資格を取りたい!思い立った時に考えたい、3つの選び方とは?|MY WORK ヒント#1

資格を取りたい!思い立った時に考えたい、3つの選び方とは?|MY WORK ヒント#1

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第1回目は、新しく仕事の視野を広げる為にも、専門的な知識を身につけよう!と資格を取りたいと考えた時に起こしたい行動について考えたいと思います。


全くの異業種資格を取得したワケ

まず初めに、私自身の資格取得の経緯について、お話してみたいと思います。現在は、こうして執筆業をしている私ですが、ライター志望だったのか?と聞かれたら答えはNO。
幼い頃は、本を読むどころか、「筆記の授業=睡眠時間」というような“おさぼり系生徒”でもありました。

唯一楽しかったのは、音楽の時間。小学校で入部したブラスバンドをきっかけに、中学・高校・大学・社会人になっても同じ楽器を吹き続けるというメンタルの強さだけはあった気がします。

自分にとっては人生の半分以上共にしていたパートナーでしたが、世間から見ると全くのマイナー楽器。仕事になることはなく、ただ「好き」で終わります。

そこで、小さいころから偏った興味だけで生きていきた私がとった行動は、「何か新しい知識をつけよう!」という、漠然とした閃きだったのです。

そこで、たくさんある資格の中から取得する際に、どんな選び方をしたのか3つの角度から、ご紹介してみましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

選び方① 「好き」から「活きる」で考える

一つ目のヒントは、この資格を取得したら、どんな仕事に繋がって、どんなジャンルに活かせるのか?を考えてみることだと思います。

「好きなことをやり続ければ、必ず道は開ける!」なんてフレーズを聞くこともありますが、私は“ただ好き”をひたすら続けたにも関わらず、「次にどう活かしていくのか?」は全くノーマークの未熟思考。

今、興味を持っている資格があるならば、思いつくだけ「活かせること」を書き出してみてください。

選び方② 取得時に得られる肩書きを吟味

資格は自分のスキルアップのために勉強するのだから、肩書きの名前は二の次では?と感じるかもしれません。しかし、与えられた名前によって、周りからの客観的なイメージはかなり左右されると感じています。

特に私が取得した資格は、美容や健康系。同じ美容資格でも、「○○アドバイザー」「○○カウンセラー」「○○管理士」など、ちょっとしたニュアンスの違いでお仕事依頼の内容が異なるという経験があります。

こんな見られ方をしたい!という視点から、選ぶことをお勧めいたします。

選び方③ なるべく中身の濃いものを

私は、同じジャンルの資格を重複してとっています。
それは、この協会にはこの分野が強いけど、こっちはこの分野が強い……などの特徴が異なっていたためです。

同じ業界の資格は、内容が被っているケースが多いため、浅く広く勉強する選択を取るより、教科書が分厚くても内容が濃いものを選択する方が、後々自分の肥やしとして返ってくると思います。

複数の協会と比較しているならば、難易度が高めのものにトライしてみてはいかがでしょう。

ゴールが決まるから、動き出す

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「資格があったら、なんか良いかも」という漠然とした思いから、もう一歩具体的に選び方を想定することで、イメージが湧いてくるのではないでしょうか。

ぜひ、3つのポイントを参考にされてみてくださいね!

 

この記事のライター

★ブログにも遊びにきてね★
https://harako.jp

関連する投稿


「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、通訳家の李起林(イ・ギリム)さん。生まれ育った韓国を離れて、通訳家として日本で活動されている素敵な女性です!


女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

働く女性が増えたことによって、女性のキャリア観も大きく変わっている今。「キャリアアップしたい!」「バリバリ稼ぎたい!」と思っている女性はどのくらいいるものなのでしょうか? そこで今回は読者100名にアンケートを実施。今の年収や、仕事での悩みなど、赤裸々に聞いてみました。


生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

SNSの主流で生まれた「個を活かす時代」。それは、芸能人ではない普通の私たちが良くも悪くも人の注目を集めるということ。時として批判的な意見に傷つけられてしまうことも少なくありません。今回は、そんな批判、誹謗中傷から自分の身を守るための大切なことをご紹介します。


夫婦で過ごすリモートワーク。どちらもが快適に仕事をこなすコツは?

夫婦で過ごすリモートワーク。どちらもが快適に仕事をこなすコツは?

猛威をふるう新型コロナウイルス感染症に、これまでとは違う生活様式。夫婦のどちらもがリモートワークになり、家庭で仕事をしているという方も多いはずです。お互いにみることの少ない仕事中の相手を見ることができるのは新鮮である反面、トラブルも元になることも。そこで今回は、夫婦で過ごすリモートワークでも快適に過ごすコツを紹介。


OLからフリーランスを目指したい!そう思ったら始めたい3つのこと

OLからフリーランスを目指したい!そう思ったら始めたい3つのこと

「自分らしく働きたい」先行き不安なご時世だからこそ、こう思う方も多いのではないでしょうか。しかしフリーランスになるためには何から始めたらいいの?と分からないことだらけ…という声も耳にします。そこで今回はフリーランス3年目、元OLの筆者が実際にフリーランスを志してから始めた3つのことをご紹介します。


最新の投稿


テレワークで光熱費が増えた…! 通信費・電気代などを節約するには?

テレワークで光熱費が増えた…! 通信費・電気代などを節約するには?

テレワークを導入する企業が増えている今、自宅で過ごす時間も長くなり通信費や光熱費が今までより増えた…と気になっている方も多いのでは? そこで今回は通信費・電気代の節約にオススメな方法をご紹介します。


Withコロナでは必須のスキル! マスク越しのコミュニケーションのコツって?

Withコロナでは必須のスキル! マスク越しのコミュニケーションのコツって?

私たちの生活に必要不可欠となったマスク。ずっとマスクを装着した状態で会話をしていると、聞き取りづらかったり、表情が見えずにぎこちないコミュニケーションになりがちです。そこで今回はマスク越しでも印象を良くするためのポイントについてご紹介します。


女性の一人暮らし、部屋選びの基準は? 住みやすいお部屋選びのコツ【単身編】

女性の一人暮らし、部屋選びの基準は? 住みやすいお部屋選びのコツ【単身編】

働く女子の一人暮らし。ワクワクした感情と共に、何かトラブルに巻き込まれるかも知れない不安も…。物件探しは、どんなことに気を付けて選べばいいのでしょうか? 女性の一人暮らしの賃貸物件の選び方についてお部屋探しのプロに伺いました!


コロナ疲れを解消したい!こもりっぱなしで憂鬱な気持ちをスッキリさせる方法

コロナ疲れを解消したい!こもりっぱなしで憂鬱な気持ちをスッキリさせる方法

ようやく外出自粛が解除されたと思いきや、再び感染者が増え、今までとはまた少し違う状況になってきています。再びおうち時間が長くなっても、楽しく過ごせるように暮らし方を整えましょう。


「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、通訳家の李起林(イ・ギリム)さん。生まれ育った韓国を離れて、通訳家として日本で活動されている素敵な女性です!


RANKING


>>総合人気ランキング