【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯10

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯10

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第10回目は、「シャネルのビジネス戦略」について。


♯「秘めたる魅力」をビジネスに

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ココシャネルというブランドは今でこそ確固たる地位を確立していますが、もちろんブランドを立ち上げた当初は今ほどの賞賛を浴びたブランドではありませんでした。

上流社会の貴族、流行の発信源となる高級娼婦たちがこぞってシャネルブランドの顧客になっていったいっぽうで世間の声は「シンプルすぎる」「価格が高すぎる」というネガティブな声も決して少なくなかったのだとか。それに対してシャネルはもちろん、あの気丈な性格ですから顧客の要望に迎合することはしたくないと思っていました。でも顧客の声を無視することはできない。長らくそうした理想と現実のギャップに悩まされることもあったようですね。

また、シャネルは恋人・アーサーのパートナーとしての華々しいステイタスや、帽子のデザインが革新的であることでファッション誌に取り上げられるなどでシャネル本人が注目の的に。本人に会うためにお店へ出向く人もいましたが、シャネルはそうした好奇な目に晒されることを、ことごとく嫌いました。サロンやパーティにおいても参加はするものの、長時間その場にいることはせず、そっと消え入るようにいなくなる。ビジネスでもプライベートでも、その全てをさらけ出さない姿勢がなんともミステリアスに感じ、より一層のファンを増やすことになっていくきっかけを作ったことに間違いはなさそうです。

♯経営発展のヒントを学ぶ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

帽子店を2店舗展開したのちに、シャネルはアーサーの支援でいよいよ服飾ブランドを出店します。実はファッション史においてはシャネルよりも先に前衛的なファッションを打ち出したポール・ポワレというデザイナーがいました。ポワレはコルセットが当たり前だった時代に初めてコルセットではないファッションスタイルをコレクションとして発表し、当時の世間に度肝を抜くような衝撃を与えました。以降、オリエント文化からインスパイアされたハーレム・パンツやターバン、着物コートといった異文化的なデザインを発表するだけでなく、ライフスタイル提案型のマーケッターとしてもその才能を発揮しています。

「装飾華美なデザイン」と「伝統になぞらえた前衛的なファッション」のポール・ポワレに対し、シャネルは全く反対の「実用的で革新的」、かつ「シンプルな美しさ」を美徳としていたため、ポワレの服については好意的ではなかったようですが、彼の経営発展は参考にしていたのではないでしょうか。

シャネルといえば、もう一つ欠かせないのは「香水」ですよね。実はファッションデザイナーが香水ブランドを立ち上げた最初の人が他でもないポール・ポワレです。仕立て屋は仕立て屋だけの仕事という概念を取っ払ったマルチクリエイターとしての働き方を確立し、多方面で自分の名前を残していくことで人々の記憶に残るデザイナーになったのです。シャネルはポワレのそうした、前例にないデザイナーの在り方を参考にし、彼女ならではのビジネス戦略を構築するヒントを得ていたのではないでしょうか。

♯人の記憶と感情に残ること

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

シャネルが世界的有名なブランドへと発展した理由はもちろん、これだけではありません。デザイナーとしての発想力や、それを実現させる技術力、恋人やスタッフのサポート、この他、さまざまな事象が重なったりとその細かな部分までを明確にすることはできません。しかし、大きな礎となったのはおそらく、シャネルも、シャネルの作る製品も、それだけ人々の記憶と感情に残るものであったということ。ぜひあなたも自信を持ってご自身の存在感をアプローチしてみてはいかがでしょうか?

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


「否定語」を使わないだけで印象UP! 会話が上手な人の共通点とは|MY WORK ヒント#80

「否定語」を使わないだけで印象UP! 会話が上手な人の共通点とは|MY WORK ヒント#80

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第80回目は、会話が上手な人に共通することを考えます。


悪口や噂話を聞いてしまった時に、うまく切り抜ける3つのフレーズ|MY WORK ヒント#78

悪口や噂話を聞いてしまった時に、うまく切り抜ける3つのフレーズ|MY WORK ヒント#78

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第78回目は、人に悪口や噂話を持ちかけられた時の対処方法について考えます。


【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯14

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯14

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第14回目は「自立心と恋の終末」について。


物を溜めない、散らかさない! 「汚部屋」を作らないルール

物を溜めない、散らかさない! 「汚部屋」を作らないルール

毎日少しずつ物が溜まり、気づいた時にはごちゃごちゃした“汚部屋”になってしまっていた……なんて経験はありませんか? 今回は、毎日のちょっとした工夫で綺麗な部屋を保つことのできる、ルールにすべき点をご紹介します。


毛玉だらけのニットでガッカリ。毛玉になる原因とお手入れ法を覚えよう!

毛玉だらけのニットでガッカリ。毛玉になる原因とお手入れ法を覚えよう!

寒い冬を乗り越えれる服と言えばニット! 毎日着ている人もいると思います。しかし、ニットって毛玉ができやすいのが難点。どうすれば毛玉にならずに長持ちすることができるのでしょうか? 今回は毛玉になる原因とお手入れ法についてご紹介します。


最新の投稿


「一歩を踏み出せるなら、もう一歩も踏み出せる」 ウーマンダイアローグ #17

「一歩を踏み出せるなら、もう一歩も踏み出せる」 ウーマンダイアローグ #17

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、株式会社ドクターDSクリニカルラボの三井菜那さん。元々興味があった美容をさらに追求したいと今の仕事に就かれました。また、旅を中心としたインフルエンサーの活動もされています!


婚活女子必見! 男性が恋人に求めるもの、結婚相手に求めるものの違い

婚活女子必見! 男性が恋人に求めるもの、結婚相手に求めるものの違い

恋愛と結婚が結びつくのが女性であれば、恋愛と結婚は別物だと分けて考えるのが男性。恋人に求めるものと結婚相手に求めるものは、それぞれ何が違う? 恋愛メンタリストsatoshiが解説します。


入れ替わるのが自然?人間関係の作り方について考えてみた|MY WORK ヒント#81

入れ替わるのが自然?人間関係の作り方について考えてみた|MY WORK ヒント#81

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第81回目は、人間関係の入れ替わりについて考えます。


ポチポチしていたら、もう貯金がない!ネットショッピング依存から卒業する方法

ポチポチしていたら、もう貯金がない!ネットショッピング依存から卒業する方法

お店で買い物も楽しいけど、ソファでごろごろしながらネットショッピングするのも働き女子にとっては、たまらない時間……。ただ、ネットショッピングもハマりすぎると、お金が大変なことに!


オフィスに置いておきたい!花粉症対策アイテム

オフィスに置いておきたい!花粉症対策アイテム

本格的な花粉症シーズンが到来! オフィスでずっと鼻をかみ続けているのはなんだか恥ずかしいし、大事な打ち合わせがある時にマスクや目薬を差すのが難しい状況になることも。今回はオフィスでできる花粉症対策方法をご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング