しがらみがストレスを産む。元不登校生がおくる「疲れない人間関係の築き方」

しがらみがストレスを産む。元不登校生がおくる「疲れない人間関係の築き方」

失敗をしたから、コツが分かる。人間関係も自分なりの付き合い方を覚えれば、少しは楽になれます。元不登校生がおくる「疲れない人間関係の築き方」をお伝えします。


疲れない人間関係を築こう!

不登校。14歳の少女にとって「学校に通えなくなる」という現実は、とてもすぐには受け止められる状況ではありませんでした。

人よりもたくさん遠回りした分、見たくはない人の裏の顔も何度もみてきました。今回は元不登校生がおくる「疲れない人間関係の築き方」をご紹介します。

14歳で不登校

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

筆者が中学に通ったのは、たった1年だけ。原因は、壮絶ないじめにありました。女子校特有の女子の園にも疲れを感じていましたし、学校に行っても居場所がない現実を受け止められず、次第に外にも出られなくなりました。

昨日まで友人だと思っていた人から届いたメールには「死ねよ、もう学校に来るな」と書いてありました。その瞬間に、人はいくらでも裏切れるものだと思ってしまったのです。

あれから15年以上の歳月を経て、今は人間関係で悩む時間が大幅に減りました。嫌なものは嫌ですし、ひとりの時間をなによりも大切にしたいと思うようになりました。

愚痴は友人には言わずに家族や恋人とシェアする

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

昔は友人に対して「こうあるべき」という自分の正義や価値観を押し付けてしまう傾向がありました。すると次の瞬間には、友人たちは群れながら、特定の人を排除しはじめます。

右を向いたら右を向かなければいけないのに、ひとりだけ左をみているのが気に入らなかったのでしょう。中学・高校・大学と、人間関係に悩まされる機会は何度もありました。

友人のひとりだけに伝えた内容がいつの間にか他の人にもシェアされる……なんてこともたびたび起きました。数年前から友人に愚痴は一切言わないと決めて、どうしてもつらいときは、家族や恋人と(場合によっては親友も)シェアする方針に少しずつ変えていきました。

人を信頼していないわけではありませんが、本音を言える相手はそれほど多くないと、不登校を通して感じたのです。

一匹狼キャラを周りに定着させる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

大学時代は、一匹狼キャラを周りに定着させました。「この人は群れたがらない人」「この人はひとりが一番好きなんだ」と、少しずつイメージを定着させていくんです。

最初は周りから何度も誘われてしまいますが、次第に誘われる頻度も落ち着いてきて、自由に行動をしても、それだけでは仲間外れされたり、いじめに遭ったりということは一切なくなりました。

友人とは一定の距離を置きたいと思うなら、一匹狼キャラを定着させましょう。自分から「今はちょっと」と言わなくても、周りが察してくれるようになります。

グレーな対応を心がける

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

仕事の規模が広がるほど「ん?これは、なんか嫌な予感がする」と感じる瞬間も増えます。個人的に仲良くしたいと誘われる機会も少しずつ増えてきますが、基本的にグレーな対応を心がけています。

昔だったら、仲良くなれない人には正直に「仲良くなれません」と宣言していたタイプでしたが、さすがに大人になった今も同じことをしていたら、反感をかってしまいます。

人間関係のすべてを白か黒かに分けるのではなく、可もなく不可もないグレーゾーンの人たちがいても、基本的には問題はないのです。

ただし、こちらの情報は渡さずに、あくまでも「お付き合い」の延長線上として会うだけ。グレーという感覚を身につけると、少しだけ精神的にも楽になれるんです。

適度に付き合う。だけど「群れない」が、いちばん楽!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

群れれば群れるほど、人間関係がしがらみだらけになってしまいます。他者との距離感をあらかじめ決めておけば、トラブルにも発展しにくくなります。

自分にとって本音を言える人とそうではない人を心の中で分けながらも、基本的には、誰とも群れずにひとりで過ごしていると、他人がなにをしていようと関係なくなります。

愚痴を言う時間も圧倒的に減り、ストレス軽減にも繋がります。人間関係に振り回されて、疲れを感じている自分がいるのであれば、周りの人たちとの関係性を見直してみましょう。疲れない人間関係を築くことが、心の安定に繋がることもあります。

