「私がやらないと…」と言う思い込みを捨てると楽になる|MY WORK ヒント#82

「私がやらないと…」と言う思い込みを捨てると楽になる|MY WORK ヒント#82

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第82回目は、責任感の強い女性が感じやすいプレッシャーが軽減する考え方についてです。


方向転換したいけれど、責任を感じて動けない

先日、あるフリーランス仲間から相談を受けたエピソード。

「昔ながらの付き合いで、本来の業務以外のこともどんどん任されるようになってしまって…。『私がやりますよ!』と、始めのうちはお世話になっている方だったので進んでフォローするようにしていたんです。しかし、気づけばその業務に関することは全て私の担当。連絡も取次も全部『〇〇さんに聞いて〜』といろんな人から連絡が来るようになってしまいました。

もちろん、私自身も昔ながらの付き合いがあるので無下にはできないし…。フリーランスだと人脈は大切だし、できることはなるべくやりたいけれど、そこまで手を回すこともできず。とはいえ、『ここの居場所を私が離れたら誰が代わりになるのか?』と誰にも相談できずに悩んでいたのです」

——この悩み。フリーランスではなくても、感じた経験がある方も多いのではないでしょうか?

「自分じゃなかったら代わりがいない」「ここのポジションに穴が空いたら、仕事が回らないんじゃないか?」という誰にも言われていないけれど自分で感じてしまうあのプレッシャーです。実は、私自身も感じたことがあるのですが、今思うと基本的にそのプレッシャーは自分だけが感じているものであって代わりはいくらでもいる。そう感じます。

本当に、自分にしかできないことですか?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

過去に私が体験したことがあるプレッシャーを、ひとつ例にあげてみましょう。

大学を卒業して音楽活動をしていた私は、習っていた先生のレッスンを毎月受けていました。遠方の先生だったため、毎月5〜6人の受講者を集めてレッスン場所を予約、レッスン代の集金と支払い、当日の先生の送迎や昼食を準備する。いわゆるグループレッスンの「幹事」を3年近くやっていたことがありました。

前提として、この「幹事」は仕事としてやっていたわけではありません。お世話になっているから、学生時代からの先生だから、大学を卒業後は私が一番時間があると思ったから。そんな理由でやっていました。当時は、私も友人の相談と同じような考え方をしていました。「私がいなかったら、きっとレッスンが回らない」「代わりがいないから、私がやらないと」と。

しかし、実際に私が「幹事」をやらなくなってからは、自然とレッスンを受けたい人が先生の元へ自ら通う。そんなスタイルに切り替わっていったのです。毎月、自分の仕事以外にやっていた多くの作業は良い勉強や経験になりましたが、結果的に「幹事」がいてもいなくてもレッスンを受けたいという意志がある人は自分で行動していました。そう、あまり「私」は関係なかったのです(笑)。

ほとんどの「私」はさほど重要ではない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

もう一度繰り返しにはなりますが、上記の例は「仕事」ではありません。

しかし、同じようなことが「仕事」でも起きると私は思っています。仕事の延長線上で、どんどん作業量が増えてしまって一人で抱え込んでいる方。プレッシャーや自分への負担が大きくなって誰にも相談できずに悩んでいる方。非常に多いのではないでしょうか?

もし、この記事を読んで「私も同じように…」と感じているならば、本当に「私」しかできないことなのか考えてみてほしいと思います。

本当に、本当に、自分しかできないことですか?
代わりの人はいませんか?もし、自分がやらなくなったらどうなりますか?
……おそらく、代わりの人がやるか違う体制が自然にできると思います。ご安心ください(笑)。

もちろん、自分しかできないこともあります。あなたの「名前」が必要な作業を優先してください。

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


男性にエッチな質問をするのはあり?なし?模範解答はこちら…。|真っ赤な濡れオンナ#89

男性にエッチな質問をするのはあり?なし?模範解答はこちら…。|真っ赤な濡れオンナ#89

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第89回目は、男性に自分からエッチな質問をしても良いのかについてです。


信頼関係を作る心理学「ラポールの形成」を取り入れた会話術

信頼関係を作る心理学「ラポールの形成」を取り入れた会話術

仕事でもプライベートでも、人との繋がりは必要不可欠。「人間関係」というものは、自然と形成されていくものです。とはいえ、コミュニケーションは十人十色。中でも「この人は合わないな」と思う人との出会いは誰しもが経験したことがはずです。今回は心理学で用いられる信頼関係(ラポール)を作るための要素を学びましょう。


怒ってしまう自分が悲しい。生理前でも「いつもの私」を保つ方法

怒ってしまう自分が悲しい。生理前でも「いつもの私」を保つ方法

生理前になると自分の身体も心も誤作動しがちに……。いつもの私でいられる時間をもっと長くできたらいいのに、と思いませんか?


何でもマウントだと捉える、勘違いマウンティング女子の実態と対処法

何でもマウントだと捉える、勘違いマウンティング女子の実態と対処法

「マウンティング」という言葉が流行っているが故に、なんでもマウンティングだと捉えてしまう「勘違いマウンティング女子」が急増?! なぜ何でもかんでもマウンティングだと捉えてしまうのか……! その実態と対処法についてご紹介します。


「質問内容=本音」が詰まっているかも。注意深く聞いてみて|MY WORK ヒント#84

「質問内容=本音」が詰まっているかも。注意深く聞いてみて|MY WORK ヒント#84

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第84回目は、相手の本音を探るヒントについてです。


最新の投稿


法人と個人事業主の違いは一体なに? 違いをわかりやすく解説!

法人と個人事業主の違いは一体なに? 違いをわかりやすく解説!

みなさんは法人と個人事業主の違いがしっかりとわかっているでしょうか? フリーランスで働いている人や、起業を考えている人にはぜひ知っておいて欲しい違いがあります。わかりやすく解説していきましょう。


春の香りをまとって!働く女性にぴったりの華やかフレグランス

春の香りをまとって!働く女性にぴったりの華やかフレグランス

草花が色めき外出がいっそう楽しく感じるこの季節。洋服を選ぶのにも、ドキドキとワクワクを感じる機会が増えてくるでしょう。そんな衣替えの季節には、洋服だけでなく香りも変えるのがオススメ。働く女性にもオススメな好感度アップの春フレグランスをチェックして。


男性にエッチな質問をするのはあり?なし?模範解答はこちら…。|真っ赤な濡れオンナ#89

男性にエッチな質問をするのはあり?なし?模範解答はこちら…。|真っ赤な濡れオンナ#89

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第89回目は、男性に自分からエッチな質問をしても良いのかについてです。


第一印象は一瞬で決まる! 好印象な「見た目」の作り方

第一印象は一瞬で決まる! 好印象な「見た目」の作り方

人の第一印象は一瞬で決まるといわれています。この第一印象は時に厄介なもので、「この人は頼りにならなさそう」や「この人はやる気がなさそう」などネガティブな印象を与えてしまうと、それを覆すのは至難の技。そうならないためにも、好印象な「見た目」とはどんなものなのか? 知っておきましょう。


小顔を叶える秘密アイテム、カッサを使ってむくみ撃退&リフトアップ

小顔を叶える秘密アイテム、カッサを使ってむくみ撃退&リフトアップ

鏡をよーく見てみたら、フェイスラインがむくんで大ピンチ! そんなむくみやすい女子のお助けアイテムとして紹介したいのが「カッサ」です。一時は話題になったことのアイテムも、使うのが面倒くさい……と眠ったままになってはいませんか。漢方精油と一緒に使うことで簡単にむくみ対策リフトアップ! 正しい使い方を身に着けてみて。


RANKING


>>総合人気ランキング