テレアポのプロに聞く! 電話営業で成功するためのコツ

テレアポのプロに聞く! 電話営業で成功するためのコツ

新規の仕事を取ってくるときにまず最初に行う業務といえばテレアポ。会ったことがない人に電話をかけ、その場でアポや申込を取るのは簡単ではありません。そこで、今回は株式会社カスタマーリレーションテレマーケティングのマネージャー小松 茜さんにテレアポの極意についてお伺いしました。


営業活動の第一歩「テレアポ」

新規の仕事を取ってくるときに、まず最初に行う業務といえばテレアポです。メールでアポを取ったり、web広告を作ってそこから申込をしてもらうなど、いまはさまざまな営業方法がありますが、電話で自分の会社が取り扱っている商材を直接アピールをすることは、スピーディーに受注に繋がるため多くの営業が経験しているのではないかと思います。

ですが、知らない人にいきなり電話をかけ、その場でアポイントや申込を取るのは簡単ではありません。いつも通りやっているつもりでも、良い結果が出ないと悩んでいませんか?

そこで、今回はコールセンター運営事業を行っている、株式会社カスタマーリレーションテレマーケティングのマネージャー小松 茜さんにテレアポの極意についてお伺いしました。プロならではの会話テクニックを学びましょう!

株式会社カスタマーリレーションテレマーケティング
マネージャー 小松 茜

トークスプリクトのチェック・イメージは念入りに!

電話をかける前に意識していること

まず初めに受注ができるイメージトレーニングを必ずしています。「このお客様には、こういった形でご案内し、こういう風に着地を取る」のように電話をかけ始めたときから終話までの受注のイメージを膨らませておきます。何も準備しないで電話をかけてしまうと、思わぬ質問されたときに、しっかりと返答をすることができず、何のために電話をしたのかが分からなくなってしまいます。

また、伝達手段が声であることも大きいです。顔が見えない分、言葉遣いには細心の注意を払うことです。話していく中でフランクな口調になるのは良いですが、馴れ馴れしくするのは違います。トークスプリクトは毎回同じ内容ですが、必ず読み合わせをしてから電話をかけるように意識付けています。

間違いやすい言葉遣い

確認をするときによく使う言葉で「よろしかったでしょうか?」が間違いやすいですね。
正しくは「よろしいでしょうか」です。ですが「よろしかったでしょうか?」は日常的に聞いていても違和感を感じない節があるので、誤って使ってしまう人が多いですね。

声だけのコミュニケーションになるので、一言一言が大事になってきます。違和感のある日本語を使ってしまうと「この人、日本語を正しく使えていない」とマイナスな印象を与えることもあります。

電話をかけ始めた時に気を付けるべきポイント

「私に時間を割いてもらっている」ことを念頭に置きながら、元気でメリハリのあるトークを意識します。長ったらしく説明をしてしまうと、お客さんは頭に入ってきません。
「一体何の用で電話をかけてきたの?」と言われた時に「~の件でご連絡しました」と、シンプルに伝えることが大切です。

また、簡潔で伝えやすい返しや質問に対しては、時間をかけて待たせずに、即答できるように備えています。先ほどの事前準備をしっかりできていれば、困ることはそう多くないはずです。
電話をかけた理由を伝えた上で、もうひと押しで興味をもってくれそうだと感じたら、時間を割いてでもメリットになるお話であるということを自信を持って伝えます。そうすることで、受注に繋がる確率がアップします。

法人営業の際、受付を突破したいときにするべきことは

電話口に出られた方は、決裁者でないことが多いので、担当者に繋いでもらえるよう「何の件なのか?」を簡潔に伝えています。営業だとわかった瞬間に、切られてしまうこともありますが、回りくどい伝え方であったり、担当の方を拘束させないように結論から伝えます。

また時間設定をしっかりと行い、次回担当者に繋げることは大事です。例えば、外出をしているのであれば「何時ごろにお戻りでいらっしゃいますか」と質問しておくこと。戻り時間に繋げてもらえるかもしれません。次に繋がる動きを癖づけてほしいですね。

上手くいかない時期にして欲しい行動

トークスプリクトの原点に戻って、忠実に実行してみることが良いと思います。テレアポに慣れてくると、自分なりのアレンジが加わってしまい、お客さんに言われた意見を鵜呑みにして迷ってしまうことがあります。

例えば「お申込み、宜しくお願いします」と「ぜひこの機会に宜しくお願いします」では受け取り手の印象が変わります。【お申込み】という具体的なワードが入っているかいないか、それだけで受注率が変わるのです。

上手くいかないときの原因は色々とありますが、最終的に必要なのはトークの修正です。
「入社直後は件数を取れていたのに、半年経つといつも同じようにやっているはずなのになぜか上手くいかなくなった」と部下から相談を受けることが多いです。ですが、録音したものを聴いてみると、いらない文言が入っていたりするので、自分のテレアポを録音して上司にチェックしてもらうことをオススメします。

あとは、「自分だったらどうする?」と色んな人に聞いてみて、私の対応は正しかったのかどうか突き詰めることで見えてくるものがあります。自分だけで抱えこまないで欲しいですね。

テレアポの魅力

色んな人とコミュニケーションを取る仕事です。同じ世代の方であっても、さまざまな人生経験を積まれていることが話していくとわかることがあります。声だけのやりとりになるので「真面目な方なのかな?」と相手のイメージをするのがとても楽しいです。
何よりもたくさんのライバルがいる中で、私に向けて言ってもらえる「あなたで良かった」がモチベーションに繋がります。

