「一歩を踏み出せるなら、もう一歩も踏み出せる」 ウーマンダイアローグ #17

「一歩を踏み出せるなら、もう一歩も踏み出せる」 ウーマンダイアローグ #17

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、株式会社ドクターDSクリニカルラボの三井菜那さん。元々興味があった美容をさらに追求したいと今の仕事に就かれました。また、旅を中心としたインフルエンサーの活動もされています!


今回のゲスト♡ 三井菜那さん

三重県松阪市出身
法政大学経営学部経営学科卒業後、NYへ約1年半留学。
コスメ会社にて広報を経験後、2016年に株式会社ドクターDSクリニカルラボへ入社。
ダイエット専門院『渋谷DSクリニック』をはじめ、『恵比寿YSクリニック』『銀座HSクリニック』の広報、企画を担当。
旅好きが高じて、H.I.S.が運営する「タビジョオフィシャルトラベラー」をはじめ、Jetstarアンバサダー、ニューカレドニア観光局公式インスタグラマー(2018年現在)などとして、活動している。

インタビューする人♡ 渡辺彩季

京都府出身、東京在住のフリーライター。
女性をターゲットにしたメディアを中心に美容、ファッション、ライフスタイルなどの幅広い記事を執筆中。
美容が大好きで、コスメコンシェルジュ、全米ヨガアライアンス、アロマテラピー検定1級、温泉ソムリエなどの資格を取得。

ウーマンダイアローグ#17 【ドクターDSクリニカルラボ/三井菜那さん】

渡辺:今回のゲストは『株式会社ドクターDSクリニカルラボ』の三井菜那さんです。よろしくお願いいたします!

三井:よろしくお願いいたします!

渡辺:早速ですが、現在されているお仕事について教えてください。

三井:ダイエット専門院『渋谷DSクリニック』をはじめ、『恵比寿YSクリニック』『銀座HSクリニック』の広報と企画を担当しています。

渡辺:『渋谷DSクリニック』! 芸能人やモデルも通われている有名なクリニックですよね。いろんなメディアに取り上げられているイメージなので、広報を担当されていらっしゃったらとても忙しそうですが、実際毎日のスケジュールはどのような感じでしょうか?

三井:日によって全然仕事内容や時間が違うのですが、1日のタイムスケジュールの一例をお話しさせていただきますね。まず、会社が10時からはじまります。外出の予定がないときは、10時から30分間をSNSパトロールの時間に充てています。エゴサーチをし、クリニックに関しての声をチェックしています。良いも悪いも含めて、全ての意見を上層部に報告しています。そのあとは、院長のブログの執筆、制作物の作成、情報収集などを行っています。また、他のクリニックがどのようなマシンや施術を導入しているかなどの情報をくまなくチェックします。価格設定のリサーチも欠かせません。毎日慌ただしいのですが、基本的に残業はしたくないので、18時半頃に会社を出るようにしています。

渡辺:とても忙しそうですが、メリハリを付けてオフの時間をしっかり確保されているのですね。元々は別のお仕事をされていたとのことですが、転職を考えたきっかけを教えてください。

三井:前職も美容関係の仕事をしていたのですが、今の会社に転職した大きな理由は「もっと美肌やダイエットのことを探求したい」と思ったからです。自分自身、興味がある分野なので、根本的なところから学びたいと思いました。

渡辺:さらに深掘りをしたいと考えられたのですね。実際に転職して、いかがですか?

三井:最初は自分の肌の構造や脂肪の種類や、ホルモンについても分からなかったのですが、入社してから詳しい知識を身に付けることができました。実際に取材をするときは企画段階から携わるので、1から全部勉強させていただきました。しかも全て独学です。

渡辺:全て独学で!? 勉強熱心ですね。大人になると学生時代の頃のように定期試験もないし、自ら勉強をする人は比較的少なくなると思うのですが、そのなかでコツコツ努力をされていて素晴らしいです。

三井:勉強と言うと大変そうに聞こえてしまうかもしれませんが、私の場合は好きなことだったから、すぐに内容が入ってきましたし、苦痛に感じませんでした。自分のためになることばかりなので、むしろ有意義な時間だったと思います。

美容クリニックに気軽に通える時代になりました

渡辺:今は10年前と比較して美容クリニックがすごく増えましたよね。以前は、芸能人や富裕層が通われている特別な場所というイメージが強かったのですが、最近は学生やOLの患者様も増え、気軽に予約ができるようになったと感じます。ユーザー層は実際にいかがでしょうか?

