眠りは千差万別。 日中のパフォーマンスを上げるための睡眠知識

眠りは千差万別。 日中のパフォーマンスを上げるための睡眠知識

一日の疲れを癒し、翌日の仕事に向け体を整える。ビジネスパーソンにとって欠かせないのが「睡眠」です。ですが、よく寝たのになんだかすっきりしない……。そんな経験はありませんか? 今回は眠りについて考えていきましょう。


一日の疲れを癒し、翌日の仕事に向け体を整える。ビジネスパーソンにとって欠かせないのが「睡眠」です。ですが、よく寝たのになんだかすっきりしない……。そんな経験はありませんか? 体に溜まった疲れをなかなかうまく解消できておらず、翌朝も疲れを持ち越してしまう。そんな時は、日中の業務をいつもと同じようにこなそうとしても、眠気によりパフォーマンスを発揮することができません。

では、どのように睡眠と向き合えばいいのでしょう? 睡眠の知識を共有していきましょう。

お昼過ぎの眠気は誰にでもおこる! スケジュールの入れ方に工夫をしよう

仕事をしていて、もっとも眠くなる時間がお昼過ぎです。
この時間は、たとえ睡眠が足りていたとしても眠気が襲ってくるケースもあります。なぜ眠くなるのか? そう考えた時によく挙げられる意見が「お昼ご飯を食べたから」というものです。

しかし実はこれは違っていて、お昼休憩をとり終わった14時ごろ眠気が強くなるのは「アフタヌーンディップ」と呼ばれるヒト固有の生理機能によるものなのです。お昼ご飯を食べても、食べなくても、そして睡眠をしっかり確保したとしても眠くなりやすい時間帯であるということなのです。

午後の眠気はどうしても避けられないものなので、素直に受け入れることが大切です。お昼を食べたあとだからと、午後早めの時間帯に大事な予定をあげるのは実はオススメしません。
パフォーマンスを向上させたいのなら、「お昼を過ぎた時間帯には注意力を必要とする業務を入れない」のが得策でしょう。逆に、大事な仕事を入れるなら集中力が高まりやすく比較的静かな午前中を使うと良いでしょう。

年齢が上がるにつれ睡眠時間の確保が必要

お昼眠くなるのはわかったけど、「そもそも眠りの質が悪いのかも……」と思っている人もいるかもしれません。

実は年齢を重ねていくと、体力と同じように「眠る力」も低下していく傾向にあります。眠りが浅くなったり、寝ている途中に目を覚ましたりと、今までとは違う変化が出てきます。誰でも歳を重ねるとともに睡眠のパターンが変化するのにも関わらず、変わらない睡眠を続けてしまうことによって、結果、知らず知らずのうちに睡眠不足に陥ってしまうのです。

睡眠不足は、集中力や思考力、記憶力の低下を招くだけではなく、免疫力も下がってしまうので長く続くことによって体調を崩しやすくなってしまいます。
それを防ぐためには、積極的に睡眠時間の確保をしなければなりません。ここで重要なのが、2種類の眠りです。

精神と神経の乱れを整える「レム睡眠」、疲労を取り除く「ノンレム睡眠」と呼びます。この2つは90分おきに交互に訪れ、寝入ったばかりはノンレム睡眠から入ります。しかし、年齢が上がるにつれ、このノンレム睡眠の時間が減り、レム睡眠が多くなるのです。つまり、寝ても疲れが取れない現象はノンレム睡眠の短さが要因にあるのです。

積極的に睡眠を取らなければいけないのに、長い時間眠れなくなってしまう……。これはかなり困った状況です。ここで大事なのが「眠活」です。香りの力に頼るのもよし、日中の行動量を増やすのもよし、眠くなるまで寝ないのも得策です。ひとそれぞれ心地の良い眠り方があるので、色々試してみると良いでしょう。

翌日の疲れを持ち越さない。「眠活」で睡眠の質を向上させよう♡

https://cinq.style/articles/1512

朝起きて、体がダルかったり重かったり……寝起きの状態が悪くなってはいませんか? 健康的に過ごしてパフォーマンスの高い仕事をするためにも、睡眠はとっても大切なのです。朝活・夜活などとアクティブに動くことが始めることが難しい人ほど、まずは「眠活」に力を入れてみて。

人それぞれ違う、「適切な睡眠時間」

睡眠の質は、体質と環境を掛け合わせて決まるので、人それぞれに質が違います。
よく「8時間睡眠がベスト」という耳にしますが、ショートスリーパーと言われるように短い睡眠時間の方が自分に合っている、という方もいます。今の自分は一体どれくらいの睡眠がちょうど良いのか、を知っておく必要があります。

そこでおすすめなのが、睡眠を記録すること。入眠時間・起床時間から算出した睡眠時間と目覚めたときの感覚、日中のパフォーマンスを数日間記録すると、自分に合った睡眠時間が見えてきます。また、寝る前にスマホを触ったなど、外的要因も合わせて記録することで、眠りの妨げになっているものも見えてきます。

【睡眠知識】8時間寝ても眠いorダルさが抜けない人はどうすればいい?

https://cinq.style/articles/2581

皆さんは毎朝、スッキリと目覚めることができていますか? 睡眠時間をしっかりとったはずなのに、なぜか起きがけ体がダルい、疲れが取れていない、眠気が一日中取れない…ということがあるのであれば、一度自分の「睡眠」を見直してみてください。

自分の眠りと向き合おう

千差万別である「眠り」。何よりも自分の体は自分にしかわからないものです。どんな睡眠をすれば日中のパフォーマンスが上がるのか、自分とよく向き合う必要があります。

質の良い眠りはビジネススキルの一つと考え、自分の眠りと向き合う時間を作ってみてはいかがでしょうか?

