情報は届けてくれない。手元に来た時は、古い過去の情報|MY WORK ヒント#74

情報は届けてくれない。手元に来た時は、古い過去の情報|MY WORK ヒント#74

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第74回目は、新しい情報を吸収する大切さについてです。


デジタルデトックスはメリットだけ?

パソコンやスマホ、タブレットなどデジタル機器が増えるにつれて、情報が簡単に手に入るようになりました。インターネット検索をはじめ、TwitterやInstagram、Tumblr、YouTube、気持ちを発信するブログ、リアルな人脈とつながるFacebook、Linkedinなど、本当に便利なコミュニティツールばかりですよね。

しかし、その便利さがゆえに、マウンティングやキラキラ投稿から「疲れ」を感じてデジタルデトックスをする人も多いのではないでしょうか。

私自身も、元々はSNSを積極的にするタイプではなかったので、仕事のために始めたのが正直なところです。とはいえ、結果的にSNSを始めてよかったと思いますし、完全にデジタルデトックスをしてしまうのは良い情報まで見過ごしてしまいます。

SNSを効率よく使う!時間を無駄にしない使い方とは|MY WORK ヒント#22

https://cinq.style/articles/808

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第22回目は、SNSを効率よく使う方法について、考えます。

情報がないと、どんどん視野が狭くなる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

デジタルデトックスで最もデメリットだと感じるところは、「自ら情報を取りにいかないスタンス」を作ってしまうことです。情報収集に受け身になれば、必然と自分に届いた情報のみから選択したり判断したりするので古い情報ばかりしか届きません。

例えば、私の両親はインターネットやSNSに疎いです。やっと去年あたりからLINEを使い始めて、実家と離れて暮らす私とFacebookで繋がり、元気に暮らしているのか確認するツールとしてやり始めました。

——先日、私が海外に行った時の話。両親はインターネットで何かを検索する習慣がないので、娘の私がどこに行ったのか調べるためにとった行動がありました。

それはなんと、「地球儀を買うこと」です(笑)。「日本以外のことが分からないから、地球儀買ってきたよ! 今どこにいるのか教えてね」とLINEがきた時には、思わず笑ってしまいましたが、これは実話です。

私の両親は本気で分からないのです。「Googleマップで調べたら、細かい地図が出てくるよ!」と説明しても、そもそもGoogleマップがどこにあるのか、どこのボタンを押したら良いのか、全く分からないので地球儀をクルクル回しながら「たぶん、この辺かな〜」なんて想像しているのでしょう。

また、私がいつも読んでいる雑誌があるのですが、日本にいない期間読めないとかわいそうだと思った両親は、それを「国際郵送で送ろうか?」とLINEが来たこともありました。薄い紙一枚送るだけでもとてもコストがかかりますし、到着するのに1週間以上かかることもあります。そんな、国際郵送でわざわざ雑誌を送ろうとしているとは……。そして、電子書籍というデジタルで本や雑誌が読めることを知らないので、このような発想に至ったのだと思います。

私は両親に「日本にいなくても、インターネットがあれば電子書籍として雑誌は読めるから大丈夫だよ」と返事をしました。kindleやiBooksでダウンロードすれば、最新の雑誌がすぐに読めますからね。

この例は極端かもしれませんが、私にとってデジタルデトックスは、地球儀を買ったり雑誌をわざわざ国際郵送したりするくらい古い情報しか手に入らないと思っています。両親は、デジタルが分からないので見ることもほとんどありません。その代わり、近くのスーパーで売っているものや、近所の交流から得た情報で行動している。

……そう思うと、遠く離れた場所の情報収集をすることがどれだけ大切なことかお分かりいただけるのではないでしょうか。

住んでいる場所や人脈を超えるには、デジタルが必須

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

住んでいる場所や人間関係によって、価値観や考え方は大きく変わります。しかし、それらを越えることができるのが「デジタル機器」ではないでしょうか。

確かに、SNSやインターネットの情報に疲れを感じる時もありますが、それでも世界をつなげるとても便利なツールです。デジタルデトックスをしてしまえば、メリットだけではなくデメリットもたくさんあると私は感じています。

ぜひ、自ら情報を取りに行く姿勢をもって日々のモチベーション作りやアイディアの発見場所として活用してみてくださいね!

