油断は禁物! 後輩から「お局様認定」される働く女子の行動あるある

油断は禁物! 後輩から「お局様認定」される働く女子の行動あるある

「お局様」=年配の女性というイメージを持たれることが多いですが、実はアラサー世代の働く女子も後輩からはすでにお局様認定されている可能性が大。若いからまだ大丈夫と油断してはいけません。お局様認定される働く女子がやりがちな行動していないかチェックをしましょう。


まだアラサーだから「お局様」とは言われないと油断していない...?

職場にひとりは存在するであろう、お局様。
勤務年数が長いだけあり、なにかがあると率先して仕切り役に立ってくれますが、気に食わないことあるとすぐに部下に当たる……と自由気ままな対応が何かと話題になります。お局様というと年配の女性というイメージを持たれますが、実はアラサーの働く女子層も、後輩から既にお局様認定されている可能性が。

では、どんな人が「お局様」と呼ばれやすいのでしょうか?
もしかしたら皆さんも、無意識な行動がお局様認定されてしまっているかもしれません。今回は、お局様認定される働く女子がやりがちな行動についてご紹介します。

人の噂や悪口が大好き

周囲の人の噂話や悪口が大好物な、お話好きな働き女子は要注意が必要です。なぜなら、意見の合わない人間や、自分の気に入らない人に対して悪口を言うのがお局様の特徴の一つに当たるからです。
悪口をいうことで、誰かに共感してもらい満足する。これが当たり前になってしまうと、ただの「噂好き」ではありません。
悪口を聞かされた側が良い気分になることもなければ、自分の評価を自分で落としているのと同じこと。若手社員やおとなしい性格をした弱い立場の人、若手後輩社員の仕事での失敗について話すことが多い人は、お局様認定される要素が高い証拠。
知らず知らずに他人の悪口を言わないように心がけましょう。

後輩に注意ばかりしている

通常なら「気をつけてね」の一言で済むような些細な仕事上のミスを許せず、クドクド注意をしたり、部下をきつく叱っていませんか? 自分の中の常識が「絶対」のお局は、まだ業務に慣れない、社歴の浅い社員にも容赦しません。

他人の細かい行動が気になる人に特に多く、例えば新人に対して、自分のクローンを作るかの如く細かい所まで指摘をしてしまい、相手の魅力を潰してしまいがちです。

中には単に暇だからという意味だけで他人のあら探しをして、自分より弱い立場の人に支配的な態度をとろうとする人もいるのだとか。もしこのような行動に思い当たることがあったら、自分が新人の時はそんなに仕事できたかな? と一度過去を振り返ってみてはいかがでしょうか。

自分の意見が通らないと納得がいかない

自分の意見を提案して、それが却下されると途端に不機嫌になってしまうことが多い働き女子は要注意。仕事をしているとチームでの取り決めや取引先との様々な決め事が発生してくるものですが、全て自分の意見が正しいとは限りません。むしろ決め事というのは、最初は誰かのアイデアベースにはなりますが、みんなと話し合いみんなで決めることです。つまりは我以上に、チームワークが必要になること。

自分の意見が通らないからといつまでも怒っていると、周りも気を使ってしまいます。一人で仕事をしているわけではないことをしっかり意識して、前向きに仕事に取り組みましょう。

感情の杞憂が激しい

お局様は感情の杞憂が激しくなりがち。私生活で嫌な事があると、機嫌の悪いまま職場に持ち込んだり、腹が立つようなことがあると一日中、不機嫌だったりすることもあります。後輩の立場としてはたまったものではないです。

後輩に注意する時にも感情的に大きな声を出したり、思ったことをそのまま口に出して必要以上に人を傷つけてしまうこともあります。まだお局様と呼ばれる年齢ではなく、後輩に八つ当たりをしていないとしても、怒っているオーラは相手に伝わルもの。プライベートを仕事に持ち込みがちな人は要注意です。

他人に迷惑をかけないよう、ストレス発散法を探してみたり工夫するようにしましょう。

いかがでしたか?
上記の行動で身に覚えのあると感じた方は、もしかしたら後輩たちから「お局様認定」されているかもしれません。相手に迷惑を掛けない行動を心がけて、お局様ではなく、頼れる良いお姉さんを目指しましょう。

お局さまとの付き合い方に悩んでいる人は?

会社に一人はいる?! お局様との上手な付き合い方

https://cinq.style/articles/910

会社に一人はいるお局様。今の職場で働く限り、避けては通れない道です。今回は、お局様との上手な付き合い方をご紹介します。

その他「非常識」認定される女性の特徴

こんな女は嫌われる! 職場にいる難アリ女子7タイプとその対処法

https://cinq.style/articles/1865

女社会でいると、面倒くさいトラブルに知らないうちに巻き込まれていることがあります。気づいたらマウントを取られていたり、悪口の対象になっていたり、嫉妬されたり傷つけられたり……。同性が多い職場や、同性との関わりが増える環境では、どのようにして対同性のコミュニケーションスキルをつければ良いのでしょう?

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


人間関係 職場 先輩

関連する投稿


ずっと一緒なんて嘘!学生時代の友人と疎遠になる理由・対処法

ずっと一緒なんて嘘!学生時代の友人と疎遠になる理由・対処法

おばあちゃんになってもよろしくね…って、言っていたはずなのに…。今回は、学生時代の友人と疎遠になる理由・対処法をご紹介いたします。


いつまでも辞令が出ないまま。退職勧奨をされているの?#これってハラスメントですか?!

いつまでも辞令が出ないまま。退職勧奨をされているの?#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は事業部が解体なのにいつまでも辞令が出ない方からのご相談です。


「これって本当に私の仕事?」働く女子への役割になっている不思議な習慣

「これって本当に私の仕事?」働く女子への役割になっている不思議な習慣

「本当にこの仕事は女子の仕事なの?」と疑問に思ったことありませんか? 別にやりたくないわけじゃないけど、なぜ私ばかりにお願いするのか、不思議で仕方ないことだってある。職場での女性ならではの不満について考えていきましょう。


友人との付き合いが面倒に感じる時。どう対処したらいい?

友人との付き合いが面倒に感じる時。どう対処したらいい?

何か特別な理由があったわけじゃないけれど、なぜか友達と連絡を取るのが急に億劫になったり、付き合うのが面倒に感じたりする時ってありませんか? この原因、そして対処法について考えます。


さらに疲れた……。上司に言われて疲れが倍増する言葉TOP5

さらに疲れた……。上司に言われて疲れが倍増する言葉TOP5

ただでさえ疲れているのに、そのタイミングで上司に余計な事を言われて、さらに疲れが倍層した経験ってありませんか? 働く女子のみなさんはどんな言葉が一番キツいと思うのでしょうか?


最新の投稿


翌日の疲れを持ち越さない。「眠活」で睡眠の質を向上させるには?

翌日の疲れを持ち越さない。「眠活」で睡眠の質を向上させるには?

朝起きて、体がダルかったり重かったり……寝起きの状態が悪くなってはいませんか? 健康的に過ごしてパフォーマンスの高い仕事をするためにも、睡眠はとっても大切なのです。朝活・夜活などとアクティブに動くことが始めることが難しい人ほど、まずは「眠活」に力を入れてみて。


肩書きを増やす「スラッシュキャリア」で、自分に付加価値を付けよう

肩書きを増やす「スラッシュキャリア」で、自分に付加価値を付けよう

複数の仕事を抱えるワークスタイルが現在、注目を集めています。興味はあるけど、どうすれば良いのか分からない。そんな人はまず「スラッシュキャリア」を考える所からはじめるのがオススメです。


【濃いめピンク】がキモ。大人レディに似合うピンクの作り方

【濃いめピンク】がキモ。大人レディに似合うピンクの作り方

女性に生まれたなら一度はピンクを思い切り着こなしてみたい!だけど、ピンクって相性の善し悪しが二極化します。そこで改めて、大人の女性に似合うピンクを分析!


【仕事と生活を変える小さなライフハック!】1日を3つの時間帯に分けて仕事の作業効率をアップして

【仕事と生活を変える小さなライフハック!】1日を3つの時間帯に分けて仕事の作業効率をアップして

メールチェック、書類の作成、数字の管理、構成や戦略に頭を悩ませる・・・。地味で単調な作業もあれば、頭の中から案をひねり出す必要もあるのが仕事というもの。業務内容によって時間の使い方を変えると、毎日の仕事がちょっとだけ楽になる。


大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

長く働き続けるためには、"学び"を得ることを必要とされています。そこで注目されつつある「リカレント教育」の必要性と課題について考えてみました。


RANKING


>>総合人気ランキング