女性のためのキャリアプランの立て方。悩みを幸せに変えるには?

女性のためのキャリアプランの立て方。悩みを幸せに変えるには?

社会で活躍する女性が増え、キラキラ輝くロールモデルに憧れを抱く女性も多いのではないでしょうか。とはいえ、どうすれば憧れのあの人のように仕事とプライベートを両立できるのか、悩むこともありますよね。そんなときに考えたいのが「キャリアプラン」です。今回は、女性のキャリアプランの立て方と立てるタイミングをご紹介します。


未来に関わる女性のキャリアの悩み2つ

「女性は家庭に入るべき」と考える人は少なくなり、出産を機に退職する人が減ったのは事実。しかしそれでも未来の結婚や出産を思うと、「どうすればいいの?」と悩む人もいます。

まずはそんな女性たちが抱える、キャリアの悩みをご紹介。共感する悩みもあるのではないでしょうか。

給与面の悩み

年代を問わず多いのが、給与の悩みです。例えば、同じ年に入社した男性や、雇用形態による給与の差。労働時間やスキルは同じなのに差があると、モチベーションも下がってしまいますよね。

また、先輩社員との差があまりない場合は、「何年働いてもお給料は上がらないのか……」と落ち込む人が多いです。

結婚・出産での悩み

結婚や出産への理解が深まってきたとはいっても、産休・育休の取得に罪悪感を感じることも。休暇を取得して復帰するときも、「職場に馴染めるのか」といった心配が出てきます。

家では家事・育児、職場では仕事となると、身体を休める時間がほとんどないことも。勤務時間を短くする「短時間正社員制度」を活用するなどして、働きやすい環境をつくることも大切です。

女性がキャリアプランを立てるタイミング

給与や結婚・出産など、悩みや不安はつきません。仕事を長く続けて社会で活躍したいからこそ、不安な今を打破したいもの。そんなときに自分と向き合えるのが、「キャリアプラン」です。

「結婚・出産を意識したとき」や「人生の節目」などのタイミングで、キャリアプランを立てましょう。

例えば「仕事も結婚もしたい」という未来を思い描くのなら、出産・育児に協力的な会社がいいですよね。妊娠する前からプランを練っておけば、妊娠した後にキャリアを諦める可能性も減るでしょう。

また、就活や転勤、昇進、転職などの節目にキャリアプランを立てるのもおすすめです。「キャリアプランを立てるのは1回まで」なんて制限はありません。そのときの自分の目標や立場などに合わせて計画してくださいね。

女性のキャリアプランの立て方

結婚・出産などのライフイベントや、節目などのタイミングで立てるキャリアプラン。「どうやって立てるの?ポイントは?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

そこで最後は、女性のキャリアプランの立て方についてご紹介します。

5年後・10年後の「なりたい自分」を考える

はじめに考えたいのが、5年後・10年後の未来の「なりたい自分」について。「将来女部長になる!」といった仕事に関するもの、「自分の家を建てる」というお金の使い方や、「育児との両立」など、どんな目標でもいいんです。

将来どんな人間になって、どのような生活をおくりたいのか、人生について考えてみましょう。

目標を達成するための具体的な行動

未来のなりたい自分が定まったら、「目標を達成するためにすべきこと」を具体的にあげていきます。5年後・10年後の自分から逆算して、今すべきこと・3年目までにすべきこと・5年目までにすべきことも計画しておきましょう。

具体的なキャリアプランが立ったら、あとは実行にうつすのみ。理想や夢で終わらせず、実現に向かって歩んでくださいね。

理想の人生を歩むためのキャリアプランを

仕事と育児、趣味などを両立させて、充実した生活をおくるのが理想ですよね。しかしそれを夢見ているだけでは、実現が難しいこともあります。そんな夢や目標を叶えたいからこそ、「キャリアプラン」は必要なのです。

