説得力を味方につける! 権威者や専門家の言葉を利用する方法

説得力を味方につける! 権威者や専門家の言葉を利用する方法

提案や会議などで、上司と反対の意見を持ったとき、一体どうすれば上司に理解してもらえるのか、説得ができるのかと悩んだことはありませんか? そんな時は自分の言葉でなく権威者や専門家の言葉を利用することです。今回は「ヒューリスティック」という心理を利用した説得法を取り入れましょう。


説得力の強化に! 「権威者・専門家」を利用する方法

会議や提案などの場で、上司と自分の考えが合わずにヤキモキした気持ちを持ったことのある人は多いのではないでしょうか? 経験だけでいうと上司が上であることは間違いありませんが、上司の判断や決定が必ずしも正しいわけではありません。自分より上の立場である人を説得したいと思った時は、自分の言葉だけではなく権威者や専門家の言葉を利用するようにしましょう。今回は説得力の強化に使うことができる、ヒューリスティックという心理についてお教えします。

ヒューリスティックとは?

ヒューリスティックというのは、人が問題解決等のための意思決定を行う際に、無意識に使っている意思決定法のことを指します。その一つが権威者・専門家の意見です。社長の指示や医師のアドバイスに逆らえない心理などがこれに当たります。

500万人のユダヤ人を強制収容所に送り込んだ小心者

その事例として、ナチのホロコーストを紹介します。
人の命を奪うことは許されるものではありません。ところが、人は権威者の指示があるとそんな無茶な要望にも積極的に従うようになってしまいます。
ナチのユダヤ人収容所では800万人から1200万人が殺害されました。ユダヤ人を収容所に輸送する最高責任者であったアドルフ・アイヒマンは、数百万人(自分では500万人と述べています)のユダヤ人を収容所に送り込みました。第二次世界大戦後、アドルフ・アイヒマンは、密かにアルゼンチンに逃亡して、偽名を使用して、様々な職を転々として、身分を隠しひっそり暮らしていましたが、ナチスハンターに捉えられます。

私たちは、数百万人もの人間を殺害することに加担するということは異常な行動であると考えますが、アイヒマンは異常人格者だったのでしょうか?
裁判で明らかになったアイヒマンは人格異常者などではなく、真面目に職務に励む一介の平凡な公務員でした。

このことから、ナチスの戦犯たちは人格異常者など特殊な人物であったのか、それとも善良な市民であっても、上部から集団虐殺の命令があると、誰でもその命令に従い、残虐行為を犯すものなのかという疑問が巻き起こりました。

そこで、S・ミルグラムという心理学者が実験でこの現象について明らかにしました。被験者を教師役にして、スタッフをサクラとして生徒役にしました。研究者であるミルグラム(権力者役)は教師役の被験者に対して、クイズを生徒役に出題して、間違えるたびに生徒役に電気を流すように指示しました。しかも、間違えるたびに流れる電気を強くするように指示しました。そして、最高レベルでは、死に至ることもあると説明をしました。
実験が始まり、通電されるたびに生徒役のスタッフは苦痛の声を上げ、実験を中止するよう懇願しました。普通なら、このような中で、恨みも怒りもない他人に自分の手で苦痛を与えることはありえないことです。最後まで実験を続けた人はどのくらいいたでしょうか?
研究グルーブのメンバー全員がほとんどいないと考えていました。けれど、実際は、半数以上の6割の人が死に至る可能性のある最後まで実験を続けました。しかも、実験を楽しんでいた被験者もいたというのです。人間の残虐性が明らかになった瞬間です。また一方で、権力者の指示には逆らえないという証明にもなりました。

「権威者・専門家」の利用法

筆者も、機械メーカーのユーザー会の事務局長として、昔から、権威者・専門家を仕事に使ってきました。例えば、ユーザー会の講師には、有名企業の経営者にお願いしました。自社が顧客満足を経営理念としていたため、有名講師に顧客満足の重要性を語ってもらうのです。また、現在でも認定心理士として心理理論について説明しています。こうすることで、説得力が向上します。そこで、この心理傾向の使い方を、整理してみましょう。

【権威者・専門家を登場させる】

例えば、サプリメントのCMに有名病院の専門医にコメントしてもらうような方法です。サプリメントの成分の必要性について語ってもらうことで、説得力が向上します。筆者自身も認定心理士ですから心理学の専門家ということになります。

【権威者・専門家のコメントを掲載している媒体を使う】

営業の資料として権威者・専門家のコメントが掲載されている新聞や雑誌の掲載記事を使って説明する方法です。また、記事を書く場合は「〇〇テレビの○○という番組で紹介されましたが……」というように話を展開すると、説得力が上がります。

ただし、サイトやパンフレットに記事を掲載する場合は、著作権の問題があるので、媒体に連絡をして事前に承諾を得る必要があります。

【理論を裏付けにする】

説得材料としては、理論を裏付けにする方法があります。理論を証明した学者の名前や理論の内容を使うことで、説得力を上げる方法です。この記事でも「人間は権威者に逆らうことができません」と表現するのは、書き手の考えにすぎません。ところが、「心理学者のミルグラムが実験を通じて権威者の影響力について証明しました」と表現をしたほうが説得力は大きくなります。
同じように、論文を使って、ロジックを展開する方法もあります。また、国勢調査などのデータを裏付けにすることもあります。

以上のように、権威者・専門家の発言の影響力は極めて大きく、営業マンやマーケター、広告マンとしては、これを利用しない手はありません。また、社内プレゼンにも使えますので、上司と意思疎通ができないと悩んでいる人はぜひチャレンジしてみてください。

この記事のライター

メンタルナビ代表・認定心理士です。
心理学の素晴らしさをお伝えするため、書籍やweb記事の執筆とアドバイスをしています。

関連する投稿


会社に居る意味がわからない…。職場での『存在意義』を見出す仕事術

会社に居る意味がわからない…。職場での『存在意義』を見出す仕事術

決まった時間で働くルーティンワークに飽き飽きしている人も居れば、会社に居る意味がわからない、と悩む社会人も居る。会社に存在意義をみつけるためには、何をどう行動するのが正解なのでしょう?


職場でのいじめにはどう対処すればいい? 働く女性が悩む人間関係について

職場でのいじめにはどう対処すればいい? 働く女性が悩む人間関係について

ハラスメントが話題になることの多い昨今ですが、職場での「いじめ」は一体どんなところで起こるのでしょうか。働く女性が悩みを抱えることの多い人間関係問題の中から、退職のきっかけやウツ病の原因にもなってしまう「いじめ」について考えていきます。


挨拶を変えるだけで交渉の承諾率が2倍にアップ⁈ 心理学を用いた会話術

挨拶を変えるだけで交渉の承諾率が2倍にアップ⁈ 心理学を用いた会話術

ビジネスシーンでの第一印象は今後の付き合いを左右するとても大切なもの。もちろん見た目を整えることも大切ですが、第一声を発する「挨拶」に着目してみてはいかがでしょうか。今回は挨拶で交渉の承諾率をアップさせるポイントを紹介。商談のシーンや会議の前に、ぜひ取り入れてみてください。


信頼関係を作る心理学「ラポールの形成」を取り入れた会話術

信頼関係を作る心理学「ラポールの形成」を取り入れた会話術

仕事でもプライベートでも、人との繋がりは必要不可欠。「人間関係」というものは、自然と形成されていくものです。とはいえ、コミュニケーションは十人十色。中でも「この人は合わないな」と思う人との出会いは誰しもが経験したことがはずです。今回は心理学で用いられる信頼関係(ラポール)を作るための要素を学びましょう。


商談やプレゼンに!35%の人が説得に応じやすくなる魔法の◯◯って?

商談やプレゼンに!35%の人が説得に応じやすくなる魔法の◯◯って?

商談やプレゼンなど、気合いを入れて会話を進めなければならない時に、ちょっと力を貸してくれるようなアイテムがあると良いのに…と感じたことはありませんか? 今回は大事な日にこそ取り入れたい、魔法の◯◯について紹介。なんと、35%もの人が、説得に応じやすくなるのだそうです。


最新の投稿


かっこよくてキレイ!30代で周囲から憧れられる女性の特徴

かっこよくてキレイ!30代で周囲から憧れられる女性の特徴

20代後半に突入したら、30歳を意識した言動や行動が求められます。いつまでも、学生気分を引きずっているのはイタいかも!?今回は、30代で周囲から憧れられる女性の特徴をご紹介します。


働く女性独身説!高年収の女性が結婚できない理由と婚活方法

働く女性独身説!高年収の女性が結婚できない理由と婚活方法

なかなか結婚できずにいる、働く女性は多いもの。収入や自由はあっても「私、いつまで独身なんだろう……」なんて悩んじゃいますよね。そこでこの記事では、稼ぐ女性の独身事情から、結婚できない理由を見ていきましょう。


「イイ香り♡」褒められ率100%! 恋に効く引き寄せフレグランス

「イイ香り♡」褒められ率100%! 恋に効く引き寄せフレグランス

香りには、相手の記憶や感情を呼び起こさせるプルースト効果というものがあります。相手に好印象を与えるために、“香り”を使いこなすことは恋愛のシーンにおいてとても重要。引き寄せフレグランスと、おすすめの纏い方を紹介します。


頭の良さは関係ない!「仕事ができない人」と圧倒的に差をつける5つの能力

頭の良さは関係ない!「仕事ができない人」と圧倒的に差をつける5つの能力

仕事がデキる人の評価が高くなるのは「学歴(頭)が良いから」ではありません。スタート地点が同じだったのであれば、それらの生まれ持った性質に、たいして差はないからです。では、仕事がデキる! と認められる人は、どういった能力を兼ね備えているのでしょうか?


自分を律して成功する!仕事のチャンスを引き寄せる小さな習慣

自分を律して成功する!仕事のチャンスを引き寄せる小さな習慣

仕事のチャンスを引き寄せたいと思ったときに、ただ上に向かって願うだけでは、なかなか夢や目標が叶わないかもしれません。大切なのは、毎日どう過ごすかなんです♩


RANKING


>>総合人気ランキング