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連するキーワード


人間関係 不登校 いじめ

関連する投稿


こんな話し方は信用をなくす! ビジネスシーンでのNG表現

こんな話し方は信用をなくす! ビジネスシーンでのNG表現

ビジネスシーン欠かせない「信頼」。これを勝ち取るためにもっとも大切なものが説得力です。頼りない、胡散臭い、こんなマイナス印象がついてしまうと、なかなか物事をスムーズに進めることができません。では、どんな表現に気をつければいいのでしょうか? 今回はビジネスシーンでのNG表現についてお話します。


コミュニケーションを円滑に! 「共感力」を高める6つのテクニック

コミュニケーションを円滑に! 「共感力」を高める6つのテクニック

人とのやり取りにコミュニケーション能力はかかせないもの。「共感力」を高めれば、日常がもっと楽しくなる。


友達といると疲れてしまう…… 「大人の交友関係の築き方」まとめ

友達といると疲れてしまう…… 「大人の交友関係の築き方」まとめ

友達のやり取りに疲れてしまったけど、連絡を絶ってしまうと相手に申し訳ないし……。そうしたやりとりで心がモヤモヤ。「一人でいる方が悩まないし落ち着く!」と思ったことはありませんか? 人と付き合うのが疲れてしまう人は、少しばかり付き合い方に工夫が必要になります。どんなことをすれば良いのか見ていきましょう。


お断り、謝罪…。ネガティブなお知らせの対応で変わる大人の印象|MY WORK ヒント#85

お断り、謝罪…。ネガティブなお知らせの対応で変わる大人の印象|MY WORK ヒント#85

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第85回目は、印象が変わる大人のネガティブ対応について考えます。


信頼関係を作る心理学「ラポールの形成」を取り入れた会話術

信頼関係を作る心理学「ラポールの形成」を取り入れた会話術

仕事でもプライベートでも、人との繋がりは必要不可欠。「人間関係」というものは、自然と形成されていくものです。とはいえ、コミュニケーションは十人十色。中でも「この人は合わないな」と思う人との出会いは誰しもが経験したことがはずです。今回は心理学で用いられる信頼関係(ラポール)を作るための要素を学びましょう。


最新の投稿


その手があったか!彼氏と喧嘩した時のうまい仲直り方法

その手があったか!彼氏と喧嘩した時のうまい仲直り方法

彼氏との喧嘩。とっても気まずいし、早く仲直りしたい。けどうまい対処が出来ず、また喧嘩……そんなことってありますよね? どうしたら彼氏と喧嘩したときにすっと仲直り出来るのか。恋愛メンタリストがうまい仲直り方法について解説します。これをマスターしておけばもう彼氏との喧嘩も怖くないし、繰り返さない!


上をみればみるほど息ができなくなる。今の自分をありのままに認めてあげる方法

上をみればみるほど息ができなくなる。今の自分をありのままに認めてあげる方法

どんなに働いても、仕事ができる人はたくさんいる。自分以上に夢を叶えられている人も、数えきれないほど。上を見上げすぎても、苦しさの原因に。ありのままの自分を、愛しませんか?


スカウトメールはどうして送られてくる? 準備不足で転職サイトに登録する危険性

スカウトメールはどうして送られてくる? 準備不足で転職サイトに登録する危険性

転職を考えた時に、もっとも魅力的に見えるのが「転職サイトへの登録」でしょう。一度登録しておけば、自分の条件にあった会社からスカウトのメールが自動的に送られてくる……こんな勘違いをしていませんか? キャリアアドバイザーAさんに、転職サイトにやみくもに登録する危険性について、お伺いしました。


【#もちこのパンイチ 15】ベーコンとフルーツを組み合わせた食パンアレンジ

【#もちこのパンイチ 15】ベーコンとフルーツを組み合わせた食パンアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ企画。今回はベーコン×フルーツのパンイチです。 少し意外な組み合わせかと思いますが、甘塩っぱい味は病みつきになること間違いなし!


「上に乗って?」に苦手意識。騎乗位が好きになる3つのコツ|真っ赤な濡れオンナ#93

「上に乗って?」に苦手意識。騎乗位が好きになる3つのコツ|真っ赤な濡れオンナ#93

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第93回目は、騎乗位がうまくできない女性に向けたノウハウです。


RANKING


>>総合人気ランキング