いつも機嫌の良い女性が男性から好かれる・モテる理由



機嫌が良い女性はなぜモテる?

男性からよくモテる女性のイメージといえば、どんなものが思い当たりますか?
人当たりが良い、見た目が可愛い、よく笑う……など明るい女性であるイメージを持った方が多いのではないでしょうか。実際、機嫌の良い人の周りには、同じように機嫌の良い人が集まりやすく、キラキラしたオーラを発します。
それが異性として見たときにも魅力的に映り、恋愛・婚活といった面でも、“モテ”に繋がりやすいのです。今回は、常に機嫌が良い女性がモテる理由について紹介していきます。

男性には、自分が好きな女性をご機嫌にしたい、幸せにしたい欲求がある

人は、好きな人を「幸せにしたい」という気持ちを持っています。好きな人の笑顔をみるために、サプライズでのプレゼントを準備したり、一緒に楽しむ予定を計画したり……。デートで男性がお金を多く払ったり、美味しいお店に連れて行く、というようなこともそれに当てはまります。

つまり、好きな人や好意を持っている人に対して、何かを「与える」ことによって、自分も幸せな気持ちが得られるということなのです。とくに、プライドが高く自尊心の強い男性であればなおさら、好きな人をご機嫌にしたい、自分が幸せにしたいという欲求を強く持っています。この欲求を満たしてくれるのが、機嫌の良い女性でもあるのです。

自分がやったことに対して笑顔で反応をくれると、嬉しい気持ちになりますよね。素っ気なく「ありがとう」と答えられるより、笑顔で嬉しい! という気持ちを表現した「ありがとう」の方が、与えたことに対しての喜びを実感できるものです。

「機嫌が良い」は他人にうつるため、結果的に男性を幸せにすることにもなる

いつ見ても機嫌がよく、ニコニコして人当たりが良い人をみると、なんだか自分まで優しい気持ちになりませんか? それとは逆に、常に不機嫌で周囲に険悪な雰囲気をまき散らかしている人をみると、自分までどんよりとした気持ちになってしまいますよね。職場などで、機嫌の悪い先輩や上司がいたら、つい顔色を伺って萎縮してしまうでしょう。

つまり、人の気分は他人にも伝染するということです。「ご機嫌」もそれと同じで、幸せそうな人をみて幸せになる気分なるもの。つまり、自分が機嫌よくいることが相手を幸せな気持ちにすることに繋がるのです。
「幸せになりたい」はみんなが漠然と持っている欲望です。それを満たしてくれる女性がまさに「機嫌が良い女性」であるということなのです。

「幸せな将来」がイメージしやすい

ご機嫌な人と一緒にいることが、相手の「幸せにしたい余裕」を満たし、自分も「幸せになる」ということを説明しました。この、幸せにしたい気持ちと、幸せにして欲しい気持ちのバランスが取れることによって、互いに幸せな将来がイメージしやすくなります。

なにを考えているかが全くわからない、どうしたら機嫌がよくなるのかわからない、自分でコントロールができない人と一緒にいると、顔色を伺ったり、相手の出方を注意深く観察する必要があり、疲労してしまいます。けれど、お互いにとって幸せな気持ちになれる要素が理解できていると、なにかがあったときの解決法もイメージしやすいのです。
相手の機嫌の取り方を知れることは、長期的な付き合い方もわかるということに繋がり、将来をイメージしやすくなります。

長く愛される秘訣は、恋愛を頑張るや自分磨きを頑張ることではなく、小さなことで幸せだと感じる心を育てること

お互いに幸せを実感し、長く愛する・愛される秘訣は恋愛や婚活、自分磨きに勤しむことではなく、小さなことで幸せだと感じる、自分の「ご機嫌力」を高めることです。

落ち込むことがあったとしても、何をしたら自分のご機嫌を取り戻せるのか? 何がストレス発散に有効なのか? 自分は何が好きなのか? を理解しておけば自分の機嫌をある程度取り戻すことはできます。
パートナーに全てを任せる・自分のフォローをしてもらうというように、任せっきりになる・依存するのではなく、そこにパートナーがいれば、さらに「補える」というイメージを持っておきましょう。悩みは、当事者以外にしか理解ができないもの。気持ちに寄り添うことはできても、完全に同じ気持ちになる、ということはできないのです。

パートナーと深く付き合おうと思えば思うほど、自分の気持ちの持ち方が重要になります。自分の気分で相手を振り回そうとしない、自分の機嫌を自分で取る方法を知っているという、恋愛面での自立を意識していきましょう。
自分がご機嫌でいることは、結果的に相手にも幸せな気持ちを与える。そのためにも、自分の幸せの感度を高めていきましょう。