三井:クリニックの立地によって、ユーザー層が異なってきます。渋谷は20代の患者様が多いですし、銀座は40代以上の患者様がたくさんいらっしゃいます。1万円以下でできる治療や施術もあるので、クリニックがはじめてという方でも通いやすいと思います。

渡辺:同じ会社のクリニックでも、立地によって客層が変わってくるのですね。現在『ドクターDSクリニカルラボ』では3つのクリニックを運営されているとのことですが、系列ならではのこだわりはありますか?

三井:弊社の社長のポリシーとして、体にメスを入れる手術はしておりません。いかに脂肪吸引などをせずに美しくスタイルアップができるか。ここが、こだわっているポイントです。

渡辺:整形手術に抵抗がある人も通いやすいクリニックなのですね。「ナチュラルに美しくなりたい!」という気持ちを持っている方も多いはず。急に変化してしまうことを恐れている人も、安心して通うことができそうですね。

三井:ダイエットに関しては、1ヶ月などの短めのプランもありますが、3ヶ月以上のプランがおすすめです。みっちり時間をかけることで生活習慣を改善して、内側からキレイを目指すことができるからです。単純に体重を落とすのではなく、体の内側から改善していこうというものです。マシンを使った施術や食事内容や生活習慣を見直すトータルプランです。無理せず取り入れることができ、リバウンドのリスクも少なくとても健康的に痩せることができます。

渡辺:たしかにどれだけいいマシンを取り入れてサイズダウンをしても、食事などの生活習慣が乱れていては、すぐにリバウンドしてしまいますものね。一時的というより、今後の人生をいかに美しく過ごせるかという視点で患者様に向き合われているのですね。

スタイル維持も仕事のうち! プライベートでクリニック巡りもしています

渡辺:美容クリニックで働かれていて、どのような努力をされていますか?

三井:やはり、美容クリニックで働いているというところで、美に対する意識を持つようにしています。私は直接患者様に関わる機会が少ないですし、取材の対応などの仕事があるときにしかクリニックを訪れることはありません。しかし渋谷DSクリニックはダイエット専門院のため、働いている人の意識が低いと説得力がありません。なので、弊院では月初めに必ず体重測定があります。

渡辺:全員ですか!?

三井:はい全員です! 私もダイエットクリニックの広報を担当しているので、理想的な体型をキープするようにしています。太りすぎはもちろんですが、痩せすぎでもいけません。

渡辺:よく「体調管理も仕事のうち!」と言いますが、体型も意識されているのですね。オフの時間に仕事のためにしていることはありますか?

三井:競合他社のクリニックを訪れて、施術を受けるようにしています。サービスや雰囲気はもちろん、新しい治療や施術を取り入れているクリニックを積極的に視察します。たとえば、弊社のクリニックと同じような治療や施術があった場合、違いを身をもって検証しています。ほかには、イタリア製と日本製のマシンの違いが気になって、実際に足を運んで確かめたこともあります。

渡辺:教科書を買いに行くつもりで、他のクリニックに行かれるのですね! 忙しいなか、実際にプライベートの時間を割いて自分の目で確かめに行くって、本当に好きじゃないとできないことなので、プロフェッショナルを感じます。

三井:もし、現在弊社のクリニックにあるマシンより良いものがあれば、そちらを取り入れたいと思います。実際に自分がいろいろ試してみて、本当によかったものを患者様に届けたいですね。

