合わせ”をしているからこそ、仕事が軌道にのるのかもしれません。今回は、成功する人が定期的に占いに通う理由について考えてみたいと思います。


「最近」が数年前!? 同じところで足踏み状態に起きる前進の低下|MY WORK ヒント#79

「最近」が数年前!? 同じところで足踏み状態に起きる前進の低下|MY WORK ヒント#79

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第79回目は、「最近」の期間がどんどん長くなる現象について考えます。


最新の投稿


天職は自分の意志で創りだす!Twitterで仕事を獲得する方法

天職は自分の意志で創りだす!Twitterで仕事を獲得する方法

天職は探すものじゃなくて、自分の手で創りだすもの。今回はTwitterで仕事を獲得する方法をご紹介します。


「否定語」を使わないだけで印象UP! 会話が上手な人の共通点とは|MY WORK ヒント#80

「否定語」を使わないだけで印象UP! 会話が上手な人の共通点とは|MY WORK ヒント#80

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第80回目は、会話が上手な人に共通することを考えます。


本能だって本当!? 男性が追いかけたくなる女性の決め手は香り!

本能だって本当!? 男性が追いかけたくなる女性の決め手は香り!

男性は、同じような印象の二人がいたら香りがする人の方が記憶に残るよう。気になる彼がいるのに進展がない人は香りをまとってみてはいかがでしょうか?今回は、男性が追いかけたくなる香りについてご紹介します。


「知る」ことが大前提。気持ちよく仕事に向かうための心づもり

「知る」ことが大前提。気持ちよく仕事に向かうための心づもり

みなさんは普段、気持ちよく仕事に取り組めていますか? 本当はやりたくないことを「やらなきゃいけない」と無理してはいないでしょうか。ビジネスにおいてはまず、何事も仕事を”知る”ことが大切。気持ちよく仕事に取り組めるよう、知っておきたい心づもりについての話をしましょう。


芯のあるかっこいい女性に。自分磨きに酔っている人・成長している人の違い

芯のあるかっこいい女性に。自分磨きに酔っている人・成長している人の違い

自分磨きをしている「私」をアピールするよりも、自分自身の成長のために、日々の努力を純粋に楽しみましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング