SNSのアカウントを削除するのはなぜ? 人間関係リセット症候群の実態

SNSのアカウントを削除するのはなぜ? 人間関係リセット症候群の実態

「最近SNSで見かけないな」と思ってアカウントを探してみたら見当たらず、調べてみるとアカウントが消えて連絡する手段がなくなってしまった友達っていませんか? もしかしたら“人間関係リセット症候群”になっているのかも。そうなる理由を考えていきます。


突然消えた友達のアカウント

最近は、SNSで友達とコミュニケーションを取るのが主流になっているのもあり、友達の電話番号や住所やメールアドレスなど、仲の良い友達だとしても相手の個人情報を知らないことが多くなりました。そのため、友達が急にSNSのアカウントを削除されると連絡手段がなくなってしまうこともあります。

厄介なのが、事前告知なしに削除をしてしまった場合です。連絡しようと思いついたときにアカウントが見つからない。反対に、数日前までやり取りをしていたのに消えているときは、突然拒絶されてしまったと感じてしまい、落ち込んでしまうこともあります。

放置するならともかく、なぜアカウントを消してしまうのでしょうか? その理由について考えていきましょう。

人間関係リセット症候群になっている

@e.m.0115

突然消してしまう理由として、今のSNS文化ならではの原因があります。
それは、簡単に繋がれる便利さ故に結ばれた紐はゆるく、ちょっとしたことでほどけてしまうことにあります。例えば、そんなに相手に興味はなくてもとりあえずフォローしておくことや、一度会ったことのある人で、共通の友人も多いのにフォローしないのは失礼にあたるかな、とSNSならではの“マナー”を気にかけすぎてしまうことです。

このように、自分はフォローしたいと思っていないのに、人の目を気にしてしまい本来の行動と違うことをしてしまうことが増えると、ついSNSから距離を置きたくなってしまうことがあります。自分が望む人間関係が構築されてしまうことで、繋がりをリセットしたくなり削除する傾向に。

このことを、“人間関係リセット症候群”と呼びます。まるでゲームをリセットするかのように、人間関係を突然切ってしまい、場合によっては話もしなくなる傾向のある人の事を指します。医学的な病名ではなくネット上で使われる俗語、つまりネットスラングの一種ではありますが、誰にでも起こりうる症状なのです。

環境が変わるとリセットをするクセがついてしまう

人間関係リセット症候群になっている人は、些細なことがきっかけでSNSを見るのが辛くなってしまい、アカウントを削除してしまいます。代表して3人のコメントをみていきましょう。

「アイドルグループを応援していて、同じファンのグループにも入ったけど、その内の1人と仲が悪くなってしまい、気まずくなって消しました」(28歳/エンジニア)

「SNSだからもっと気楽に投稿したいのに、気合入った写真をあげないとセンスがないって思われて距離をおかれそうで怖い」(24歳/事務)

「今の人間関係では成長できなさそうなので、リセットして新しい関係を作りたいと思いました」(29歳/広報)

このように、人間関係のストレスに耐え切れなくなり衝動的にリセットをしてしまうことが多いのです。このような理由でアカウントを削除する人は、転職や結婚といった環境が変わるたびに、人間関係をリセットしたいと思うようにな人間関係を断捨離するクセがついてしまいます。
SNSを再開したものの、一定期間経過すると削除をする、また再開する……。そんな繰り返しをしている人も少なくはありません。リセットしたとしても、新たな人間関係を再構築していくので、困ることは特にないようです。

どんな人が人間関係リセット症候群になりやすいのか?

思っていることを伝えるのが苦手な人

人に対して心を開くのが苦手で、本音を上手く伝えることが苦手な人は、交流を続けていくうちに居心地の悪さや煩わしさを感じて、リセットしてしまう傾向があります。
「他人からどう見られているのか気になる」「否定されるのが怖い」といった思考を持っています。どこかよそよそしい付き合いのみで関係がストップしてしまい、ストレスも溜まりやすいのです。

交流の数は多い、繋がりたがりな人

友達がいない自分が嫌で、たくさんの人と交流関係を作りたい人ほど、リセット癖がついていることもあります。一見社交性があるように思いますが、浅い繋がりをつくりすぎて、人ひとりを切ることに対して心が痛まなくなってしまいます。

その影響で「私が今ある興味はここじゃない」と思い、今ある人間関係に価値を見出せなくなくなります。飽き性で、思い込みが強い人に多いため、一度関わりたくないと思ってしまった相手にはバッサリ見切りをつけるでしょう。

プライドが高い人

自分が接する相手から「いつも優秀だと思われていたい」「高い評価を受けたい」といった気持ちが強いので、ライバルが現れるとその人を応援する人も巻き込み、リセットしようとします。また「フォローを外されるくらいなら私のほうから」というプライドもあります。

他人は他人だから、思う通りいかないものだと認識をして、気軽に接する生き方を身につけることができれば改善されるかもしれません。

消去で解決しようとせず、ブロックやミュートを推奨

仲の良い友達はずっと大切にしていきたいもの。最近交流がなかったとしても、些細なことがきっかけでビジネス仲間になることもあれば、新たな出会いに発展することもあります。定期的に“整理”することも大切ですが、アカウントごと削除しなくても、ブロックやミュートで対応してもらうのが一番です。

ただ、人間関係リセット症候群の人は相手にバレずに縁を切りたいと思っているので、それらを嫌う傾向があります。ですが、SNSを見ることは“義務”ではありません。見たいものだけ見る。それは本人の自由なのです。ブロックをすることに罪悪感は持たずに、せっかくある機能をうまく活用していきましょう。また、Twitterではフォローを外さなくても、ツイートが流れないようするミュート機能もあります。

少なくとも、友達のアカウントが削除されているのを知ったということは、それだけ相手に興味があるということ。それを相手に伝えて、SNSとの上手な付き合い方を教えてあげましょう。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


人間関係 SNS 友達

関連する投稿


私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

恋愛や仕事はもちろん、友情においても、相手を尊敬し敬う気持ちがないと長くは付き合えないもの。今回は私が出会った人達の、尊敬できる共通点についてお話します。


みなし残業は早く切り上げてはいけないの? #これってハラスメントですか?!

みなし残業は早く切り上げてはいけないの? #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は「みなし残業」にまつわるこんなご相談。


事務職のはずが営業まで…業務範囲外の仕事はパワハラに入る? #これってハラスメントですか?!

事務職のはずが営業まで…業務範囲外の仕事はパワハラに入る? #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、事務員として入社したにも関わらず営業までさせられている人のお話です。


恋愛が恨みに変わって裁判沙汰?! 働く女子の恋愛失敗&報復エピソード

恋愛が恨みに変わって裁判沙汰?! 働く女子の恋愛失敗&報復エピソード

大人の恋愛は、純粋な感情があれば上手くいくわけではありません。中には大きなトラブルに発展して、裁判沙汰になってしまうことも…?! 婚活女子を狙った巧妙な手口もあるようです。今回は、弁護士 齋藤健博さんの元にきた相談の中から、印象に残っている恋愛にまつわる恐ろしいエピソードを教えてもらいました…!


恋も仕事も友情も結局はここ。結びつきを強くする「信頼」の築き方

恋も仕事も友情も結局はここ。結びつきを強くする「信頼」の築き方

好きな人を大事にしたい気持ちが強くなると、関係性が窮屈になりがち。でも、実は本当にすべきなのは期待や心配をかけるより相手を「信頼する」ことです。今回は、人を信頼する大切さについてご紹介。


最新の投稿


仕事が決まらない…転職活動が思うように進まない時の対処法と考え方

仕事が決まらない…転職活動が思うように進まない時の対処法と考え方

転職活動を始めたはいいものの、思うように進まない…なんて悩みに直面した方も多いのではないでしょうか? 自分が思ったように物事が進まないと、ついやる気も失せてしまいます。けれど、転職活動がうまくいかないときにも必ず理由があるもの。キャリアアドバイザーが転職活動が思うように進まない時の対処をお教えします。


お仕事モードON! 女性が仕事前に気分を切り替える瞬間って

お仕事モードON! 女性が仕事前に気分を切り替える瞬間って

毎日にメリハリをつけるためには、オンとオフの切り替えが必要。ビジネスウーマンの私たちは、毎朝どんな行動をきっかけに仕事モードをオンにしているのでしょうか?


重なるストレスに心が限界!つらい心を少しでも軽くする方法は

重なるストレスに心が限界!つらい心を少しでも軽くする方法は

新型コロナに仕事のストレスにさらには他にも色々と……。度重なるつらい出来事に心が適応できずにいませんか?つらい心を楽にさせてあげられるのは、自分自身なんです。


関係性を壊さずに断る! 相手に要望を伝えるための「DESC法」って

関係性を壊さずに断る! 相手に要望を伝えるための「DESC法」って

イヤな仕事を頼まれた時や、仕事に関してのモヤモヤが募っている時。面倒ではありますが、その状況や環境を改善するためには、自分の意見を伝えなければなりません。今回は、関係性を壊さずに、自分の要望を相手に伝えるためのコミュニケーション術をご紹介。


「なんで私って…」自分を責めてしまう人が辞めるべき、驚きの食習慣3つ

「なんで私って…」自分を責めてしまう人が辞めるべき、驚きの食習慣3つ

生きていると自分にほとほと嫌気がさしてしまう時ってありますよね。そんな自分の性格を責めてしまいそうになりますが、実は食習慣が影響して自分を責めてしまいやすくなることもあるのです。


RANKING


>>総合人気ランキング