Instagramをはじめたことで、世界が広がりました

渡辺:ななさんは美容クリニックでの仕事のほかに、インフルエンサーとしても活動されていらっしゃいますよね! 時間の使い方が上手だからこそ、こういった働き方ができるのだと思います。両立する秘訣を教えてください。

三井:移動や休憩時間を有効活用しています。やはりInstagramは投稿する写真のクオリティーが重要なので、加工や仕上がりにはこだわります。休憩時間にインフルエンサーの案件をしたり、展示会やイベントに参加したり……すっかり生活習慣になりました。

渡辺:インフルエンサーは、まずは自身のアカウントを知ってもらうために積極的に『いいね!』やコメントなどのアクションを自分から起こす人が多いですよね。そのようなこともされていますか?

三井:しています! お風呂や寝る前など、時間を見つけてInstagramを開いています。Instagramにとどまらず、これからも自分のことをどんどん発信していけたらいいなと考えています。

渡辺:今、Instagramの勢いがすごいですものね。誰でも簡単に情報発信ができるので、そこから有名になった人や仕事に繋がった人も多いし……すごく夢があるサービスだと思います。ななさんは、いつごろからインフルエンサーや読者モデルをはじめられたのですか?

三井:実は2018年の1月に登録をしたばかりなので、まだはじめて1年なんです。自分でも驚いているのですが、この1年でInstagramのフォロワーが2万人まで増えました!

渡辺:え!? 意外と最近はじめられたばかりだったのですね。衝撃です。ちなみにこの1年でどのようなことがあったのですか?

三井:正直、最初の半年は何もありませんでした(笑) 自分がInstagramを通して発信をすることで、2018年6月頃からどんどん誌面に登場できるチャンスに恵まれました。

渡辺:まさにシンデレラストーリーですね! ファッション誌や美容誌の読者モデルになりたいという方は多く、全国から編集部のある東京までオーディションを受けに来る人もいると聞きます。ななさんのInstagramが編集部の目に留まるだけでもすごいのにオファーがくるなんて! よほどオーラを感じたんでしょうね。

三井:本当にびっくりで。雑誌に載ることにどこかで憧れを持っていましたが、実際にどうすれば読者モデルになれるか分からなかったし、こんなに急に叶うなんて夢にも思わなくて。もっと早く行動したらよかったなと思います。

渡辺:でも単純に運がいいだけでなく、自分で時間を見つけてマメに発信を続けていたからこそですよね。もし何も行動していなかったら、チャンスは来なかったと思います。今回この記事を読んでくださった方が、ななさんのサクセスストーリーに感銘を受けて将来活躍されるかもしれないと考えるとワクワクしますね!

三井:そうですね。インフルエンサーや読者モデルというのは、1年前の私からすると手の届かない存在でした。しかし、今はそのような活動を通してライターをしているさきさんに出会い、対談のゲストにお招きいただきました。この1年は私の人生のなかでも大きなターニングポイントでしたね!

H.I.S.の「タビジョ オフィシャルトラベラー」に!

渡辺:H.I.S.の『タビジョ』の活動をされていますが、メンバーになったきっかけを教えてください。

三井:女子旅コミュニティの『タビジョ』に自分の写真を掲載していただいたことが、はじまりでした。以前からInstagramに投稿する際に「#タビジョ」と付けていたのですが、その写真がH.I.S.タビジョ担当の方の目に留まり、DMをいただきました。元々旅が好きなので、結構な頻度で「#タビジョ」を付けて写真を投稿していたんですよ。

渡辺:やはり見つけてもらうには、ハッシュタグを付けることが重要なのですね!

三井:その頃に旅行のレポーターを一般募集されていて、母親と一緒に参加する『母娘』という企画におもいきって応募してみました。そうしたら見事に当選して! 以前からDMでやり取りをしていた、H.I.S.タビジョ担当の方に直接お会いすることができました。

ほかにも、旅好き女子『タビジョ』交流イベント『タビジョMeetUp』という企画に3回ほど参加しました。そういったことをしていくなかでH.I.S.タビジョ担当の方から「オフィシャルトラベラーのメンバーになりませんか?」とお話をいただきました。

渡辺:大抜擢じゃないですか! SNSをきっかけに、ななさんの世界が広がったという感じでしょうか?

三井:そうですね。H.I.S.が提案してくださる素敵な旅行に出かけることができるから、すごく嬉しいです。それにメンバーは、旅好きばかりなので、すぐに仲良くなれました。

渡辺:同じ趣味というだけで、一瞬で打ち解けることができそうですね。

三井:『タビジョ』の活動を通して友達が増えました。普段の仕事だけでは出会えなかった人や経験できないこともあるので、毎日がより一層充実しています。

コスメを作ることになりました♡

三井:実は、Instagramを通して依頼がきて、日焼け止めをプロデュースすることになりました。美容が大好きなので、オリジナルアイテムを作れる日がくるなんて……夢みたいです!

渡辺:美容に精通した仕事をされているななさんなら、適任ですね! いいものが出来上がる予感しかしないです。日焼け止めは旅のお供に欠かせないアイテムなので、フォロワーさんからの需要も高そう! 自分がやりたいと思い描いていたことが実現できるなんて、Instagramは夢がありますね!

三井:私が自分のことを発信をするようになったきっかけは、職場の上司からのアドバイスでした。実際に勇気を出して踏み出してみると、想像以上にどんどん展開していって……本当に頭が追いつかないくらい!

渡辺:2019年もななさんの更なる展開が期待できそうですね。日焼け止めの完成も楽しみにしています。一般のOLさんが商品を作るというのは簡単なことじゃないし、コスメを作る人やPRしてくれる人がいてはじめて成り立つことですよね。

三井:本当にありがたい話です。自分から一歩踏み出すことの重要性を感じました。

「Instagramのアカウントを作ってマメに更新する」「読者モデルにエントリーをする」「イベントに参加する」このような行動をしたことが大きなポイントだったと思います。過去の自分にアドバイスができるなら、「1秒でも早く動くべき」だと伝えたいです。今躊躇している人がいたら、ぜひすぐに実行してください!

美肌やダイエットのことをもっとみんなに広めたい

渡辺:ななさんの今後の目標を教えてください。

三井:クリニックでの仕事に関しては、美肌やダイエットの知識をもっとみなさんに広めたいです。危険なダイエットをしている人も多いので、生活習慣から見直して内側からきれいになることを推奨していきたいです。

また、プライベートの目標としては、旅が好きなのでこれからもInstagramを通して情報発信をしていきたいです。H.I.S.のサービスのなかに自分好みの旅行プランをカスタマイズして作れるものもあります。旅が好きな人のヒントになるような投稿をしていけたらいいなと思っています。

渡辺:これからもななさんから目が離せませんね! お話を伺っているだけでパワーをたくさんいただけました。私も周りの方や読者のみなさんにいい報告がいっぱいできるように頑張りたいです!

三井菜那さんのInstagram

Nana Mitsui✈︎三井菜那さん(@nana.0312) • Instagram写真と動画

https://www.instagram.com/nana.0312/?hl=ja

フォロワー20.4千人、フォロー中465人、投稿1,001件 ― Nana Mitsui✈︎三井菜那さん(@nana.0312)のInstagramの写真と動画をチェックしよう

インタビューを終えて…

ドクターDSクリニカルラボの三井菜那さんと対談をさせていただきました。美容クリニックの広報としての業務と合わせて、さらに美への理解を深める勉強熱心な一面も見せてくださいました。たくさんの美容クリニックがあるなかで、どこを選ぼうかと悩まれる患者様も多いと思いますが、社員が身をもってメニューを体験してフィードバックをしてくださったら信頼できますね。ストイックに仕事に向き合っていらっしゃる姿勢から、なぜドクターDSクリニカルラボのクリニックが人気なのか伝わってきました。

また、「読者モデルやインフルエンサーは、実際どんな生活をしているの?」と気になっている人も多いと思いますが、時間の使い方を工夫すれば正社員をしながら両立することができます。興味のある方はななさんのように勇気を出して、実際にその世界に飛び込んでみてはいかがでしょうか?

