説得力を味方につける! 権威者や専門家の言葉を利用する方法

説得力を味方につける! 権威者や専門家の言葉を利用する方法

提案や会議などで、上司と反対の意見を持ったとき、一体どうすれば上司に理解してもらえるのか、説得ができるのかと悩んだことはありませんか? そんな時は自分の言葉でなく権威者や専門家の言葉を利用することです。今回は「ヒューリスティック」という心理を利用した説得法を取り入れましょう。


説得力の強化に! 「権威者・専門家」を利用する方法

会議や提案などの場で、上司と自分の考えが合わずにヤキモキした気持ちを持ったことのある人は多いのではないでしょうか? 経験だけでいうと上司が上であることは間違いありませんが、上司の判断や決定が必ずしも正しいわけではありません。自分より上の立場である人を説得したいと思った時は、自分の言葉だけではなく権威者や専門家の言葉を利用するようにしましょう。今回は説得力の強化に使うことができる、ヒューリスティックという心理についてお教えします。

ヒューリスティックとは?

ヒューリスティックというのは、人が問題解決等のための意思決定を行う際に、無意識に使っている意思決定法のことを指します。その一つが権威者・専門家の意見です。社長の指示や医師のアドバイスに逆らえない心理などがこれに当たります。

500万人のユダヤ人を強制収容所に送り込んだ小心者

その事例として、ナチのホロコーストを紹介します。
人の命を奪うことは許されるものではありません。ところが、人は権威者の指示があるとそんな無茶な要望にも積極的に従うようになってしまいます。
ナチのユダヤ人収容所では800万人から1200万人が殺害されました。ユダヤ人を収容所に輸送する最高責任者であったアドルフ・アイヒマンは、数百万人(自分では500万人と述べています)のユダヤ人を収容所に送り込みました。第二次世界大戦後、アドルフ・アイヒマンは、密かにアルゼンチンに逃亡して、偽名を使用して、様々な職を転々として、身分を隠しひっそり暮らしていましたが、ナチスハンターに捉えられます。

私たちは、数百万人もの人間を殺害することに加担するということは異常な行動であると考えますが、アイヒマンは異常人格者だったのでしょうか?
裁判で明らかになったアイヒマンは人格異常者などではなく、真面目に職務に励む一介の平凡な公務員でした。

このことから、ナチスの戦犯たちは人格異常者など特殊な人物であったのか、それとも善良な市民であっても、上部から集団虐殺の命令があると、誰でもその命令に従い、残虐行為を犯すものなのかという疑問が巻き起こりました。

そこで、S・ミルグラムという心理学者が実験でこの現象について明らかにしました。被験者を教師役にして、スタッフをサクラとして生徒役にしました。研究者であるミルグラム(権力者役)は教師役の被験者に対して、クイズを生徒役に出題して、間違えるたびに生徒役に電気を流すように指示しました。しかも、間違えるたびに流れる電気を強くするように指示しました。そして、最高レベルでは、死に至ることもあると説明をしました。
実験が始まり、通電されるたびに生徒役のスタッフは苦痛の声を上げ、実験を中止するよう懇願しました。普通なら、このような中で、恨みも怒りもない他人に自分の手で苦痛を与えることはありえないことです。最後まで実験を続けた人はどのくらいいたでしょうか?
研究グルーブのメンバー全員がほとんどいないと考えていました。けれど、実際は、半数以上の6割の人が死に至る可能性のある最後まで実験を続けました。しかも、実験を楽しんでいた被験者もいたというのです。人間の残虐性が明らかになった瞬間です。また一方で、権力者の指示には逆らえないという証明にもなりました。

「権威者・専門家」の利用法

筆者も、機械メーカーのユーザー会の事務局長として、昔から、権威者・専門家を仕事に使ってきました。例えば、ユーザー会の講師には、有名企業の経営者にお願いしました。自社が顧客満足を経営理念としていたため、有名講師に顧客満足の重要性を語ってもらうのです。また、現在でも認定心理士として心理理論について説明しています。こうすることで、説得力が向上します。そこで、この心理傾向の使い方を、整理してみましょう。

【権威者・専門家を登場させる】

例えば、サプリメントのCMに有名病院の専門医にコメントしてもらうような方法です。サプリメントの成分の必要性について語ってもらうことで、説得力が向上します。筆者自身も認定心理士ですから心理学の専門家ということになります。

【権威者・専門家のコメントを掲載している媒体を使う】

営業の資料として権威者・専門家のコメントが掲載されている新聞や雑誌の掲載記事を使って説明する方法です。また、記事を書く場合は「〇〇テレビの○○という番組で紹介されましたが……」というように話を展開すると、説得力が上がります。

