女性のためのキャリアプランの立て方。悩みを幸せに変えるには?

女性のためのキャリアプランの立て方。悩みを幸せに変えるには?

社会で活躍する女性が増え、キラキラ輝くロールモデルに憧れを抱く女性も多いのではないでしょうか。とはいえ、どうすれば憧れのあの人のように仕事とプライベートを両立できるのか、悩むこともありますよね。そんなときに考えたいのが「キャリアプラン」です。今回は、女性のキャリアプランの立て方と立てるタイミングをご紹介します。


未来に関わる女性のキャリアの悩み2つ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「女性は家庭に入るべき」と考える人は少なくなり、出産を機に退職する人が減ったのは事実。しかしそれでも未来の結婚や出産を思うと、「どうすればいいの?」と悩む人もいます。

まずはそんな女性たちが抱える、キャリアの悩みをご紹介。共感する悩みもあるのではないでしょうか。

給与面の悩み

年代を問わず多いのが、給与の悩みです。例えば、同じ年に入社した男性や、雇用形態による給与の差。労働時間やスキルは同じなのに差があると、モチベーションも下がってしまいますよね。

また、先輩社員との差があまりない場合は、「何年働いてもお給料は上がらないのか……」と落ち込む人が多いです。

結婚・出産での悩み

結婚や出産への理解が深まってきたとはいっても、産休・育休の取得に罪悪感を感じることも。休暇を取得して復帰するときも、「職場に馴染めるのか」といった心配が出てきます。

家では家事・育児、職場では仕事となると、身体を休める時間がほとんどないことも。勤務時間を短くする「短時間正社員制度」を活用するなどして、働きやすい環境をつくることも大切です。

女性がキャリアプランを立てるタイミング

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

給与や結婚・出産など、悩みや不安はつきません。仕事を長く続けて社会で活躍したいからこそ、不安な今を打破したいもの。そんなときに自分と向き合えるのが、「キャリアプラン」です。

「結婚・出産を意識したとき」や「人生の節目」などのタイミングで、キャリアプランを立てましょう。

例えば「仕事も結婚もしたい」という未来を思い描くのなら、出産・育児に協力的な会社がいいですよね。妊娠する前からプランを練っておけば、妊娠した後にキャリアを諦める可能性も減るでしょう。

また、就活や転勤、昇進、転職などの節目にキャリアプランを立てるのもおすすめです。「キャリアプランを立てるのは1回まで」なんて制限はありません。そのときの自分の目標や立場などに合わせて計画してくださいね。

女性のキャリアプランの立て方

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

結婚・出産などのライフイベントや、節目などのタイミングで立てるキャリアプラン。「どうやって立てるの?ポイントは?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

そこで最後は、女性のキャリアプランの立て方についてご紹介します。

5年後・10年後の「なりたい自分」を考える

はじめに考えたいのが、5年後・10年後の未来の「なりたい自分」について。「将来女部長になる!」といった仕事に関するもの、「自分の家を建てる」というお金の使い方や、「育児との両立」など、どんな目標でもいいんです。

将来どんな人間になって、どのような生活をおくりたいのか、人生について考えてみましょう。

目標を達成するための具体的な行動

未来のなりたい自分が定まったら、「目標を達成するためにすべきこと」を具体的にあげていきます。5年後・10年後の自分から逆算して、今すべきこと・3年目までにすべきこと・5年目までにすべきことも計画しておきましょう。

具体的なキャリアプランが立ったら、あとは実行にうつすのみ。理想や夢で終わらせず、実現に向かって歩んでくださいね。

理想の人生を歩むためのキャリアプランを

仕事と育児、趣味などを両立させて、充実した生活をおくるのが理想ですよね。しかしそれを夢見ているだけでは、実現が難しいこともあります。そんな夢や目標を叶えたいからこそ、「キャリアプラン」は必要なのです。

1度決めたキャリアプランを状況に応じて変化させ、最終的にゴールへ近づくよう前進していきましょう。

この記事のライター

広島県在住。ライター。恋愛・美容・ビジネス系記事を中心に執筆中。

関連するキーワード


女性 キャリアプラン

関連する投稿


後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

20代後半に差しかかると、仕事にも随分慣れが生まれて自分のポジションが確立してくる時期。後輩や同性からも憧れられるような「オフィスの華」になるのか、厄介なお局キャラになってしまうのか分かれ道となるタイミングでもあります。今回は、オフィスの華と呼ばれる女性の特徴をチェックしていきましょう。


仕事がデキる女性ってこんな人!5つの特徴を知って憧れの人に近付こう

仕事がデキる女性ってこんな人!5つの特徴を知って憧れの人に近付こう

仕事がデキる女性って、同性から見ても「かっこいいなあ……」なんて惚れ惚れしちゃいますよね。それと同時に、自分も彼女のように仕事を要領よくこなして、キャリアアップしていきたいと考えるものです。そこで今回は、仕事がデキる女性の特徴を5つご紹介します。


仕事が忙しい女性だって恋したい!相性がいい男性の特徴とは?

仕事が忙しい女性だって恋したい!相性がいい男性の特徴とは?

仕事が忙しくてなかなか恋愛ができない……。そう悩むのは男性だけでなく、女性にも多いです。そこで今回は、働く女性と相性のいい男性の特徴をご紹介!忙しくても長くお付き合いできる彼氏をゲットして、仕事と恋愛を両立させましょう。


仕事で役立つ!はたらく女性におすすめの資格を5つご紹介

仕事で役立つ!はたらく女性におすすめの資格を5つご紹介

就職や転職でアピールポイントになるものの1つが、資格。特定の資格を採用条件にしている会社もあるので、目指している業種に合うものも必要です。そこで今回は、女性におすすめの資格をご紹介!結婚・出産を経て仕事を始めようとしている方も、ぜひ参考にしてくださいね。


男社会で仕事をする女性の覚悟。経験者が働くときの心構えを解説

男社会で仕事をする女性の覚悟。経験者が働くときの心構えを解説

建設業や製造業などは男性が多い仕事ですが、「ドボジョ(土木女子)」という言葉もあるように、男社会に飛び込む女性は増えています。しかし女性を受け入れる環境が整っていない会社もあり、悩む人が多いのも事実です。そこで元ドボジョの私が、男社会で生きる女性の悩みや覚悟、仕事を続ける心がまえについてお伝えしていきます。


最新の投稿


後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

20代後半に差しかかると、仕事にも随分慣れが生まれて自分のポジションが確立してくる時期。後輩や同性からも憧れられるような「オフィスの華」になるのか、厄介なお局キャラになってしまうのか分かれ道となるタイミングでもあります。今回は、オフィスの華と呼ばれる女性の特徴をチェックしていきましょう。


悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

気にしすぎ? ただの心配性? いえいえ、そんなことありません。毎日一生懸命頑張っている人には不安と悩みがつきものなんです。働く女性がつい陥りやすい、職場や仕事を通じてのお悩みについて考えましょう。


30歳になって後悔しないために!働く女子が20代のうちにやっておくべきこと

30歳になって後悔しないために!働く女子が20代のうちにやっておくべきこと

気付けばあっという間に30歳目前! 30歳は精神的な“自立”、つまり人生の基礎を確立する時。そのためには20代の過ごし方が重要だといえます。そこで今回は、将来後悔しないために20代の働く女子がやっておくべきことについてご紹介します。


増税まであと少し!消費税が10%になるまえに買っておくと良い物って?

増税まであと少し!消費税が10%になるまえに買っておくと良い物って?

2019年10月から消費税が8%から10%に上がります。今のうちに買いだめや大きなものの購入を済ませようとしている人も多いのではないでしょうか? 中には、消費税が10%にならないものもあります。どんなものが10%にならないのか、今のうちに買っておくべきものは一体なんなのか? しっかり知っておきましょう。


働く女性が無意識に陥りがちなバイアス(思考の偏り)って?

働く女性が無意識に陥りがちなバイアス(思考の偏り)って?

いつの間にかできてしまった思い込みや偏見、思考の偏りを「バイアス」と言いますが、実はこの“バイアス”こそが自分の成長や、行動の妨げになっているかもしれません。働く女性が気づかないうちに陥りがちな、バイアスについて今回は紹介していきたいと思います。


RANKING


>>総合人気ランキング