いつもの私に戻りたい。悲しみがどっと押し寄せたときの対処法

いつもの私に戻りたい。悲しみがどっと押し寄せたときの対処法

不安で不安で仕方がない。朝は来ると分かっていても、このまま深い谷底に落ちたままの気がして、心がざわつく……。悲しみが押し寄せたときは、深呼吸しましょう。悩むのは、それから。


落ち込んでいる場合じゃない……。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

明日は大切な仕事。
緊張のせいもあるのか、きょうはメンタルの調子が優れない。

SNSをみるのもつらいし、情報が降りてくる状態も、そもそも嫌! なにもかもつらくなってしまうと、余計に周りをうらやましく思えたり。

今回は、悲しみがどっと押し寄せたときの対処法をご紹介します。

自分の気持ちをA4無地の紙に書き出す

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

悲しみがどっと押し寄せているとき、頭の中はめちゃくちゃ。
悩みに対するアンサーがいくつか浮かんでいても、なにを最終的な結論とするかがまとめきれずに、さらに悲しい気持ちに。

今すぐに誰かに相談できればベストですが、いつも自分の都合よく、会いたい人に会えるとも限りません。そんなときは「書き出す」のが一番。できれば方眼紙ではなく、A4無地のルーズリーフ、またはメモ帳を用意します。

無地の紙を選ぶメリットとしては、自由にアイデアを整理できるところです。マス目があると、自由に書こうと思っても線が気になってしまいますよね。どうしても悲しみや不安を処理できないときは、紙に書き出して、心の中をスッキリさせていきましょう。

大声で泣く

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

つらさがピークを迎えると、涙さえも枯れてしまいます。心は「泣きたい」と思っていても、もうすでにその時点ではヘトヘトの状態。いつの間にか心の中が真っ暗にならないように、涙活を定期的に。

少しでもつらさを感じた時点で、大声で泣きましょう。大人になると泣くことを忘れてしまう人もいます。

学生時代に比べ、免疫がつき、我慢できるだけのキャパが広がったからでしょうか。しかし、泣かないまま、じっとストレスに耐えるのは大変。たまには布団を被って、泣き叫ぶくらいしないと、気がついたときにはキャパオーバー。しかも修復不可能になる場合も。

落ち込んでいられない。つらいときでも「いつもの私」に戻る方法

https://cinq.style/articles/1052

仕事でミスった。恋人と喧嘩をした。家族にまで八つ当たりしちゃった…。このまま負の連鎖へと突入する前に、いつもの私に戻りましょう。今回は、つらいときでも「いつもの私」に戻る方法をご紹介します。

親友に「つらい」と打ち明ける

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

大人になると、親友の前でもかっこよくいようとしてしまいます。意識をしていなくても、心のどこかで張り合い「彼女よりも上に」、と思っている人もいるかもしれません。

いざというときに助けてくれるのは、彼よりも親友。どうしてもつらいなら、彼女を頼りにしましょう。

わざわざ長文を送らなくても「つらい」とだけ送ればいいのです。きっと彼女なら「どうしたの?」と、すぐに返信をくれるはず。

場合によっては、会いに来てくれるかもしれませんね。数少ない親友たちは、誰よりも自分のことを深く理解しています。心の荷物がすっと軽くなるような言葉も言ってくれるでしょう。

いつもの私に戻れるメニューを用意しておく

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

悲しみがどっと押し寄せ「もう無理!」と思っても、翌日は働きに行かなければいけません。
仕事は待ったなしで、どんどん進んでいってしまいます。

大切なのは、つらくなっても、いつもの私に戻れるメニューを用意しておくこと。リスト化しておけば、いざというときも、つらいながらも冷静に対処できます。

涙は心のデトックス。涙活した後にしたい「いつもの私」を取り戻すアフターケア

https://cinq.style/articles/1684

泣いた後は、いつものMYルールで元気を取り戻す。泣いた分だけ、きっと人は強くなれます。

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連するキーワード


ストレス 不安

関連する投稿


心のリズムを元に戻す。生活を整える4つの習慣

心のリズムを元に戻す。生活を整える4つの習慣

乱れた心を一度リセット。ゆっくり深呼吸しながら、心と体を癒してあげて。


仕事復帰が楽になる方法は、キャリアを「見える化」しておくこと|MY WORK ヒント#61

仕事復帰が楽になる方法は、キャリアを「見える化」しておくこと|MY WORK ヒント#61

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第61回目は、女性が仕事に復帰しやすくなる方法について考えます。


ポイントはアウェアネス(気づき)とアクセプタンス(受容)。マインドフルネスの取り入れ方

ポイントはアウェアネス(気づき)とアクセプタンス(受容)。マインドフルネスの取り入れ方

最近、話題のマインドフルネス。一体どんなものなのかご存知ですか? 取り入れることで、自分のストレスやマインドをきちんとコントロールできるようになるかもしれません。そんなマインドフルネスについて、AEAJのプレスセミナーにて精神科医で臨済宗建長寺派 林香寺 住職の川野 泰周さんにお話を伺いましたのでご紹介します。


今の時代に「完全回避」は無理!職業柄SNSをやめられない人が続けたいデジタルデトックス習慣

今の時代に「完全回避」は無理!職業柄SNSをやめられない人が続けたいデジタルデトックス習慣

仕事上、SNSをやめるわけにはいかない。でも、情報のシャワー状態は疲れてしまう……。今回は、職業柄SNSをやめられない人が続けたいデジタルデトックス習慣をご紹介します。たまには、疲れた心を解放してあげましょう。


涙は心のデトックス。涙活した後にしたい「いつもの私」を取り戻すアフターケア

涙は心のデトックス。涙活した後にしたい「いつもの私」を取り戻すアフターケア

泣いた後は、いつものMYルールで元気を取り戻す。泣いた分だけ、きっと人は強くなれます。


最新の投稿


フラットシューズで細見えできる!ぺたんこ靴のコーデテク

フラットシューズで細見えできる!ぺたんこ靴のコーデテク

長時間の外出や、満員電車必須の出勤時などは足が太く見えようと、フラットシューズで挑みたい。とはいえ、本音はヒールでごまかさなくても細見えできるほうが望ましいですよね。フラットシューズ=足の太さがカバーできない理論をくつがえす!今回は、フラットシューズで最大限細見えできるコーデテクをご紹介します。


心のリズムを元に戻す。生活を整える4つの習慣

心のリズムを元に戻す。生活を整える4つの習慣

乱れた心を一度リセット。ゆっくり深呼吸しながら、心と体を癒してあげて。


初めてや久しぶりのセックスに痛み…。どうやって馴染ませるのが良いの?|真っ赤な濡れオンナ#67

初めてや久しぶりのセックスに痛み…。どうやって馴染ませるのが良いの?|真っ赤な濡れオンナ#67

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第67回目は、セックスで痛みを感じる時の対処方法です。


覚えておいて損はナシ!人間関係をスムーズにさせる断り方

覚えておいて損はナシ!人間関係をスムーズにさせる断り方

友達や知人からやってきた乗り気でないお誘い、仕事の急な依頼、興味のない人からのアプローチ。私たちには時にこうした、即イエス!とは言い難い場面に遭遇します。うまく乗り切れれば良いのですが不器用な方だと、ちょっとした言い回しや断り方で余計に相手との関係に亀裂が生じることも……。


ボディケアはお風呂で済ませる!ボディスクラブですべすべ肌に導いて♡

ボディケアはお風呂で済ませる!ボディスクラブですべすべ肌に導いて♡

最近寒くなってきて、肌のお手入れをより一層力を入れなければいけない季節になりました。顔の保湿はしっかりやっているのに、ボディのお手入れはサボりがちになっていませんか? ボディケアはスクラブを使って、お風呂で手軽に済ませちゃいましょう♪


RANKING


>>総合人気ランキング