いつもの私に戻りたい。悲しみがどっと押し寄せたときの対処法

いつもの私に戻りたい。悲しみがどっと押し寄せたときの対処法

不安で不安で仕方がない。朝は来ると分かっていても、このまま深い谷底に落ちたままの気がして、心がざわつく……。悲しみが押し寄せたときは、深呼吸しましょう。悩むのは、それから。


落ち込んでいる場合じゃない……。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

明日は大切な仕事。
緊張のせいもあるのか、きょうはメンタルの調子が優れない。

SNSをみるのもつらいし、情報が降りてくる状態も、そもそも嫌! なにもかもつらくなってしまうと、余計に周りをうらやましく思えたり。

今回は、悲しみがどっと押し寄せたときの対処法をご紹介します。

自分の気持ちをA4無地の紙に書き出す

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

悲しみがどっと押し寄せているとき、頭の中はめちゃくちゃ。
悩みに対するアンサーがいくつか浮かんでいても、なにを最終的な結論とするかがまとめきれずに、さらに悲しい気持ちに。

今すぐに誰かに相談できればベストですが、いつも自分の都合よく、会いたい人に会えるとも限りません。そんなときは「書き出す」のが一番。できれば方眼紙ではなく、A4無地のルーズリーフ、またはメモ帳を用意します。

無地の紙を選ぶメリットとしては、自由にアイデアを整理できるところです。マス目があると、自由に書こうと思っても線が気になってしまいますよね。どうしても悲しみや不安を処理できないときは、紙に書き出して、心の中をスッキリさせていきましょう。

大声で泣く

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

つらさがピークを迎えると、涙さえも枯れてしまいます。心は「泣きたい」と思っていても、もうすでにその時点ではヘトヘトの状態。いつの間にか心の中が真っ暗にならないように、涙活を定期的に。

少しでもつらさを感じた時点で、大声で泣きましょう。大人になると泣くことを忘れてしまう人もいます。

学生時代に比べ、免疫がつき、我慢できるだけのキャパが広がったからでしょうか。しかし、泣かないまま、じっとストレスに耐えるのは大変。たまには布団を被って、泣き叫ぶくらいしないと、気がついたときにはキャパオーバー。しかも修復不可能になる場合も。

落ち込んでいられない。つらいときでも「いつもの私」に戻る方法

https://cinq.style/articles/1052

仕事でミスった。恋人と喧嘩をした。家族にまで八つ当たりしちゃった…。このまま負の連鎖へと突入する前に、いつもの私に戻りましょう。今回は、つらいときでも「いつもの私」に戻る方法をご紹介します。

親友に「つらい」と打ち明ける

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

大人になると、親友の前でもかっこよくいようとしてしまいます。意識をしていなくても、心のどこかで張り合い「彼女よりも上に」、と思っている人もいるかもしれません。

いざというときに助けてくれるのは、彼よりも親友。どうしてもつらいなら、彼女を頼りにしましょう。

わざわざ長文を送らなくても「つらい」とだけ送ればいいのです。きっと彼女なら「どうしたの?」と、すぐに返信をくれるはず。

場合によっては、会いに来てくれるかもしれませんね。数少ない親友たちは、誰よりも自分のことを深く理解しています。心の荷物がすっと軽くなるような言葉も言ってくれるでしょう。

いつもの私に戻れるメニューを用意しておく

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

悲しみがどっと押し寄せ「もう無理!」と思っても、翌日は働きに行かなければいけません。
仕事は待ったなしで、どんどん進んでいってしまいます。

大切なのは、つらくなっても、いつもの私に戻れるメニューを用意しておくこと。リスト化しておけば、いざというときも、つらいながらも冷静に対処できます。

涙は心のデトックス。涙活した後にしたい「いつもの私」を取り戻すアフターケア

https://cinq.style/articles/1684

泣いた後は、いつものMYルールで元気を取り戻す。泣いた分だけ、きっと人は強くなれます。

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連するキーワード


ストレス 不安

関連する投稿


【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

働く女性はプライベートに加え、仕事のことなど多くのストレスを抱えがち。今回は、これまでに紹介したストレス解消の方法を一覧でご紹介します。ぜひ自分にとってベストなコーピング・レパートリーを作って、役立ててみてください。


元気に仕事したい!働く女性が体調不良になりそうな時、やっておきたい対策

元気に仕事したい!働く女性が体調不良になりそうな時、やっておきたい対策

女性のカラダは、とても繊細で敏感。体調を崩してしまう前にやれるだけのことはやっておきたいものです。そこで今回は、働く女性が体調不良になる前にやっておきたい対策についてご紹介します。


心がすっと軽くなる。豊かな人生へと導いてくれる「書く魔法」の魅力

心がすっと軽くなる。豊かな人生へと導いてくれる「書く魔法」の魅力

心がつらいときは「書く魔法」の力を借りませんか?書いて書いて書きまくっているうちに、いつもの自分に戻っているはずですから。


人に振り回されて疲れるなんて馬鹿らしい!一人時間を使ったストレス解消法

人に振り回されて疲れるなんて馬鹿らしい!一人時間を使ったストレス解消法

仕事に、人間関係に、気づけばストレスってどんどん溜まるもの。 やらなきゃいけないことは山ほどあるのに時間は足りない。ちょっと油断したら、何かが溢れてしまいそう。 そんな人は、もしかしたら人に振り回されすぎているのかも。


ココが違う…! 信用できる人がやっている3つの人間関係ポイント|MY WORK ヒント#95

ココが違う…! 信用できる人がやっている3つの人間関係ポイント|MY WORK ヒント#95

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第95回目は、信用度が上がる人間関係の作り方について考えます。


最新の投稿


【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

働く女性はプライベートに加え、仕事のことなど多くのストレスを抱えがち。今回は、これまでに紹介したストレス解消の方法を一覧でご紹介します。ぜひ自分にとってベストなコーピング・レパートリーを作って、役立ててみてください。


【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

転職活動で大切なのは「自分を知ること」と「相手(企業)を知ること」の2つ。今回は、転職先で後悔することのないように、事前に行っておきたい企業研究のキホンについて、キャリアアドバイザーがお教えします。


「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

スキンケアやメイクといった顔の美容ももちろん大切ですが、「360度どこから見ても美人」と思われる女性を目指すならボディ磨きは欠かせないもの。美金というキーワードを作った、美容家 松下 侑衣花さんがボディケアに関するアレコレをご紹介。


【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「デコルテ」について紹介します。


【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

ついつい散らかりやすいデスク。 だけどデスクの上が汚いと仕事もはかどらないし、ミスが増えてしまう可能性も。何よりも、社内メンバーからのイメージダウンも気になるポイントです。片付けが苦手な人向けに、簡単にできるデスクの整理術をご紹介。これであなたも整理整頓のできる働き女子に。


RANKING


>>総合人気ランキング