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


眠活 睡眠

関連する投稿


翌日の疲れを持ち越さない。「眠活」で睡眠の質を向上させるには?

翌日の疲れを持ち越さない。「眠活」で睡眠の質を向上させるには?

朝起きて、体がダルかったり重かったり……寝起きの状態が悪くなってはいませんか? 健康的に過ごしてパフォーマンスの高い仕事をするためにも、睡眠はとっても大切なのです。朝活・夜活などとアクティブに動くことが始めることが難しい人ほど、まずは「眠活」に力を入れてみて。


7時間寝るのは最低ライン?! 働く人ほど睡眠時間を確保しなければならない理由

7時間寝るのは最低ライン?! 働く人ほど睡眠時間を確保しなければならない理由

規則正しい生活を送ることは、健康を維持するための基本。ですが、皆さんは毎日のスケジュールの中から何時間を睡眠にあてていますか? 実は日本人の睡眠時間は世界と比べてもとても短いのです。今回は仕事を頑張る人ほど眠活をするべき理由について紹介します。


頭がよくなりたい人こそ睡眠にこだわりを! 睡眠時間をとるメリット

頭がよくなりたい人こそ睡眠にこだわりを! 睡眠時間をとるメリット

皆さんはしっかりと睡眠を取っていますか? 普段、「仕事が終わらないから」睡眠時間を削っている方は注意が必要かもしれません。今回は睡眠時間をしっかりと確保することのメリットを紹介していきたいと思います。


午後の眠気は正常な証⁉︎ 仕事中に眠気が襲ってきた場合の対処法

午後の眠気は正常な証⁉︎ 仕事中に眠気が襲ってきた場合の対処法

午後、急に眠気が襲ってきてあくびが止まらなくなってしまうことってありますよね。会議もぼーっとしてしまうし、資料作りもままならない。そんな時の対処法貢いて紹介していきます。


【睡眠知識】8時間寝ても眠いorダルさが抜けない人はどうすればいい?

【睡眠知識】8時間寝ても眠いorダルさが抜けない人はどうすればいい?

皆さんは毎朝、スッキリと目覚めることができていますか? 睡眠時間をしっかりとったはずなのに、なぜか起きがけ体がダルい、疲れが取れていない、眠気が一日中取れない…ということがあるのであれば、一度自分の「睡眠」を見直してみてください。


最新の投稿


恋人はいてもいなくてもいい。恋愛お休み期間が長くても自分らしく過ごすコツ

恋人はいてもいなくてもいい。恋愛お休み期間が長くても自分らしく過ごすコツ

彼氏はほしいけれど、ガツガツ攻めるのも苦手……。恋愛をお休みする時間が長くなりはじめても今は焦らず、彼と出会う日をゆっくり待ちましょう♩


【キャリア志向は4タイプに分かれる】理想的なワークライフバランスって?

【キャリア志向は4タイプに分かれる】理想的なワークライフバランスって?

仕事と生活の調和として「ワークライフバランス」の見直しをする機会が増えました。とはいえ「仕事と生活のバランス」は人によって違います。では、あなたにとって理想のワークライフバランスとは、一体なんなのでしょうか?


お仕事バッグの中身をリアル公開♡ 整理整頓術を身につけて、無駄をなくす習慣を

お仕事バッグの中身をリアル公開♡ 整理整頓術を身につけて、無駄をなくす習慣を

重くて持ち歩きが辛い…とつい弱音を吐きたくなるような重量感あるお仕事バッグ。「必要なもの」の他に、「無駄なもの」は入っていませんか? 整理整頓術を身につけて、快適なお仕事バッグを作りましょう♡


もしかして生理前? なぜかイライラしてやる気が起きない時の対処法

もしかして生理前? なぜかイライラしてやる気が起きない時の対処法

女性はホルモンバランスの関係で、怒りたくないと思っているのに、心がコントロールできず、なぜかイライラしてしまうこともありますよね。そんな時は、〇〇をすることで自分の感情をコントロールすることができるかもしれません。そこで今回はイライラする時、やる気がおきない時の対処法をご紹介します。


ベースメイクもノンシリコンが主流に⁈ ローラ メルシエの新ベースが凄い

ベースメイクもノンシリコンが主流に⁈ ローラ メルシエの新ベースが凄い

時間が経つとファンデーションがドロッと溶けてしまう…。それ、もしかしたらシリコンが原因かも? そんな悩みを解決するのがローラメルシエの新ベース。メイクのキープ力とスキンケア効果を両立し、肌の質感を自在にカスタマイズするパーソナル志向のプライマー。一体どんな秘密が隠されているのでしょうか?


RANKING


>>総合人気ランキング