自宅ですぐできる、週末セルフケア方法♡



目の疲れを解消する

ホットタオルを繰り返し

温めたホットタオルを目の上に当てて、じわーっと目の周りが暖かくなるのを実感しましょう。ラベンダーなどのリラックス効果のある、アロマを数適垂らしておくのもオススメ。目の周りをしっかりと温めてスッキリとした目元をつくりましょう。スマホやPCの使いすぎで疲れた目がぱっちりと開くのが実感できるハズ。目元の肌はかなり敏感なので、摩擦をかけないように優しくケアして。

ハーブティーを体調に合わせて

消化不良なら、ダンディライオン、疲労・むくみならハイビスカスやローズヒップ、体が弱っている時や風邪の引き始めにはペパーミントを選ぶ、といったように自分の体調に合わせたハーブティーをセレクト。朝や夜のひとり時間を有意義なものに変えましょう。

のんびりとお茶を飲み。ほっとするひと時を自分でつくることで日ごろのストレスや緊張が喉元を通って溶けていきます。

ストレッチで体のコリを流す

自分の呼吸をしっかり見て

普段呼吸が浅くなっていませんか? 鼻から息をたくさん吸って、吐いて。を繰り返してみましょう。体全体が膨らむのをイメージして、美味しい空気をたくさん吸って。吐くことは得意でも、吸うのが苦手な人は多くいます。自分の体調や心の状態と向き合って、雑念があるな、と思った時は、その雑念が消えるように呼吸に集中してみましょう。

辛くないストレッチ

普段仕事やオフィスで使っている自分の体のケアにストレッチを。特にデスクワークが多い人は腰周りの筋肉が張っていたり、足もとが冷えやすい傾向にあります。そんなに歩いていないのに、むくみが気になる、という方も冷えが原因であることに気づいてあげて。足を4の字に組んで、体を倒して、しっかりと腰回りを伸ばしてあげましょう。ヨガやピラティスなどもオススメです。

緊張して縮こまった筋肉を伸ばし、呼吸を取り入れ体のあるべき姿を取り戻すことが日ごろの疲れをリカバリーするコツ。

便秘には白湯

便秘が続いているな、と感じる人は起床後にコップ一杯分の白湯を飲むことを意識してみて。睡眠中に失われた水運の補給するのと同時に、腸を温め老廃物の排出を促す効果があります。

味がついたドリンクが苦手だという方は、りんご酢や黒酢などをお湯で割って飲むのも良いでしょう。お酢には疲労回復・冷え解消など女性にとって嬉しい効果を与えてくれる効果が。

普段水分を摂るのが少ない、と思う方はこの休日にたくさん常温の水を飲んで、デトックスしましょう。トイレに行く回数を増やすことを意識して。

バスソルトで健やかな肌を

普段シャワーだけで1日を終えてしまう、という人も多い社会人。まずは湯船に浸かることを継続しましょう。天然塩にハーブやアロマを加えると、バスソルトに変わります。リラックスできる浴槽で、贅沢な時間を過ごして。

湯船につかることで、冷えた体が温まり、肩のコリなども軽減されます。リラックス効果のある香りと共に、贅沢な時間を。湯船からあがった後は、たっぷりのオイルと共に体をマッサージしてあげて。

自分をケアして「足りない」と感じたときは、お家をお片付け

なんだか落ち着かない、と感じている人は自分のいる場所に納得がいっていないのかも。日ごろ自分が居る場所が癒される空間になっていないのです。そんなときは、模様替えをしたり、掃除をしたりして、部屋の中からスッキリとするようにしましょう。

部屋の乱れは心の乱れ、というほどに住む場所の環境は大切なもの。なんだか散かっているな、気付いた時には部屋をキレイにする動きをとって。

インテリアだけでなく、水回りなどの細かい部分を気付いた時にとことん綺麗にしてみましょう。ピカピカの浴槽、輝くシンク。綺麗な水回りはあなたをもっと美しくします。鏡の周りについた水汚れも、綺麗さっぱり、自分がよく見えるように磨きましょう。ぼやけた鏡じゃ、あなた本来の姿は見えません。

読書や映画などの趣味に没頭する

読みたいと思っていた本や映画などを眺める時間をつくりましょう。あなたにとっての趣味は何? と聞かれたときに答えられるような「好き」なものに没頭する時間を作るのです。

友達と食事に出かけたり、ショッピングに出かけたりするのとはまた違った、発想力を高めてあげるのです。

ゆっくり休んでデトックス

ゆったりとまどろむ時間も大切にしましょう。毎日をぎっしりと充実させたい気持ちも私たちにはありますが、幸福度を高めるためには一人の時間が必要なのです。小さな幸せを見つけるのが上手になるような、過ごし方を見つけましょう。明日もきっと、綺麗な朝日が昇って1日がスタートします。