Back Number

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


すぐに結果が出ないと辞めてしまう。「飽き性」を回避するためのコツ|MY WORK ヒント#76

すぐに結果が出ないと辞めてしまう。「飽き性」を回避するためのコツ|MY WORK ヒント#76

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第76回目は、何か始めてもすぐに飽きてしまう性格の人への提案です。


「小さ〜い」は禁句…。 男性のアソコを見た時の模範解答は?|真っ赤な濡れオンナ#80

「小さ〜い」は禁句…。 男性のアソコを見た時の模範解答は?|真っ赤な濡れオンナ#80

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第80回目は、男性のアソコを見たときの模範解答についてです。


勝手に投稿はあり得ない!人間関係にヒビを入れないためのSNS写真マナー

勝手に投稿はあり得ない!人間関係にヒビを入れないためのSNS写真マナー

SNSに写真を載せようと必死……。大切な人からいただいた贈り物をそのままSNSに載せていませんか?今回は、人間関係にヒビ入れないためのSNS写真マナーをご紹介します。 


メタ認知をあげるには? 自分を客観視して的確に行動する3つのTips|MY WORK ヒント#75

メタ認知をあげるには? 自分を客観視して的確に行動する3つのTips|MY WORK ヒント#75

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第75回目は、客観的に自分を見つめて軌道修正する方法を考えます。


「服装は生き方である」 ウーマンダイアローグ#14

「服装は生き方である」 ウーマンダイアローグ#14

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストはPA Communicationの齊山陽子(さいやまようこ)さん。お互いファッションの仕事をしているので、会話が盛り上がり……おしゃれの楽しさを再認識することができました♪


最新の投稿


転職活動をはじめてから退職するまでに知っておきたい知識まとめ

転職活動をはじめてから退職するまでに知っておきたい知識まとめ

アラサーになると「転職をしようかな?」と自分のキャリアについて考える時間が増えていきます。今の仕事をこのままするべきか、挑戦してみたいことを思い切ってやるべきか。もし、転職活動をするのであれば、失敗はしたくないものです。では、転職に興味がでて来たときには、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか?


一つずつ持っておきたい! ヒールで印象を変える、パンプス選び

一つずつ持っておきたい! ヒールで印象を変える、パンプス選び

軽やかな足元で出かけたくなる季節が到来。オールシーズン使えるパンプスも、そろそろ新調しておきたいものです。今回は、パンプスで足元印象を変える、ヒールの種類をご紹介。一つずつ持っておきたくなる?! 働く女性の強い味方です。


直すではなく「戻す」が正解。メイクしたての肌を取り戻す化粧直しの新習慣

直すではなく「戻す」が正解。メイクしたての肌を取り戻す化粧直しの新習慣

夕方になると気になる化粧崩れ。仕事帰りに友達と会う予定やデートの約束をしてたら大変! 予定に間に合うようにと慌てて化粧直しをしても、ヨレていれば厚化粧になったりムラができたり。朝のメイクしたてのようなメイクに戻すためにはどうすればいいの? そんな日々忙しく働く女性の強い味方になってくれる、優秀コスメをご紹介。


専業主婦になるのはいけないこと? 働く女性との対立問題

専業主婦になるのはいけないこと? 働く女性との対立問題

働く女性が増えた一方で、専業主婦を「悪」と決めつけてしまう風潮が問題になっています。専業主婦になるのはいけないことなのでしょうか?


パリジェンヌ実践!保湿と洗浄力をアップさせるクレンジングレシピ

パリジェンヌ実践!保湿と洗浄力をアップさせるクレンジングレシピ

いつも使っているミルククレンジング。なんとなく洗浄力に物足りなさを感じることはありませんか? そんなあなたにパリジェンヌが実践しているといわれている、とっても簡単な保湿と洗浄力アップさせるレシピをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング