【神社・お寺共通】改めて知っておきたい、初詣に関するマナー

【神社・お寺共通】改めて知っておきたい、初詣に関するマナー

新年になると多くの人で賑わう神社やお寺。大人であればちゃんとした作法も知っておきたいところ。失礼のないようなお参りをすればきっと神様・仏様も喜んでもらえるはずです。今回は、改めて知っておきたい初詣のマナーについてご紹介します。


新年になると多くの人で賑わう神社にお寺。毎年二年参りをする人や、会社の仕事始めのときなどに足を運ぶ人も多いのではないでしょうか?
そろそろ大人であればちゃんとした作法も知っておきたいところ。失礼のないようなお参りをすればきっと神様・仏様も喜んでくれるはず。今回は、改めて知っておきたい初詣のマナーについてご紹介します。

お寺と神社、どっちにいくべき?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

結論から言うと、どちらでも問題ありません。 新年の挨拶をしに行くので、神社であれば「神様」 、お寺であれば「仏様」に挨拶をしにいく認識です。

その上で知っておきたいことがひとつ。
お寺に行く場合は、自分の生まれた干支で決まる守護本尊のあるお寺に行くと、なお縁起が良いと言われています。

子年=千手観音菩薩
丑・虎年=虚空蔵(こくうぞう)菩薩
卯年=文殊(もんじゅ)菩薩
辰・巳年=普賢(ふげん)菩薩
午年=勢至(せいし)菩薩
未・申年=大日如来
酉年=不動明王
戌・亥年=阿弥陀如来


自分の守り仏様は何かを覚えておきましょう。

また、神社に参拝しにいきたい場合は、最初に氏神様に挨拶しに行くのが望ましいともいわれています。氏神様とは、その土地に住む人達を守ってくれる神様のことです。私たちが住んでいる町には、小さな神社がたくさんあり、実は神社はコンビニよりも多くあると言われているほど。そのような神社のほとんどが氏神神社としてお祀りされており、もっとも身近な神様ともいえます。
新しい土地に引越しをした際も「まずは氏神様に参拝すると良い」と言われています。初詣に行くときには、まず氏神さまにお参りすると良いでしょう。

初詣はいつまでに行くべき?

できれば三が日(1月1日~3日)、遅くても門松が飾ってある期間にお参りしましょう。このことを松の内と言います。地方によって期間は異なりますが、一般的に関東では1月7日まで、関西では1月15日までとされています。

年が明けて初めて参拝することを初詣というので、厳密に「この日まで!」とは言えませんが、できるだけ早めに行くことをオススメします。人が多くて出歩くのが嫌だ……と言わずに、しっかりとお参りしてくださいね。

神社・お寺に参拝するときのマナー

一番気になるであろう参拝の仕方ですが、これは神社・お寺によって異なります。

神社の場合

まず鳥居のすぐ前まで来たら、一礼してからくぐりましょう。そして、参道の真ん中を歩くのではなく、端を歩くように。真ん中は神様が通る道で、「正中」(せいちゅう)と呼ばれます。神様を敬い、人間は左右の端に寄って歩くのがマナーです。
大きい神社だと、真ん中を通ってしまうこともありますが、その場合は人も多く、込んでいるので仕方ありません。広い心を持ち、神社の指示に従いましょう。

お賽銭は神様に捧げるものなので腕を振り上げて投げるのではなく、手を腰のあたりに下ろした状態から静かに入れ、鈴があれば振って鳴らします。その後「二礼二拍手一礼」の作法で拝礼します。
※出雲大社は二礼四拍手一礼

お寺の場合

大きいお寺だと、境内にお線香を焚く大きな常香炉があります。参拝する前に煙を浴びて身を清めましょう。体の調子の悪いところに手で煙を導くようにすると良くなるとも言われています。また、お寺の場合は、真ん中を歩いてはいけないというマナーはありません。

参拝方法としては、お賽銭を入れた後は鈴があれば鳴らして、胸の前で静かに両手を合わせて合掌します。お寺の場合は手を叩きませんので気を付けましょう。

お願いごとは1つまで!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

神社でもお寺でも、初詣で願い事をするときは、まず先に自分の名前・住所を伝えて、所在を明らかにした後で、「昨年はありがとうございました」「無事に大きな病気もなく新年を迎えることができました」など、前年の感謝や報告を述べるようにすると良いと言われています。

