別れが近づいているサイン、別れても後悔しない方法を合わせてご紹介♡



別れても後悔したくない!

付き合い立ての頃のように二人で一緒にいても楽しめなくなった…。
それはもしかしたら、かなり危険な状態かも!?
きっとそのうち、どちらかが別れを切り出して関係解消に至るでしょう。

そこで今回は、別れが近づいているサイン、別れても後悔しない方法を合わせてご紹介します。

別れが近づいているサイン「どうでもいいメールやLINEが増える」

別れが近づいているときは、ほとんど連絡のやりとりをしない状態に近いでしょう。どちらかがなんとか改善しようと連絡をしても「おつかれさま」「今日はどうだった?」と事務的な内容しか来ないなら、かなり危険な状態。

あきらかにお互いに連絡を取り合うこと自体がストレスになっているなら、別れる前に一時的に距離を置くか、もう終わりが近づいていると分かっているなら、早めに関係を断ち切るのかのどちらかでしょう。いつまでもぐだぐだと付き合っていても時間のムダ!

別れが近づいているサイン②「会う頻度が急激に下がる」

別れが近づいていると、連絡だけではなく会う頻度も下がってくるでしょう。
おそらくデートをしていても、どこかギスギスとしていてお互いに我慢できなくなり早めに解散するときすらあるのでは?

そのうち、段々と会うこと自体が億劫になって、気がついたら1か月に1回くらいまで下がってしまったり…。会う頻度が急激に下がっているなら、それだけお互いに不満を抱いている証拠。早めに何かしらの対策を打っておかないと、このままお別れ…!?

別れても後悔しない方法「前もって心の整理を始めておく」

別れても後悔せず自分のペースで過ごすためには、前もって心の整理をしておく必要があります。どんなに鈍感な人でも別れが近づいているときは分かるものです。

心のどこかで限界を覚え始めているなら、彼に関するグッズを少しずつ捨てたり、彼に内緒で婚活を始めたりと、いざ別れても動じない状態をつくっておきましょう。新しい趣味を始めたり、転職活動の準備をしたりするのもアリ!

別れても後悔しない方法②「寄り添うだけ寄り添ったら思いきり離れる」

正式に別れるまで、もがく時期があるはずです。
彼の期待に応えようとどうにかして話し合いで解決するでしょう。彼が別れたいと言っていても、自分の中で可能性がみえている間は彼に寄り添ってみるのです。

たとえ傷つけられるような一言を言われてでもです。それでも彼の心情が変わらず、まったく状況が変わらないなら、もう思い残すことはありません。思いきり離れてシングル生活を楽しみましょう!

後悔はしていません。

いかがでしたか?
別れても後悔しないためには、サインが出た状態で心づもりをしておくこと。
きっと別れた後、後悔するのは彼のほうでしょう。いつかまた新しい恋を楽しめるように、束の間の充電時間を楽しんで♡