嫉妬でイライラしてしまう自分が嫌い。「嫉妬心」の正しい活かし方

嫉妬でイライラしてしまう自分が嫌い。「嫉妬心」の正しい活かし方

自分より綺麗な人を見つけた時、自分より裕福に見える人を見ているとき、誰しもが「嫉妬」という感情を持つことがあると思います。嫉妬という感情は醜いと表現されることもあり「嫉妬=いけないこと」というイメージが先行しているハズ。今回は嫉妬心の活かし方について考えていきましょう。


「嫉妬する」っておかしいこと……?

自分よりかわいいなって思う人、お金持ちに見える人、なぜかモテる人、仕事がデキる人……。人を羨ましいなっておもう瞬間は誰にだってあるはずです。羨ましいなって気持ちが、もっと強くなれば、それは「嫉妬」という感情に。

けれど嫉妬という感情はなぜか「よくないもの」や「醜いもの」だと表現されることが多く、その感情を自覚したときに、自分の性格が悪くなってしまったかのように感じてしまいます。人を見ているだけでも勝手に湧いてくる、自発的な感情である「嫉妬」は、どうやって抑えることができるのでしょう? そもそも、嫉妬とは我慢するべきものなのでしょうか。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

嫉妬を我慢することなんてできない

嫉妬はいくらいけないものだと思っていても、「嫉妬をするな」と言われて、その感情を抑えることはできません。どれだけ「しないようにしよう」と思っていても、自分では気づかぬうちに生まれてくるものだからです。嫉妬という感情をコントロールする努力より、嫉妬という感情をどうとらえてどう活かすか、がもっとも大切になるのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「嫉妬」という感情は「人にはあって、自分にはないもの」に気づいた時に生まれます。つまりは、嫉妬という感情を紐解いていくと、自分に足りない・自分が欲している要素がわかります。

嫉妬をしてしまう、ということは何かしら相手のどこかに魅力を感じているから。
「ぶりっこだから嫌い」「可愛いから嫌い」と、嫉妬を怒りという感情に変えて誤魔化す前に、それを認めて理解してあげることで自分の感情と向き合うことができます。

「あの人のこんなところが、私には魅力的なんだ」と自分の感情を素直に認めてあげることができれば、嫉妬ばかりしてしまう自分を嫌いになることもなく、相手に対してイライラすることもありません。まずは、自分の中に生まれた感情を認めてあげること。相手を嫌いになるのでもなく、嫉妬してしまう自分に疲れたり、自己否定を行うのではなく、自分の感情を理解することが大事なのです。

嫉妬して自己否定するエネルギーを違う方向へ変える

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

では、人のことが羨ましく思えたり、自分を否定したくなってしまうのはどうしてでしょう? それがわかれば、嫉妬してばかりの自分に疲れず、毎日を過ごすことができます。

答えは簡単、「相手と自分が遠すぎない関係にあるから」です。画面の中にいる芸能人に対して、本気で「可愛いからむかつく」と嫉妬することはありません。身近な友人グループの中に居る、「なぜかいつも可愛らしくてモテるあの子」に嫉妬という感情が湧くのです。それは自分が自分に期待しているから。

可愛い人に対しても、お金持ちに関しても、どんなときにも「私だってああなろうと思えばなれるのに」という感情が根底にあるのです。

相手の良いところを見つけては、自分と可能性を比較してしまい、結果的に「今の自分が相手より劣っている」と結論づけてしまうことで自己否定に陥ったり、相手を攻撃してしまうのが嫉妬の残念な捉え方です。良い方向に捉えるためには、自分の感情を認め、自分の可能性ごと信じること。

「あの子のここが羨ましいと感じるから、自分もこうなろう」と考えられるようになるのは難しくても、「今に見てろ!」とエネルギーとして嫉妬を活かすことが出来れば、現状の自分を打破して、前向きになることができます。

「嫉妬」は色んな人に生まれる感情だから

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

嫉妬という感情は、特定の人にだけ抱くものではありません。
いつ姿を現すかわからないものなのです。そのたびに嫉妬してしまう自分に疲れ、自分も人も嫌いになっていると負の連鎖。自分の感情を理解した上で、自己成長のためのエネルギーに変えましょう。

「私もああなってやる!」と素敵な人の要素を取り込んでいけば、自分自身が今よりもっと輝けるようになります。嫉妬をしない人間は居ません。どんな成功者も、嫉妬という感情は持ち合わせています。そんな誰でも持つ感情を、どうエネルギーに変えるていけるかが、分かれ道。

素敵な人に出会ったら、しっかりと嫉妬する原因について目を光らせてみましょう。気付いた時が、自己成長のタイミングなのです。

この記事のライター

UNI

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連する投稿


ハッピーオーラは伝染する!「幸せの伝染」について

ハッピーオーラは伝染する!「幸せの伝染」について

いつ会っても幸せに満ち足りたようなハッピーオーラが漂っている人っていますよね。そんな「陽」を思わせる人と一緒にいる時間があると、なぜか不思議と自分にも幸せが映ったかのような気持ちになることがあります。幸せオーラは、人に伝染する? そんな嬉しい研究結果をチェックしていきましょう。


飲みに行くと怒ってしまう彼氏。どうしても行きたいときの対処法は?

飲みに行くと怒ってしまう彼氏。どうしても行きたいときの対処法は?

飲み会に行こうとすると嫌がり怒ってしまう彼氏……。でもどうしても行きたい飲み会はある! そんなときに大切なのが、彼氏を不安にさせないことです。では、彼が嫌がる飲み会に参加する時には、どういった点に気をつけていれば良いのでしょうか?


アナタの周りにもいる? “ネガキャン”で自分の印象を下げにかかる女たち

アナタの周りにもいる? “ネガキャン”で自分の印象を下げにかかる女たち

自己アピールするのではなく、相手の評判を下げるようなネガティブポイントをアピールをして自分を優位に立たせようとする“ネガキャン”女子。みなさんの周りにはいませんか? 今回は実際にネガキャンされたと言う2人の女性の事例をもとに対処法を考えていきます。


捉え方次第! 自分に自信が持てない人が、心を強くするための考え方

捉え方次第! 自分に自信が持てない人が、心を強くするための考え方

周りに優秀な人が集まっていて、自分がついデキない人間だと感じてしまうことがあります。劣等感が生まれれば生まれるほど、反比例するように自分の自信がどんどんなくなっていく……。そんな自分に自信が持てない人が、心を強くするためにはどうすれば良いのでしょうか?


幸せ感度を高める! セロトニンの分泌を促して毎日の満足度をアップ

幸せ感度を高める! セロトニンの分泌を促して毎日の満足度をアップ

皆さんは「幸せホルモン」とも呼ばれている、“セロトニン”について知っていますか? セロトニンは脳内で分泌される物質で、自律神経を整えたり、ストレスに強くなるなど、心のバランスを保つ役割をしてくれる物質です。今回は、セロトニンの分泌を促す方法をお教えします。


最新の投稿


法人と個人事業主の違いは一体なに? 違いをわかりやすく解説!

法人と個人事業主の違いは一体なに? 違いをわかりやすく解説!

みなさんは法人と個人事業主の違いがしっかりとわかっているでしょうか? フリーランスで働いている人や、起業を考えている人にはぜひ知っておいて欲しい違いがあります。わかりやすく解説していきましょう。


春の香りをまとって!働く女性にぴったりの華やかフレグランス

春の香りをまとって!働く女性にぴったりの華やかフレグランス

草花が色めき外出がいっそう楽しく感じるこの季節。洋服を選ぶのにも、ドキドキとワクワクを感じる機会が増えてくるでしょう。そんな衣替えの季節には、洋服だけでなく香りも変えるのがオススメ。働く女性にもオススメな好感度アップの春フレグランスをチェックして。


男性にエッチな質問をするのはあり?なし?模範解答はこちら…。|真っ赤な濡れオンナ#89

男性にエッチな質問をするのはあり?なし?模範解答はこちら…。|真っ赤な濡れオンナ#89

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第89回目は、男性に自分からエッチな質問をしても良いのかについてです。


第一印象は一瞬で決まる! 好印象な「見た目」の作り方

第一印象は一瞬で決まる! 好印象な「見た目」の作り方

人の第一印象は一瞬で決まるといわれています。この第一印象は時に厄介なもので、「この人は頼りにならなさそう」や「この人はやる気がなさそう」などネガティブな印象を与えてしまうと、それを覆すのは至難の技。そうならないためにも、好印象な「見た目」とはどんなものなのか? 知っておきましょう。


小顔を叶える秘密アイテム、カッサを使ってむくみ撃退&リフトアップ

小顔を叶える秘密アイテム、カッサを使ってむくみ撃退&リフトアップ

鏡をよーく見てみたら、フェイスラインがむくんで大ピンチ! そんなむくみやすい女子のお助けアイテムとして紹介したいのが「カッサ」です。一時は話題になったことのアイテムも、使うのが面倒くさい……と眠ったままになってはいませんか。漢方精油と一緒に使うことで簡単にむくみ対策リフトアップ! 正しい使い方を身に着けてみて。


RANKING


>>総合人気ランキング