「私がやらないと…」と言う思い込みを捨てると楽になる|MY WORK ヒント#82

「私がやらないと…」と言う思い込みを捨てると楽になる|MY WORK ヒント#82

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第82回目は、責任感の強い女性が感じやすいプレッシャーが軽減する考え方についてです。


方向転換したいけれど、責任を感じて動けない

先日、あるフリーランス仲間から相談を受けたエピソード。

「昔ながらの付き合いで、本来の業務以外のこともどんどん任されるようになってしまって…。『私がやりますよ!』と、始めのうちはお世話になっている方だったので進んでフォローするようにしていたんです。しかし、気づけばその業務に関することは全て私の担当。連絡も取次も全部『〇〇さんに聞いて〜』といろんな人から連絡が来るようになってしまいました。

もちろん、私自身も昔ながらの付き合いがあるので無下にはできないし…。フリーランスだと人脈は大切だし、できることはなるべくやりたいけれど、そこまで手を回すこともできず。とはいえ、『ここの居場所を私が離れたら誰が代わりになるのか?』と誰にも相談できずに悩んでいたのです」

——この悩み。フリーランスではなくても、感じた経験がある方も多いのではないでしょうか?

「自分じゃなかったら代わりがいない」「ここのポジションに穴が空いたら、仕事が回らないんじゃないか?」という誰にも言われていないけれど自分で感じてしまうあのプレッシャーです。実は、私自身も感じたことがあるのですが、今思うと基本的にそのプレッシャーは自分だけが感じているものであって代わりはいくらでもいる。そう感じます。

本当に、自分にしかできないことですか?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

過去に私が体験したことがあるプレッシャーを、ひとつ例にあげてみましょう。

大学を卒業して音楽活動をしていた私は、習っていた先生のレッスンを毎月受けていました。遠方の先生だったため、毎月5〜6人の受講者を集めてレッスン場所を予約、レッスン代の集金と支払い、当日の先生の送迎や昼食を準備する。いわゆるグループレッスンの「幹事」を3年近くやっていたことがありました。

前提として、この「幹事」は仕事としてやっていたわけではありません。お世話になっているから、学生時代からの先生だから、大学を卒業後は私が一番時間があると思ったから。そんな理由でやっていました。当時は、私も友人の相談と同じような考え方をしていました。「私がいなかったら、きっとレッスンが回らない」「代わりがいないから、私がやらないと」と。

しかし、実際に私が「幹事」をやらなくなってからは、自然とレッスンを受けたい人が先生の元へ自ら通う。そんなスタイルに切り替わっていったのです。毎月、自分の仕事以外にやっていた多くの作業は良い勉強や経験になりましたが、結果的に「幹事」がいてもいなくてもレッスンを受けたいという意志がある人は自分で行動していました。そう、あまり「私」は関係なかったのです(笑)。

ほとんどの「私」はさほど重要ではない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

もう一度繰り返しにはなりますが、上記の例は「仕事」ではありません。

しかし、同じようなことが「仕事」でも起きると私は思っています。仕事の延長線上で、どんどん作業量が増えてしまって一人で抱え込んでいる方。プレッシャーや自分への負担が大きくなって誰にも相談できずに悩んでいる方。非常に多いのではないでしょうか?

もし、この記事を読んで「私も同じように…」と感じているならば、本当に「私」しかできないことなのか考えてみてほしいと思います。

本当に、本当に、自分しかできないことですか?
代わりの人はいませんか?もし、自分がやらなくなったらどうなりますか?
……おそらく、代わりの人がやるか違う体制が自然にできると思います。ご安心ください(笑)。

もちろん、自分しかできないこともあります。あなたの「名前」が必要な作業を優先してください。

 

この記事のライター

★ブログにも遊びにきてね★
https://harako.jp

関連する投稿


ついダメ出しばかりしちゃう!デキる女性が恋愛でやりがちなこと

ついダメ出しばかりしちゃう!デキる女性が恋愛でやりがちなこと

仕事もバリバリこなし、プライベートも充実させることのできるキャリア女性。だけど、できる女性だからこそ恋愛でやってしまいがちな失敗も......。今回はキャリア女性が気をつけたい恋愛でのNG行為についてご紹介いたします。


コロナによる内定取り消し…仕方ない? #これってハラスメントですか?!

コロナによる内定取り消し…仕方ない? #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は内定を取り消されて、次の職場も見つかっていない…そんな女性から。


偏見からの脱却!本当に大切な【好きを仕事にする】ための考え方

偏見からの脱却!本当に大切な【好きを仕事にする】ための考え方

好きを仕事にって…よく聞くけれど、本当にできるもの? 好きを仕事にするために必要な3つの考え方をご紹介したいと思います。


価値観の違いはどう受け入れあう?関係を好転させる話し合いテクニック

価値観の違いはどう受け入れあう?関係を好転させる話し合いテクニック

価値観は違って当然。大事なのは、それをどう受け入れあえるか。二人にとってちょうど良い距離感はすべて話し合いで解決できるのです。今回は、価値観の違いを乗り越える話し合いのキホンをご紹介します。


リアル「プラダを着た悪魔」?アパレル業界の厳しい掟に学ぶ仕事力

リアル「プラダを着た悪魔」?アパレル業界の厳しい掟に学ぶ仕事力

華やかさと厳しさをあわせもつ、アパレル業界。撮影現場から学んだ、仕事をつくる意味とは。


最新の投稿


ついダメ出しばかりしちゃう!デキる女性が恋愛でやりがちなこと

ついダメ出しばかりしちゃう!デキる女性が恋愛でやりがちなこと

仕事もバリバリこなし、プライベートも充実させることのできるキャリア女性。だけど、できる女性だからこそ恋愛でやってしまいがちな失敗も......。今回はキャリア女性が気をつけたい恋愛でのNG行為についてご紹介いたします。


コロナによる内定取り消し…仕方ない? #これってハラスメントですか?!

コロナによる内定取り消し…仕方ない? #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は内定を取り消されて、次の職場も見つかっていない…そんな女性から。


4月から義務化されている?! 自転車保険の加入義務化って一体なに…?

4月から義務化されている?! 自転車保険の加入義務化って一体なに…?

2020年4月から東京都では自転車の保険加入が義務化されましたのを知っていますか? 今回は自転車保険とはなにか、義務化とはどんなことか、について解説いたします。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【CM.com Japan 樋口さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【CM.com Japan 樋口さんの場合】

急遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はCM.com Japan 樋⼝綾さんです。


スマホの見過ぎはくすみの原因に…!?血色感アップのための食材と習慣

スマホの見過ぎはくすみの原因に…!?血色感アップのための食材と習慣

「おかしいなぁ…スキンケアアイテムには気を遣っているのに肌の調子がよくない」鏡の中の自分の肌を見てこう感じることはないですか?もし、このように感じているならば食事やライフスタイルを見直してみるタイミングかもしれません。


RANKING


>>総合人気ランキング