誰にも依存しない自立・自活のライフスタイル。「ソロで生きる人生」の楽しみ方

誰にも依存しない自立・自活のライフスタイル。「ソロで生きる人生」の楽しみ方

誰にも依存せず、私は私の人生を。今回は「ソロで生きる人生」の楽しみ方をご紹介します。


誰にも依存しない、私は私の人生を

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

独身でいるだけで「かわいそう」と勝手な評価をする人が、たまにいます。ライフスタイルが多様化した今、結婚に対する価値観も少しずつ変化をしていますね。

結婚によって自由を失いたくない人は、独自のパートナーシップを選んだり。恋はするけれど、あえて一人の人生を選び続ける女性も増えてきているはず。

今回は「ソロで生きる人生」の楽しみ方をご紹介します。

<目標を立てる→実現させる>の基本リズムを楽しむ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ソロで生きていると、自由な環境が基本的に続きます。
家事も自分のペースですればいい。「~のに」と相手を責める必要もない。

本来、夫婦関係のために費やさなければいけないエネルギーも、仕事のためだけに回せます。つまり、目標を立てたら、実現するまでのスピードも人よりかは速くなります。

その代わり、一人を選んでいる以上、寂しさや孤独、不安との闘いは一人で耐えなければいけません。ただ、それ以上に、ソロで生きる人生にメリットを感じるのであれば、選ぶ意味もあるのです。

お付き合いをしていると、どうしても相手とリズムを合わせる必要があります。しかし、波長の悪さを感じはじめると、相手の存在がストレスへと変わってしまいます。ストレスフルの状態になれば、目標を立てる→実現するまでのリズムが、やがて狂いはじめます。

本来やりたいことが進まなくなる状況が続くのです。一人でいれば、まさに毎日コツコツと目の前のことだけを進める環境に入れます。

中心軸が乱れたときの戻し方を覚えておく

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ソロで生きる人生が一番適していて、一番自分に合っていると分かっていても、既婚者からの幸せ自慢・子ども自慢をされると、ストレスはたまります。20代30代であれば、まだまだ「本当に一人でいてもいいのかが分からない」と悩むお年頃です。

何か外的要因によって、中心軸が乱れはじめたときは「戻し方」を覚えておけば大丈夫。たとえば筆者の場合は大きな夢をいくつか思い出します。昨日、また自慢をされて嫌な思いもしたけど、本当に手を止めたままでいいのかと、自分自身に問いかけます。

限られた人生の中で大きな夢を叶えていくためには、立ち止まっている場合ではない、と一瞬にして靄を払いのけられるのです。「こんなことで、くよくよしている時間の方がもったいない」と、切り替えられます。

右をみてうらやましくなり、左をみても、うらやましくなるときは、これからもたくさん出てくるでしょう。しかし「戻し方」さえ感覚として掴んでおけば、ソロで生きる人生も少しずつ安定をし始めます。

習い事もただの趣味で終わらせない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ソロで生きるということは、他の人よりも時間はあります。
習い事もできれば、ただの趣味で終わらせておくのではなく、より本格的に取り組んでみてはいかがでしょう?

たとえば、ヨガもただレッスンに通うだけではなく、10年単位で身体をどう変えていきたいのか、あるいは最終的にはどう過ごしたいのかを考えます。ヨガの場合は資格取得も可能ですね。

習い事という枠を飛び越え、一つのライフワークにするつもりで習い事に取り組んでいると、心にハリがでてきます。仕事以外にも心の支えができるというのは、ソロで生きる人生にとって、とても大切なこと♡

ソロで生きる=恋愛NGではない

ソロで生きる人生を選んでも、自由に恋を楽しんでもいいんです。

運命の人と出会い、結婚をしても「お互いに自立した関係」を維持する。あるいは「私たちは夫婦だけど他人なのよね」と、二本の線をあくまでも交わらせるのではなく並行に走らせたまま夫婦関係を築けば、それは一人の領域を守っていることになり、ソロで生きる人生ともいえるのではないでしょうか。

どんな人生になろうとも、誰にも依存せず、自立・自活を意識する。そして、一人の空間・時間を崩さなければ、これからもソロで生きる人生を続けられるでしょう。

改めて…一人って、最高ですね♡

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連する投稿


実家暮らしだから分かる親の変化。「老いてゆく両親」の受け入れ方

実家暮らしだから分かる親の変化。「老いてゆく両親」の受け入れ方

大人の実家暮らしは決して甘えではありません。日に日に老いてゆく親と向き合うことは、これからの自分の人生をどのように生きたいか考えることと同じなんです。両親との向き合い方、受け入れ方を一緒に考えてまいりましょう。


本当に結婚したい?パートナーが見つからないときに考えられる可能性3つ

本当に結婚したい?パートナーが見つからないときに考えられる可能性3つ

パートナーがほしいと思っているのになかなか出会えない……。それはもしかしたら心のどこかではまだ恋愛するタイミングではないと思っている可能性も。本当に今の自分にとって恋をするのがベストなのかどうか、じっくりと考えてみましょう♩


恋に依存しやすい私…自分主体で愛される方法は?

恋に依存しやすい私…自分主体で愛される方法は?

好きな人を愛するあまり、依存しやすい私。これじゃダメだと頭では分かっていても、この恋愛グセは簡単に直せるようなものではありませんよね。今回は、恋愛に依存傾向の強い方にオススメする依存克服のポイントをご紹介します。


それぞれの生き方を大切に!既婚・独身の垣根を越えて仲良くなれる友達の共通点

それぞれの生き方を大切に!既婚・独身の垣根を越えて仲良くなれる友達の共通点

結婚しているとかしていないとか、そんなのは関係ない!ほんとうの親友は、いつまでもお互いに支え合えるものなんです♩


いつも彼を追い越しちゃう!仕事に燃えている女性が結婚できない理由3つ

いつも彼を追い越しちゃう!仕事に燃えている女性が結婚できない理由3つ

仕事に燃えていると、なかなか結婚する機会が巡ってこなかったり……。あまりの勢いとスピードに男性陣も追いつけなくなっちゃうのかも!?


最新の投稿


参加「任意」の勉強会を休むと怒られた… #これってハラスメントですか?!

参加「任意」の勉強会を休むと怒られた… #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、就業時間後の勉強会に悩まされているSEさんのお話。


ズルい男は嫌い!実は脈なしの「思わせぶり」な男性の特徴

ズルい男は嫌い!実は脈なしの「思わせぶり」な男性の特徴

好意を寄せられていると思っていたら、実は彼には彼女がいた……。自分の気持ちを利用されると、さすがに腹が立ちますよね。思わせぶりな態度をとる男性には注意しましょう。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【アイティオール 井上さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【アイティオール 井上さんの場合】

急遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はアイティオール 井上真樹さんです。


OLからフリーランスを目指したい!そう思ったら始めたい3つのこと

OLからフリーランスを目指したい!そう思ったら始めたい3つのこと

「自分らしく働きたい」先行き不安なご時世だからこそ、こう思う方も多いのではないでしょうか。しかしフリーランスになるためには何から始めたらいいの?と分からないことだらけ…という声も耳にします。そこで今回はフリーランス3年目、元OLの筆者が実際にフリーランスを志してから始めた3つのことをご紹介します。


転職に反対の家族…嫁ブロックや内定辞退を避けるために事前に話すべきこと

転職に反対の家族…嫁ブロックや内定辞退を避けるために事前に話すべきこと

転職活動の手伝いをするキャリアアドバイザーという仕事をしていると、ようやく獲得した内定を辞退せざるを得ない…という残念な状況に陥ることが何度かありました。それが「嫁ブロック」とも呼ばれる家族からの反対です。そこで今回は、転職を家族に反対されないために、事前に話しておくべきことについてお教えします。


RANKING


>>総合人気ランキング