時には、電話をしていて怒られることもありますが、私の場合電話を切った後に笑うようにしています。怒られたとしても、また次の会社に電話をかけないといけないので、切り替えるためにも「やってしまった、仕方ない」という意味合いで笑いを取り入れます。
気持ちとモチベーションは声に出るので、落ち込んでいると次に電話をかけたときに暗い印象を持たれてしまうのです。たとえ対面でなくても、笑顔を絶やさないことは大事だと思います。

テレアポの魅力は、空気を読まないことが強みになることです。

相手に必要ないと断られたとしても「なぜですか?」と聞くことで欲しい情報が手に入ります。空気を読めすぎる人だと「この人は断ってくるな」と先入観が出て、行動や発言に表れてしまうのです。先入観にとらわれず、伝えたいことを伝えられることがテレアポでは強みです。
なので、上手くいかないからといって「自分にはコミュニケーション能力がない」、「この仕事には向いていない」とネガティブになるのではなく、自信を持ってほしいですね。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


「ずっとコンプレックスだったものが武器になった」ウーマンダイアローグ #39

「ずっとコンプレックスだったものが武器になった」ウーマンダイアローグ #39

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、株式会社ウィルオブ・スポーツ スポーツビジネス部の小嶺美沙樹さん。2019年には仕事と両立しながら『ミス・ユニバース・ジャパン』に挑戦し、見事沖縄代表に選ばれた素敵な女性です♡


女性営業はうまくかわすスキルを身につけないといけない? #これってハラスメントですか?

女性営業はうまくかわすスキルを身につけないといけない? #これってハラスメントですか?

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は先輩からこんな助言を受けた人のお話。


アナタに向いてる副業は?一日数時間で始められる副業コンテンツ

アナタに向いてる副業は?一日数時間で始められる副業コンテンツ

働き方が多様になりつつある今。もしあなたが副業を始めるなら何をすればいい?一日数時間でできる、タイプ別おすすめの副業コンテンツをご紹介!


トラブルをうまく切り抜ける! 言いづらいことを上手に相手に伝える3ステップ

トラブルをうまく切り抜ける! 言いづらいことを上手に相手に伝える3ステップ

ビジネスシーンでは上司や部下、クライアントに対してでさえ、言いづらいことを伝えなければならない場面がやってくることがあります。そんなときに身に着けておきたいのが、言いにくいことをスマートに伝えるスキルです。今回は、その伝え方についてご紹介します。


経験・スキルを活かしたボランティア「プロボノ」活動をするメリット

経験・スキルを活かしたボランティア「プロボノ」活動をするメリット

「プロボノ」とは、スキルや専⾨知識を持つビジネスパーソンとなる人たちが社会的・公共的な⽬的のために生産性のあるボランティア活動を行うことを指します。けれどどうして、立派な経験やスキルを持った人が今になってボランティアを行うのでしょうか? 関心が高まる「プロボノ」のメリットについて考えていきましょう。


最新の投稿


婚活は焦る必要ナシ!自分にあったパートナーを選ぶコツ

婚活は焦る必要ナシ!自分にあったパートナーを選ぶコツ

恋活・婚活・妊活、現代女性は公私共に求められるものが多いですね。だからといって何事にも焦りは禁物。ご自身の婚活に迷いが生じた時こそぜひ考えて欲しい、自分にあったパートナー選びのコツをご紹介します。


心理学が解説! マンネリや喧嘩の繰り返し…夫婦の結婚生活がうまくいく方法

心理学が解説! マンネリや喧嘩の繰り返し…夫婦の結婚生活がうまくいく方法

「小さなことでケンカしてしまう」「マンネリしてしまってドキドキも変化もない」結婚生活というものはなかなかうまくいかない場合があります。そこで今回は結婚生活がうまくいく方法について紹介。心理学できちんと証明された実験を通して、あなたの結婚生活の満足度を高めます。


急な環境変化にも。キャリアの鍛え方がわかる「履歴書の書き方」をおさらい

急な環境変化にも。キャリアの鍛え方がわかる「履歴書の書き方」をおさらい

環境の変化により、突然会社を辞めなくならなくなってしまったり、転職活動が必要になることもあります。そこで今回は転職活動の基礎となる「履歴書と職務経歴書の書き方」をおさらい。


覚えておいて損はナシ!人間関係をスムーズにさせる断り方

覚えておいて損はナシ!人間関係をスムーズにさせる断り方

友達や知人からやってきた乗り気でないお誘い、仕事の急な依頼、興味のない人からのアプローチ。私たちには時にこうした、即イエス!とは言い難い場面に遭遇します。うまく乗り切れれば良いのですが不器用な方だと、ちょっとした言い回しや断り方で余計に相手との関係に亀裂が生じることも……。


いつまで続けるか悩む…。働く女性が仕事を「辞める」決心がつく時は

いつまで続けるか悩む…。働く女性が仕事を「辞める」決心がつく時は

「今の仕事をいつまで続けよう……」なんて悩んでいませんか?職場環境や仕事へのやりがい、ライフイベントなど、その原因はさまざまです。そこで今回は、退職を考えるタイミングと転職率から、働く女性は今の仕事をいつまで続けるべきなのかを解説します。


RANKING


>>総合人気ランキング