資格を取りたい!思い立った時に考えたい、3つの選び方とは?|MY WORK ヒント#1

資格を取りたい!思い立った時に考えたい、3つの選び方とは?|MY WORK ヒント#1

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第1回目は、新しく仕事の視野を広げる為にも、専門的な知識を身につけよう!と資格を取りたいと考えた時に起こしたい行動について考えたいと思います。


全くの異業種資格を取得したワケ

まず初めに、私自身の資格取得の経緯について、お話してみたいと思います。現在は、こうして執筆業をしている私ですが、ライター志望だったのか?と聞かれたら答えはNO。
幼い頃は、本を読むどころか、「筆記の授業=睡眠時間」というような“おさぼり系生徒”でもありました。

唯一楽しかったのは、音楽の時間。小学校で入部したブラスバンドをきっかけに、中学・高校・大学・社会人になっても同じ楽器を吹き続けるというメンタルの強さだけはあった気がします。

自分にとっては人生の半分以上共にしていたパートナーでしたが、世間から見ると全くのマイナー楽器。仕事になることはなく、ただ「好き」で終わります。

そこで、小さいころから偏った興味だけで生きていきた私がとった行動は、「何か新しい知識をつけよう!」という、漠然とした閃きだったのです。

そこで、たくさんある資格の中から取得する際に、どんな選び方をしたのか3つの角度から、ご紹介してみましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

選び方① 「好き」から「活きる」で考える

一つ目のヒントは、この資格を取得したら、どんな仕事に繋がって、どんなジャンルに活かせるのか?を考えてみることだと思います。

「好きなことをやり続ければ、必ず道は開ける!」なんてフレーズを聞くこともありますが、私は“ただ好き”をひたすら続けたにも関わらず、「次にどう活かしていくのか?」は全くノーマークの未熟思考。

今、興味を持っている資格があるならば、思いつくだけ「活かせること」を書き出してみてください。

選び方② 取得時に得られる肩書きを吟味

資格は自分のスキルアップのために勉強するのだから、肩書きの名前は二の次では?と感じるかもしれません。しかし、与えられた名前によって、周りからの客観的なイメージはかなり左右されると感じています。

特に私が取得した資格は、美容や健康系。同じ美容資格でも、「○○アドバイザー」「○○カウンセラー」「○○管理士」など、ちょっとしたニュアンスの違いでお仕事依頼の内容が異なるという経験があります。

こんな見られ方をしたい!という視点から、選ぶことをお勧めいたします。

選び方③ なるべく中身の濃いものを

私は、同じジャンルの資格を重複してとっています。
それは、この協会にはこの分野が強いけど、こっちはこの分野が強い……などの特徴が異なっていたためです。

同じ業界の資格は、内容が被っているケースが多いため、浅く広く勉強する選択を取るより、教科書が分厚くても内容が濃いものを選択する方が、後々自分の肥やしとして返ってくると思います。

複数の協会と比較しているならば、難易度が高めのものにトライしてみてはいかがでしょう。

ゴールが決まるから、動き出す

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「資格があったら、なんか良いかも」という漠然とした思いから、もう一歩具体的に選び方を想定することで、イメージが湧いてくるのではないでしょうか。

ぜひ、3つのポイントを参考にされてみてくださいね!

 



この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


せっかく取得するなら活用しなきゃ損。資格を生かしたエピソード|MY WORK ヒント#3

せっかく取得するなら活用しなきゃ損。資格を生かしたエピソード|MY WORK ヒント#3

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第3回目は、資格を活かすためにどのような工夫をしたら良いのか、実体験を元にご紹介したいと思います。


変化を前向きに捉えよう!働き方改革による「女性のキャリア」変化とは

変化を前向きに捉えよう!働き方改革による「女性のキャリア」変化とは

ここ数年、女性の活躍を推進するという動きが活発になりました。「女性活躍推進法(正式名称:女性の職業生活における活躍の推進に関する法律)」が2016年4月に施行されてから、実際に女性のキャリアはどう変化したのでしょうか。変化を前向きに捉えるために、考えていきたいと思います。


育児と仕事の両立だけじゃない、ワーママを悩ませる人間関係について

育児と仕事の両立だけじゃない、ワーママを悩ませる人間関係について

育児と仕事の両立だけで、毎日いっぱいいっぱいになっているワーキングマザーたち。だけど、そんな彼女たちをさらに悩ませるのがどうやら人間関係だそうで。今回は実際にワーママとして頑張る女性たちにリアルな悩みを聞いてみました。


上手に両立!人生でもっとも大切なことは「時間とお金のバランス」

上手に両立!人生でもっとも大切なことは「時間とお金のバランス」

あなたは考えてる?時間とお金のバランスの費用対効果について考えるほどに、余裕のある暮らしが生まれていく!


【理想の働き方について考える】目標にするべき「ロールモデル」の3タイプ

【理想の働き方について考える】目標にするべき「ロールモデル」の3タイプ

自身の目指す方向性を明確にするために必要だと言われているロールモデルですが、周りにその存在がなくて悩んでいる人も多いはず。理想の働き方に合ったロールモデルのタイプを決めて、ロールモデルを自分で作り出す方法があります。自分がどういった人を目指すのか、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。


最新の投稿


【仕事と生活を変える小さなライフハック!】家事はルーティン化で手間を減らして

【仕事と生活を変える小さなライフハック!】家事はルーティン化で手間を減らして

仕事が忙しすぎて、部屋どんどん汚くなってしまう…。働く女性の悩みといえば、仕事と家事の両立。家事に手を抜いているとなんだか罪悪感すら湧いてしまう…。そんなあなたにちょっとしたライフハックを提案。


イチナナキログラム 野津彩花さんが複数ある仕事をこなすための5つのルールとは

イチナナキログラム 野津彩花さんが複数ある仕事をこなすための5つのルールとは

株式会社イチナナキログラムに入社してから2ヶ月というスピードで、ブランドオーナーになり、新規ブランドの立ち上げや全体の統括など幅広い業務をこなしている野津彩花さん。そんな彼女が、数ある仕事こなすために意識している5つのルールとは?


「上司が私のSNSをチェックしてきます」#これってハラスメントですか?!

「上司が私のSNSをチェックしてきます」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。「上司が私のSNSをチェックしてくる」これはハラスメントに入る?


読者100人に聞きました!会社からの給与以外にコッソリ副業をしたことは?

読者100人に聞きました!会社からの給与以外にコッソリ副業をしたことは?

会社で働きながらも、実はこっそりお小遣い稼ぎに副業をしたことがある…なんて女性は多いのではないでしょうか。今回は、会社からの給与以外に副収入を得たことある人はどれくらいいるのか? アンケート調査を実施してみました。


あなたは大丈夫?ストレスが負担になりやすい人ってこんな人

あなたは大丈夫?ストレスが負担になりやすい人ってこんな人

日々、さまざまなストレスにさらされて生きている私たち。 そんな中で、ストレスが負担になりやすい人にはある特徴があるのをご存知でしたか?そこで今回は、ストレスが負担になりやすい人の特徴を3つご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング