ひとりの時間を大切にしたい!自立型夫婦ユニットのメリットと注意点

ひとりの時間を大切にしたい!自立型夫婦ユニットのメリットと注意点

夫婦で一緒に働く、新たなワークスタイル。お互いにアイデアを出し合いながら、働いていくのも、楽しそうですね♡


依存しない、大人な夫婦を目指したい!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

結婚をしても、一人の時間を大切にしたい。

ひとりという感覚があるからこそ、今の仕事が成立している。自分もパートナーも同じ考えなら、一緒に働くというかたちもあり。

最近では夫婦一緒に働くワークスタイルを「夫婦ユニット」と呼ぶそう♡今回は、自立型夫婦ユニットのメリット・デメリットをご紹介します。

自立型夫婦ユニットのメリット「相手がいる安心感とひとりの時間を一緒に味わえる幸せ」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

夫婦ユニットは、夫婦一緒に働くワークスタイル。
たとえば、お互いにフリーで働いていれば、夫婦がチームとなり創作活動に励むことも場合によってはできます。

最大のメリットは、シングルでいるよりも相手がいる安心感があり、と同時にひとりの空間・時間も一緒に味わえる幸せではないでしょうか。

夫婦ユニットは、あくまでも自立型です。お互いの「ひとりの時間を優先したい」という思いもあります。結婚して共同体になるというよりも、自立した個々がひとつのチームになるといっていいでしょう。

ずっとひとりでいるのではなく、たまにはパートナーと楽しい時間を過ごす。ほどよくリフレッシュでもできて、仕事にも集中できる環境です。

自立型夫婦ユニットのメリット#2「ONもOFFも関係ない日々をお互いに理解し合える」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

フリーや自分で起業している、あるいは会社員でありながらもフリーに近い状況で働いている人たちは、なかなかONとOFFはつけにくい環境です。

どちらかというとエンドレスで、たとえお休みに出かけたとしても、そこで気づきがあれば、それはもうONに近い状態。

たとえば片方が公務員で、片方がフリーランスだとしましょう。彼は土日休みが固定されていて、枠の中で働こうとします。しかし、彼女は自由な日々を過ごしています。がんばればがんばるほど年収が上がると分かっているからです。

お互いのワークスタイルが違いすぎると、最終的には価値観の相違にも繋がり、一緒にいるのも困難な状況に。ところが、夫婦ユニットであれば、ともに創作活動をしているわけですから、ONもOFFも関係ない日々を過ごすことに、お互い理解し合えるのです。

「ちょっとごめんね」と仕事をはじめても、おそらく彼は怒りもせず、自分のことを進めているでしょう。

自立型夫婦ユニットの注意点「仕事の優先順位が高くなければ無理かも」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

自立型夫婦ユニットの条件は、お互いに依存し合わないこと。なおかつ、夫婦生活も子育ても仕事と同じくプロジェクトのように協力し合えるというのが前提になってくるでしょう。

とくに女性側は、ある程度、仕事の優先順位が高い人でなければ成立しないかも。ただ、彼と一緒にいたいから、だけではユニットは成立しません。

また、夫婦ユニットとしても活動する場合は、ワークスタイルとライフスタイルがイコールになり、ひとりの時間を確保しながらも二人で活動する時間も同時に増えるでしょう。

それでも彼とともに創作活動・生産活動がしたいと思うなら、自立型夫婦ユニットとして、新たな暮らしをはじめてみるのもあり♡

ひとりの時間、夫婦の時間を大切にしながら、仕事の日々を愛する

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ずっとひとりで働き続けるのも、それはそれで大変なこと。

もし、パートナーがいるなら夫婦ユニットを組み、楽しく働きながら社会貢献するのもひとつの選択肢です。

彼との時間も大切にしながらも、ひとりの時間も積極的にとる。夫婦ユニットという新たなワークスタイルは、きっと今よりも豊かな暮らしに繋がっていますよ♡

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連するキーワード


夫婦 結婚

関連する投稿


仕事・結婚。人生の選択が迫る20代後半の苦しい時期を乗り越える方法

仕事・結婚。人生の選択が迫る20代後半の苦しい時期を乗り越える方法

20代後半は、つらい時期。これからどう生きていくべきか、少しずつ真剣に選んでいかなければいけません。結婚、出産、子育て、仕事。人生の選択が迫るこの時期を乗り越える方法をご紹介します。


結婚できる・できない? 「戦略的婚活」を成功させる人・失敗する人の違い

結婚できる・できない? 「戦略的婚活」を成功させる人・失敗する人の違い

街コンイベントやアプリなど、今は出会いを探そうと思えばいくらでも出会いが見つかる時代。「結婚したい」と思っている女性が、そういったサービスを利用することも頻繁になってきました。では、戦略的に婚活を成功させられる人と、失敗してしまう人の違いはどういったところにあるのでしょう? ポイントを3つに絞って解説していきます。


専業主婦になるのはいけないこと? 働く女性との対立問題

専業主婦になるのはいけないこと? 働く女性との対立問題

働く女性が増えた一方で、専業主婦を「悪」と決めつけてしまう風潮が問題になっています。専業主婦になるのはいけないことなのでしょうか?


彼氏もいないし、結婚する予定もない。おひとり様の寂しさ解消法

彼氏もいないし、結婚する予定もない。おひとり様の寂しさ解消法

彼氏もいないし、結婚する予定もなくて、そんな自分に落ち込む瞬間が増えた……。おひとり様=孤独、とは限りませんよ♡


夫婦は、あくまでも他人。結婚しても自立した二人でいる方法

夫婦は、あくまでも他人。結婚しても自立した二人でいる方法

夫婦になっても、私は私の世界を大切にしていたい。どうすれば結婚してからもお互いに自立していられるんでしょう?


最新の投稿


信じ続ける強い精神力がほしい。夢や目標が叶うまでのタイムラグの過ごし方

信じ続ける強い精神力がほしい。夢や目標が叶うまでのタイムラグの過ごし方

どうすれば夢や目標が叶うまでの日々を楽しく生きられるのか……ゆっくり、一緒に考えてまいりましょう♩


「世界を癒すためには、まず自分自身を癒さなければならないから」ウーマンダイアローグ #23

「世界を癒すためには、まず自分自身を癒さなければならないから」ウーマンダイアローグ #23

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、『横浜天然温泉 SPA EAS』の支配人、横目恭子さん。元全日空のCAという経験を活かして、スタッフやお客様に“癒し”を与えている素晴らしい女性です♡


夏の「ニオイ」を解決!はたらく女子が揃えておきたいデオドラントアイテム

夏の「ニオイ」を解決!はたらく女子が揃えておきたいデオドラントアイテム

夏のお出かけで気になるのはやっぱり汗の「ニオイ」や「不快感」……。外出の予定が多いはたらき女子には、欠かせないであろう便利なデオドラントアイテムたちをご紹介。


どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第94回目は、コミュニケーションのポイントを考えます。


商談や会議では説得力が不可欠! 知性を感じさせるビジネストーク術

商談や会議では説得力が不可欠! 知性を感じさせるビジネストーク術

商談や会議などのかしこまった場では「説得力」が必要になります。上司や社長に反論を述べるのは気が引けるかもしれませんが、そんな時は「ヒューリスティック」という心理を利用したビジネストーク術を使うと良いでしょう。知性を感じさせるためのテクニックをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング