情報は届けてくれない。手元に来た時は、古い過去の情報|MY WORK ヒント#74

情報は届けてくれない。手元に来た時は、古い過去の情報|MY WORK ヒント#74

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第74回目は、新しい情報を吸収する大切さについてです。


デジタルデトックスはメリットだけ?

パソコンやスマホ、タブレットなどデジタル機器が増えるにつれて、情報が簡単に手に入るようになりました。インターネット検索をはじめ、TwitterやInstagram、Tumblr、YouTube、気持ちを発信するブログ、リアルな人脈とつながるFacebook、Linkedinなど、本当に便利なコミュニティツールばかりですよね。

しかし、その便利さがゆえに、マウンティングやキラキラ投稿から「疲れ」を感じてデジタルデトックスをする人も多いのではないでしょうか。

私自身も、元々はSNSを積極的にするタイプではなかったので、仕事のために始めたのが正直なところです。とはいえ、結果的にSNSを始めてよかったと思いますし、完全にデジタルデトックスをしてしまうのは良い情報まで見過ごしてしまいます。

SNSを効率よく使う!時間を無駄にしない使い方とは|MY WORK ヒント#22

https://cinq.style/articles/808

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第22回目は、SNSを効率よく使う方法について、考えます。

情報がないと、どんどん視野が狭くなる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

デジタルデトックスで最もデメリットだと感じるところは、「自ら情報を取りにいかないスタンス」を作ってしまうことです。情報収集に受け身になれば、必然と自分に届いた情報のみから選択したり判断したりするので古い情報ばかりしか届きません。

例えば、私の両親はインターネットやSNSに疎いです。やっと去年あたりからLINEを使い始めて、実家と離れて暮らす私とFacebookで繋がり、元気に暮らしているのか確認するツールとしてやり始めました。

——先日、私が海外に行った時の話。両親はインターネットで何かを検索する習慣がないので、娘の私がどこに行ったのか調べるためにとった行動がありました。

それはなんと、「地球儀を買うこと」です(笑)。「日本以外のことが分からないから、地球儀買ってきたよ! 今どこにいるのか教えてね」とLINEがきた時には、思わず笑ってしまいましたが、これは実話です。

私の両親は本気で分からないのです。「Googleマップで調べたら、細かい地図が出てくるよ!」と説明しても、そもそもGoogleマップがどこにあるのか、どこのボタンを押したら良いのか、全く分からないので地球儀をクルクル回しながら「たぶん、この辺かな〜」なんて想像しているのでしょう。

また、私がいつも読んでいる雑誌があるのですが、日本にいない期間読めないとかわいそうだと思った両親は、それを「国際郵送で送ろうか?」とLINEが来たこともありました。薄い紙一枚送るだけでもとてもコストがかかりますし、到着するのに1週間以上かかることもあります。そんな、国際郵送でわざわざ雑誌を送ろうとしているとは……。そして、電子書籍というデジタルで本や雑誌が読めることを知らないので、このような発想に至ったのだと思います。

私は両親に「日本にいなくても、インターネットがあれば電子書籍として雑誌は読めるから大丈夫だよ」と返事をしました。kindleやiBooksでダウンロードすれば、最新の雑誌がすぐに読めますからね。

この例は極端かもしれませんが、私にとってデジタルデトックスは、地球儀を買ったり雑誌をわざわざ国際郵送したりするくらい古い情報しか手に入らないと思っています。両親は、デジタルが分からないので見ることもほとんどありません。その代わり、近くのスーパーで売っているものや、近所の交流から得た情報で行動している。

……そう思うと、遠く離れた場所の情報収集をすることがどれだけ大切なことかお分かりいただけるのではないでしょうか。

住んでいる場所や人脈を超えるには、デジタルが必須

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

住んでいる場所や人間関係によって、価値観や考え方は大きく変わります。しかし、それらを越えることができるのが「デジタル機器」ではないでしょうか。

確かに、SNSやインターネットの情報に疲れを感じる時もありますが、それでも世界をつなげるとても便利なツールです。デジタルデトックスをしてしまえば、メリットだけではなくデメリットもたくさんあると私は感じています。

ぜひ、自ら情報を取りに行く姿勢をもって日々のモチベーション作りやアイディアの発見場所として活用してみてくださいね!

 

この記事のライター

★ブログにも遊びにきてね★
https://harako.jp

関連する投稿


生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

SNSの主流で生まれた「個を活かす時代」。それは、芸能人ではない普通の私たちが良くも悪くも人の注目を集めるということ。時として批判的な意見に傷つけられてしまうことも少なくありません。今回は、そんな批判、誹謗中傷から自分の身を守るための大切なことをご紹介します。


【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは4組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、「妊活」需要の変化について考えていきます。


一重・奥二重だから“かわいい!” 一重まぶたが次世代ブームの予感!

一重・奥二重だから“かわいい!” 一重まぶたが次世代ブームの予感!

パッチリ二重が魅力的な時代はもう終わった!?これからブームを席巻する予感があるのは一重さん♡


なんかコレじゃない感…オシャレに仕上がらないポイントはこれ

なんかコレじゃない感…オシャレに仕上がらないポイントはこれ

オシャレをしても、いまいち普通になってしまう。そんな方はもしかしたらこの要素が抜けているのかも…!


【仕事と妊活】妊活はパートナーと「一緒」に。妊活の進め方と気をつけておきたいこと

【仕事と妊活】妊活はパートナーと「一緒」に。妊活の進め方と気をつけておきたいこと

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは4組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、パートナーと行う妊活の進め方について考えていきます。


最新の投稿


過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去の恋をずっと引きずったまま……。新しい恋の気配がしても「自分なんて」と否定的な態度をとってしまったり。今度こそ運命の人と巡り合えるように、今のうちに心の中をよく整理しておきましょう。


【#もちこのパンイチ 44】優しい甘味がたまらない。和風スイーツアレンジ

【#もちこのパンイチ 44】優しい甘味がたまらない。和風スイーツアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ 企画。今回は和スイーツの材料を使ったレシピです。和スイーツの優しい甘味は夏にもぴったりの味です。


自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

情報やモノにまみれて、頭も自分の部屋の中もパンク。それを解決するには、あれこれするのではなく「やめてみる」ことにフォーカスを。当たり前に行っていた事を見直して、人間関係の構築も美肌も手に入れて。


女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

働く女性が増えたことによって、女性のキャリア観も大きく変わっている今。「キャリアアップしたい!」「バリバリ稼ぎたい!」と思っている女性はどのくらいいるものなのでしょうか? そこで今回は読者100名にアンケートを実施。今の年収や、仕事での悩みなど、赤裸々に聞いてみました。


生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

SNSの主流で生まれた「個を活かす時代」。それは、芸能人ではない普通の私たちが良くも悪くも人の注目を集めるということ。時として批判的な意見に傷つけられてしまうことも少なくありません。今回は、そんな批判、誹謗中傷から自分の身を守るための大切なことをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング