再び、寂しさが募る30代。仕事とプライベートの黄金比を導き出す方法

再び、寂しさが募る30代。仕事とプライベートの黄金比を導き出す方法

30代になったら、仕事はセーブするべき?それとも何も気にせず、このまま走っていくべき?結婚の予定がなくても、これからについて、ゆっくりと考えましょう。


自立できたからこそ、これからどうすればいいのか分からない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

25歳の結婚ラッシュ時には「まだまだ仕事をがんばりたい」と思えていた。だから今の私がいて、それなりに自立した暮らしもできている。

ところが30歳がみえはじめる(過ぎていくと)、再び、結婚をするのかどうか、出産にチャレンジするのかどうかを考えなければいけない時期に差し掛かってきます。

仕事で重要なポジションに就いていると、余計にプライベートをどうすればいいのか分からない。でも今すぐ運命の人と出会えるわけじゃない。

仕事とプライベートのベストバランスを導きだせたら、少しは楽になれるはず。

叶う前提で、理想の未来を考えてみる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

理想の未来を考えないまま、ただなんとなく生きていくのは納得がいかない。けれど絶対に叶えてみせると思えるだけの精神力が残っていないというのが、30代前後ならではの感覚ではないでしょうか。

体力も気力も、確実に30代に向かって下がっていきます。とはいえ、自分がどうなりたいか、輪郭だけでも決めない限り、いつまでもモヤモヤしたままですよね。

たとえば「出産するかどうかは分からないけれど結婚はしたい」なら、自分とよく相談して締め切りを考えるのです。

30歳から35歳までは仕事をがんばって、その後に休養も兼ねてプライベートの時間をとりたい、と思うなら、そのプラン通りに進んでいくように対策を考えます。35歳になるまでは自然な流れで出会えるように祈りつつ、どうしても出会えないなら、周りに紹介してもらう方法もあります。

「どうせ、叶わない」ではなく「叶う前提」で、まずは理想の未来を考えてみましょう。

優先順位をハッキリさせる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

30歳まで独身でい続けると、自分の生活ペースがはっきりします。友達と一緒に過ごすときも「〇時から〇時まで」と時間を区切って、ダラダラ過ごさないように決めている人も多いはずです。

きっと、自分というものがハッキリしてきたからこそでしょう。ただ、ひとりでいる時間が長いというのもあって「そろそろ出会ってもいいんじゃないか」「もういい加減、結婚したっていいじゃん!」と感じはじめるのも、30歳前後あたりです。

いろいろと疲れてきたから、結婚や出産へとシフトしていく。それもひとつの人生ですが、今までがんばってきたからこそ、これからも流れるままというより、基本的な優先順位を決めておくべきでしょう。

仕事が最優先なのか。プライベートを優先とするのか。人によって答えは違います。もちろん、優先順位を急遽、変更せざるを得ない出来事も人生には起きます。

ただ今のところ緊急的に解決すべき問題がとくにないようなら「私はこういう順番で優先していきます」という方針を決めておいても損はしないはずです。

どちらかではなく「どちらも」の選択肢も検討してみる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

昔とは違い、今は結婚かプライベートかの2択ではありません。多くの女性が奥さん業やママ業と仕事を両立させています。ただし女性だけに負担がかかっているのは事実で、筆者の周りでも「なんで私だけ、こんなにがんばらなきゃいけないの」と、もがいている人たちもたくさんいます。

ただ、奥さんになろうとママになろうと私は仕事をがんばりたい、という強い意思があれば、周りも協力してくれるはずです。お互いに経済力が安定していれば、有料サービスを利用することで解決できる問題もあります。

夫婦二人だけでどうにかするのではなく、様々な支援を考えつつ、ハードワークな日々と奥さん業、場合によっては、ママ業まで両立できるように、目指してみるのもあり。

1回きりの人生です。少しよくばったって、誰も怒りません。自分にとって理想の未来に向かって突き進んでいく姿は、必ず他の誰かにとっても励みになっているのです。

ゆっくり、ゆっくり、一歩ずつ。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

30代がみえはじめると、再び不安に襲われはじめます。私はこれでいいのか。このまま一人だったら、どうしようか。ぐるぐると考えているうちに呼吸が浅くなり、頭が重たくなっていませんか?

人生の中でも重要な時期(これからどう生きたいのかを選択する時期)だからこそ、今は焦らずに、一歩ずつ前に進んでいきましょう♡

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連する投稿


できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

何をやっても続かない。そんな自分に泣きたくなる夜もあるのでは?そろそろ、長く働ける居場所を見つけられるように準備をはじめてまいりましょう。


「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは株式会社ランクアップ マナラ化粧品の瀧澤朋美さん。仕事と子育てを上手に両立して働き続けていらっしゃる素敵な女性です。入社のきっかけは『ホットクレンジングゲル』との出合いだったそう。


【最終回】コツコツ続けるのが苦手…。 短期的な目標を味方につけて、習慣化する方法|MY WORK ヒント#100

【最終回】コツコツ続けるのが苦手…。 短期的な目標を味方につけて、習慣化する方法|MY WORK ヒント#100

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第100回目は、小さな習慣を味方につけて継続力を作るヒントを考えます。


“タイムリー”な相談は気持ちがブレる原因!? 事後報告で行動するメリット|MY WORK ヒント#99

“タイムリー”な相談は気持ちがブレる原因!? 事後報告で行動するメリット|MY WORK ヒント#99

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第99回目は、相談をその都度周りにするデメリットと、事後報告のメリットを考えます。


やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第98回目は、時間をかけて行動したり工夫したりしたけれど、効果がなかった営業についてご紹介します。


最新の投稿


できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

何をやっても続かない。そんな自分に泣きたくなる夜もあるのでは?そろそろ、長く働ける居場所を見つけられるように準備をはじめてまいりましょう。


どうか長く続いていきますように。温かいご縁を紡いでいく3つの習慣

どうか長く続いていきますように。温かいご縁を紡いでいく3つの習慣

出会いと別れを繰り返すことは分かっているけれど、できれば、ひとつひとつのご縁を大切にしながら生きていたいですよね。今回は、温かいご縁を紡いでいく3つの習慣をご紹介します。


意味のわからないメールでイラッ! 相手に伝わるメールの作り方

意味のわからないメールでイラッ! 相手に伝わるメールの作り方

「このメールは何を伝えたいのかわからない……」他人から送られてきたメールの意味が理解出来ず、イラっとした経験はありませんか? しかし、そんなわかづらいメールを自分でも送っている可能性があります。相手に伝わるメールのポイントを作り方を知っておきましょう。


なめらかツヤ感、メリハリフォルム。誰もが見惚れる美脚の作り方

なめらかツヤ感、メリハリフォルム。誰もが見惚れる美脚の作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「脚」について紹介します。


便利すぎてビックリ!働く女性にぴったりの最新・文具アイテム

便利すぎてビックリ!働く女性にぴったりの最新・文具アイテム

「使い勝手が悪い…」「こんな機能のあるアイテムが欲しい」。暮らしの中で「もっと」を求めてしまうことってよくありますよね。今回はCinq取材陣が、文具の最先端をいく『第30回 国際 文具・紙製品展 ISOT(イソット)』で発見した、最新の高機能アイテムをご紹介! これがあればあなたの生活が少し楽になるかも?!


RANKING


>>総合人気ランキング