入れ替わるのが自然?人間関係の作り方について考えてみた|MY WORK ヒント#81

入れ替わるのが自然?人間関係の作り方について考えてみた|MY WORK ヒント#81

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第81回目は、人間関係の入れ替わりについて考えます。


時間を共有できる人の数は限られている

皆さんは、人間関係について「マイルール」は存在しますか?または、定義や解釈はありますか?古くからの友達、仕事で出会った良きライバル、衣食住を共にする家族、なんでも話せる親友……。

すべての人間関係を平等に共にすることができれば良いですが、自分の体はたったひとつであり時間も限られているのが現実です。私自身、人間関係についてしばしば考えることがあります。

人間関係は、必ずしも一定ではなく、循環しながら流れていくもの。そして、縁があればまたどこかで合流する。そんな「船旅」に似ていると思います。

変わるものであり入れ替わるのが自然

人間関係についていろんな考え方があると思いますが、私は入れ替わるのが自然だと思っています。その時々で変わる心境や環境により作られる人間関係は、すべてタイミングです。

しかし、家族のような本当に親しい人間関係は、数人が限界だと思います。1日24時間過ごす中で、寝る時間、トイレやお風呂の時間、着替える時間など「一人でこなす時間」をのぞくと、残りはおそらく10時間程度でしょうか?

仮に、その10時間を1時間ずつ人間関係に使ったとしても、たった10人としか交流できません。ましてや、仕事をしながらや自分の趣味の時間をのぞくとなると、さらに少ない時間になるのではないでしょうか。

つまり、家族や親友などの深い関係は、少数が普通。逆に言えば、自分が大切にできる人間関係も、少数しかいないと思います。

気軽に私生活を見れる時代だからこそ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

デジタル機器が発達し、気軽に遠く離れた人間関係を作ることができるようになりました。ソーシャルメディアにある機能「お友達追加」と言う名前から、気軽に「お友達」というワードが使われるようになりましたが、私はたまに違和感を感じます。

ソーシャルメディアで繋がっているから、お友達でしょうか?

画面上の「友達」、リアルな「友達」、仕事で出会った「仕事仲間」、関わりを少し持ったことがある「知り合い」、いつでも悩みや弱みを話せる「親友」、どんな時も縁がある「家族」——。

人との距離感が見えずらくなっている時代だからこそ、隣にいる人がもっとも大切な存在なのかも。自分の生活で軸になる人間関係は、本当に少数であり、その他の人間関係は日々変kしながら入れ替わるのが普通だと思います。

もし、人間関係の入れ替わりでストレスを感じることがあれば、ごく自然なことだと捉えてみてください。それと同時に、自分にとって必要な人間関係を整理するのも大切なことだと思います。

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

小さな会社も大きな会社も会社の規模に関わらず、さまざまなハラスメントが横行している世の中。あなたはハラスメントに対して、どのように考えていますか? 実際に複数のハラスメントを経験して来た、元会社員の筆者が提案するハラスメントに合った時の対処法をご紹介します。


「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

家族や恋人……自分ではなく大切な人が、いつもより元気をなくしてしまったら、どんな言葉をかけてあげればいいか迷いませんか?今回は、大切な人が疲れてしまったときに自分がしてあげられることをご紹介します。


嫉妬する・嫉妬される。職場の同僚女性に対して生まれる悔しさと解決法

嫉妬する・嫉妬される。職場の同僚女性に対して生まれる悔しさと解決法

見た目、仕事、収入……。なにかと、誰かと自分を比べてしまう私たちは、身近な存在である“職場の同僚”に対してさまざまな感情を持ちやすいもの。中でも厄介な感情である『嫉妬』をもってしまったとき、逆にもたれてしまった時はどういう心構えで解消すればいいのでしょう? それぞれの目線で考えます。


焦らしプレイで興奮…。タイミングをずらして興奮する3つのポイント|真っ赤な濡れオンナ#101

焦らしプレイで興奮…。タイミングをずらして興奮する3つのポイント|真っ赤な濡れオンナ#101

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第101回目は、ペンネームMAKOさんから頂いたリクエスト「焦らしテク」についてです。


服装を真似ると上司と仲良くなれる⁈心理学「態度の類似性」からみる人間関係

服装を真似ると上司と仲良くなれる⁈心理学「態度の類似性」からみる人間関係

皆さんには苦手な上司や顧客などに頭を悩まされた経験がありませんか? 人間関係についての悩み事は、絶えることがありません。今回は、心理学で用いられる「態度の類似性」についてご紹介。洋服を変えるだけで、苦手な上司との距離が近づくかも⁈ ぜひ参考にしてみてくださいね。


最新の投稿


「良かれと思ってやったのに……」親切な人とおせっかいな人の差とは?

「良かれと思ってやったのに……」親切な人とおせっかいな人の差とは?

親切でやっていたことが実はおせっかいだと相手が感じとってしまうこともあります。自分は良かれと思っていたのが、迷惑だと思われるのは少し悲しいですが、そもそもおせっかいと親切の差とはの何なのでしょうか?


だらだら残業には卒業!深夜残業には優先順位をつけてメリハリある生活を

だらだら残業には卒業!深夜残業には優先順位をつけてメリハリある生活を

家に帰ってもやることがないから、ついつい仕事をしちゃう……というだらだら残業をしてしまう人はいませんか? せっかくある自分の時間を無駄にしてしまうのはもったいないから、メリハリをつけた習慣を作りましょう。


仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

オフィスでも美味しい紅茶を飲みたい! というよくばり女子のためにカンタンに美味しい紅茶をいれる3STEPをお教えします! とっても簡単なのですぐに実行できちゃいますよ♪


このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

小さな会社も大きな会社も会社の規模に関わらず、さまざまなハラスメントが横行している世の中。あなたはハラスメントに対して、どのように考えていますか? 実際に複数のハラスメントを経験して来た、元会社員の筆者が提案するハラスメントに合った時の対処法をご紹介します。


「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

家族や恋人……自分ではなく大切な人が、いつもより元気をなくしてしまったら、どんな言葉をかけてあげればいいか迷いませんか?今回は、大切な人が疲れてしまったときに自分がしてあげられることをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング