資格を取りたい!思い立った時に考えたい、3つの選び方とは?|MY WORK ヒント#1

資格を取りたい!思い立った時に考えたい、3つの選び方とは?|MY WORK ヒント#1

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第1回目は、新しく仕事の視野を広げる為にも、専門的な知識を身につけよう!と資格取得を考えた時に起こしたい行動について考えたいと思います。


全くの異業種資格を取得したワケ

まず初めに、私自身の資格取得の経緯について、お話してみたいと思います。現在は、こうして執筆業をしている私ですが、ライター志望だったのか?と聞かれたら答えはNO。
幼い頃は、本を読むどころか、「筆記の授業=睡眠時間」というような“おさぼり系生徒”でもありました。

唯一楽しかったのは、音楽の時間。小学校で入部したブラスバンドをきっかけに、中学・高校・大学・社会人になっても同じ楽器(ユーフォニアム)を吹き続けるというメンタルの強さだけはあった気がします。

自分にとっては人生の半分以上共にしていたパートナーでしたが、世間から見ると全くのマイナー楽器。仕事になることはなく、ただ「好き」で終わります。

そこで、小さいころから偏った興味だけで生きていきた私がとった行動は、「何か新しい知識をつけよう!」という、漠然とした閃きだったのです。

そこで、たくさんある資格の中から取得する際に、どんな選び方をしたのか3つの角度から、ご紹介してみましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

選び方① 「好き」から「活きる」で考える

一つ目のヒントは、この資格を取得したら、どんな仕事に繋がって、どんなジャンルに活かせるのか?を考えてみることだと思います。

「好きなことをやり続ければ、必ず道は開ける!」なんてフレーズを聞くこともありますが、私は“ただ好き”をひたすら続けたにも関わらず、「次にどう活かしていくのか?」は全くノーマークの未熟思考。

今、興味を持っている資格があるならば、思いつくだけ「活かせること」を書き出してみてください。

選び方② 取得時に得られる肩書きを吟味

資格は自分のスキルアップのために勉強するのだから、肩書きの名前は二の次では?と感じるかもしれません。しかし、与えられた名前によって、周りからの客観的なイメージはかなり左右されると感じています。

特に私が取得した資格は、美容や健康系。同じ美容資格でも、「○○アドバイザー」「○○カウンセラー」「○○管理士」など、ちょっとしたニュアンスの違いでお仕事依頼の内容が異なるという経験があります。

こんな見られ方をしたい!という視点から、選ぶことをお勧めいたします。

選び方③ なるべく中身の濃いものを

私は、同じジャンルの資格を重複してとっています。
それは、この協会にはこの分野が強いけど、こっちはこの分野が強い…などの特徴が異なっていたためです。

同じ業界の資格は、内容が被っているケースが多いため、浅く広く勉強する選択を取るより、教科書が分厚くても内容が濃いものを選択する方が、後々自分の肥やしとして返ってくると思います。

複数の協会と比較しているならば、難易度が高めのものにトライしてみてはいかがでしょう。

ゴールが決まるから、動き出す

「資格があったら、なんか良いかも」という漠然とした思いから、もう一歩具体的に選び方を想定することで、イメージが湧いてくるのではないでしょうか。

ぜひ、3つのポイントを参考にされてみてくださいね!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


ちょっと居心地悪いぐらいが丁度いい?身を置く環境で成長する秘訣|MY WORK ヒント#18

ちょっと居心地悪いぐらいが丁度いい?身を置く環境で成長する秘訣|MY WORK ヒント#18

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第18回目は、居心地の良い環境にいると、自己成長スピードが落ちると言う気づきをご紹介します。


ダラダラはやめたい!帰宅してから寝るまでの時間をより充実させる方法

ダラダラはやめたい!帰宅してから寝るまでの時間をより充実させる方法

帰宅した途端にダラダラモード発令!そのままでは、目標も夢も達成できないかも…。今回は、帰宅してから寝るまでの時間をより充実させる方法をご紹介します。


一人はいる!職場のイヤな人と上手に付き合うには?

一人はいる!職場のイヤな人と上手に付き合うには?

人間関係が円滑ならいうことなし!だけど、現実はそんな上手くはいかないもの。職場に一人はいる、苦手な人との付き合い方についでごしょうかい!


【体験レポート】働き女子におすすめ?「air Closet(エアクローゼット)」を利用してみた

【体験レポート】働き女子におすすめ?「air Closet(エアクローゼット)」を利用してみた

今ではファッションもレンタルする時代。持ち物が多すぎてクローゼットの中がパンパン…と悩んでいる方、毎日着たい洋服がない! とお悩みの方のために、口コミでも話題になっている「air Closet(エアクローゼット)」 をお試ししてみました! 今回は実際に利用した様子をレポートします。


育児と仕事の両立だけじゃない、ワーキングマザーを悩ませる人間関係について

育児と仕事の両立だけじゃない、ワーキングマザーを悩ませる人間関係について

育児と仕事の両立だけで、毎日いっぱいいっぱいになっているワーキングマザーたち。だけど、そんな彼女たちをさらに悩ませるのがどうやら人間関係だそうで。今回は実際にワーママとして頑張る女性たちにリアルな悩みを聞いてみました。


最新の投稿


しっかりして!友人からの忠告を聞かないダメンズ好き女子の特徴

しっかりして!友人からの忠告を聞かないダメンズ好き女子の特徴

「その男は幸せにはしてくれないよ」何度そう言っても友人の意見に耳を傾けない彼女。周りが指摘してくれるうちが幸せだったり…。今回は、友人からの忠告を聞かないダメンズ好き女子の特徴をご紹介します。


【罪悪感ゼロ!】話題の「ギルトフリースイーツ」、ジヨナで心と身体を満たす

【罪悪感ゼロ!】話題の「ギルトフリースイーツ」、ジヨナで心と身体を満たす

美容感度の高い女性たちから話題になっている、"罪悪感ゼロ"なスイーツをご紹介。添加物、砂糖は不使用なのに、ほんのり酸っぱく甘い「Jiyona(ジヨナ)」を要チェック。


ちょっと居心地悪いぐらいが丁度いい?身を置く環境で成長する秘訣|MY WORK ヒント#18

ちょっと居心地悪いぐらいが丁度いい?身を置く環境で成長する秘訣|MY WORK ヒント#18

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第18回目は、居心地の良い環境にいると、自己成長スピードが落ちると言う気づきをご紹介します。


『赤』の魔法を取り入れて、体温上げるクリスマスデートを

『赤』の魔法を取り入れて、体温上げるクリスマスデートを

「大人だからもう少し落ち着いた物を…」なんて社会に馴染むことに精一杯なオトナ女性。そんなルールから開放されたい、イベント時にはとことんかわいく、あざとく、ときめく小物選びを。


おしゃれなデザインで差をつけて♡ 人気ブランド風ネイル

おしゃれなデザインで差をつけて♡ 人気ブランド風ネイル

ハイブランドの服やバッグは手が届かないけど……ネイルアートなら、手軽にブランドらしいおしゃれなデザインを楽しむことができますよ♡ 今回は、人気のブランド風のネイル写真を集めてみました♪


RANKING


>>総合人気ランキング