ただ読み流ししてない?本を読むときの、3つのポイント|MY WORK ヒント#11

ただ読み流ししてない?本を読むときの、3つのポイント|MY WORK ヒント#11

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第11回目は、読書をする際に、頭に残しながら読むためのポイントをご紹介したいと思います。


その時は、頭に入った“つもり”。

この連載でも、多く取り上げている「資格」の教本も含めてですが、仕事では多くの本を読む機会があると思います。もともと本を読む習慣があまりなかった私は、活字を読むことに苦手意識があったのです。

しかし、仕事をする中で分からないジャンルを学ぶことや、予備知識をつけて挑むことは必要不可欠。そこで、「ただ読むだけ」ではなく、効率よく頭に残しながら知識を入れるには、どのような工夫をしたら良いのでしょうか。

ポイント① マーカーやペンで、直接書き込む

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まず、私のオススメ方法の一つが、直接書き込む方法です。本を綺麗に読みたい、折り線をつけるのも苦手という方がいたり、わざわざ買うまでは……と、知人に本を借りたりするケースもあると思いますが、個人的には「本は、自分で購入する」がルールです。

お金を支払って購入するからこそ、得られる知識を回収したい!という熱意が生まれるのと同時に、直接書き込むことができるからです。「本は汚くしながら読んでOK」。HowTo系の本であれば、重要だと思ったフレーズやコツにマーカーを引いたり、恋愛小説でも好きなセリフには線を引いたり。

視覚的に読んで、さらに書き込みをすることで、本の内容と向き合うことができると思います。

メモを取って終わりにしない。時間が経っても理解ができるメモにする方法 #話題書籍に学ぶ

https://cinq.style/articles/1019

自分で書いたメモは後から見ても理解できますか? 理解できず、捨ててしまってはもったいない。せっかく書いたのですから、見返したくなるような、意味のあるメモにしていきましょう。

ポイント② 疑問に感じたことは、別ノートに残す

そして、新しい単語やフレーズなど「これはどんな意味だろう?」と疑問に感じることが出てきたら、別のノートにまとめて書き出してみます。私は、日頃から疑問に感じたことを常にメモすることを心がけていて、小さめのノートを持ち歩いています。また、パソコンやスマホのノート機能を活用しても良いでしょう。

少しずつ知識が増えていく中で、分からないことをそのまま流してしまうのは、非常にもったいないので、一つ一つゆっくりでも調べて解決することが大切。手間はかかりますが、自分のボキャブラリーが増えるのと同時に、ワンクッション頭を使って新しいことを考えることで、頭の体操になります。また、過去にどうしても分からなかったことが、新しい本を読んだことで解決する時があるのが面白いところで、全く関係ないジャンルでも、解決策が潜んでいる時がありますよ。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ポイント③ まとめノートを定期的に見直す

最後は、時間差で成長する「自分を試す」という作業。人は、意識して知識をつけようとしていなくても、毎日たくさんの情報や人の価値観に触れることで、新しい角度から物を見ることができるようになっています。

久しぶりに、疑問ノートを振り返って見て見るだけで「こんなことを難しく考えていたのか!」と自分で驚いたり、「あの時は気ずかなったけど、今なら理解できる」と思えるようになっていたり。

過去の自分が、自己成長の軌跡を教えてくれることもあるのです。

過去の知識に上書き保存

ここで私がお伝えしたいのは、「新しい知識=新規保存」ではなく「新しい知識=上書き保存」という考え方です。恋愛小説を読んでいて、美容の知識が解決したり、心理学HowTo本を読んでいて、フリーランスの営業ツールを思いついたり。

疑問だと感じている壁は、全くの異業種の知識を得ることで、解決することがあります。ぜひ、本を読むときにジャンルを切り離さずに、自分の情報データとして蓄積させてみてくださいね!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

読書から学ぶ!毎日、書店に通うライターが教える「仕事運が上がる本屋の巡り方」

https://cinq.style/articles/1538

何気なく手にとった本。ペラペラとめくっていると、今の自分に必要なヒントを発見。たった一冊で人の運命は変わります。今回は、週5以上書店に通うライターが教える「仕事運が上がる本屋の巡り方」をご紹介します。

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第97回目は、SNSをやってよかったと思う時について考えます。


みんながやるから自分もやる? ルールや習慣を一度疑ってみる|MY WORK ヒント#96

みんながやるから自分もやる? ルールや習慣を一度疑ってみる|MY WORK ヒント#96

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第96回目は、ルールや習慣に捉われない生き方について考えます。


キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第100回目は、女性の「中」の吸い付きや締まり具合をあげる方法についてです。


本を読んで世界を広げる。人生を充実させる「自己啓発書」の読み方

本を読んで世界を広げる。人生を充実させる「自己啓発書」の読み方

自己啓発書には、人生を豊かにするヒントがいっぱい詰まっています。1冊を読み込んで、行動しているうちに良い流れへと変わっていくかもしれません。今回は、人生を充実させる「自己啓発書」の読み方をご紹介します。


ココが違う…! 信用できる人がやっている3つの人間関係ポイント|MY WORK ヒント#95

ココが違う…! 信用できる人がやっている3つの人間関係ポイント|MY WORK ヒント#95

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第95回目は、信用度が上がる人間関係の作り方について考えます。


最新の投稿


【働く女性の婚活事情】お金持ちと結婚したい。考えておきたい価値について

【働く女性の婚活事情】お金持ちと結婚したい。考えておきたい価値について

筆者が婚活中の働く女性からご相談を頂く中で、「お金持ちと結婚したい」というご要望をお持ちの方は非常に多いです。 同様のお考えをお持ちの方もいらっしゃるかと思われますので、一度コラムにまとめたいと思います。


SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第97回目は、SNSをやってよかったと思う時について考えます。


心がすっと軽くなる。豊かな人生へと導いてくれる「書く魔法」の魅力

心がすっと軽くなる。豊かな人生へと導いてくれる「書く魔法」の魅力

心がつらいときは「書く魔法」の力を借りませんか?書いて書いて書きまくっているうちに、いつもの自分に戻っているはずですから。


【#もちこのパンイチ 19】敏感な女子に大人気! 韓国風なパンイチ

【#もちこのパンイチ 19】敏感な女子に大人気! 韓国風なパンイチ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ企画。今回は流行に敏感な女性に人気の韓国風なパンイチのご紹介です♪ しっかりとした味付けでランチにもおすすめです!


セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

いつ誰がみても仲の良い「ラブラブカップル」。そんな姿に憧れている女性は多いのではないでしょうか? 付き合いが長くなると、ときめきが減少してマンネリが進んだり、セックスレスに陥ったりと悩みがつきもの。ラブラブなカップルで居続けるヒントは、ベッドタイムでのコミュニケーションにありました。


RANKING


>>総合人気ランキング