入れ替わるのが自然?人間関係の作り方について考えてみた|MY WORK ヒント#81

入れ替わるのが自然?人間関係の作り方について考えてみた|MY WORK ヒント#81

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第81回目は、人間関係の入れ替わりについて考えます。


時間を共有できる人の数は限られている

皆さんは、人間関係について「マイルール」は存在しますか?または、定義や解釈はありますか?古くからの友達、仕事で出会った良きライバル、衣食住を共にする家族、なんでも話せる親友……。

すべての人間関係を平等に共にすることができれば良いですが、自分の体はたったひとつであり時間も限られているのが現実です。私自身、人間関係についてしばしば考えることがあります。

人間関係は、必ずしも一定ではなく、循環しながら流れていくもの。そして、縁があればまたどこかで合流する。そんな「船旅」に似ていると思います。

変わるものであり入れ替わるのが自然

人間関係についていろんな考え方があると思いますが、私は入れ替わるのが自然だと思っています。その時々で変わる心境や環境により作られる人間関係は、すべてタイミングです。

しかし、家族のような本当に親しい人間関係は、数人が限界だと思います。1日24時間過ごす中で、寝る時間、トイレやお風呂の時間、着替える時間など「一人でこなす時間」をのぞくと、残りはおそらく10時間程度でしょうか?

仮に、その10時間を1時間ずつ人間関係に使ったとしても、たった10人としか交流できません。ましてや、仕事をしながらや自分の趣味の時間をのぞくとなると、さらに少ない時間になるのではないでしょうか。

つまり、家族や親友などの深い関係は、少数が普通。逆に言えば、自分が大切にできる人間関係も、少数しかいないと思います。

気軽に私生活を見れる時代だからこそ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

デジタル機器が発達し、気軽に遠く離れた人間関係を作ることができるようになりました。ソーシャルメディアにある機能「お友達追加」と言う名前から、気軽に「お友達」というワードが使われるようになりましたが、私はたまに違和感を感じます。

ソーシャルメディアで繋がっているから、お友達でしょうか?

画面上の「友達」、リアルな「友達」、仕事で出会った「仕事仲間」、関わりを少し持ったことがある「知り合い」、いつでも悩みや弱みを話せる「親友」、どんな時も縁がある「家族」——。

人との距離感が見えずらくなっている時代だからこそ、隣にいる人がもっとも大切な存在なのかも。自分の生活で軸になる人間関係は、本当に少数であり、その他の人間関係は日々変kしながら入れ替わるのが普通だと思います。

もし、人間関係の入れ替わりでストレスを感じることがあれば、ごく自然なことだと捉えてみてください。それと同時に、自分にとって必要な人間関係を整理するのも大切なことだと思います。

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


イライラを上手に回避!怒りをコントロールする「アンガーマネジメント」

イライラを上手に回避!怒りをコントロールする「アンガーマネジメント」

「怒り」はもっともコントロールが難しい感情です。それゆえに「怒りっぽい自分」をどうにかしたいと頭を悩ませている方もいいのではないでしょうか? 今回は、怒りという感情をコントロールするのに効果的なアンガーマネジメントをご紹介します。


即レス、固定時間、長文……etc. 仕事がうまくいくメッセージの使い方3つ |MY WORK ヒント#93

即レス、固定時間、長文……etc. 仕事がうまくいくメッセージの使い方3つ |MY WORK ヒント#93

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第93回目は、仕事で使うメッセージについてです。


“肌見せ”だけがエロさではない。誘いたい時に着たい大人のファッション3つ|真っ赤な濡れオンナ#97

“肌見せ”だけがエロさではない。誘いたい時に着たい大人のファッション3つ|真っ赤な濡れオンナ#97

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第97回目は、露出度を上げずにセクシーさを作る服装を考えます。


「不安」を感じやすいアナタに 「オキシトシン」によるストレス解消法

「不安」を感じやすいアナタに 「オキシトシン」によるストレス解消法

仕事でもプライベートでも、何かとストレスを感じることが多い現代女性。そんな女性にぴったりな「オキシトシン」という物質を利用したストレス解消法を紹介します。闘争心や逃走心、恐怖心を和らげて、過ごしやすい毎日を。


「無理だと思ったら、無理で良い」お仕事女子に今、伝えたいこと【心理カウンセラー/服部 結子】

「無理だと思ったら、無理で良い」お仕事女子に今、伝えたいこと【心理カウンセラー/服部 結子】

ストレスを抱えながらも仕事を頑張りすぎちゃう女性に向けて、『頑張りすぎちゃうお仕事女子の心をラクにする68のこと』をという書籍が発売されました。そんなお仕事女子の代表でもある著者、ストレスケアカウンセラーの服部 結子さんにインタビュー。


最新の投稿


MDNA SKINからの贈り物、数量限定5周年キットの全貌

MDNA SKINからの贈り物、数量限定5周年キットの全貌

マドンナがプロデュースするスキンケアブランド「MDNA SKIN」が、5周年を迎えた記念に、限定キットを発売。話題のクロームクレイマスクをはじめとする、限定キットの全貌をご紹介。


イライラを上手に回避!怒りをコントロールする「アンガーマネジメント」

イライラを上手に回避!怒りをコントロールする「アンガーマネジメント」

「怒り」はもっともコントロールが難しい感情です。それゆえに「怒りっぽい自分」をどうにかしたいと頭を悩ませている方もいいのではないでしょうか? 今回は、怒りという感情をコントロールするのに効果的なアンガーマネジメントをご紹介します。


想像で理想の未来を引き寄せる!夢を叶えるためのビジョンボードのつくり方

想像で理想の未来を引き寄せる!夢を叶えるためのビジョンボードのつくり方

ビジョンボードとは、なりたい私や叶える夢を表すもの。今は想像の世界だけど「絶対に叶う」と信じ続けていれば、いつかはきっと現実になりますよ♩


「夢の準備はいつはじめてもいい」|#つくるを選ぶ 【女性起業家 咲嬉(さき)】

「夢の準備はいつはじめてもいい」|#つくるを選ぶ 【女性起業家 咲嬉(さき)】

15歳から芸能界という世界で活躍してきた咲嬉さん(旧:瀬戸早妃)が、会社を設立し、アパレル・セレクトショップ「mon trésor」を立ち上げました。コンセプトは“身につけることによって人生がより華やかに、心が前向きになれるお洋服”。その着想とブランドに込めた思いを聞きました。


【ワンフレーズ英会話 vol.10】映画で英語を学ぶ。学びに繋がるおすすめの洋画

【ワンフレーズ英会話 vol.10】映画で英語を学ぶ。学びに繋がるおすすめの洋画

すぐに使える英語フレーズを日本ワーキング・ホリデー協会のKOTAROがお届け。今回は、英語の勉強に使えるおすすめの洋画についてです。


RANKING


>>総合人気ランキング