男性っぽさと女性らしさの葛藤で戦う、「営業女子」の悩みは尽きない。

男性っぽさと女性らしさの葛藤で戦う、「営業女子」の悩みは尽きない。

営業は男性の仕事。そんな風に思われていた時代はとっくに終わり。女性もバリバリ営業職で「攻める」時代。毎月数字に追われつつ、頑張る営業女子の悩みは尽きない。どのようなことで悩んでいるのか、解決するためにはどうすればいいのか考えていきましょう。


ロールモデルがいない

営業という職種は男性が多く、女性にとっては身近なロールモデルがいないという悩みをよく耳にします。どのようにキャリアを築いていけばいいのかわからず頭を悩ませる日々。むしろ自分自身がロールモデルにならなければいけない立場となり、プレッシャーを感じることもあります。

他にも、新入社員さんが最初に悩むこと。それは、身だしなみについてです。業界によってカジュアルな服装がOKのところもありますが、ばっちりとスーツを着こなさないといけない所もあります。後者の方がわかりやすく、自分に合ったスーツを着用しておけば良いのですが、一番悩むものが、オフィスカジュアルについて。カジュアル、という単語がついているものの、どこまでがOKでどこからがマナー違反なのか。非常にわかりづらいものでもありますよね。

ファッション誌などを参考にして、コーディネートについて学んだところで実践するタイミングがわからない。そんなときに参考になるロールモデルとなる先輩がいたら良いのに、と思うことがよくあります。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

女子力の低下

ファッションの悩みは他にも。
かわいい洋服やヘアアレンジをしている他の女性社員と比べ、おしゃれがしづらい営業女子。ショッピングをしているとき、ときめく洋服を見つけても「仕事には着ていけないからいいや」と諦めることも多々あります。

似たようなブラウスや似たようなパンツばかりで飽きてしまう。さらに、夜も遅くなることが多いので、お風呂上りにボディクリーム塗ってマッサージをする時間がない、など。男社会に慣れてしまうことで、美容に対してのモチベーションも下がってしまいます。気が付いたら彼氏もいないし、むしろ恋愛なんてする時間もない。そんな日常が続くことで「自分ってかわいくない。」とついマイナス思考になってしまうことも。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

男性営業ばかりで気まずい

ロールモデルがいないと言うことは、当然まわりは男性営業ばかり。もちろん上司も男性になることが多いです。普段は外出をしているので、会うことも少なく、あまり気にする必要はないのですが、ミーティングのときに改めて男女の差に気づくこともあります。

セクハラ、パワハラ問題に敏感になっている上司は特に、男性と女性に対してそれぞれ対応が違ってきます。飲みや食事のときなど、細かい会話や動作、あらゆるところで距離を感じることがあるのです。大したことではないかもしれませんが、いつしかそれが大きな「溝」になっていることも。そう考えると、気を遣われないことも悲しいし、気を遣われすぎてもそれはそれで…。営業女子って孤独な職業ともいえます。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

今後のキャリアをどうすればいいのか

恋愛なんてする暇もないけれど、そろそろ結婚がしたいと思っているころに、会社では管理職にならないかと声がかかる、なんて状況になることも。
結婚を取るか? 出世を取るか? 大きな選択に迫られるアラサー。大声で「仕事と家庭を両立する!」 なんて言える自信もない。だからこそ、私たち働く女子に悩みは尽きないのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

解決には周囲の協力が不可欠に

悩みは尽きないですが、周囲の人からの理解と協力を得ることが、自分の納得できる解決策を出すためのカギとなることでしょう。会社は誰か一人の力で動くものではなく、当然他の社員と協力しあって経営が成り立っているのです。同じ部署の人に悩みを打ち明けられないのなら、多部署の社員や上司に相談し、ひとつずつ悩みを解決していきましょう。それが会社のためにもなり、自分自身のためにもなります。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

協力してもらうには、自分も普段から周りに気配りや心配りを忘れてはいけません。余裕があるときに仕事を手伝ったり、面倒な仕事を請け負ってみたり。個々でこなす仕事も多いと思いますが、帰社した際には周りを見渡し社内の状況を把握しておきましょう。後に、上司や他の部署の女性から良いアドバイスをもらえることもあります。同性からのアドバイスや、自分と似たような環境にいる人から具体的なアドバイスをもらうことで、一気に心が軽くなったり、視界が開けることもあるでしょう。少しずつあなたが、自分らしい働き方が出来るように毎日を工夫していきましょう。

この記事のライター

自分が「気になる」と思ったことを中心に発信しています。
好きな飲み物はミルクティーです。ライバルはフルーツポンチ。

関連する投稿


肌見せはTPOに合わせよう!オフィスでOKな肌見せ抜け感テク

肌見せはTPOに合わせよう!オフィスでOKな肌見せ抜け感テク

トレンドのオフショルも場所によってはNGに!オフィス向けの肌見せテクニックのポイントをご紹介!


28歳からの婚活ファッションは「洗練さ」をテーマに

28歳からの婚活ファッションは「洗練さ」をテーマに

28歳からはファッションの質をいつもより少し上質に。婚活のための服装も、その他大勢の一人にならないための、洗練さを身に付けて。


リゾートアイテム先物買い!夏のバカンスに取り入れるは個性派サングラス

リゾートアイテム先物買い!夏のバカンスに取り入れるは個性派サングラス

5月を過ぎれば夏はもう間近!となれば、今から手に入れるプライベート仕様のファッションアイテムは夏のリゾートを見越したものに限る。今回は、UV対策も兼ねたお洒落で個性的なサングラスデザインを紹介。


美しいOLは黒を制す。無難にならないブラックコーデの極意

美しいOLは黒を制す。無難にならないブラックコーデの極意

黒をカッコ良く、自然に身につける女性こそ美しさの象徴。働く女に相応しい、ブラックコーディネートとは?脱無難、洗練された上質を手に入れる黒の取り入れ方を紹介。


《オフィスカジュアルに使える!》 いちばん最初に揃えるべき定番ベーシックアイテム

《オフィスカジュアルに使える!》 いちばん最初に揃えるべき定番ベーシックアイテム

オフィスカジュアルってどこからがアウトでどこからセーフ? 意外と難しかったりするんですよね。毎日必要になるものだからこそ、できるだけ着回し力のあるものを揃えておきたい、そんなあなたに使えるベーシックアイテムを紹介します♡


最新の投稿


時短で簡単夏レシピ!食卓を彩るバンバンジーの作り方♡

時短で簡単夏レシピ!食卓を彩るバンバンジーの作り方♡

仕事も家事もこなして、毎日を頑張っている私たち。栄養管理もしっかりしなくちゃ! ということで、今回は簡単に作れるバンバンジーのレシピを公開!


永遠の憧れ!オードリーヘップバーンから学ぶ、愛される生き方

永遠の憧れ!オードリーヘップバーンから学ぶ、愛される生き方

銀幕の妖精と名高い、60年代を代表するシネマ女優「オードリー・ヘップバーン」の生き様から読み解く、愛される人の秘訣とは


成功に必要なのは努力それとも才能? #話題書籍にまなぶ

成功に必要なのは努力それとも才能? #話題書籍にまなぶ

Amazon上半期大賞、第12位、話題の書籍『「GRIT」やり抜く力 』に学ぶ。 やり抜く力、継続力、努力はいつの時代も必要だと言われています。このやり抜く力は、身につく能力なのか? どのように伸ばす事ができるのか?『「GRIT」やり抜く力 』から学びました。


つくるを選ぶ#2【タレント「おかもとまり」】

つくるを選ぶ#2【タレント「おかもとまり」】

人生の選択肢として、会社を創るということはとても大きなこと。 自分の力で起業し、経営者としてはたらき輝き続ける女性たちに、そのきっかけや仕事の楽しみ、工夫などを直接聞いてみました。今回は、タレントとして活躍しながらも、起業の道を選んだおかもとまりさんに直接インタビュー!


ダレノガレ明美が結婚?!  ヒルトン東京お台場でウエディングドレスを披露

ダレノガレ明美が結婚?! ヒルトン東京お台場でウエディングドレスを披露

新宴会場「ルミナス」をオープンしたヒルトン東京お台場。そのオープン記念発表会にダレノガレ明美さんがゲストとして出演! 新宴会場の魅力と自身の結婚について語ってくれた。