デキる女は“気遣い”が違う!思いやりの一言で意見を通す

デキる女は“気遣い”が違う!思いやりの一言で意見を通す

人と違う意見を持つことは素晴らしいこと。でも、協調性を求める日本人の特性からかつい【右にならえ】の精神が邪魔をしてしまいませんか?そこで今回は、周りとも調和しながら上手に自分の意見を伝える方法をご紹介します。


♯意見がうまく言えないあなたに。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

複数の人が集まって意見を出す機会で自分だけが別の意見だとどうしても、「私は違う。」とは言いづらいものです。それがたとえ仲の良い友人同士であっても。

なので意見がうまく言えない自分を、あまり責めすぎないようにしてくださいね。でも、そんな自分を思い切って変えてみたい!と思ったときは、ちょっとした言い回しに工夫するだけで、周りと意見が違っても受け入れてもらいやすくなるので、言い回しを覚えて取り入れてみましょう。

♯「 それは素晴らしいね!一つ懸念点があるなら……」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まず違った意見を相手に受け入れてもらいたい場合、先に自分自身が相手の意見を受け入れる必要があります。どんな意見でもそうですが、絶対に100%間違った意見など存在しません。相手の経験から導き出した、ひとつの意見をアナタなりにポジティブに捉えて認められる部分があるならまずはそこを認めましょう。

例えば「 ダメだとか言われているけど、不倫をしている人はたくさんいるし、別に私は迷惑がかからなければアリだと思う」という意見に対し、あなたは100%賛同はできないけれど「実際に不倫をしている人はたくさんいるよね。でもやっぱり私はされたら嫌だから、私がすることはないな。」

というように、受け入れられない意見でも、認められる要素があれば認めた上で、自分なりの意見をまとめると相手に伝わりやすく、余計な衝突も避けられます。

♯ 「 こうするのはどうでしょうか? 」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

アイディア出しが求められば場面において、誰かが出した意見に賛同できないとき。または、デメリットを発見した場合、ただ相手の意見をそのままに否定するだけでは反感を買ってしまうので注意しましょう。意外と多く見受けられるのがこのパターンで、否定するだけして、何も提示しない方は無意識にそれをしてしまっている傾向があります。

もし意見をするのであれば、相手の意見にプラスアルファのアイディアを乗せるという形で意見だしをすると良いです。「Aさんの案は素晴らしいですね。ただ一点、気になるポイントとして〇〇な部分をどうカバーしていくか……ですよね。そこでさらに▲▲を取り入れてみるのはどうでしょうか?」

このように意見を出せば、相手のアイディアを否定するという印象がなくなり、円満に物事が解決していきます。具体的な解決策が思いつかない場合は、「いいですね!そしたら次は、この点をどうカバーしていけば良いか、皆で考えましょうか。」とファシリテーションを買って出ても良いですね。

♯ ただの否定も、回りくどいアプローチもNG

相手の意見を否定しちゃいけない……!という気持ちが強くなると、つい回りくどい言い方をしてしまいがちですが、それもあんまりやってはいけないポイント。回りくどいとアナタの伝えたい意図がなかなか伝わらずストレスを与えてしまいます。

いかに傷つけるような言葉を使わずに、前向きな方向で話を持っていけるかを意識してみてくださいね。また、「個人的な意見として」という前置きや「私はこう感じた」という言葉をつけ加えると一般論で相手を責めるような言い方にならないので、返答に困った場合や、具体策が見つからない場合はこのような伝え方をしてみてくださいね。

余計な争いを生まずに、良い議論の場となれるようぜひこのような言い回しにも意識してみましょう。

友人が教えてくれた、人生を好転させる『おかげさまで』の法則

https://cinq.style/articles/156

何もかもが上手くいかない…。スランプに陥ることは幾度となくやってくる。そんな時にこそ、口に出すべき魔法の言葉「おかげさまで」。人に感謝することで道が開けるエピソードをご紹介します。

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


礼儀・礼節を重んじるコミュニケーションマナーと「ABCD」の法則

礼儀・礼節を重んじるコミュニケーションマナーと「ABCD」の法則

仕事でもプライベートでも充実している女性に共通するもの、皆さんはそれがなにかわかりますか? 実はそれはコミュニケーション力の高さ。礼儀正しく、美しい言葉づかいをすることです。今回はコミュニケーションマナーと、仕事で必要な「ABCD」について伝えていきます。


「会議で発言するのが苦手…」を克服!自分の意見を発信できるようになるには

「会議で発言するのが苦手…」を克服!自分の意見を発信できるようになるには

会議に参加したものの、発言するのが苦手で何も意見が言えなかったという人も多いのではないでしょうか? けれど会議では積極的に発言した人が目立ち、次々に責任感のあるプロジェクトを任されていきます。せっかく考えがあるなら言葉にしないと損。今回は苦手な要因別に、自己発言が出来るようになるコツをご紹介します。


【診断チェック付き】あなたはどのタイプ? タイプ別コミュニケーション法

【診断チェック付き】あなたはどのタイプ? タイプ別コミュニケーション法

皆さんは対話する相手によってコミュニケーションを変えていますか? 実は、万人に通用するコミュニケーションを見つけるのは難しいもの。ソーシャルスタイル理論をもとに作られた『タイプ別コミュニケーション法』を取り入れて、人それぞれのコミュニケーションを取っていきましょう。


誘いに応じるだけじゃだめ。時間を選別してストレスフリーに過ごすコツ

誘いに応じるだけじゃだめ。時間を選別してストレスフリーに過ごすコツ

忙しい私たちにとって、自由に過ごせる時間はとても貴重なもの。貴重だからこそ、時間の使い方を今一度見直す必要があるのかもしれません。毎度のごとく友達と遊ぶ予定を優先して、休日なのにすごく疲れてしまった……なんていう経験はありませんか?今回は、貴重なフリー時間を自分らしくマネジメントする方法をご紹介いたします。


SNS疲れで、人間関係を断ちたいと思う人への対処法

SNS疲れで、人間関係を断ちたいと思う人への対処法

LINE、Twitter、Facebook、instagramと様々なSNSを活用するようになって便利になった反面、常にだれかとコミュニケーションを取っていなければならない…。と「SNS疲れ」を実感することはありませんか?


最新の投稿


「一度の失言で、ずっと嫌な態度をとられるようになりました」#これってハラスメントですか?!

「一度の失言で、ずっと嫌な態度をとられるようになりました」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は一度の失言で、ずっと嫌な態度をとられている場合です。


礼儀・礼節を重んじるコミュニケーションマナーと「ABCD」の法則

礼儀・礼節を重んじるコミュニケーションマナーと「ABCD」の法則

仕事でもプライベートでも充実している女性に共通するもの、皆さんはそれがなにかわかりますか? 実はそれはコミュニケーション力の高さ。礼儀正しく、美しい言葉づかいをすることです。今回はコミュニケーションマナーと、仕事で必要な「ABCD」について伝えていきます。


結婚したら仕事はどうする? 「価値観の違い」で後悔しないパートナー選び

結婚したら仕事はどうする? 「価値観の違い」で後悔しないパートナー選び

結婚したら、仕事はどうする? 結婚はふたりにとって、とても大切なライフイベント。結婚した後に、価値観のズレを感じることは多々あります。「パートナー選びを間違ったな」なんて後悔しないよう、あらかじめ注意しておきたいことを紹介します。


行動に移して結果を待つ♡出会いがない日々から一歩抜け出す方法

行動に移して結果を待つ♡出会いがない日々から一歩抜け出す方法

社会人になって出会いがなくなった……。既婚者が年々増える現状に焦りを感じていませんか?ガツガツと行動する必要はないけれど、そろそろほんの少しがんばってみるのもありかもしれません♩


「会議で発言するのが苦手…」を克服!自分の意見を発信できるようになるには

「会議で発言するのが苦手…」を克服!自分の意見を発信できるようになるには

会議に参加したものの、発言するのが苦手で何も意見が言えなかったという人も多いのではないでしょうか? けれど会議では積極的に発言した人が目立ち、次々に責任感のあるプロジェクトを任されていきます。せっかく考えがあるなら言葉にしないと損。今回は苦手な要因別に、自己発言が出来るようになるコツをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング