男性っぽさと女性らしさの葛藤で戦う、「営業女子」の悩みは尽きない。

男性っぽさと女性らしさの葛藤で戦う、「営業女子」の悩みは尽きない。

営業は男性の仕事。そんな風に思われていた時代はとっくに終わり。女性もバリバリ営業職で「攻める」時代。毎月数字に追われつつ、頑張る営業女子の悩みは尽きない。どのようなことで悩んでいるのか、解決するためにはどうすればいいのか考えていきましょう。


ロールモデルがいない

営業という職種は男性が多く、女性にとっては身近なロールモデルがいないという悩みをよく耳にします。どのようにキャリアを築いていけばいいのかわからず頭を悩ませる日々。むしろ自分自身がロールモデルにならなければいけない立場となり、プレッシャーを感じることもあります。

他にも、新入社員さんが最初に悩むこと。それは、身だしなみについてです。業界によってカジュアルな服装がOKのところもありますが、ばっちりとスーツを着こなさないといけない所もあります。後者の方がわかりやすく、自分に合ったスーツを着用しておけば良いのですが、一番悩むものが、オフィスカジュアルについて。カジュアル、という単語がついているものの、どこまでがOKでどこからがマナー違反なのか。非常にわかりづらいものでもありますよね。

ファッション誌などを参考にして、コーディネートについて学んだところで実践するタイミングがわからない。そんなときに参考になるロールモデルとなる先輩がいたら良いのに、と思うことがよくあります。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

女子力の低下

ファッションの悩みは他にも。
かわいい洋服やヘアアレンジをしている他の女性社員と比べ、おしゃれがしづらい営業女子。ショッピングをしているとき、ときめく洋服を見つけても「仕事には着ていけないからいいや」と諦めることも多々あります。

似たようなブラウスや似たようなパンツばかりで飽きてしまう。さらに、夜も遅くなることが多いので、お風呂上りにボディクリーム塗ってマッサージをする時間がない、など。男社会に慣れてしまうことで、美容に対してのモチベーションも下がってしまいます。気が付いたら彼氏もいないし、むしろ恋愛なんてする時間もない。そんな日常が続くことで「自分ってかわいくない。」とついマイナス思考になってしまうことも。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

男性営業ばかりで気まずい

ロールモデルがいないと言うことは、当然まわりは男性営業ばかり。もちろん上司も男性になることが多いです。普段は外出をしているので、会うことも少なく、あまり気にする必要はないのですが、ミーティングのときに改めて男女の差に気づくこともあります。

セクハラ、パワハラ問題に敏感になっている上司は特に、男性と女性に対してそれぞれ対応が違ってきます。飲みや食事のときなど、細かい会話や動作、あらゆるところで距離を感じることがあるのです。大したことではないかもしれませんが、いつしかそれが大きな「溝」になっていることも。そう考えると、気を遣われないことも悲しいし、気を遣われすぎてもそれはそれで…。営業女子って孤独な職業ともいえます。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

今後のキャリアをどうすればいいのか

恋愛なんてする暇もないけれど、そろそろ結婚がしたいと思っているころに、会社では管理職にならないかと声がかかる、なんて状況になることも。
結婚を取るか? 出世を取るか? 大きな選択に迫られるアラサー。大声で「仕事と家庭を両立する!」 なんて言える自信もない。だからこそ、私たち働く女子に悩みは尽きないのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

解決には周囲の協力が不可欠に

悩みは尽きないですが、周囲の人からの理解と協力を得ることが、自分の納得できる解決策を出すためのカギとなることでしょう。会社は誰か一人の力で動くものではなく、当然他の社員と協力しあって経営が成り立っているのです。同じ部署の人に悩みを打ち明けられないのなら、多部署の社員や上司に相談し、ひとつずつ悩みを解決していきましょう。それが会社のためにもなり、自分自身のためにもなります。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

協力してもらうには、自分も普段から周りに気配りや心配りを忘れてはいけません。余裕があるときに仕事を手伝ったり、面倒な仕事を請け負ってみたり。個々でこなす仕事も多いと思いますが、帰社した際には周りを見渡し社内の状況を把握しておきましょう。後に、上司や他の部署の女性から良いアドバイスをもらえることもあります。同性からのアドバイスや、自分と似たような環境にいる人から具体的なアドバイスをもらうことで、一気に心が軽くなったり、視界が開けることもあるでしょう。少しずつあなたが、自分らしい働き方が出来るように毎日を工夫していきましょう。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連する投稿


「都会で仕事をすることに意味はあるの?」環境を変えると収入が変わるは本当か

「都会で仕事をすることに意味はあるの?」環境を変えると収入が変わるは本当か

地方出身者によくある「都会はどう?」という質問に、答えてみたいと思います。


“運”は自分で左右させる!2018年を良運へ導くコツ

“運”は自分で左右させる!2018年を良運へ導くコツ

2018年の運勢を神頼みにしていない?自分で運命を切り開きたいアナタにおすすめの良運を導く習慣とは


アパレル店員には売上げを伸ばすテクニックが必要不可欠。"買いたい"と思わせる接客術とは

アパレル店員には売上げを伸ばすテクニックが必要不可欠。"買いたい"と思わせる接客術とは

たくさんの"モノ"が溢れている中で、「買ってもらう」ことはそう簡単なことではありません。お客さんの立場からみる"買いたい"と思わせる接客術について考えてみました。


キャリアと子供どっちも手に入れたいの。安定した両立を目指すなら"28歳"がターニングポイント

キャリアと子供どっちも手に入れたいの。安定した両立を目指すなら"28歳"がターニングポイント

28歳はキャリアを伸ばしていくタイミングでもありますが、結婚・出産の適齢期でもあります。どちらも手に入れたい人は、28歳で一度立ち止まりこれからのことをプラニングしてみましょう。


嫉妬する、嫉妬される。同僚女性に対して生まれる悔しさとその解決法

嫉妬する、嫉妬される。同僚女性に対して生まれる悔しさとその解決法

見た目や仕事、何かと人と比較してしまう私たちは、同僚に対して様々な感情を持ちやすい。中でも厄介な感情である『嫉妬』をもってしまったとき、もたれてしまった時はどういう心構えで解消すればいいのかをそれぞれの目線で考えます。


最新の投稿


【2018年1月19日から】猫好きにはたまらない! ⼭中玲奈 初の個展「猫⾊の⼈⽣」 開催

【2018年1月19日から】猫好きにはたまらない! ⼭中玲奈 初の個展「猫⾊の⼈⽣」 開催

ポーカーフェイスで自由きまま。な~んかつかみどころのない…それが猫。なんて思っていませんか?飼い主にしかわからないような、色んな表情と猫の魅力がギッシリ! 猫好きさんにはたまらない個展が開催されることになりました! 開催場所は、『代官⼭SISON GALLERy』。癒され度抜群なこの個展、お見逃しなく♪


今日はゆっくり。仕事が早めに終わったらお家でしたい4つのこと

今日はゆっくり。仕事が早めに終わったらお家でしたい4つのこと

いつもより仕事が早めに終わったら、そのまま直帰。たまには、お家でゆっくり過ごしてみませんか?今回は、仕事が早めに終わったらお家でしたい4つのことをご紹介します。


なんとなくで済ませない!お金の神様に愛し、愛されるお金の遣い方

なんとなくで済ませない!お金の神様に愛し、愛されるお金の遣い方

ほぼ毎日、お金を遣って生きている私たち。どんな気持ちで、どんな風にお金を扱っていますか?お金の神様に愛されるお買い物のコツをご紹介します。


「都会で仕事をすることに意味はあるの?」環境を変えると収入が変わるは本当か

「都会で仕事をすることに意味はあるの?」環境を変えると収入が変わるは本当か

地方出身者によくある「都会はどう?」という質問に、答えてみたいと思います。


《目指せ!ふんわりマショマロ肌♡》知っている人は違う、ボディケアの基本とは

《目指せ!ふんわりマショマロ肌♡》知っている人は違う、ボディケアの基本とは

この時期は特に乾燥が気になる時期。 顔のケアはしっかりできているけれど、ボディのケアは大丈夫? 実はボディケアだって、クリームを塗るだけではNGなのです。 そこで正しいボディケアの基本を伝授いたします。


RANKING


>>総合人気ランキング