恋愛心理学で知る! 男性が意中の女性にだけ見せる脈アリサイン・行動

敵な彼と会う回数が増えてきて、良い感じの関係性。しかし、「彼は私のことが好きなのかな? それとも本命は別にいて、ただの都合の良い女と思われているのかな!?」と疑ってしまう場面もあると思います。けれど、安心してください。今から教える3つのポイントを押さえればその悩みが吹き飛ぶハズ。
男性心理は、言葉以上に態度を見た方がわかりやすい。恋愛メンタリストが、意中の女性だけに見せる脈アリサインや行動をわかりやすく解説します。ポイントはたったの3つだけ⁉︎

本当に好きな女性といる時は、男性は腕時計を見ない

大人の男性なら身に付けている可能性が高い“腕時計”。
この腕時計が人間心理を読み取く、とても貴重な“資料”となるわけですが、今回は恋愛面でフル活用します。

“本当に好きな女性といるとき、男性は腕時計を見ない”
これが鉄則と考えましょう。
皆さんにも経験があるでしょう。楽しい時間はあっという間です。時間を忘れてカラオケや楽しいランチタイムで友達と話していると「もうこんな時間なの!?」と驚いたあの経験。

そのとき皆さんは時間を気にしていないはずです。それはもちろん男性にも当てはまり、
“この空間(時間)が楽しければ楽しいほど腕時計を見ない”傾向にあります。

もちろんマナーとして、あまり頻繁に腕時計を見ないというものもあります。けれど「大好きな女性に嫌われたくないし、俺のことを好きになってほしい」と思っている女性に対しては特に、腕時計を見るのを控えるはず。
もちろん時間が遅くなると、男性も気を使って「そろそろ○○ちゃんを帰してあげたほうがいいかな? 今何時だ?」と腕時計に目を移す事はあります。ですが、あなたが本命なら会って間もないのに腕時計を見るはずがありません。

また恋愛に対して奥手な、いわゆる“うぶ”な男性でも「何を話そう? うーん……」と話す内容に頭をフル回転させるため、時間を気にする余裕などありません。

わかりやすい目安としては“時間制限(帰宅時間)を話していないのに、1時間以内に腕時計を見る回数が多い”と感じたら、残念ながらあなたは本命ではない可能性が高いです。
ちなみに腕時計をしていない男性に対してはスマホが対象に当たります。ただ、スマホは連絡用ツールでもあるので、腕時計と少し異なりますが、仕事の連絡ではない限りLINEや電話を返す可能性は低いです。

男はプライベートで社交辞令を使わない

これも好きな人にしか聞きません。「次いつ会える?」というセリフです。女性社会では社交辞令のようなこの言葉も男性社会では真実の言葉となります。

男性からすると「本当に○○ちゃんと付き合いたい! 早く会いたい。だからもっと会う回数を増やしたい!」という気持ちからの「次いつ会える?」です。この質問が彼の口から出てきたら、素直に喜びましょう。「社交辞令なんじゃないか?」と疑う必要はまったくありません。素直に受け止めればいいのです。

仮にあなたが“○○会社の社長さん”とかではない限り、男性は好きでもない相手に対してわざわざ会える日など聞きません。そのまま疑わずに予定を合わせてください。

そもそも男性はあまり社交辞令を言いません。もちろん仕事やビジネスシーンなどは言うことはありますが、プライベートのときは全くと言っていいほど言いません。
会社や学校で男性同士の会話を聞いてみてください。びっくりするくらい褒めませんし、社交辞令を言わないことに気が付くでしょう。

女性社会では「これ可愛くない?○○で買ったんだ!」と言われたら「えー!可愛い!いいな!」というような言葉を返すでしょうが、男性社会は違います。
「これ良くない?かっこいいでしょ?」という言葉が来たら「微妙じゃね?」と素直に返すのが男性社会。これは決して珍しくありません。というかこれが、日常茶飯事なのです。

女性社会では“言葉の裏を読む”ことが重要だったりもしますが、男性社会では「言葉の裏?何それ?言葉はそのまま受け入れるでしょ?」というのが当たり前。なので彼からの言葉は素直に受け入れましょう。その方が圧倒的に好かれます。女性の場合は「わかってほしい」と付き合っている彼にあえて、言葉の裏を読ませようともしますが、これは男性にとってとても難しいものなのです。
次のアポイントを早々に決めようとしてくる男性がいれば、それは脈アリのサインかもしれません。

自己開示するのは、心を開いている証拠

男性は“いかに自分を大きく見せるか”が勝負みたいなところがあります。
「俺ってかっこいいんだぜ! こんな仕事もしてるぜ!」という自慢話をするのが実は大好き。合コンなどで「俺高校のときに、よく警察を困らせてたぜ! やばくない!?」みたいな痛い話をされたことはないですか?

あれは「俺は強いんだ。やんちゃ話をして女の子の気を引いてモテモテになってやろう!」みたいな心理からついつい男性がしてしまう話題なんです。まぁほとんどの場合、女性は興味のない話題であることは筆者の僕は知っています。

それはともかく、男性は“自分が偉い、器が大きい、かっこいい”という話をしたがります。自分を大きくみせたい生き物なのです。

しかし「本当の自分も好きになってほしい」と思う相手にだけは違います。男性は弱音をさらけ出す場合がとても多いのです。心理学では“自己開示”といい、人間は信頼している相手や本当に仲良くなりたい相手などに弱音をさらけ出すことによって、本当の自分も知ってもらいたいと思うもの。

皆さんも“本当に好きな友達”やに家族にしか弱音を吐かないのではないでしょうか?
男性は女性の何倍も見栄を張る傾向にあるので、特に女性の前では自分を大きく見せることに必死です。
そんな男性があなたに弱音をさらけ出したら……これはもうチャンスです。話を聞いて応援してあげましょう。その場合悩みに共感してあげるだけでなく、軽いアドバイスもしてあげると男性の場合は喜びます。

終わりに

いかがでしたか?
単純だけど何故かわからない男性心理。
女性社会とは少し異なるので、きちんと理解してあげることでぐっと彼との距離は縮まります。男性が本命の相手にだけ見せる3つのサイン。ぜひ参考にしてみてください。また機会があれば、違う観点からも紹介したいと思います。