物を溜めない、散らかさない! 「汚部屋」を作らないルール

物を溜めない、散らかさない! 「汚部屋」を作らないルール

毎日少しずつ物が溜まり、気づいた時にはごちゃごちゃした“汚部屋”になってしまっていた……なんて経験はありませんか? 今回は、毎日のちょっとした工夫で綺麗な部屋を保つことのできる、ルールにすべき点をご紹介します。


汚いお部屋……「汚部屋」を作らないルール

「あとで片付けるからいいや」と毎日少しずつ物が溜まっていき、気づいた時には部屋の中がごっちゃごちゃの“汚部屋”になっていたことはありませんか?
洋服やマフラーなどの小物を、イスにかけて置いていつの間にかイスが物置化していたり、洋服が片付けられずにクローゼットの中がひどい様子になってしまったり、ハサミや小物などの必需品が必要な場面で見当たらなかったり……。

部屋の中は心境を表すとも表現されるほどに、部屋の清潔さは人となりを表すものです。
もちろん、誰もがそれに当てはまるのではなく、単純に「片付けが苦手」だという方もいることでしょう。けれど、綺麗に整理された部屋で過ごすのは誰だって心地が良いはず。必要な時に、必要なものがある場所がわかることもストレスの軽減に繋がります。今回は、片付けが苦手な人でも続けられるよう、毎日の習慣にできる片付けルールをお教えします。

「とりあえず」テーブルの上に置く癖をなくす

家から帰ってきて、ポストの中に入っていた書類やカギなどをバサっとテーブルの上に乗せたままにしてしまっている人は要注意。ポストの中は片付いていても、実際に書類に目を通すことなく放置してしまっていては、大事な通知を見落としている可能性があります。

その他にも、本や雑誌、ヘアセットアイテムやハサミやペンなどの小物類をそのままにしておくのはやめて、出したものは元にあった場所に戻すクセをつけましょう。あまりにも疲れが溜まっている時には、ついそのままにしてしまいがちですが、次の日に持ち越すのはやめて。その日のうちに戻す、をルールにしておきましょう。

収納アイテムやお掃除アイテムは身近なところに

掃除道具や収納アイテムを見えない場所に置いてしまっていると、つい意識がそこに向かなくなってしまいます。ゴミ箱や、ちょっとした収納用品など、見せられる掃除アイテムはなるべく目につく所においておきましょう。埃が目についたとしても、遠くに掃除用品があると、つい面倒くさくて見なかったフリをしてしまいます。けれどすぐ近くに掃除用品があるとササッと拭き取ることができますね。
目につく場所に掃除用品が置いてあると、ササッと対処することできる。これが部屋を綺麗に保てるポイントです。

床の上にモノを置かない!

外から帰ってきて、つい荷物をバサっとそのままにしてしまうことがあります。けれど、床に物を置きっ放しにするのはNG! 片付けられなくなり汚部屋ができてしまう最初の一歩です。お荷物ゾーンが徐々に拡大していき、気がついた時には座る場所すらない状態に……。そうならないためにも、荷物は床に置かないことを癖づけて。衛生面的にも良くありません。

「買ったら捨てる」を決まりに

流行や新作がどんどん表れる現代はそれについていくのが必死。つい、モノが増えてしまいます。けれど、常に進化する時代だからこそ、もう使えないなと思ったものはしっかりとお別れする決意を。新しいものを1つ購入したら、古いものは1つなくす。このように持ち物の新陳代謝を促すことが必要です。「買ったら捨てる」がルールになっていると、住んでいる場所は同じでもスペースが足りなくなり狭く感じることはありません。

水回りアイテムは浮かせばヌメヌメを回避できる

洗面台やお風呂場など……水回りにはどうしても特有の汚れが発生します。とくに、ボトルの下についできてしまうヌメヌメを掃除するのはとても不快に感じてしまいますよね。そんな方は、浮かせる収納を意識してみましょう。S字フックや、市販のフックなどを使って、ボトルはなるべく掛けるように。水分が下に溜まることがないので、気になる水アカやヌメヌメを回避することができます。

毎日数分の「お片付け時間」をつくる

毎日少しずつ、5分のお片付けタイムを作りましょう。カーペットの上をコロコロしたり、トイレ周りを磨いたり。様々な掃除を毎日こなしていけば、綺麗な部屋を常につくりキープしておくことができます。お皿を洗ったついでにシンクを綺麗にする、というように“ついで”のルールを設けても良いでしょう。片付けに苦手意識がある人も、こういったルールをルーティーンに組み込んでさえしまえば、苦手意識がなくなります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


ライフスタイル 部屋 掃除

関連する投稿


人に振り回されて疲れるなんて馬鹿らしい!一人時間を使ったストレス解消法

人に振り回されて疲れるなんて馬鹿らしい!一人時間を使ったストレス解消法

仕事に、人間関係に、気づけばストレスってどんどん溜まるもの。 やらなきゃいけないことは山ほどあるのに時間は足りない。ちょっと油断したら、何かが溢れてしまいそう。 そんな人は、もしかしたら人に振り回されすぎているのかも。


みんながやるから自分もやる? ルールや習慣を一度疑ってみる|MY WORK ヒント#96

みんながやるから自分もやる? ルールや習慣を一度疑ってみる|MY WORK ヒント#96

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第96回目は、ルールや習慣に捉われない生き方について考えます。


「検索」するとデメリット情報ばかり…?メリットが出てこない理由|MY WORK ヒント#92

「検索」するとデメリット情報ばかり…?メリットが出てこない理由|MY WORK ヒント#92

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第92回目は、ネットで検索する時の考え方についてです。


コミュニケーションを円滑に! 「共感力」を高める6つのテクニック

コミュニケーションを円滑に! 「共感力」を高める6つのテクニック

人とのやり取りにコミュニケーション能力はかかせないもの。「共感力」を高めれば、日常がもっと楽しくなる。


「向き不向き」について考える。ぴったりハマる仕事を見つけるには?|MY WORK ヒント#83

「向き不向き」について考える。ぴったりハマる仕事を見つけるには?|MY WORK ヒント#83

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第83回目は、自分の向いていることを探すヒントについてです。


最新の投稿


【働く女子のお疲れ救助メシ】栄養満点! 夏に食べたい時短レシピ集

【働く女子のお疲れ救助メシ】栄養満点! 夏に食べたい時短レシピ集

蒸し暑い季節は、まるで太陽に元気が吸い取られているかのように、体力を使います。少し歩くだけもヘトヘトに……。そんなお疲れな働き女子を救済するため、簡単に作れて栄養満点のレシピをご紹介! しっかり食べて、夏を乗り切りましょう!


やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第98回目は、時間をかけて行動したり工夫したりしたけれど、効果がなかった営業についてご紹介します。


彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

セックス中、彼にもっと喜んでもらいたいと思っていても、どうすればいいのかわからない……と悩むことはありませんか? おすすめなのが男性が「感じやすい」パーツを狙うことです。実は男女で感じやすいパーツは異なっています。今回は、男性が「感じやすい」体のパーツについてご紹介します。


【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

ジルスチュアートビューティ 2019 Fall Collection が8月2日に発売。今回は、新コレクションを使って、大人に似合うピンクメイクのポイントを3つお届けします。無理をせず、肩の力を抜いた自然なかわいらしさで、オトナ女子にもピッタリ。


【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

働く女性はプライベートに加え、仕事のことなど多くのストレスを抱えがち。今回は、これまでに紹介したストレス解消の方法を一覧でご紹介します。ぜひ自分にとってベストなコーピング・レパートリーを作って、役立ててみてください。


RANKING


>>総合人気ランキング