「向き不向き」について考える。ぴったりハマる仕事を見つけるには?|MY WORK ヒント#83

「向き不向き」について考える。ぴったりハマる仕事を見つけるには?|MY WORK ヒント#83

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第83回目は、自分の向いていることを探すヒントについてです。


「適職」ってなんだろう……?

誰しも才能はある!? 気づかない自分の宝物とは|MY WORK ヒント#40

https://cinq.style/articles/1165

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第40回目は、才能について考えます。

「好きなことを仕事にする」より「能力を発揮できる仕事」のススメ|MY WORK ヒント#57

https://cinq.style/articles/1374

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第57回目は、好きなことを仕事にする注意点についてです。

この連載のテーマでもある「女性の働き方」。仕事や生き方を決めるときに、どこに重点を置いたら良いのか迷うことがあります。

自分が好きなことでも仕事として成り立たないことや、自分では得意じゃないと思っているけれど、周りからみたら適職だと言われることも……。双方がぴったり一致するに越したことはありませんが、それが簡単なようで難しい。だからこそ、悩むし人生の方向転換を真剣に考える女性も多いのではないでしょうか。

そこで、自分に合う「適職」の発見方法を考えてみたところ、無報酬でもやり続けることができるかがポイントだと思います。

「仕事だからやる」「与えられた業務だからやる」のは、もちろんその通りです。しかし、上司や部下や同僚など仕事の人間関係を気にせずにやり続けることができたり、業務外のことでもついついやり続けてしまうことだったりすることがあるならば、その人にとって強みであり才能になるのではないでしょうか。

なぜなら、人の生き方にはマラソンのようにスタートラインを揃える必要はないからです。もし、マラソンであれば、人より早く走る出すと反則になりますが、仕事や生き方には反則どころか「付加価値」となります。

努力しようと思って努力できる人はいない

話は少しそれますが、私は「努力」という言葉があまり好きではありません(笑)。「努力」と聞くと、辛くて険しくて厳しい道のりでも強く突き進んでいく強さみたいなことを連想してしまうのですが、正直なところ気合いや根気だけで「努力」できる人はいないのでは……?と。

周りからみたら「あの人は、努力しているよね」と表現することはありますが、当の本人は「私は、努力している!」とは思っていないのではないでしょうか。それが、冒頭でお話しした「無報酬でもやり続けることができること」に繋がってくるのですが、本人はやりたくてやっているのです。無理にお尻をペンペン叩かれたからやる、義務感に縛られてやる、なんてことは長く続かないですし何よりストレスだけ溜め込んでしまいますよね。

また、無理やりお尻を叩きながらやるから「三日坊主」になってしまうのだと思います。自分がやりたくてやっていることなら、誰かに言われる前にやっているはずです。

あなたは、何を無意識にやり続けていますか?

これらの想いを踏まえて、もう一度振り返ってみましょう。

毎日、無意識にやっていることはどんなことでしょう?毎日のルーティンやこれをやらないとモヤモヤしちゃうと感じることはありますか?

例えば、部屋をとにかく綺麗に保っていないとイライラしてしまうタイプや、すっぴんで外に出るのが絶対にイヤだ!という人もいるでしょう。その行動が、仕事に直結していることではなくても、その自分の中の無意識のこだわりが結果的に仕事に生きてくるかもしれないですよね。

お掃除の達人になるかもしれないですし、ヘアメイクアーティストになるかもしれない。

ちなみに、私は「考え事」が多いです。「常に何かに悩んでいるよね」と親しい人には言われるのですが、決して苦痛ではなくて自分なりの答えを出すのが楽しいから考えているだけです(笑)。それが結果的に、統計や分析結果から記事を作るリサーチ記事を書くようになりました。

無意識の行動が、仕事に変わったのですね。不思議なもので、ぴったり自分の性格にハマると苦痛ではないのです。ぜひ、そんな自分の無意識に注目して、やりがいや生き方のヒントを見つけてみてはいかがでしょう。

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


男性にエッチな質問をするのはあり?なし?模範解答はこちら…。|真っ赤な濡れオンナ#89

男性にエッチな質問をするのはあり?なし?模範解答はこちら…。|真っ赤な濡れオンナ#89

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第89回目は、男性に自分からエッチな質問をしても良いのかについてです。


「質問内容=本音」が詰まっているかも。注意深く聞いてみて|MY WORK ヒント#84

「質問内容=本音」が詰まっているかも。注意深く聞いてみて|MY WORK ヒント#84

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第84回目は、相手の本音を探るヒントについてです。


アドラーの心理学から学ぶ「ありのままの自分」を受け入れる必要性

アドラーの心理学から学ぶ「ありのままの自分」を受け入れる必要性

みなさんは、何かしら劣等感を抱えていませんか?しかし、「ありのままの自分」を受け入れることで、もっと明るく前へ踏み出すことが出来ます。その考えを提示したのは心理学者アドラー。「ありのままの自分」とは一体なんなのでしょうか?


気にしがちだけど…。男が欲情するむっちりボディパーツ3つ|真っ赤な濡れオンナ#88

気にしがちだけど…。男が欲情するむっちりボディパーツ3つ|真っ赤な濡れオンナ#88

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第88回目は、女性が気にしがちな「むっちり」部分についてです。


女性社員がいない! 男性が多い職場での女性の正しい振る舞いとは?

女性社員がいない! 男性が多い職場での女性の正しい振る舞いとは?

働いている女性はマイノリティではなくなってきましたが、それでもまだ、男性が多い職場は多いものです。配属された部署や、会社が男性が大半だった場合、そこに放り込まれた女性はどう立ち振る舞えば良いのでしょういか? 男性が多い職場での女性の振る舞いについて考えていきましょう。


最新の投稿


法人と個人事業主の違いは一体なに? 違いをわかりやすく解説!

法人と個人事業主の違いは一体なに? 違いをわかりやすく解説!

みなさんは法人と個人事業主の違いがしっかりとわかっているでしょうか? フリーランスで働いている人や、起業を考えている人にはぜひ知っておいて欲しい違いがあります。わかりやすく解説していきましょう。


春の香りをまとって!働く女性にぴったりの華やかフレグランス

春の香りをまとって!働く女性にぴったりの華やかフレグランス

草花が色めき外出がいっそう楽しく感じるこの季節。洋服を選ぶのにも、ドキドキとワクワクを感じる機会が増えてくるでしょう。そんな衣替えの季節には、洋服だけでなく香りも変えるのがオススメ。働く女性にもオススメな好感度アップの春フレグランスをチェックして。


男性にエッチな質問をするのはあり?なし?模範解答はこちら…。|真っ赤な濡れオンナ#89

男性にエッチな質問をするのはあり?なし?模範解答はこちら…。|真っ赤な濡れオンナ#89

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第89回目は、男性に自分からエッチな質問をしても良いのかについてです。


第一印象は一瞬で決まる! 好印象な「見た目」の作り方

第一印象は一瞬で決まる! 好印象な「見た目」の作り方

人の第一印象は一瞬で決まるといわれています。この第一印象は時に厄介なもので、「この人は頼りにならなさそう」や「この人はやる気がなさそう」などネガティブな印象を与えてしまうと、それを覆すのは至難の技。そうならないためにも、好印象な「見た目」とはどんなものなのか? 知っておきましょう。


小顔を叶える秘密アイテム、カッサを使ってむくみ撃退&リフトアップ

小顔を叶える秘密アイテム、カッサを使ってむくみ撃退&リフトアップ

鏡をよーく見てみたら、フェイスラインがむくんで大ピンチ! そんなむくみやすい女子のお助けアイテムとして紹介したいのが「カッサ」です。一時は話題になったことのアイテムも、使うのが面倒くさい……と眠ったままになってはいませんか。漢方精油と一緒に使うことで簡単にむくみ対策リフトアップ! 正しい使い方を身に着けてみて。


RANKING


>>総合人気ランキング