「若いから」では通じない。上質な大人になるために身に着けておくこと

「若いから」では通じない。上質な大人になるために身に着けておくこと

素敵な大人の女性に出会うと「いつか私もああなりたい...」と憧れもつことがあります。しかし、ただ年齢を重ねるだけであれば、素敵な大人の女性にはなれません。上質な大人になるためには、3つのポイントをしっかり身に着けておくことが大事なのです。


上質な大人になるためには何が足りないの?

@ahirus1111

素敵な大人の女性に出会うと「いつか私もああなりたい……」と憧れもつことがあります。しかし、ただ年齢を重ねるだけであれば、素敵な大人の女性にはなれません。年齢・体は大人でも心は子ども。そうなると、本当の子どもよりも、子どもっぽく見えてしまうことさえあるのです。上質な大人になるためには、これから紹介する3つのポイントをしっかり押さえておくこと。真の大人の女性になれるポイントをお伝えします。

上質な大人になるために身に着けておくべきこと:教養

@sakomi

1日のうち1度は、書籍や新聞などの活字に触れる時間を作ってみましょう。
ジャンルを問わずさまざまな知識をインプットし、世の中には多様な情報や価値観があることを知りましょう。豊かな知識と教養は、どこか洗練させた大人のオーラがあります。美しい文章に触れることで、せわしない心の動きも穏やかに変えてくれます。

大人になると、世の中で起こっている事柄についての意見を求められる場面もでてきます。そんな時に自分の考えを伝えられるようにしておくことで、会話やコミュニケーションがの幅が広がり、新たな出会いでも人間関係を構築しやすくなります。そのためにも毎日のニュースには敏感でいたいものです。

年齢を重ねてくると、教養以外の知識や経験が「発言」に表れます。
「中身が無いな」と思われることのないよう、しっかりと自分の考えに触れることです。

本をまったく読まなかったのに、急に読むようになった3つのきっかけ|MY WORK ヒント#43

https://cinq.style/articles/1166

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第43回目は、本がもたらす価値について考えます。

上質な大人になるために身に着けておくべきこと:マナー

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「マナー」は知らないと恥ずかしい思いをすることがあるくらい、日本人にとって大事なもの。郷に入っては郷に従うことができる人が大人といえるでしょう。

常識破りな大胆な行動をとって人気者になる人はいますが、より多くの人から評価されるような人というのは、正しいマナーができている人です。もちろん、マナーを気にしすぎることが全てではありませんが、基礎的なマナーを身につけておくことで、初対面の人でも信頼を得ることができます。

名刺交換や電話応対など、ビジネスマナーや接待で使えるテーブルマナーは一生使える財産。自分の所作に自信がない人は積極的に身に着けていきましょう。

上質な女になる。 正しいマナーを身につける、品格アップ術

https://cinq.style/articles/101

品格というものは、いろいろなところに見えるもの。決して見た目だけじゃない、"品の良さ"を身につけたい。

上質な大人になるために身に着けておくべきこと:ファッション

いつまでも若くありたいと思うのは女性にとって永遠のテーマだと思います。しかし、いくら流行のファッションだからといって、年齢を考えず若い人が着ているファッションをそのまま真似していると「若作りを頑張っているおばさん」と認定されてしまいます。これまでは「可愛いね」と好評だった洋服も、数年経ったにも関わらずそのまま着ているのであれば、要注意。今の自分にとって似合うか似合わないかを客観視する必要があります。

新しい洋服を買うときには、必ず試着をし、自分に似合っているのか? どこに着ていくのか? を考えておくようにしましょう。

目利き力を鍛える。「似合わない」を無くす試着室での確認ポイント

https://cinq.style/articles/1740

買い物に出かけた時、一目惚れに近いような衝撃を受けたから購入したにも関わらず、実際に着てみると想像していたイメージと違ってガッカリ……。な経験はありませんか? 今回は目利き力を鍛えるために、試着室で見るべきポイントをトップスとボトムスに分けてお教えします。

