女性のためのキャリアプランの立て方。悩みを幸せに変えるには?

女性のためのキャリアプランの立て方。悩みを幸せに変えるには?

社会で活躍する女性が増え、キラキラ輝くロールモデルに憧れを抱く女性も多いのではないでしょうか。とはいえ、どうすれば憧れのあの人のように仕事とプライベートを両立できるのか、悩むこともありますよね。そんなときに考えたいのが「キャリアプラン」です。今回は、女性のキャリアプランの立て方と立てるタイミングをご紹介します。


未来に関わる女性のキャリアの悩み2つ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「女性は家庭に入るべき」と考える人は少なくなり、出産を機に退職する人が減ったのは事実。しかしそれでも未来の結婚や出産を思うと、「どうすればいいの?」と悩む人もいます。

まずはそんな女性たちが抱える、キャリアの悩みをご紹介。共感する悩みもあるのではないでしょうか。

給与面の悩み

年代を問わず多いのが、給与の悩みです。例えば、同じ年に入社した男性や、雇用形態による給与の差。労働時間やスキルは同じなのに差があると、モチベーションも下がってしまいますよね。

また、先輩社員との差があまりない場合は、「何年働いてもお給料は上がらないのか……」と落ち込む人が多いです。

結婚・出産での悩み

結婚や出産への理解が深まってきたとはいっても、産休・育休の取得に罪悪感を感じることも。休暇を取得して復帰するときも、「職場に馴染めるのか」といった心配が出てきます。

家では家事・育児、職場では仕事となると、身体を休める時間がほとんどないことも。勤務時間を短くする「短時間正社員制度」を活用するなどして、働きやすい環境をつくることも大切です。

女性がキャリアプランを立てるタイミング

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

給与や結婚・出産など、悩みや不安はつきません。仕事を長く続けて社会で活躍したいからこそ、不安な今を打破したいもの。そんなときに自分と向き合えるのが、「キャリアプラン」です。

「結婚・出産を意識したとき」や「人生の節目」などのタイミングで、キャリアプランを立てましょう。

例えば「仕事も結婚もしたい」という未来を思い描くのなら、出産・育児に協力的な会社がいいですよね。妊娠する前からプランを練っておけば、妊娠した後にキャリアを諦める可能性も減るでしょう。

また、就活や転勤、昇進、転職などの節目にキャリアプランを立てるのもおすすめです。「キャリアプランを立てるのは1回まで」なんて制限はありません。そのときの自分の目標や立場などに合わせて計画してくださいね。

女性のキャリアプランの立て方

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

結婚・出産などのライフイベントや、節目などのタイミングで立てるキャリアプラン。「どうやって立てるの?ポイントは?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

そこで最後は、女性のキャリアプランの立て方についてご紹介します。

5年後・10年後の「なりたい自分」を考える

はじめに考えたいのが、5年後・10年後の未来の「なりたい自分」について。「将来女部長になる!」といった仕事に関するもの、「自分の家を建てる」というお金の使い方や、「育児との両立」など、どんな目標でもいいんです。

将来どんな人間になって、どのような生活をおくりたいのか、人生について考えてみましょう。

目標を達成するための具体的な行動

未来のなりたい自分が定まったら、「目標を達成するためにすべきこと」を具体的にあげていきます。5年後・10年後の自分から逆算して、今すべきこと・3年目までにすべきこと・5年目までにすべきことも計画しておきましょう。

具体的なキャリアプランが立ったら、あとは実行にうつすのみ。理想や夢で終わらせず、実現に向かって歩んでくださいね。

理想の人生を歩むためのキャリアプランを

仕事と育児、趣味などを両立させて、充実した生活をおくるのが理想ですよね。しかしそれを夢見ているだけでは、実現が難しいこともあります。そんな夢や目標を叶えたいからこそ、「キャリアプラン」は必要なのです。

1度決めたキャリアプランを状況に応じて変化させ、最終的にゴールへ近づくよう前進していきましょう。

この記事のライター

広島県在住。ライター。恋愛・美容・ビジネス系記事を中心に執筆中。

関連するキーワード


女性 キャリアプラン

関連する投稿


結婚後も社会で活躍したい!女性が働くことで得られる3つのメリット

結婚後も社会で活躍したい!女性が働くことで得られる3つのメリット

結婚・妊娠・出産などのライフイベントを経ても、仕事に復帰してバリバリ働きたいと考える女性は多いもの。しかし、「働く」を選択することが正しいのか、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。そこでこの記事では、これから先も長く社会進出したいと考える人のために、女性が働くことで得られるメリットを3つご紹介します。


女性におすすめの仕事をご紹介!長く安定した職に就きたい人へ

女性におすすめの仕事をご紹介!長く安定した職に就きたい人へ

「長く安定した職に就きたい」と考えていませんか?出産後も職場復帰して、女性だって仕事を楽しみのひとつにしたいですよね。さらには、AIに代替される仕事も増えるであろうことから、人にしかできない職に就くことも視野に入れておきたいもの。そこで今回は、長く安定して働ける「女性におすすめの仕事」を5つご紹介します。


働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

仕事に対するモチベーションは、働く女性にとってなくてはならないもの。生き生きと働くことができれば、プライベートもより充実しますよね。しかし全員がやる気いっぱいで働いているわけではなく、なぜ働いているかわからなくなることも。そこで今回は、働く女性のモチベーションとなる3つの要素と、やる気を維持する方法をご紹介します。


瞳の奥からキラキラ輝いている!今この瞬間を楽しめている女性の特徴

瞳の奥からキラキラ輝いている!今この瞬間を楽しめている女性の特徴

今という瞬間を楽しめている女性の瞳は、いつもキラキラしている。未来を不安がる時間があるなら、今だからできることをたくさん楽しみましょう。


お断り、謝罪…。ネガティブなお知らせの対応で変わる大人の印象|MY WORK ヒント#85

お断り、謝罪…。ネガティブなお知らせの対応で変わる大人の印象|MY WORK ヒント#85

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第85回目は、印象が変わる大人のネガティブ対応について考えます。


最新の投稿


言葉のお守りを持ち歩く。働く女子が時間に追われる日々に意識したいフレーズ

言葉のお守りを持ち歩く。働く女子が時間に追われる日々に意識したいフレーズ

起きた瞬間から、毎日、時間との戦い。自分との戦いでもありますよね。目まぐるしい日々だからこそ、深呼吸は忘れずに。いつもより忙しい時こそ、言葉のお守りを大切にしましょう。


「やりたい仕事」ではなく「できる仕事」に視点を。キャリアップの近道とは?

「やりたい仕事」ではなく「できる仕事」に視点を。キャリアップの近道とは?

仕事で大成功を収めている人たちの中には、とにかく努力し続けてきた人と、自分が「できる仕事」で結果を伸ばした人たちがいます。そこで今回は、自分のキャリアについて悩んでいる人に知ってもらいたい「できる仕事」に視点を置く理由について、紹介していきたいと思います。


MDNA SKINからの贈り物、数量限定5周年キットの全貌

MDNA SKINからの贈り物、数量限定5周年キットの全貌

マドンナがプロデュースするスキンケアブランド「MDNA SKIN」が、5周年を迎えた記念に、限定キットを発売。話題のクロームクレイマスクをはじめとする、限定キットの全貌をご紹介。


イライラを上手に回避!怒りをコントロールする「アンガーマネジメント」

イライラを上手に回避!怒りをコントロールする「アンガーマネジメント」

「怒り」はもっともコントロールが難しい感情です。それゆえに「怒りっぽい自分」をどうにかしたいと頭を悩ませている方もいいのではないでしょうか? 今回は、怒りという感情をコントロールするのに効果的なアンガーマネジメントをご紹介します。


想像で理想の未来を引き寄せる!夢を叶えるためのビジョンボードのつくり方

想像で理想の未来を引き寄せる!夢を叶えるためのビジョンボードのつくり方

ビジョンボードとは、なりたい私や叶える夢を表すもの。今は想像の世界だけど「絶対に叶う」と信じ続けていれば、いつかはきっと現実になりますよ♩


RANKING


>>総合人気ランキング