デキる女は“気遣い”が違う!思いやりの一言をプラスして意見を通す会話術

デキる女は“気遣い”が違う!思いやりの一言をプラスして意見を通す会話術

人と違う意見を持つことは素晴らしいこと。でも、協調性を求める日本人の特性からかつい【右にならえ】の精神が邪魔をしてしまいませんか?そこで今回は、周りとも調和しながら上手に自分の意見を伝える方法をご紹介します。


♯意見がうまく言えないあなたに。

複数の人が集まって意見を出す機会で自分だけが別の意見だとどうしても、「私は違う。」とは言いづらいものです。それがたとえ仲の良い友人同士であっても。

なので意見がうまく言えない自分を、あまり責めすぎないようにしてくださいね。でも、そんな自分を思い切って変えてみたい!と思ったときは、ちょっとした言い回しに工夫するだけで、周りと意見が違っても受け入れてもらいやすくなるので、言い回しを覚えて取り入れてみましょう。

♯「 それは素晴らしいね!一つ懸念点があるなら……」

まず違った意見を相手に受け入れてもらいたい場合、先に自分自身が相手の意見を受け入れる必要があります。どんな意見でもそうですが、絶対に100%間違った意見など存在しません。相手の経験から導き出した、ひとつの意見をアナタなりにポジティブに捉えて認められる部分があるならまずはそこを認めましょう。

例えば「 ダメだとか言われているけど、不倫をしている人はたくさんいるし、別に私は迷惑がかからなければアリだと思う」という意見に対し、あなたは100%賛同はできないけれど「実際に不倫をしている人はたくさんいるよね。でもやっぱり私はされたら嫌だから、私がすることはないな。」

というように、受け入れられない意見でも、認められる要素があれば認めた上で、自分なりの意見をまとめると相手に伝わりやすく、余計な衝突も避けられます。

♯ 「 こうするのはどうでしょうか? 」

アイディア出しが求められば場面において、誰かが出した意見に賛同できないとき。または、デメリットを発見した場合、ただ相手の意見をそのままに否定するだけでは反感を買ってしまうので注意しましょう。意外と多く見受けられるのがこのパターンで、否定するだけして、何も提示しない方は無意識にそれをしてしまっている傾向があります。

もし意見をするのであれば、相手の意見にプラスアルファのアイディアを乗せるという形で意見だしをすると良いです。「Aさんの案は素晴らしいですね。ただ一点、気になるポイントとして〇〇な部分をどうカバーしていくか……ですよね。そこでさらに▲▲を取り入れてみるのはどうでしょうか?」

このように意見を出せば、相手のアイディアを否定するという印象がなくなり、円満に物事が解決していきます。具体的な解決策が思いつかない場合は、「いいですね!そしたら次は、この点をどうカバーしていけば良いか、皆で考えましょうか。」とファシリテーションを買って出ても良いですね。

♯ ただの否定も、回りくどいアプローチもNG

相手の意見を否定しちゃいけない……!という気持ちが強くなると、つい回りくどい言い方をしてしまいがちですが、それもあんまりやってはいけないポイント。回りくどいとアナタの伝えたい意図がなかなか伝わらずストレスを与えてしまいます。

いかに傷つけるような言葉を使わずに、前向きな方向で話を持っていけるかを意識してみてくださいね。また、「個人的な意見として」という前置きや「私はこう感じた」という言葉をつけ加えると一般論で相手を責めるような言い方にならないので、返答に困った場合や、具体策が見つからない場合はこのような伝え方をしてみてくださいね。

余計な争いを生まずに、良い議論の場となれるようぜひこのような言い回しにも意識してみましょう。

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

長く働き続けるためには、"学び"を得ることを必要とされています。そこで注目されつつある「リカレント教育」の必要性と課題について考えてみました。


ずっと一緒なんて嘘!学生時代の友人と疎遠になる理由・対処法

ずっと一緒なんて嘘!学生時代の友人と疎遠になる理由・対処法

おばあちゃんになってもよろしくね…って、言っていたはずなのに…。今回は、学生時代の友人と疎遠になる理由・対処法をご紹介いたします。


間違った敬語、使ってない? 気を付けたいビジネス敬語集

間違った敬語、使ってない? 気を付けたいビジネス敬語集

ビジネスシーンで敬語は欠かせません。相手を敬う気持ちがあっても、間違えた言葉を使用することで失礼に当たることもあります。正しい敬語を使って品のある女性に。


ムダを省くと効率が上がる! 「伝わる」資料の作りかた

ムダを省くと効率が上がる! 「伝わる」資料の作りかた

ビジネスにおいて物事を伝える為に欠かせない資料作り。慣れていないと、どのようにすれば良いのかわからず手間を取ってしまいます。時間をかけるべきポイントと余分な部分を理解して、"伝わる資料"を作っていきましょう。


 【仕事と生活を変える小さなライフハック】ビジネス書類は1から作らないがマストルール

【仕事と生活を変える小さなライフハック】ビジネス書類は1から作らないがマストルール

ビジネスで使う書類を、自分で1から作っていると相当な時間がかかってしまいます。また必要な項目に漏れがあることに後から気付いてガッカリ! なんてことも。時間を短縮するためにも、クオリティの高い書類を作成するためにも、賢い選択肢で。


最新の投稿


翌日の疲れを持ち越さない。「眠活」で睡眠の質を向上させるには?

翌日の疲れを持ち越さない。「眠活」で睡眠の質を向上させるには?

朝起きて、体がダルかったり重かったり……寝起きの状態が悪くなってはいませんか? 健康的に過ごしてパフォーマンスの高い仕事をするためにも、睡眠はとっても大切なのです。朝活・夜活などとアクティブに動くことが始めることが難しい人ほど、まずは「眠活」に力を入れてみて。


肩書きを増やす「スラッシュキャリア」で、自分に付加価値を付けよう

肩書きを増やす「スラッシュキャリア」で、自分に付加価値を付けよう

複数の仕事を抱えるワークスタイルが現在、注目を集めています。興味はあるけど、どうすれば良いのか分からない。そんな人はまず「スラッシュキャリア」を考える所からはじめるのがオススメです。


【濃いめピンク】がキモ。大人レディに似合うピンクの作り方

【濃いめピンク】がキモ。大人レディに似合うピンクの作り方

女性に生まれたなら一度はピンクを思い切り着こなしてみたい!だけど、ピンクって相性の善し悪しが二極化します。そこで改めて、大人の女性に似合うピンクを分析!


【仕事と生活を変える小さなライフハック!】1日を3つの時間帯に分けて仕事の作業効率をアップして

【仕事と生活を変える小さなライフハック!】1日を3つの時間帯に分けて仕事の作業効率をアップして

メールチェック、書類の作成、数字の管理、構成や戦略に頭を悩ませる・・・。地味で単調な作業もあれば、頭の中から案をひねり出す必要もあるのが仕事というもの。業務内容によって時間の使い方を変えると、毎日の仕事がちょっとだけ楽になる。


大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

長く働き続けるためには、"学び"を得ることを必要とされています。そこで注目されつつある「リカレント教育」の必要性と課題について考えてみました。


RANKING


>>総合人気ランキング