SNSのアカウントを削除するのはなぜ? 人間関係リセット症候群の実態

SNSのアカウントを削除するのはなぜ? 人間関係リセット症候群の実態

「最近SNSで見かけないな」と思ってアカウントを探してみたら見当たらず、調べてみるとアカウントが消えて連絡する手段がなくなってしまった友達っていませんか? もしかしたら“人間関係リセット症候群”になっているのかも。そうなる理由を考えていきます。


突然消えた友達のアカウント

最近は、SNSで友達とコミュニケーションを取るのが主流になっているのもあり、友達の電話番号や住所やメールアドレスなど、仲の良い友達だとしても相手の個人情報を知らないことが多くなりました。そのため、友達が急にSNSのアカウントを削除されると連絡手段がなくなってしまうこともあります。

厄介なのが、事前告知なしに削除をしてしまった場合です。連絡しようと思いついたときにアカウントが見つからない。反対に、数日前までやり取りをしていたのに消えているときは、突然拒絶されてしまったと感じてしまい、落ち込んでしまうこともあります。

放置するならともかく、なぜアカウントを消してしまうのでしょうか? その理由について考えていきましょう。

人間関係リセット症候群になっている

@e.m.0115

突然消してしまう理由として、今のSNS文化ならではの原因があります。
それは、簡単に繋がれる便利さ故に結ばれた紐はゆるく、ちょっとしたことでほどけてしまうことにあります。例えば、そんなに相手に興味はなくてもとりあえずフォローしておくことや、一度会ったことのある人で、共通の友人も多いのにフォローしないのは失礼にあたるかな、とSNSならではの“マナー”を気にかけすぎてしまうことです。

このように、自分はフォローしたいと思っていないのに、人の目を気にしてしまい本来の行動と違うことをしてしまうことが増えると、ついSNSから距離を置きたくなってしまうことがあります。自分が望む人間関係が構築されてしまうことで、繋がりをリセットしたくなり削除する傾向に。

このことを、“人間関係リセット症候群”と呼びます。まるでゲームをリセットするかのように、人間関係を突然切ってしまい、場合によっては話もしなくなる傾向のある人の事を指します。医学的な病名ではなくネット上で使われる俗語、つまりネットスラングの一種ではありますが、誰にでも起こりうる症状なのです。

環境が変わるとリセットをするクセがついてしまう

人間関係リセット症候群になっている人は、些細なことがきっかけでSNSを見るのが辛くなってしまい、アカウントを削除してしまいます。代表して3人のコメントをみていきましょう。

「アイドルグループを応援していて、同じファンのグループにも入ったけど、その内の1人と仲が悪くなってしまい、気まずくなって消しました」(28歳/エンジニア)

「SNSだからもっと気楽に投稿したいのに、気合入った写真をあげないとセンスがないって思われて距離をおかれそうで怖い」(24歳/事務)

「今の人間関係では成長できなさそうなので、リセットして新しい関係を作りたいと思いました」(29歳/広報)

このように、人間関係のストレスに耐え切れなくなり衝動的にリセットをしてしまうことが多いのです。このような理由でアカウントを削除する人は、転職や結婚といった環境が変わるたびに、人間関係をリセットしたいと思うようにな人間関係を断捨離するクセがついてしまいます。
SNSを再開したものの、一定期間経過すると削除をする、また再開する……。そんな繰り返しをしている人も少なくはありません。リセットしたとしても、新たな人間関係を再構築していくので、困ることは特にないようです。

どんな人が人間関係リセット症候群になりやすいのか?

