信頼関係を作る心理学「ラポールの形成」を取り入れた会話術

信頼関係を作る心理学「ラポールの形成」を取り入れた会話術

仕事でもプライベートでも、人との繋がりは必要不可欠。「人間関係」というものは、自然と形成されていくものです。とはいえ、コミュニケーションは十人十色。中でも「この人は合わないな」と思う人との出会いは誰しもが経験したことがはずです。今回は心理学で用いられる信頼関係(ラポール)を作るための要素を学びましょう。


切り離せない人間関係に必要な「信頼」

仕事でもプライベートでも、切り離せないのが人間関係です。親、友達、恋人、社内の人間関係、クライアント……私たちはこれまでさまざまな人間関係を形成して生きてきました。

とはいえ、人によって価値観はさまざまに違っています。
なぜか会ってすぐに仲良くなれる人もいれば、なんとなくウマが合わないな……と感じることもあるでしょう。誰とでも仲良くなれるスキルがあって、それを学べばだれしもが習得できる……なんて簡単なものであれば良いのですが、実際、人間関係の構築はそんなに簡単なものではありません。人間関係を構築するためには「信頼感」が欠かせないのです。

今回は、医療や福祉の場、カウンセリングでも用いられる「信頼関係(ラポール)の形成」について学んでいきたいと思います。

ラポール(信頼関係)の形成

“ラポール”というワードをはじめて知った人も多いのではないでしょうか?
ラポールとは、もともと心理学で用いられていた用語で、「信頼関係」を表すものです。カウンセラーであれば「なんでも悩みを話せる」というオープンな方もいるかもしれませんが、例え職業がカウンセラーであっても、医師であっても、看護師などの専門的な職業の人であっても、自分の内情や心情を人に明かすには「信頼関係」が欠かせないはずです。

ラポールの形成とは、まずその信頼関係を築くために用いられている心理テクニックでもあります。もちろん、相談者だけがそれに当てはまるのではなく、カウンセラーから相談者へも、同様に信頼が必要です。お互いに心から打ち解けあえる関係、これこそをラポールの形成と呼んでいます。

「ラポールの形成」がしっかりと構築できていると、説得力が増す

同じ話を仲の良い友人から聞いた場合と、はじめて会った人から聞いた場合。どちらの人から聞いた話の方が信憑性が高いと感じますか?

例えば、コスメをオススメされたとしましょう。
信頼関係が築けていない場合は「ただのセールスか」程度にしか感じません。けれど、仲の良い友人から聞いた話だと「本当に良いのかな?」と興味を持つかもしれませんよね。これこそ、信頼関係があることが理由です。信頼があることは説得力が増すのです。趣味に関してももちろんそうですが、信頼関係を築くことは仕事でも欠かせないことなのです。特に営業職などの、他社の方と会う機会が多い人ほど、身につけておいて損はないのです。

では実際に、カウンセリングなどで使われている、信頼関係(ラポール)の形成に用いられている会話テクニックをみていきましょう。

オーム返し

バックトラッキングとも言われています。
これは相手の言葉を「理解している」ことを表すのに有効です。相手が何かを話しているときに、反論をしたり、遮ったりしていませんか?
人は自分のことを否定せず、理解してくれようとする姿勢がある人に安心感を覚えます。言葉を汲んで返すことによって、理解している・肯定されているように感じる効果があるのです。

「こんなことがあって辛かった」
「そっか、こんなことがあったなら辛いよね」

というように相手の話を確認するように会話を進めていきましょう。

ペーシング

ペーシングとは、相手との会話のペースやテンポを合わせることです。
相手の話し方や呼吸、声の大きさ、音程などを合わせて会話をすることで、相手にとって心地良い会話ができるようになります。電話など、顔が見えないコミュニケーションでは特に、ペーシングが欠かせません。

人は、自分と共通している点がある人に対して心がオープンになり、親しみやすくなるという「類似性の法則」というものを持っています。仲の良い人が隣であくびをしていると、自分にうつったという経験がある方も多いのではないでしょうか。こういった現象も、類似性の法則のひとつ。信頼関係を築いている人とは似た動作が多くなるということがあるのです。

ミラーリング

先ほどのペーシングと同様に、類似性の法則を取り入れたミラーリングも効果的です。ミラーリングとは、相手の動作を鏡のように真似することにより親近感を持たせる効果があるといわれています。

相手が背筋を伸ばしたら、自分も伸ばす。相手が悲しい顔をしていたら、自分の悲しい表情をする。こういった動作がミラーリングに当てはまります。

言葉遣いや行動を無理に真似しているとわざとらしく見えたり、嫌味ったらしく見えてしまうことがあるので注意が必要ですが、あくまで自然に見えるもの、偶然性の高いものであればあるほど心理的な好感は高まります。

