キャリアコンサルタントが考える、女性のキャリア形成とは?【ポジウィル株式会社代表 金井 芽衣】

キャリアコンサルタントが考える、女性のキャリア形成とは?【ポジウィル株式会社代表 金井 芽衣】

求人を紹介しないオンラインキャリア支援をメインとするポジウィル株式会社を設立した、キャリアコンサルタント金井芽衣さん。これまで、キャリアコンサルタントとしてさまざまな人の悩みに向き合ってきた彼女に、女性とキャリアについて伺いました。


前回のインタビューでは「戦略的キャリアを積んでいく」必要があると話してくれたポジウィル株式会社 金井 芽衣さん。これまで、キャリアコンサルタントとしてさまざまな人の悩みに向き合ってきた彼女に、女性とキャリアについて伺いました。

戦略的キャリアを積んでいく #つくるを選ぶ 【ポジウィル株式会社代表 金井 芽衣】

https://cinq.style/articles/1452

若手キャリア支援をメインとするポジウィル株式会社を設立した、キャリアコンサルタント金井芽衣さん。企業したきっかけと、これからの目標について、インタビューしました。

精神のバランスを保つために大事にするもの

日本では、キャリア=仕事と捉えられている方が多いのですが、広義の意味では「人生そのもの(経歴)」を指します。仕事とプライベートの二軸を大切にしなければ意味がない、という考えがあるんです。

L・サニー・ハンセンによる統合的人生設計(ILP)では、4つの「L」のバランスが大事だと言われています。それが、労働(Labor)、学習(Learning)、余暇(Leisure)、愛(Love)。

精神のバランスを保つためにも、この4つのフレームワークを大切にしていかなければならないと言われています。特に女性は、ホルモンバランスの変化や、精神的な依存によって揺らぎを感じやすい生き物。抱えられる量に限りがあるので、今の状況を可視化して捨てる作業を定期的にやっていく必要があります。情報を取り入れる余白さえあれば、自然と新しいものが入ってくる。モチベーションを上げるためには、という考えも持つ必要も無くなります。

可視化することでアクションに繋げる

私が200人以上のカウンセリングを続けていて気づいたのは、悩みを解決するまでには、4つのフェーズがあるということでした。

一つ目は、とにかく辛い、なんか嫌だ、と自暴自棄になっている段階です。その時にはまず、悩みの原因を箇条書きにして書き出していきます。

そして、二つ目が、問題が顕在化できるようになった時。悩みの原因を書き出していくと、ニキビができたとか、むくみが気になる、写真映りが悪い、前髪のうねりが気になる……というような小さいストレスの集合体であることに気づくことも多いです。そうなると、次のステップ。解決するためのソリューションが見えてきます。そこまで来ると、戦略的に目標に向かうべきアクションがわかるようになります。

それを実際にアクションに移すことが、最後の4つ目です。この順序を踏まえていくことで、悩みの原因から自分が取るべきアクションまでが明確になって、モヤモヤしていた「悩み」を顕在化できるようになります。

「自分が何をしたいのかがわからない」と答えが明確になっていない人も同じです。自分が好きなもの、好きな理由を分解して落としたところに、答えが見つかるはずです。

過去の失敗をネガティブなままで腐らせない

挫折や失敗は誰にでもあるものです。だけど、女性の場合はとくに、嫌な思い出をそのまま蓋をして消化出来ずに抱えてしまっていることが多いような気がします。けれど、苦しい・辛い思い出を、腐らせたまま放置するか、それをエネルギーに変えるかは自分次第です。

捉え方を変えれば、挫折、失敗、遠回りも全て自分を作る材料だと思うことができるようになります。発展期と過渡期を繰り返すことで、次のステージに上がることができると思っていれば、不安や心配な気持ちも、前向きに捉えることができるようになります。

パートナーとの関係性は何よりも重要

パートナーとの関係性は大切だなぁ、ということは相談を受けていて感じる事が多いですね。

例えば、「バリバリ仕事をしたいけれど、旦那に止められる」というケースも多々聞きますが、パートナーと話しましたか? と聞くと友人同士では話してるけど、当人とは話していないケースが多いなと。人との生活をしていく上で、価値観の相違をなくすことはとても大事なこと。そこにズレがあると、いずれ歪みが生じてしまいます。言われた事は受け止めるけど、察することは出来ないというのが大半だと思うのでアイメッセージで(主語を相手ではなく、自分として)伝える習慣をつける事が大切かな、と。

欲張るならば、覚悟を決めること

女性が働きやすい環境、というのはもちろんですが、本来であれば男女関係なく尊重される社会であって欲しい、とも思っています。決まらない求人にありがちなのが、自分の現状を理解せずに理想だけが先行してしまいズレを認識しないことです。自分の理想や目標がある程度明確になっているのであれば、まずは自分の現状を確かめてから、バリューを発揮できることに移すといった過程を理解しておかなければなりません。挫折・失敗・コンプレックスにとらわれず、全ての経験を強みに、自分の力に変えて進んでいって欲しいです。






この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


デキる人が実践している上手な時間の使い方

デキる人が実践している上手な時間の使い方

何かを始めたい。時間を有効活用して自分の時間を作りたい。そう思う方は多いでしょう。そこで今回はデキる人が実践&心掛けていることをご紹介。時間はお金で買えません。つまりお金よりも重要なのが時間。その貴重な財産を有効に使ってみましょう。


働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

仕事に対するモチベーションは、働く女性にとってなくてはならないもの。生き生きと働くことができれば、プライベートもより充実しますよね。しかし全員がやる気いっぱいで働いているわけではなく、なぜ働いているかわからなくなることも。そこで今回は、働く女性のモチベーションとなる3つの要素と、やる気を維持する方法をご紹介します。


【仕事と育児】育休後、職場復帰に向けて悩むこととその改善について

【仕事と育児】育休後、職場復帰に向けて悩むこととその改善について

働く女性の悩みで多く挙げられるのは、仕事と生活の両立。なかでも、結婚・出産に関しては、仕事との兼ね合いもあり、いつのタイミングがベストなのか……と頭を悩ませるものです。今回は出産後、職場復帰に向けて悩むことについてをまとめてみました。


「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

上司や取引先などで、年上の男性とのやり取りをしていると「女性だから」「若いから」という理由だけでなめてかかってくる人がいます。どう対処したら良いのでしょうか?


最新の投稿


メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

心が繊細だと、自分のことながら「面倒くさい」と感じる瞬間が多々あるはず。でも運命のパートナーがすべてを受け止めてくれる人なら何も問題はないんです!


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

結婚しているはずなのに、定期的に連絡してくる彼。あきらかに好意を寄せているのはすぐに分かること。ついついイラっとしちゃいませんか?


仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か…中途半端な状態にならないようにと今、必死に悩んでいるのでは?どちらも選ぶ方向ももちろんまだ考えられるでしょう。後悔しない道のりを選ぶことが、きっと明るい未来に繋がります。


【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

冬になると気持ちが滅入ってしまってご自身を責める方も多いのでは?でも、それは自然なこと。なぜなら、薬膳の世界では冬は落ち込みやすい時期だと決まっているからです。


RANKING


>>総合人気ランキング