【転職コラム】内定がでたのに素直に喜べない…“内定ブルー”になる理由



マリッジブルーならぬ、“内定ブルー”

おはようございます!キャリアアドバイザーAです。
Cinq読者の皆さん、ご機嫌いかがですか?

転職活動に一歩踏み出してみた方や、活動してみたものの少し躓いてしまっている方に向けて、人材ビジネスのウラ話も交えた「ヒント」をお伝えできればと考えながらお送りしています。
今回のテーマは、「内定が出たのに…意思決定できないのは何故だろう?」です。

転職活動中は何かとストレスが多いものですが、書類選考や面接を無事に通過し、内定が出た方にも思わぬストレスが襲ってくることがあります。

本当にその会社に決めていいのだろうか?
その会社で自分はやっていけるのだろうか?
もっと条件のいい会社を受けてみるべきではなかったのか?

【マリッジブルー】ならぬ【内定ブルー】とも呼ぶべき状況です。

「幸せ」だと感じるものにもストレスはかかってしまう⁉︎

古い研究論文ですが、50年程前にアメリカの社会学者のホームズと内科医のレイによってストレスを数値化した論文が出されました。ライフイベントに関わるストレスを数値化したもので、【社会再適応評価尺度(社会的再適応評価尺度 Social Readjustment Rating Scale:S.R.R.S.)】と言います。
ストレス数値の合計が200から300を超えると、半数以上が1年以内に何等かのストレス症状が心身にあらわれると2人は考えました。
もちろんストレスのかかり方には個人差があります。必ずしもこの研究結果に誰もが当てはまるというわけではありませんが、客観的な指標にはなると思いますので、一部抜粋してご紹介しましょう。

【社会再適応評価尺度】
● 配偶者の死 100
● 離婚 73
● 近親者の死 63
● 自分のけがや病気 53
● 結婚 50
● 解雇 47
● 退職や引退 45
● 家族が健康を害する 44
● 妊娠 40
● 新しく家族が増える 39
● 職種換えまたは転職 36
● 夫婦の口論の回数増加 35
● 仕事上の責任の変化 29
● 生活習慣を変える(禁煙・禁酒など) 24
● 上司とのトラブル 23
● 勤務時間や勤務条件の変化 20

ご覧の通り、結婚や家族が増えること等、「幸せ」と思える変化にもストレスがかかっていることがわかります。また、夫婦喧嘩の回数が増えたり、仕事で上司とトラブルになってしまったりすることよりも、退職や転職はストレスがかかっていることもわかります。

転職活動自体、基本的に現職に不満を抱えて始めることがほとんどなので、新しい環境で働ける、キャリアアップにつながると考えて転職活動している最中はあまりストレスを感じないかもしれません。
ただ、問題はその後、転職活動で内定を得てからのほうがストレスを感じてしまうのです。

つまり、「内定が出た」のにストレスを感じる。ということは特段おかしなことではなく、ごく当たり前の反応である。ということです。そう考えると少し気持ちが楽になりませんか?

“内定ブルー”を助長してしまうもの

さて、この厄介な【内定ブルー】をさらに助長してしまうもののひとつに、●ちゃんねる等に代表されるインターネットの書き込みがあります。

匿名で発言できるインターネットの世界では、感情的な発言や根も葉もない噂が飛び交う危険があります。そういった危険を承知で覗くのではなく、漠然と不安な気持ちのまま、【極悪!!▲▲会社ウラ話】的な掲示板を覗いてしまったために、「内定した会社のことで、ネットにヒドい書き込みがあって、不安になった」というご相談を受けることもあります。

少し厳しいことを言うようですが、インターネットでの悪口にはキリがありません。
ある程度の規模の名の知れた会社なら、悪口掲示板がないほうが不思議なくらいです。

それにいちいち惑わされているようでは、有名な会社には入れなくなりますよ!

また、こういった不安をお持ちになる方に共通しているのが、「最初に転職を希望した時と、内定時とで判断軸がブレる」という傾向です。

自分のご決断に不安を感じたら、この転職で、自分は何を実現したかったのか、もう一度冷静になって振り返って考えてみること、担当されているキャリアコンサルタントととことん話をしてみることをおすすめします。
自分一人で頭の中でグルグル考えていても、なかなか答えが出ないことが、第三者の言葉をきっかけに整理されあっさり答えが出ることもあります。
転職先を紹介してもらうこと、求人票を貰うことだけがキャリアコンサルタントのサービスではありません。遠慮せずに相談してくださいね。

せっかく掴んだ縁やチャンスをみすみす無駄にすることがないようにしたいものです。

そもそも、待ちに待った内定のはずなのに、何故意思決定をしづらいのでしょうか?
代表的な理由は、ずばりこちらではないでしょうか?

第一希望の会社の選考が終わっていないから

第一希望の企業の選考が終わっていないうちに、並行して受験していた企業から内定が出ることもあるでしょう。
あなたが担当して貰っているキャリアコンサルタントが優秀な場合は、複数の企業の選考のペースを考えて、第一希望の企業の結果が先に出るか、他社との選考結果があまり離れたりしないように日程調整を提案していきます。
採用企業とのパイプが太く、大まかな選考期間や採用担当者のペースを熟知しているコンサルタントは、こういった日程調整も提案して来るものです。
しかし、あなたが複数のエージェントを使っていて、それぞれのペース配分がバラバラだったり、そこまで力を持っていないキャリアコンサルタントだったりすると、「内定は出たものの第一希望の面接の進捗は一次面接が終了した段階」等の事態が発生しやすくなります。

第一希望の面接が終わっていないうちに意思決定できないのは無理もないことですが、一方で内定通知をくれた企業を待たせ過ぎてしまうことはマナー違反です。
最悪、「内定企業を待たせ過ぎて内定取り消しされた挙句、第一希望の選考はNGだった」なんていう事態になりかねません。
どんなに待っていただいたとしても、1週間以内に何等かの回答をすべきだ。と覚えておいてくださいね。

それでは、今日はこのへんで。またお目にかかりましょう!

キャリアアドバイザーA