ひとりで外食するのが苦手…!ひとり外食を楽しめるようになるコツ



土日のひとり外食は特に困る……

おひとり様女子にとって、土日は少し憂鬱になるタイミング。外に出れば、至るところにカップルがいて、幸せそうに肩を寄せ合っています。

土日休みではなく、平日に休めるのが一番ですが、お仕事上、そういうわけにもいかない人も多いでしょう。週末に入るたびに実家へ戻るのも、それはそれで大変。土日に入っても「ひとり外食」を楽しめるように工夫してみましょう。

何度も通い、店員さんを味方につける

「ひとり外食」を楽しむ最大のコツは、店員さんと仲良くなることです。1回行っただけでは、すぐに認識されません。
何回も通っているうちに、自分の名前を名乗らなくても、何かのタイミングで名前を憶えてくれたり、お気に入りの席を案内してくれたりと、店員さんが「おひとり様だから」と配慮してくれるようになります。

さらに良質なお店の場合、隣にカップルを案内しないようにそっと配慮してくれたり、おひとり様同士で座らせてくれたりと、店員さんが味方についてくれると、土日に入っても、ひとり外食を楽しめるんです。

お店の人と仲良くするというのは、コミュニケーション能力を磨くことにもなり、一石二鳥です♩慣れるまでは決まったお店にお出かけするようにすると良いでしょう。

おひとり様ゾーンがあるお店を見つけていく

筆者が京都に、ひとり旅に行くときに必ず立ち寄るお店があります。そこは一般的なお蕎麦やさんですが、意外にも「おひとり様ゾーン」があるのです。

決してお店側としては、おひとり様ゾーンという名称をつけているわけではないのですが、よく観察していると、カウンター席には、おひとり様率が非常に高かったんです。

右も左も、おひとり様だと、それだけで安心できますね。会話も耳に入ってきませんし、ジロジロと見られる必要もありません。京都に限らず、必死に探せば、どこかにはこういう場所が必ずあるはずです。おひとり様に優しいお店を見つけると、土日に入っても外出する気分になれます♡

正々堂々と過ごしていれば「くすくす」「ジロジロ」も気にならない

土日の外出で一番つらいのは、カップルからの視線。そして場合によっては「あの人、ひとりなの?」と、くすくす笑われる瞬間です。本人たちは悪気がなくても「あの人、ひとりなんだ」という視線は、おひとり様女子からすると、心に棘が刺さるのと、あまり変わりません。

知り合いの女性は、おひとり様のプロ。彼女に秘訣を聞くと「私たち別に悪いことをしているわけではないし、正々堂々とご飯を食べたり、お茶を飲んだりするのが一番よ!」と話していました。

たしかにおひとり様女子は、ただひとりで、ふらっと外出しているだけです。たとえジロジロ見られても「勝手に見ていてください」と、適当にあしらうのが一番です。

仲良くなった店員さんと楽しそうに喋っていると、ジロジロと見ていたカップルも「この人は常連さんなんだ」と、見るのも話題にだすのもやめてしまうパターンもあります。土日に入っても、基本的には自分のペースを貫きましょう!

ひとり外食のレベルを上げていく♡

ひとり外食のレベルを上げていくのも、楽しそうですね。カジュアルなカフェだけではなく、少しグレードアップさせて、たまには新しい場所で食べてみるのも、人生経験になります。

土日だろうと平日だろうと、おひとり様女子はマイペースに外食を楽しめばいいんです。
たとえ、ジロジロ見られたとしても、その視線を振り切って、束の間のおひとり様休日を思う存分、楽しみましょう♡