思っていることを伝えるのが苦手な人

人に対して心を開くのが苦手で、本音を上手く伝えることが苦手な人は、交流を続けていくうちに居心地の悪さや煩わしさを感じて、リセットしてしまう傾向があります。
「他人からどう見られているのか気になる」「否定されるのが怖い」といった思考を持っています。どこかよそよそしい付き合いのみで関係がストップしてしまい、ストレスも溜まりやすいのです。

交流の数は多い、繋がりたがりな人

友達がいない自分が嫌で、たくさんの人と交流関係を作りたい人ほど、リセット癖がついていることもあります。一見社交性があるように思いますが、浅い繋がりをつくりすぎて、人ひとりを切ることに対して心が痛まなくなってしまいます。

その影響で「私が今ある興味はここじゃない」と思い、今ある人間関係に価値を見出せなくなくなります。飽き性で、思い込みが強い人に多いため、一度関わりたくないと思ってしまった相手にはバッサリ見切りをつけるでしょう。

プライドが高い人

自分が接する相手から「いつも優秀だと思われていたい」「高い評価を受けたい」といった気持ちが強いので、ライバルが現れるとその人を応援する人も巻き込み、リセットしようとします。また「フォローを外されるくらいなら私のほうから」というプライドもあります。

他人は他人だから、思う通りいかないものだと認識をして、気軽に接する生き方を身につけることができれば改善されるかもしれません。

消去で解決しようとせず、ブロックやミュートを推奨

仲の良い友達はずっと大切にしていきたいもの。最近交流がなかったとしても、些細なことがきっかけでビジネス仲間になることもあれば、新たな出会いに発展することもあります。定期的に“整理”することも大切ですが、アカウントごと削除しなくても、ブロックやミュートで対応してもらうのが一番です。

ただ、人間関係リセット症候群の人は相手にバレずに縁を切りたいと思っているので、それらを嫌う傾向があります。ですが、SNSを見ることは“義務”ではありません。見たいものだけ見る。それは本人の自由なのです。ブロックをすることに罪悪感は持たずに、せっかくある機能をうまく活用していきましょう。また、Twitterではフォローを外さなくても、ツイートが流れないようするミュート機能もあります。

少なくとも、友達のアカウントが削除されているのを知ったということは、それだけ相手に興味があるということ。それを相手に伝えて、SNSとの上手な付き合い方を教えてあげましょう。






この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


人間関係 SNS 友達

関連する投稿


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

上司、同僚、部下。あなたは職場で働く人たちと良好なコミュニケーションが取れていますか? 職場環境を良くしよう、オフィス改革だ、なんて取り組みも最近盛んになってきてはいるものの、多くの時間を過ごす“職場”では結局、人間関係が一番大事だったりします。今回は職場での雑談力を高める「褒める」力についてです。


「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

上司や取引先などで、年上の男性とのやり取りをしていると「女性だから」「若いから」という理由だけでなめてかかってくる人がいます。どう対処したら良いのでしょうか?


ずっと一緒なんて嘘!学生時代の友人と疎遠になる理由・対処法

ずっと一緒なんて嘘!学生時代の友人と疎遠になる理由・対処法

おばあちゃんになってもよろしくね…って、言っていたはずなのに…。今回は、学生時代の友人と疎遠になる理由・対処法をご紹介いたします。


イラっとするのはみんな同じ!SNSに出没する「匂わせ女子」の特徴

イラっとするのはみんな同じ!SNSに出没する「匂わせ女子」の特徴

報告するのではなく、匂わせる。それとなく自慢をする人が周りにいませんか?最初から報告したらいいのに、なぜか遠回しにプチ自慢をしたり。いつの間にか敵を増やさないように「匂わせ」には気をつけましょう。


最新の投稿


メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

心が繊細だと、自分のことながら「面倒くさい」と感じる瞬間が多々あるはず。でも運命のパートナーがすべてを受け止めてくれる人なら何も問題はないんです!


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

結婚しているはずなのに、定期的に連絡してくる彼。あきらかに好意を寄せているのはすぐに分かること。ついついイラっとしちゃいませんか?


仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か…中途半端な状態にならないようにと今、必死に悩んでいるのでは?どちらも選ぶ方向ももちろんまだ考えられるでしょう。後悔しない道のりを選ぶことが、きっと明るい未来に繋がります。


【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

冬になると気持ちが滅入ってしまってご自身を責める方も多いのでは?でも、それは自然なこと。なぜなら、薬膳の世界では冬は落ち込みやすい時期だと決まっているからです。


RANKING


>>総合人気ランキング