韓国でも大人気! “赤”なのに儚げ印象、透明感際立つドファサルメイク

韓国でも大人気! “赤”なのに儚げ印象、透明感際立つドファサルメイク

韓国で流行している「ドファサルメイク」というものを知っていますか? 「ドファサル」とは、韓国語で男性を虜にする、魅力的な女性という意味を含んでいます。勝負カラーのレッドで作る、透明感際立つ儚げメイクを紹介。


「赤」なのに儚くて、透明感が際立つ……それがドファサルメイク

みなさんは「ドファサルメイク」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
「ドファサル」とは“男性を虜にする魅力的な女性”、という意味を含んでいて、ドファサルメイクはその名の通り、魅力的な女性になれると韓国で大流行のメイク法です。

このメイクでは目元に赤いアイシャドウを使うのが特徴。まるで歌舞伎役者のような目元を想像してしまう人もいるかもしまうかもしれませんが、透明感が際立つような儚げ印象を作ることのできるメイクなのです。

大事な商談やイベントがある時には、赤い下着をつけていくという人も多いほど勝負カラーとして用いられる「赤」。メイクにも取り入れて、魅力的な女性になりましょう。

ポイントは「赤」! それ以外は肌なじみの良いベージュやブラウンで

ドファサルメイクの主役はなんといっても「赤」。
特に目元のアイシャドウをうまく使うことがポイントです。アイホール全体には、肌馴染みの良いベージュや陰影をつける程度のブラウンを使いましょう。

今回使用したのはKATE(ケイト)の『ブラウンシェードアイズN』BR-4のカッパー。上段真ん中にあるラメがかったブラウンをベースに、メインカラーとしてADDICTION(アディクション)の『アディクション ザ アイシャドウ』93 Alice (M)アリスを使用。

アイホール全体にまずブラウンアイシャドウを広げたら、メインカラーである赤を目元のキワに細く、アイラインを引くようにアイシャドウブラシで乗せていきます。

目元の赤がポイントになるので、チークは不要。
透明感をさらにプラスしたい場合はベージュ系チークを使うか、またはハイライトのみの使用がオススメです。頰に少し赤みがある人は、チークをなしの自然な血色で(モデルはチーク不使用)。ベースで色味を抑えることで、肌により透明感が増して見えるようになります。

アイラインも細く、インラインを入れる程度にしておきましょう。目元をハネあげてしまうと強気な歌舞伎メイクに近づいてしまうので、アイラインはあくまで目元のキワに沿って入れる程度に控えて。

使用アイテム

KATE(ケイト)
ブラウンシェードアイズN
BR-4 カッパー
1,200円/編集部調べ

チェックする

ADDICTION
アディクション ザ アイシャドウ
93 Alice (M) アリス
2,000円/編集部調べ

チェックする

口元はマットな「赤」で揃えて、エレガントに

アイシャドウに合わせるように、口元にも赤リップを。
レブロンから発売されている『スーパー ラストラス リップスティック』のラビッシュ ミー レッドというカラーは赤リップの中でも青みがかかった赤でヘルシーかつオシャレな印象に。角度によっては朱色にも見える明るい色味なので、赤リップが苦手な人にもオススメ。
さっとひと塗りするだけで、まるでフレームを描いたようなリップが完成。

さらにアイシャドウと統一感を出すためにアディクションのリップグロスを仕上げに。ティントのように色持ちの良いグロスは、唇にすぐになじんでマットな印象に。同ブランドのアイテムの「赤」を仕上げに少しプラスするだけで、ぐっとまとまりが生まれます。

使用アイテム

REVLON(レブロン)
スーパー ラストラス リップスティック
119 ラビッシュ ミー レッド

チェックする

ADDICTION(アディクション)
アディクション ストールンキス
004 Rich Girl(リッチ ガール)
3,000円/編集部調べ

チェックする

新しいメイクを取り入れて、より魅力溢れる女性に

「赤メイク」と聞くと、どうしても強い印象がしてしまうものですが、このドファサルメイクは、儚げな女性らしい印象を作ることができるのがポイント。また、職場や外出先では口元だけベージュやピンク系のカラーにしておけば、ナチュラルなイメージに早変わりもするので、シーンや時間帯に合わせて印象をチェンジすることができます。

ベースはとにかく引き算を意識して、目元にポイントをおいた新しいメイクを取り入れてみてはいかがでしょうか?

(モデル:加瀬南斗)

この記事のライター

関連するキーワード


メイク 美容 コスメ

関連する投稿


なめらかツヤ感、メリハリフォルム。誰もが見惚れる美脚の作り方

なめらかツヤ感、メリハリフォルム。誰もが見惚れる美脚の作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「脚」について紹介します。


日焼けの火照りにサヨウナラ! ハーブを使った簡単フェイスマスク法

日焼けの火照りにサヨウナラ! ハーブを使った簡単フェイスマスク法

日焼けが気になる晩夏。だけど、日焼けした肌をそのままにしておいて大丈夫? アラサーは20代前半とは違い、新しい肌をつくりにくくなっていますから、日焼けした後には、いつも以上のケアが必要です。そこで今回は美容成分としても使用されているハーブを使用したフェイスマスク法をご紹介します。


大きさよりも、形と質感! マシュマロおっぱいの作り方

大きさよりも、形と質感! マシュマロおっぱいの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「バスト」について紹介します。


夏はシャワーだけではNG⁉︎ 実は気になる体の「冷え」対策アイテム

夏はシャワーだけではNG⁉︎ 実は気になる体の「冷え」対策アイテム

暑い夏には湯船に浸かって体を温める行為は、避けてしまいたいと思ってしまいますよね。しかし、暑い夏こそ実は、体が冷えやすい時期。毎日のバスタイムをシャワーで済ませるだけではいけません。 そこでゆっくりと湯船に浸かりたいと思える、アイテムをご紹介します。


塗るだけ、揉むだけで1日1分! カーヴィーなウエストの作り方

塗るだけ、揉むだけで1日1分! カーヴィーなウエストの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「ウエスト」について紹介します。


最新の投稿


後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

20代後半に差しかかると、仕事にも随分慣れが生まれて自分のポジションが確立してくる時期。後輩や同性からも憧れられるような「オフィスの華」になるのか、厄介なお局キャラになってしまうのか分かれ道となるタイミングでもあります。今回は、オフィスの華と呼ばれる女性の特徴をチェックしていきましょう。


悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

気にしすぎ? ただの心配性? いえいえ、そんなことありません。毎日一生懸命頑張っている人には不安と悩みがつきものなんです。働く女性がつい陥りやすい、職場や仕事を通じてのお悩みについて考えましょう。


30歳になって後悔しないために!働く女子が20代のうちにやっておくべきこと

30歳になって後悔しないために!働く女子が20代のうちにやっておくべきこと

気付けばあっという間に30歳目前! 30歳は精神的な“自立”、つまり人生の基礎を確立する時。そのためには20代の過ごし方が重要だといえます。そこで今回は、将来後悔しないために20代の働く女子がやっておくべきことについてご紹介します。


増税まであと少し!消費税が10%になるまえに買っておくと良い物って?

増税まであと少し!消費税が10%になるまえに買っておくと良い物って?

2019年10月から消費税が8%から10%に上がります。今のうちに買いだめや大きなものの購入を済ませようとしている人も多いのではないでしょうか? 中には、消費税が10%にならないものもあります。どんなものが10%にならないのか、今のうちに買っておくべきものは一体なんなのか? しっかり知っておきましょう。


働く女性が無意識に陥りがちなバイアス(思考の偏り)って?

働く女性が無意識に陥りがちなバイアス(思考の偏り)って?

いつの間にかできてしまった思い込みや偏見、思考の偏りを「バイアス」と言いますが、実はこの“バイアス”こそが自分の成長や、行動の妨げになっているかもしれません。働く女性が気づかないうちに陥りがちな、バイアスについて今回は紹介していきたいと思います。


RANKING


>>総合人気ランキング