「一歩を踏み出せるなら、もう一歩も踏み出せる」

最初の一歩を踏み出すのは、とても勇気がいることです。でもその一歩の踏み出し方さえ分かれば、次の一歩を踏み出すこともできるので、いろんな場所に行けるようになります。思い切って踏み出したらなら、そのまま2歩3歩と足を進める……こうすることで、あなたの世界が広がるはずです!

この記事のライター

京都出身、東京在住。
ファッションや美容が大好きなおしゃれミーハーです♡

関連する投稿


焦らしプレイで興奮…。タイミングをずらして興奮する3つのポイント|真っ赤な濡れオンナ#101

焦らしプレイで興奮…。タイミングをずらして興奮する3つのポイント|真っ赤な濡れオンナ#101

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第101回目は、ペンネームMAKOさんから頂いたリクエスト「焦らしテク」についてです。


「髪型だけじゃなく人生までデザインできるクリエイター集団になろう」ウーマンダイアローグ #28

「髪型だけじゃなく人生までデザインできるクリエイター集団になろう」ウーマンダイアローグ #28

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは動画クリエイターのchii hairさん。家族の転勤で引越しが多いなか“どこからでも仕事ができる”というメリットに惹かれ、セルフヘアアレンジメントの動画を作成することを決めたそうです。


「母親の心は、子供たちの教室」ウーマンダイアローグ #27

「母親の心は、子供たちの教室」ウーマンダイアローグ #27

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、育児コンシェルジュの坂本ひろみさん。発達心理を学んだ経験を活かして知育に特化した託児サービスを展開されています。


「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは株式会社ランクアップ マナラ化粧品の瀧澤朋美さん。仕事と子育てを上手に両立して働き続けていらっしゃる素敵な女性です。入社のきっかけは『ホットクレンジングゲル』との出合いだったそう。


【最終回】コツコツ続けるのが苦手…。 短期的な目標を味方につけて、習慣化する方法|MY WORK ヒント#100

【最終回】コツコツ続けるのが苦手…。 短期的な目標を味方につけて、習慣化する方法|MY WORK ヒント#100

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第100回目は、小さな習慣を味方につけて継続力を作るヒントを考えます。


最新の投稿


「良かれと思ってやったのに……」親切な人とおせっかいな人の差とは?

「良かれと思ってやったのに……」親切な人とおせっかいな人の差とは?

親切でやっていたことが実はおせっかいだと相手が感じとってしまうこともあります。自分は良かれと思っていたのが、迷惑だと思われるのは少し悲しいですが、そもそもおせっかいと親切の差とはの何なのでしょうか?


だらだら残業には卒業!深夜残業には優先順位をつけてメリハリある生活を

だらだら残業には卒業!深夜残業には優先順位をつけてメリハリある生活を

家に帰ってもやることがないから、ついつい仕事をしちゃう……というだらだら残業をしてしまう人はいませんか? せっかくある自分の時間を無駄にしてしまうのはもったいないから、メリハリをつけた習慣を作りましょう。


仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

オフィスでも美味しい紅茶を飲みたい! というよくばり女子のためにカンタンに美味しい紅茶をいれる3STEPをお教えします! とっても簡単なのですぐに実行できちゃいますよ♪


このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

小さな会社も大きな会社も会社の規模に関わらず、さまざまなハラスメントが横行している世の中。あなたはハラスメントに対して、どのように考えていますか? 実際に複数のハラスメントを経験して来た、元会社員の筆者が提案するハラスメントに合った時の対処法をご紹介します。


「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

家族や恋人……自分ではなく大切な人が、いつもより元気をなくしてしまったら、どんな言葉をかけてあげればいいか迷いませんか?今回は、大切な人が疲れてしまったときに自分がしてあげられることをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング