贈り物が相手にとってストレスにならないように気をつけたいこと

贈り物が相手にとってストレスにならないように気をつけたいこと

自分は良かれと思ってギフトを贈っていたけれど……。実は相手からしてみると、負担になっているかもしれないんです。今回は、贈り物が相手にとってストレスにならないように気をつけたいことをご紹介します。


贈り物ストレスに、ご注意を!

友人や恋人と贈り物を贈り合う。自分としては普段、お世話になっているからと渡しているつもりでも、もしかしたら相手にとっては負担になっている可能性があります。

「絶対に喜んでくれる」という、その直感が正しいと思い込むのは危険です。今回は、贈り物が相手にとってストレスにならないように気をつけたいことをご紹介します。

ハイブランドにこだわらずに相手が求めているものを探す

知り合いの女性の話。彼女は小さな会社に事務職として勤めていましたが、月給は15万円ほど。最初は「自分から希望した会社だし十分だわ」と思っていたようですが、次第に手元に届くお給料をみながら、もうちょっと年収をあげたいと思いはじめました。ところが、転職がなかなかうまくいきません。四方八方、塞がれているように感じていました。

友人からは毎年、誕生日やクリスマスに贈り物が届くのが風習となっていましたが、転職できない苛立たしさもあったのか、友人から届くハイブランドのコスメや雑貨を見るたびに複雑な思いになっていたのです。結局、二人は疎遠になってしまいました。

ハイブランドの贈り物は、たしかに見栄えもしますし、渡された瞬間は「嬉しい」と思うでしょう。しかし相手の経済状況によっては、自分は彼女に同じ贈り物を贈れないと、かえってストレスになってしまうんです。

贈り物を贈るときは「ハイブランド」と限定せず、相手が喜ぶもの、あるいは負担にならないものをギフトとして選びましょう♩

相手の状況をみながら贈り物の頻度を調整する

ある知り合いの女性は、長く付き合っていた彼にハイブランドのバッグを贈りました。

しかし、彼はハイブランドのバッグを渡されたことで「経済的な価値観が違いすぎる」と思うようになり、なんと破局してしまったのです。そのときから、彼女は恋人・友人に対しても贈り物をするときは、必ず相手の状況を確認すると話していました。

たとえば、これから出産を控えている友人に対し、香りが強いボディソープやボディクリームをプレゼントするのは、もしかしたら相手によっては「ちょっと困るなぁ」と思うかもしれません。

今は転職活動中で、次の仕事が決まるまで節約をしている友人に、高い贈り物をするのは、間違いなく負担をかけることになります。

贈り物をするときは必ず相手の状況を確認し、プレゼントがストレスにならないように最大限、注意を払いましょう!

「もういらない」と言われたら潔く身を引く

年齢を重ねてくると、突然、友人と疎遠になることも珍しくなくなってきます。とくに、それぞれが毎日どんな場所でどんな暮らしをしているかによって、贈り物を贈られるたびにストレスに感じてしまう友達もでてくるでしょう。

仮に友人から「もうお誕生日プレゼントはいらない、遠慮します」と言われても、彼女を責めてはいけません。おそらく彼女も、そんなことを友人に伝えてしまっている自分に納得がいかないはずです。

「もういらない」と言われたら、そのときは潔く身を引けばいいんです。それ以上、彼女を追いかけても、おそらく状況が大きく変わらない限り、すぐには今まで通りの関係には戻れないかも。

贈り物って、実はすごく難しい!

贈り物は、意外と難しいものなんです!自分としては相手が喜ぶと思っていても、実は相手からしてみると負担になっていたり、あまり喜べないものだったりするときもあります。

贈り物を用意するときは、自分の好きなものではなく、「相手が喜んでくれるものはどれなのか」を、いつも意識しながら、ギフト選びしてくださいね♡






この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連するキーワード


ギフト 人間関係 友達

関連する投稿


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

上司、同僚、部下。あなたは職場で働く人たちと良好なコミュニケーションが取れていますか? 職場環境を良くしよう、オフィス改革だ、なんて取り組みも最近盛んになってきてはいるものの、多くの時間を過ごす“職場”では結局、人間関係が一番大事だったりします。今回は職場での雑談力を高める「褒める」力についてです。


「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

上司や取引先などで、年上の男性とのやり取りをしていると「女性だから」「若いから」という理由だけでなめてかかってくる人がいます。どう対処したら良いのでしょうか?


ずっと一緒なんて嘘!学生時代の友人と疎遠になる理由・対処法

ずっと一緒なんて嘘!学生時代の友人と疎遠になる理由・対処法

おばあちゃんになってもよろしくね…って、言っていたはずなのに…。今回は、学生時代の友人と疎遠になる理由・対処法をご紹介いたします。


「これって本当に私の仕事?」働く女子への役割になっている不思議な習慣

「これって本当に私の仕事?」働く女子への役割になっている不思議な習慣

「本当にこの仕事は女子の仕事なの?」と疑問に思ったことありませんか? 別にやりたくないわけじゃないけど、なぜ私ばかりにお願いするのか、不思議で仕方ないことだってある。職場での女性ならではの不満について考えていきましょう。


最新の投稿


シミやくすみ悩みなら「飲む医薬品」がおすすめ!選び方3つのポイント♡

シミやくすみ悩みなら「飲む医薬品」がおすすめ!選び方3つのポイント♡

お肌の透明感やシミ、毛穴が気になる・・・毎日のスキンケアをもっとアップデートさせたいなら、内側からお肌をケアする「飲む医薬品」がおすすめです♡ エステに通うのは難しい、でもスキンケアをしっかりしたい!そんな方は必見です!


入社すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された!すぐに転職すべき?

入社すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された!すぐに転職すべき?

業績不振などを理由に「給与カット」「ボーナスカット」というのは実はよくある話。長年働いた会社であれば今までの信頼関係もあり、耐える事ができる局面ですが、入社後すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された場合はどうするべきなのでしょうか?


「社内副業」って何?目的やメリットデメリットを解説!

「社内副業」って何?目的やメリットデメリットを解説!

社内で別の仕事をする「社内副業」って知っていますか?今までは副業を禁止する企業がほとんどでしたが、現在では副業を解禁する企業が増えています。さらには、自社内で副業を認める「社内副業」まで登場しました。このよう働き方の変化には、どのような背景があるのでしょうか。


それ「社内ストーカー」かも!最近増えてる会社内での付きまといや監視とは?

それ「社内ストーカー」かも!最近増えてる会社内での付きまといや監視とは?

最近「社内ストーカー」という行為が増えているそうです。社内での付きまといや、監視、待ち伏せなど、は珍しい事例ではないようです。今回は近年増える社内ストーカーの実態や、被害にあった時のどうすればいいのかをご紹介します。


あの二人怪しい…社内不倫している人のあるある行動

あの二人怪しい…社内不倫している人のあるある行動

不倫は職場で起こりやすいと良く聞きますが、同僚は意外と気づいている事が多いです。今回は「社内不倫している人のあるある行動」を紹介します。こんな2人を見かけたらあなたならどうする?


RANKING


>>総合人気ランキング