1度決めたキャリアプランを状況に応じて変化させ、最終的にゴールへ近づくよう前進していきましょう。






この記事のライター

広島県在住。ライター。恋愛・美容・ビジネス系記事を中心に執筆中。

関連するキーワード


女性 キャリアプラン

関連する投稿


働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

仕事に対するモチベーションは、働く女性にとってなくてはならないもの。生き生きと働くことができれば、プライベートもより充実しますよね。しかし全員がやる気いっぱいで働いているわけではなく、なぜ働いているかわからなくなることも。そこで今回は、働く女性のモチベーションとなる3つの要素と、やる気を維持する方法をご紹介します。


「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

上司や取引先などで、年上の男性とのやり取りをしていると「女性だから」「若いから」という理由だけでなめてかかってくる人がいます。どう対処したら良いのでしょうか?


第二の人生をプランニング。女性のセカンドキャリアはいつ頃に考える?

第二の人生をプランニング。女性のセカンドキャリアはいつ頃に考える?

一生今の生活が続くわけじゃない。長い目で考えた第二の人生・仕事を今からプランニングしよう!


男性社員が多い社内での振る舞いは? 男社会で仕事をする女性の覚悟と心構え

男性社員が多い社内での振る舞いは? 男社会で仕事をする女性の覚悟と心構え

建設業や製造業などは男性が多い仕事ですが、「ドボジョ(土木女子)」という言葉もあるように、男社会に飛び込む女性は増えています。しかし女性を受け入れる環境が整っていない会社もあり、悩む人が多いのも事実です。そこで元ドボジョの私が、男社会で生きる女性の悩みや覚悟、仕事を続ける心がまえについてお伝えしていきます。


AIの発展は、今後キャリアにどう影響する? シンギュラリティはあるのか

AIの発展は、今後キャリアにどう影響する? シンギュラリティはあるのか

前回は「AIに代替されにくいスキル」について紹介をしましたが、今回はそれに引き続き、AIはどこまで発展するのか、「シンギュラリティはあるか?」というテーマについて考察していきたいと思います。


最新の投稿


シミやくすみ悩みなら「飲む医薬品」がおすすめ!選び方3つのポイント♡

シミやくすみ悩みなら「飲む医薬品」がおすすめ!選び方3つのポイント♡

お肌の透明感やシミ、毛穴が気になる・・・毎日のスキンケアをもっとアップデートさせたいなら、内側からお肌をケアする「飲む医薬品」がおすすめです♡ エステに通うのは難しい、でもスキンケアをしっかりしたい!そんな方は必見です!


入社すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された!すぐに転職すべき?

入社すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された!すぐに転職すべき?

業績不振などを理由に「給与カット」「ボーナスカット」というのは実はよくある話。長年働いた会社であれば今までの信頼関係もあり、耐える事ができる局面ですが、入社後すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された場合はどうするべきなのでしょうか?


「社内副業」って何?目的やメリットデメリットを解説!

「社内副業」って何?目的やメリットデメリットを解説!

社内で別の仕事をする「社内副業」って知っていますか?今までは副業を禁止する企業がほとんどでしたが、現在では副業を解禁する企業が増えています。さらには、自社内で副業を認める「社内副業」まで登場しました。このよう働き方の変化には、どのような背景があるのでしょうか。


それ「社内ストーカー」かも!最近増えてる会社内での付きまといや監視とは?

それ「社内ストーカー」かも!最近増えてる会社内での付きまといや監視とは?

最近「社内ストーカー」という行為が増えているそうです。社内での付きまといや、監視、待ち伏せなど、は珍しい事例ではないようです。今回は近年増える社内ストーカーの実態や、被害にあった時のどうすればいいのかをご紹介します。


あの二人怪しい…社内不倫している人のあるある行動

あの二人怪しい…社内不倫している人のあるある行動

不倫は職場で起こりやすいと良く聞きますが、同僚は意外と気づいている事が多いです。今回は「社内不倫している人のあるある行動」を紹介します。こんな2人を見かけたらあなたならどうする?


RANKING


>>総合人気ランキング