@mh.21865

また、部屋の中ではみなさん何を着ているでしょうか?
寝るときも、ごはんを食べるときも、ずっと同じ格好をしているといった人もいるかと思います。しかし、それではずっとダラダラしてしまい、1日を無駄にする傾向に。社会人の休みはとても貴重なものです。大事に使いたいものでもあるので、予定がなかったとしても、休日は起きたらパジャマから部屋着に着替える習慣をつけてみましょう。たったこれだけで、ダラダラと無駄に時間を使うことはなく、充実した1日を過ごすことが出来ますよ。

いつまでも「若いから」では通じなくなる

教養もマナーもファッションも、若いうちならば「若いから」の一言で済まされてきましたが、大人になるにつれて世間とのズレが生じることでもあります。今回ご紹介した3つの点については、全て身に着けておきたい基本となるもの。

もちろんいきなり全部を頑張ろうと思っても、上手くいかないものです。ぜひ、自分に一番足りていないものから順番に身に着けていってください。

意識されあれば、誰だって“魅力のある女性”になることができます。ぜひみなさんも一緒に「自分みがき」をしてみませんか?

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


魅力 品格 大人

関連する投稿


「嫌味」な人にはなりたくない! 印象美人ならではの会話術

「嫌味」な人にはなりたくない! 印象美人ならではの会話術

気付かないうちに人を不快にさせる言葉をつかっていませんか? 人に失礼のないよう、明るく話しやすい印象をつけて、スムーズな人間関係を構築しましょう!


「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第99回目は、セックスの最中に意識したい「目線」でエロを作る方法です。 


“肌見せ”だけがエロさではない。誘いたい時に着たい大人のファッション3つ|真っ赤な濡れオンナ#97

“肌見せ”だけがエロさではない。誘いたい時に着たい大人のファッション3つ|真っ赤な濡れオンナ#97

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第97回目は、露出度を上げずにセクシーさを作る服装を考えます。


プロがお答えします! 男ウケが良い女性のメイクと服装とは?|真っ赤な濡れオンナ#87

プロがお答えします! 男ウケが良い女性のメイクと服装とは?|真っ赤な濡れオンナ#87

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第87回目は、どんなメイクをすると男性が喜ぶのかプロにお話を伺いました。


舌遣いにバリエーションを。アソコが硬くなるテクニック3つ|真っ赤な濡れオンナ#86

舌遣いにバリエーションを。アソコが硬くなるテクニック3つ|真っ赤な濡れオンナ#86

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第86回目は、フェラチオのバリエーションをプロに伺いました。


最新の投稿


できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

何をやっても続かない。そんな自分に泣きたくなる夜もあるのでは?そろそろ、長く働ける居場所を見つけられるように準備をはじめてまいりましょう。


どうか長く続いていきますように。温かいご縁を紡いでいく3つの習慣

どうか長く続いていきますように。温かいご縁を紡いでいく3つの習慣

出会いと別れを繰り返すことは分かっているけれど、できれば、ひとつひとつのご縁を大切にしながら生きていたいですよね。今回は、温かいご縁を紡いでいく3つの習慣をご紹介します。


意味のわからないメールでイラッ! 相手に伝わるメールの作り方

意味のわからないメールでイラッ! 相手に伝わるメールの作り方

「このメールは何を伝えたいのかわからない……」他人から送られてきたメールの意味が理解出来ず、イラっとした経験はありませんか? しかし、そんなわかづらいメールを自分でも送っている可能性があります。相手に伝わるメールのポイントを作り方を知っておきましょう。


なめらかツヤ感、メリハリフォルム。誰もが見惚れる美脚の作り方

なめらかツヤ感、メリハリフォルム。誰もが見惚れる美脚の作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「脚」について紹介します。


便利すぎてビックリ!働く女性にぴったりの最新・文具アイテム

便利すぎてビックリ!働く女性にぴったりの最新・文具アイテム

「使い勝手が悪い…」「こんな機能のあるアイテムが欲しい」。暮らしの中で「もっと」を求めてしまうことってよくありますよね。今回はCinq取材陣が、文具の最先端をいく『第30回 国際 文具・紙製品展 ISOT(イソット)』で発見した、最新の高機能アイテムをご紹介! これがあればあなたの生活が少し楽になるかも?!


RANKING


>>総合人気ランキング