その後にはじめて願いごとを伝えます。よくばっていくつもお願いをする人を見かけますが、原則1つです。「家族が健康でいられますように」や「今年こそ結婚ができますように」など、心を込めてお願いをしましょう。

大事なのは「気持ち」

今まで間違った作法をしていた! と気が付いたとしても、気負うことはありません。そもそも作法は人間が考えたルールで、昔は時代や土地によってもっと細かくあり、作法も変わっていきました。

大事なのは、神様・仏様を敬うことやお願いごとををしっかり伝えるという「気持ち」です。これから気を付ければ良いことで、間違ったから罰当たりになるわけではありません。そのことをぜひお忘れなきように。

そして、入口では手を洗う必要もあるため、ハンカチも忘れないように注意してくださいね。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


神社 お寺 マナー

関連する投稿


「小さ〜い」は禁句…。 男性のアソコを見た時の模範解答は?|真っ赤な濡れオンナ#80

「小さ〜い」は禁句…。 男性のアソコを見た時の模範解答は?|真っ赤な濡れオンナ#80

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第80回目は、男性のアソコを見たときの模範解答についてです。


勝手に投稿はあり得ない!人間関係にヒビを入れないためのSNS写真マナー

勝手に投稿はあり得ない!人間関係にヒビを入れないためのSNS写真マナー

SNSに写真を載せようと必死……。大切な人からいただいた贈り物をそのままSNSに載せていませんか?今回は、人間関係にヒビ入れないためのSNS写真マナーをご紹介します。 


正直、彼の体臭が気になる…。傷つけずにセックスを始める方法は?|真っ赤な濡れオンナ#76

正直、彼の体臭が気になる…。傷つけずにセックスを始める方法は?|真っ赤な濡れオンナ#76

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第76回目は、彼の体臭が気になる時の対処方法です。


“イイ女”を演出するために。洋服を際立たせる身だしなみについて

“イイ女”を演出するために。洋服を際立たせる身だしなみについて

みなさんは普段、見た目に気をつけていますか? 毎日お気に入りの洋服を着て、バッチリメイクを決めていても、根本的な「身だしなみ」ができていないことには、せっかくのオシャレも台無しになる一方……。オシャレなアイテムを選ぶ前にを気をつけておきたい、身だしなみについての話。


タイミングが分からない。事前に知っておくべき葬儀参列マナー

タイミングが分からない。事前に知っておくべき葬儀参列マナー

突然の訃報には、ゆっくりしている時間がありません。基礎知識として知っておけば慌てることがなく、失礼にもならない。いつか来るかわからないからこそ、今のうちに葬儀マナーを身に着けて置きましょう。


最新の投稿


天職は自分の意志で創りだす!Twitterで仕事を獲得する方法

天職は自分の意志で創りだす!Twitterで仕事を獲得する方法

天職は探すものじゃなくて、自分の手で創りだすもの。今回はTwitterで仕事を獲得する方法をご紹介します。


「否定語」を使わないだけで印象UP! 会話が上手な人の共通点とは|MY WORK ヒント#80

「否定語」を使わないだけで印象UP! 会話が上手な人の共通点とは|MY WORK ヒント#80

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第80回目は、会話が上手な人に共通することを考えます。


本能だって本当!? 男性が追いかけたくなる女性の決め手は香り!

本能だって本当!? 男性が追いかけたくなる女性の決め手は香り!

男性は、同じような印象の二人がいたら香りがする人の方が記憶に残るよう。気になる彼がいるのに進展がない人は香りをまとってみてはいかがでしょうか?今回は、男性が追いかけたくなる香りについてご紹介します。


「知る」ことが大前提。気持ちよく仕事に向かうための心づもり

「知る」ことが大前提。気持ちよく仕事に向かうための心づもり

みなさんは普段、気持ちよく仕事に取り組めていますか? 本当はやりたくないことを「やらなきゃいけない」と無理してはいないでしょうか。ビジネスにおいてはまず、何事も仕事を”知る”ことが大切。気持ちよく仕事に取り組めるよう、知っておきたい心づもりについての話をしましょう。


芯のあるかっこいい女性に。自分磨きに酔っている人・成長している人の違い

芯のあるかっこいい女性に。自分磨きに酔っている人・成長している人の違い

自分磨きをしている「私」をアピールするよりも、自分自身の成長のために、日々の努力を純粋に楽しみましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング