「箱根」で過ごすフォトジェニックなスポット3選



ガラスの森美術館

箱根といったら美術館がたくさん。 ガラスの森美術館は日本初のヴェネチアン・グラス専門の美術館です。箱根湯本駅から箱根登山バスに乗り、40分ほどで到着します。美しいガラスを見ながら、お買い物や食事もできるので、女性からの支持も高い 大人気なスポットです。

ガラスのアーチやガラスの木など、外にもガラスアートがたくさん。日中は光の反射でキラキラ度が増していて、とっても綺麗です。 こちらの写真を撮った時期は冬なのですが、季節によっては花とガラスという風景が見られたりもするので、色々な景色を楽しめます。

室内も撮影OKなのがカメラ好きにはたまらないところ。パッと目にしただけで、繊細なヴェネチアングラスの世界に引き込まれます。大きなシャンデリアもとても美しいです。

外にもロマンティックなフォトジェニックスポットが。こんなところをカップルでデートに来たら、気分も盛り上がること間違いなし。 ヴィンテージな雰囲気で写真を撮ってみてはいかが?

アクセス
営業時間:9:00~17:30 入館は17:00まで
入場料:大人1500円 大高生1100円 小中学生650円
休館:年中無休
住所:〒250-0631  神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48

星の王子さまミュージアム

ガラスの森美術館からすぐ近くにある、星の王子さまミュージアム。期間限定でセット券が売られている時もあるので事前にチェックしておくのがオススメ。
どこを切り取っても、フォトジェニックな写真が撮れるスポットです。 星の王子さまを読んだことがない人でも十分に楽しめる、メルヘンでとっても癒される場所です。

施設内は、作者のサン=テグジュペリの歴史について焦点を当てており、作者に関連するスポットが多くあります。 こちらは、幼い頃過ごしたお城に隣接する礼拝堂を再現しています。サン=テグジュペリはたくさんの名言も残しています。こちらは私もだいすきな名言のひとつ。

愛は、お互いを見つめ合うことではなく、
ともに同じ方向を見つめることである。

壁のイラストもとっても可愛いので、壁だけ撮ってみるのもいいですね。 小物使いのひとつひとつに世界観があり、優しい印象の写真が撮れそうです。

アクセス
営業時間:9:00〜18:00(最終入館17:00)
入場料:大人 1600円  シニア(65歳以上)・学生(要学生証) 1100円  小中生 700円
※当日券の料金
休館:無休
住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原909

箱根海賊船

箱根海賊船は、芦ノ湖を一周することができる船です。乗り場は3つありますが、どちらからでも乗り降りすることが可能です。予定に合わせて利用することができますが、1周または2つ先の乗り場で降りるくらいが、船を楽しむのに丁度良いかな、と思います。

私が乗ったのはロイヤルⅡ。赤い船です。他にもビクトリー・バーサとあり、船の中の作りもそれぞれ違っています。ロイヤルⅡには海賊の人形があるので一緒に写真を撮ってみるのも楽しいと思います。

ロイヤルⅡには3Dアートがあるので、悪天候のときも楽しめる作りになっています。ふざけがいがある、面白い写真が撮れるので色々試してみてはいかがでしょうか。

アクセス
住所
桃源台港 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根164
箱根町港 神奈川県足柄下郡箱根町箱根161
元箱根港 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根6-40
運航時間:公式HPよりご確認ください。

行ったことある場所を写真に収める

今はInstagramが流行っているので、フォトジェニックな写真を撮りに行こう! と遊びの幅も広がりましたよね。以前は自己満足で記録的にしか写真を撮っていなかったな、とよく後悔しています。
昔行ったことがあるスポットでも、綺麗な写真を撮る! という新たな意気込みで再度行ってみてもいいのではないでしょうか。 ファインダー越しに見る世界はまた違ったものになります。 新しい発見があってとても楽しいと思いますよ!

箱根の定番スポットではありますが、休日に足を運んでみてはいかがでしょうか?