質問

そして会話中に意識をしたいものがもうひとつ。それは「質問をする」ということです。相手のことを理解したいと思っている気持ちが、質問をすることで伝わります。

友人というときに、自分のことを話していると「気持ち良い」という感覚を感じたことがありませんか? 自分の言葉に耳を傾けて、興味を持って聞いてくれている人がいると、人は嬉しくなります。この感覚こそが会話をする上で欠かせません。相手の本音や感情を引き出す「質問力」というものも立派なテクニックになるのです。相手に興味があります、ということを会話の中で示していきましょう。

否定ではなく、「共感」することが信頼(ラポール)をつくるカギ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ここまで読んで、ラポールの形成に必要なものはなにかわかりましたか?
相手をよく見て、受け入れること。これが信頼を作る上で大切です。否定せず興味をもつこと、そして共感を集めること。福祉や医療の現場では日常的に使用されていても、日常的にここまで人との「対話」に意識を向けることはないかもしれません。
友人、恋人、仕事の仲間など……どんな人にでも使える会話のテクニックです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


即レス、固定時間、長文……etc. 仕事がうまくいくメッセージの使い方3つ |MY WORK ヒント#93

即レス、固定時間、長文……etc. 仕事がうまくいくメッセージの使い方3つ |MY WORK ヒント#93

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第93回目は、仕事で使うメッセージについてです。


こんな上司にイエローカード! 嫌われる上司・好かれる上司

こんな上司にイエローカード! 嫌われる上司・好かれる上司

仕事はたくさんあるのに、人員は足りないし、給料は低い。 不満もいっぱいありつつ頑張って仕事してるのに、なんで上司にまでこんなに気を遣わなきゃいけないの? 嫌われる上司と好かれる上司のパターンについてご紹介します。


遠くから幸せをそっと祈る。大人になって訪れた「友達との別れ」を受け止める方法

遠くから幸せをそっと祈る。大人になって訪れた「友達との別れ」を受け止める方法

「ずっと友達でいようね」と約束したはずなのに……。急に距離を置かれると、なんだか寂しくなってしまいますよね。親しい友達と疎遠になっても、バタバタしないことが大切です。


何事にも理由がある! 上司に好かれる部下が、無意識に実践している言葉遣い

何事にも理由がある! 上司に好かれる部下が、無意識に実践している言葉遣い

仕事で何かトラブルがあった時に、自分のフォローをしてくれるのは上司しかいません。親しい距離になっていて損はない存在です。今回は、上司ウケの良い部下が、知らずに使っている「言葉遣い」について紹介。あなたも上司に好かれる部下になって、より良い関係を作りましょう。


信頼できる人が自然に身につけている3つの「配りもの」とは

信頼できる人が自然に身につけている3つの「配りもの」とは

安心感があったり信頼できると感じる人は、私たちが意識していないところで自然と3つの「配り物」をしています。後輩から「信頼されたい」「頼りにされたい」と思っている方は、ぜひこの3つの配りものについて意識してみてください。


最新の投稿


MDNA SKINからの贈り物、数量限定5周年キットの全貌

MDNA SKINからの贈り物、数量限定5周年キットの全貌

マドンナがプロデュースするスキンケアブランド「MDNA SKIN」が、5周年を迎えた記念に、限定キットを発売。話題のクロームクレイマスクをはじめとする、限定キットの全貌をご紹介。


イライラを上手に回避!怒りをコントロールする「アンガーマネジメント」

イライラを上手に回避!怒りをコントロールする「アンガーマネジメント」

「怒り」はもっともコントロールが難しい感情です。それゆえに「怒りっぽい自分」をどうにかしたいと頭を悩ませている方もいいのではないでしょうか? 今回は、怒りという感情をコントロールするのに効果的なアンガーマネジメントをご紹介します。


想像で理想の未来を引き寄せる!夢を叶えるためのビジョンボードのつくり方

想像で理想の未来を引き寄せる!夢を叶えるためのビジョンボードのつくり方

ビジョンボードとは、なりたい私や叶える夢を表すもの。今は想像の世界だけど「絶対に叶う」と信じ続けていれば、いつかはきっと現実になりますよ♩


「夢の準備はいつはじめてもいい」|#つくるを選ぶ 【女性起業家 咲嬉(さき)】

「夢の準備はいつはじめてもいい」|#つくるを選ぶ 【女性起業家 咲嬉(さき)】

15歳から芸能界という世界で活躍してきた咲嬉さん(旧:瀬戸早妃)が、会社を設立し、アパレル・セレクトショップ「mon trésor」を立ち上げました。コンセプトは“身につけることによって人生がより華やかに、心が前向きになれるお洋服”。その着想とブランドに込めた思いを聞きました。


【ワンフレーズ英会話 vol.10】映画で英語を学ぶ。学びに繋がるおすすめの洋画

【ワンフレーズ英会話 vol.10】映画で英語を学ぶ。学びに繋がるおすすめの洋画

すぐに使える英語フレーズを日本ワーキング・ホリデー協会のKOTAROがお届け。今回は、英語の勉強に使えるおすすめの洋画についてです。


RANKING


>>総合人気ランキング