「憧れ」を現実化させる♡理想の恋の引き寄せかた



憧れを憧れのままにしない!

今は彼氏がいなくても、いつかはまた素敵な恋がしたい。そう願いながらも、なかなか実現しない日々に焦りを感じはじめていませんか?

理想の恋のかたちがあるなら、その環境にふさわしい自分になることが大切。憧れを現実化させるためには、どれだけ状況が変わらなくても、ただ一点だけを見つめながら努力を続けることも大切なのです♩

理想の彼に似合う女性になるための努力を続けていく

理想の彼の条件は明確。でも、よく考えてみましょう。彼にお似合いの女性になれていますか?
決して経済的に豊かになるという意味合いではなく、きちんと自立しているか、ひとりの時間を楽しめているかが重要なのです。

知的で品のある男性は、外に向けて努力をみせびらかしたりはしません。紳士な男性は、相手が誰であろうと心優しいからこそ、周りからジェントルマンとして認められているのです。

1週間のうち本を読まないまま過ごしている人が、いきなり「知的な男性と付き合いたい!」と言っても、それは少し難しいかもしれません。理想の彼に出会うためには、どんどん内面から磨き上げる必要があります。

「こうなれたらいいな」のサンプル集めを続ける

理想の彼がどんな人かを、ぼんやりと考えるだけでは、なかなか現実化しない可能性があります。夢や目標を叶えていくときに一番大切なのは、どれだけ日々のやるべきことを細分化し、目標を具体的に描くかどうかです。「かっこいい人と付き合いたい」と言うのは少し抽象的な話かも。

では「小さなスペースでもいいからお互いの本を収納するための部屋をつくりたい」「本屋さんでデートできる男性とお付き合いしたい」と恋の神様にお願いするとしたら、いかがでしょう?

「かっこいい人と付き合いたい」よりも明確で、分かりやすくなっています。将来のパートナーとどんな暮らしがしたいのかは、今日の今日ですぐにヒントが見つかるわけではありません。毎日、自分と対話し、街を歩きながらヒントを探すことで、いつか出会う彼の輪郭が少しずつはっきり見えてくるのです。

リスト習慣を大切にする

理想の彼と行きたい場所、旅行先、泊まってみたいラグジュアリーホテル……。ただ書き出しておくだけでは「振り返り」ができません。時間に余裕があるときに、すべての願いや目標をリスト化しておくことで、人生の方角を再確認できます。

リストの面白いところは、理想が現実化するその瞬間まで熟させる「過程」です。一度作って終わりではなく、追記・修正・変更しながら、夢が叶う瞬間を待ちます。最初につくったリストは薄かったはずなのに、何度も何度も手を加えていくうちに、少しずつ現実味を帯びてくるのです。

すべて叶えられるのかどうかは本人にも分からないこと。でも、周りの声は気にせず「私はこうなる!」と未来を予約しておけば、きっと神様は味方してくれるでしょう。

なりたい未来を、ただひたすら信じ続ける

仕事とは違い、恋愛はどれだけ予測しても、お互いのタイミングが一致しなければ出会えません。なかなか風を読めないのが恋愛です。

計算も予測もできないけれど「こうなりたい」と、理想の恋を何度も描き続け、最後まで信じ続けた人のもとには、自分にはもったいないと思ってしまうくらいの王子様が来てくれるでしょう。