ただし、サイトやパンフレットに記事を掲載する場合は、著作権の問題があるので、媒体に連絡をして事前に承諾を得る必要があります。

【理論を裏付けにする】

説得材料としては、理論を裏付けにする方法があります。理論を証明した学者の名前や理論の内容を使うことで、説得力を上げる方法です。この記事でも「人間は権威者に逆らうことができません」と表現するのは、書き手の考えにすぎません。ところが、「心理学者のミルグラムが実験を通じて権威者の影響力について証明しました」と表現をしたほうが説得力は大きくなります。
同じように、論文を使って、ロジックを展開する方法もあります。また、国勢調査などのデータを裏付けにすることもあります。

以上のように、権威者・専門家の発言の影響力は極めて大きく、営業マンやマーケター、広告マンとしては、これを利用しない手はありません。また、社内プレゼンにも使えますので、上司と意思疎通ができないと悩んでいる人はぜひチャレンジしてみてください。






この記事のライター

メンタルナビ代表・認定心理士です。
心理学の素晴らしさをお伝えするため、書籍やweb記事の執筆とアドバイスをしています。

関連する投稿


明確な指示をしない上司に困惑…で、どうしたらいいの?の対処法

明確な指示をしない上司に困惑…で、どうしたらいいの?の対処法

20代社員が「上司の指示が伝わりづらい」と悩む事は意外と多いです。そのなかでも上司に対して特に不満を感じるのが「指示が曖昧で分かりづらい」こと。上司の方にも言い分はあるでしょうが、指示が伝わらなければ、結局お互いに困るため、業務がスムーズに進むように工夫が必要です!今回はそんな時の対処法を紹介します。


嫌ならNO!飲み会を上手く断る方法とNGな断り方

嫌ならNO!飲み会を上手く断る方法とNGな断り方

飲み会に「気が乗らない」「時間とお金の無駄」と感じる人が増えているようです。かつては職場の飲み会は円滑に仕事を進めるための潤滑剤だと思われていましたが、今は家族や趣味、自分の時間を大切にしたい人が増えています。とはいえ断り方がまずいと、上司からの評価が下がってしまうかも…自然な断り方をマスターしましょう!


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

上司、同僚、部下。あなたは職場で働く人たちと良好なコミュニケーションが取れていますか? 職場環境を良くしよう、オフィス改革だ、なんて取り組みも最近盛んになってきてはいるものの、多くの時間を過ごす“職場”では結局、人間関係が一番大事だったりします。今回は職場での雑談力を高める「褒める」力についてです。


「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

上司や取引先などで、年上の男性とのやり取りをしていると「女性だから」「若いから」という理由だけでなめてかかってくる人がいます。どう対処したら良いのでしょうか?


最新の投稿


シミやくすみ悩みなら「飲む医薬品」がおすすめ!選び方3つのポイント♡

シミやくすみ悩みなら「飲む医薬品」がおすすめ!選び方3つのポイント♡

お肌の透明感やシミ、毛穴が気になる・・・毎日のスキンケアをもっとアップデートさせたいなら、内側からお肌をケアする「飲む医薬品」がおすすめです♡ エステに通うのは難しい、でもスキンケアをしっかりしたい!そんな方は必見です!


入社すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された!すぐに転職すべき?

入社すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された!すぐに転職すべき?

業績不振などを理由に「給与カット」「ボーナスカット」というのは実はよくある話。長年働いた会社であれば今までの信頼関係もあり、耐える事ができる局面ですが、入社後すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された場合はどうするべきなのでしょうか?


「社内副業」って何?目的やメリットデメリットを解説!

「社内副業」って何?目的やメリットデメリットを解説!

社内で別の仕事をする「社内副業」って知っていますか?今までは副業を禁止する企業がほとんどでしたが、現在では副業を解禁する企業が増えています。さらには、自社内で副業を認める「社内副業」まで登場しました。このよう働き方の変化には、どのような背景があるのでしょうか。


それ「社内ストーカー」かも!最近増えてる会社内での付きまといや監視とは?

それ「社内ストーカー」かも!最近増えてる会社内での付きまといや監視とは?

最近「社内ストーカー」という行為が増えているそうです。社内での付きまといや、監視、待ち伏せなど、は珍しい事例ではないようです。今回は近年増える社内ストーカーの実態や、被害にあった時のどうすればいいのかをご紹介します。


あの二人怪しい…社内不倫している人のあるある行動

あの二人怪しい…社内不倫している人のあるある行動

不倫は職場で起こりやすいと良く聞きますが、同僚は意外と気づいている事が多いです。今回は「社内不倫している人のあるある行動」を紹介します。こんな2人を見かけたらあなたならどうする?


RANKING


>>総合人気ランキング