嫉妬でイライラしてしまう自分が嫌い。「嫉妬心」の正しい活かし方

嫉妬でイライラしてしまう自分が嫌い。「嫉妬心」の正しい活かし方

自分より綺麗な人を見つけた時、自分より裕福に見える人を見ているとき、誰しもが「嫉妬」という感情を持つことがあると思います。嫉妬という感情は醜いと表現されることもあり「嫉妬=いけないこと」というイメージが先行しているハズ。今回は嫉妬心の活かし方について考えていきましょう。


「嫉妬する」っておかしいこと……?

自分よりかわいいなって思う人、お金持ちに見える人、なぜかモテる人、仕事がデキる人……。人を羨ましいなっておもう瞬間は誰にだってあるはずです。羨ましいなって気持ちが、もっと強くなれば、それは「嫉妬」という感情に。

けれど嫉妬という感情はなぜか「よくないもの」や「醜いもの」だと表現されることが多く、その感情を自覚したときに、自分の性格が悪くなってしまったかのように感じてしまいます。人を見ているだけでも勝手に湧いてくる、自発的な感情である「嫉妬」は、どうやって抑えることができるのでしょう? そもそも、嫉妬とは我慢するべきものなのでしょうか。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

嫉妬を我慢することなんてできない

嫉妬はいくらいけないものだと思っていても、「嫉妬をするな」と言われて、その感情を抑えることはできません。どれだけ「しないようにしよう」と思っていても、自分では気づかぬうちに生まれてくるものだからです。嫉妬という感情をコントロールする努力より、嫉妬という感情をどうとらえてどう活かすか、がもっとも大切になるのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「嫉妬」という感情は「人にはあって、自分にはないもの」に気づいた時に生まれます。つまりは、嫉妬という感情を紐解いていくと、自分に足りない・自分が欲している要素がわかります。

嫉妬をしてしまう、ということは何かしら相手のどこかに魅力を感じているから。
「ぶりっこだから嫌い」「可愛いから嫌い」と、嫉妬を怒りという感情に変えて誤魔化す前に、それを認めて理解してあげることで自分の感情と向き合うことができます。

「あの人のこんなところが、私には魅力的なんだ」と自分の感情を素直に認めてあげることができれば、嫉妬ばかりしてしまう自分を嫌いになることもなく、相手に対してイライラすることもありません。まずは、自分の中に生まれた感情を認めてあげること。相手を嫌いになるのでもなく、嫉妬してしまう自分に疲れたり、自己否定を行うのではなく、自分の感情を理解することが大事なのです。

嫉妬して自己否定するエネルギーを違う方向へ変える

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

では、人のことが羨ましく思えたり、自分を否定したくなってしまうのはどうしてでしょう? それがわかれば、嫉妬してばかりの自分に疲れず、毎日を過ごすことができます。

答えは簡単、「相手と自分が遠すぎない関係にあるから」です。画面の中にいる芸能人に対して、本気で「可愛いからむかつく」と嫉妬することはありません。身近な友人グループの中に居る、「なぜかいつも可愛らしくてモテるあの子」に嫉妬という感情が湧くのです。それは自分が自分に期待しているから。

可愛い人に対しても、お金持ちに関しても、どんなときにも「私だってああなろうと思えばなれるのに」という感情が根底にあるのです。

相手の良いところを見つけては、自分と可能性を比較してしまい、結果的に「今の自分が相手より劣っている」と結論づけてしまうことで自己否定に陥ったり、相手を攻撃してしまうのが嫉妬の残念な捉え方です。良い方向に捉えるためには、自分の感情を認め、自分の可能性ごと信じること。

「あの子のここが羨ましいと感じるから、自分もこうなろう」と考えられるようになるのは難しくても、「今に見てろ!」とエネルギーとして嫉妬を活かすことが出来れば、現状の自分を打破して、前向きになることができます。

「嫉妬」は色んな人に生まれる感情だから

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

嫉妬という感情は、特定の人にだけ抱くものではありません。
いつ姿を現すかわからないものなのです。そのたびに嫉妬してしまう自分に疲れ、自分も人も嫌いになっていると負の連鎖。自分の感情を理解した上で、自己成長のためのエネルギーに変えましょう。

「私もああなってやる!」と素敵な人の要素を取り込んでいけば、自分自身が今よりもっと輝けるようになります。嫉妬をしない人間は居ません。どんな成功者も、嫉妬という感情は持ち合わせています。そんな誰でも持つ感情を、どうエネルギーに変えるていけるかが、分かれ道。

素敵な人に出会ったら、しっかりと嫉妬する原因について目を光らせてみましょう。気付いた時が、自己成長のタイミングなのです。

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連する投稿


話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

友人や家族などの親しい人に「怒ってる?」と聞かれたことがある人は多いのではないでしょうか。怒っていないのに「怒ってる?」と聞かれたら、イラっときてしまうかもしれませんが、その原因はあなたにあるのかも。今回は周囲が不機嫌を察知してしまう3つの態度について紹介していきたいと思います。


【“嫉妬”を徹底解明】 嫉妬の利点と男性の嫉妬深さを見破るポイント

【“嫉妬”を徹底解明】 嫉妬の利点と男性の嫉妬深さを見破るポイント

嫉妬というと、ネガティブな印象を受けませんか? けれど実は嫉妬にも多くの利点があります。嫉妬深い人ほど結婚の決断が早い?! 愛情が深くなる⁈ 今回は嫉妬を徹底解明。男性が嫉妬や独占欲を露わにしている時の特徴や対処法を紹介していきます。


嫉妬する・嫉妬される。職場の同僚女性に対して生まれる悔しさと解決法

嫉妬する・嫉妬される。職場の同僚女性に対して生まれる悔しさと解決法

見た目、仕事、収入……。なにかと、誰かと自分を比べてしまう私たちは、身近な存在である“職場の同僚”に対してさまざまな感情を持ちやすいもの。中でも厄介な感情である『嫉妬』をもってしまったとき、逆にもたれてしまった時はどういう心構えで解消すればいいのでしょう? それぞれの目線で考えます。


ストレスの根本的解消に!脳内物質「セロトニン」を増やす方法

ストレスの根本的解消に!脳内物質「セロトニン」を増やす方法

今年は空前の10連休のゴールデンウィークですが、その後ストレスが原因で“五月病”になることがあります。これは、辛いばかりでなく、うつ病などの心の病になる危険性もありますので、早めの対処が必要です。そこで、セロトニン神経を強くしてストセロトニン神経を強くしてストレスに強くなる方法をご紹介します。


ハッピーオーラは伝染する!「幸せの伝染」について

ハッピーオーラは伝染する!「幸せの伝染」について

いつ会っても幸せに満ち足りたようなハッピーオーラが漂っている人っていますよね。そんな「陽」を思わせる人と一緒にいる時間があると、なぜか不思議と自分にも幸せが映ったかのような気持ちになることがあります。幸せオーラは、人に伝染する? そんな嬉しい研究結果をチェックしていきましょう。


最新の投稿


27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

昔は恋人がすぐ見つかったのに、今は気になる相手すら出来る気がしない。大人になるほど、恋愛しづらい環境になるのは何故?今回はアラサー女性に求められる“恋愛”についてご紹介!


話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

友人や家族などの親しい人に「怒ってる?」と聞かれたことがある人は多いのではないでしょうか。怒っていないのに「怒ってる?」と聞かれたら、イラっときてしまうかもしれませんが、その原因はあなたにあるのかも。今回は周囲が不機嫌を察知してしまう3つの態度について紹介していきたいと思います。


2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

これまでの定番カラーであった「ブラウン」の人気を覆すほど勢いを増している「ブラウン」。みんなはどう取り入れているのでしょうか? 一歩間違えば抜け感が強すぎてカジュアルなイメージになりすぎてしまうブラウンアイテムを、上品に取り入れる働き女子のスタイリングに注目。


自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

面倒臭い仕事はついつい後回し……をしたくなりますが、結局手付かずの仕事は手付かずで終わりがこないまま。「いつかやらなくきゃ」「あとでやらなきゃ」は結局自分を追い込むことになってしまいます。仕事を先延ばしにすることは自分にとってストレスがかかること。今回は、自分で自分を疲れさせないコツを皆さんにお伝えしたいと思います。


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


RANKING


>>総合人気ランキング