「本当に彼と結婚していいのかな?」マリッジブルーになったなら・・・

「本当に彼と結婚していいのかな?」マリッジブルーになったなら・・・

彼との結婚が決まり、世界が薔薇色に見えるのも束の間。 しばらくすると、これまで気にならなかったことが気になりだしたり、急に気持ちが沈んだり・・・。結婚を目前にした女性の気持ちは、複雑に変化しがちです。 今回は、もしかしてマリッジブルー!?と思ったときに立ち止まることが出来るよう、コラムにまとめました。


マリッジブルーとは

マリッジブルーとは、結婚を控えた人が間近に迫った結婚生活に突然不安や憂鬱を覚える、精神的な症状の総称である。 和製英語。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

約8割の花嫁がマリッジブルーを経験!男性のマリッジブルーも存在する!?

「ゼクシィ.net」が、花嫁362人に実施したアンケートによると、実に79%もの花嫁がマリッジブルーを経験したと回答。
意外なことに、結婚を決意した男性のうち48%もマリッジブルーに陥ったようです。しかしながら、男性のマリッジブルーのピークはプロポーズ前です。悩み抜いた末、覚悟をもってプロポーズしてくれているので、結婚が決まってからマリッジブルーになることが少ないのかもしれません。

マリッジブルーを感じる原因は?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

それでは、花嫁を憂鬱にするマリッジブルーは何を原因とするのでしょうか。
よくある理由は、

・結婚式の準備でイライラが絶えない
・過去の男性と比べてしまう
・収入面などに不安があり、今後の生活が不安
・両家の価値観の違い、温度差
・彼のマザコンが発覚した

というものです。
交際をする時には判断材料にならなかったようなことが、結婚を目前に急に頭をよぎってしまうのかもしれません。

冷静に状況を整理してみましょう

もしもマリッジブルーを感じてしまったら、感情に身を任せてしまうのではなく、不安に思っている現状を見つめなおしてみましょう。

たとえば、結婚式の準備に伴ってケンカになるというカップルは本当に多いのですが、結婚式が終わったとたん「あのイライラは何だったのだろう」と不思議とストレスが消えてしまうケースがほとんどなのです。結婚式は決定事項や準備を重ねなくてはならずストレスがたまるものですが、一時のものである可能性も考慮してくださいね。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

また、結婚直前になり過去の男性と比較してしまうという意見も聞きます。

もしも、彼と他の男性を比較してしまうのなら、考え方の視点を変えることをお勧めします。一時の時間や思い出を共有しただけの人物と、これからの将来(生活費や医療費、家庭)に責任をとってくれる覚悟のある人物は、同じ土俵で比べるべきではないはず。

日本経済の低迷や社会情勢の変化により、男性の収入面に不安を感じるケースは増加傾向にあります。このことからも、収入等の条件は、今後良くも悪くも変化するものと言えますよね。その一方で、人間性はなかなか変えられない財産です。
迷ったときは、彼の人間性に目を向けて判断すると良いかもしれません。

主体はあくまでも二人です

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

結婚が決まると、お相手のご両親・親族を意識する機会が増えます。そこであまりにギャップを感じる場合や、嫁姑問題を予兆する場合、急に不安がよぎるかもしれません。

たしかに昔は、両家の釣り合いがとれないことや、両親の賛同が得られないことは、婚約不成立の理由の一つでした。同様に、同居の可能性も高かったため、嫁姑問題も重大な離婚事由であったともいえます。
しかしながら、核家族が主流となった現代では、家族同士の繋がり以上に、二人で新しい家庭を作っていくんだという心構えの方が大切と言えるでしょう。

また、彼のマザコンが発覚というケースが非常に多いのは、程度の差はあれ、男性のほとんどがマザコンであることから当然と言えば当然です。重要なのは、「いざという時には、あなたを尊重してくれるか」ということではないでしょうか。マザコン男性には愛妻家が多いというデータもあります。まるで飼い主が変わったかのように、妻に従順になる可能性も秘めていると考えることが出来れば、マザコンもマイナス面ばかりではないはずです。

とはいえ、本当に踏みとどまった方がいい場合も・・・

もちろん、感情に左右されて不安になっているのではなく、本当に考え直した方が良い場合も存在します。
それは、借金や暴力癖等、不信につながるような隠し事や嘘が発覚した場合等かもしれませんし、どうしても自分の気持ちが前向きになれない場合かもしれません。
信頼できる第三者に意見を求めたり、本音で彼と話し合ってみても解決ができなければ、彼とは結婚のご縁がないのかもしれません。

マリッジブルーの時期も大切にしましょう

梅雨のようにブルーな日々の先には、すっきり晴れ渡る虹色の未来が待っているかもしれません。
貴方だけでなく多くの花嫁が、何らかのマリッジブルーを経験しているのだと考えることができれば、少し安心しませんか?

最近では、「プレ花嫁会」という、結婚前の花嫁のためのコミュニティも沢山あるそうですので、参加してみるのも良いかもしれません。
迷える時間も今しかない貴重なひと時と考え、自分らしいマリッジブルーの過ごし方をみつけられれば、きっと、幸せ上手な花嫁になれるでしょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

婚活サロン「なでしこブライダル」代表。 

婚活の現場から、応援コラムを綴ります!

関連する投稿


私は私の道を生きる。生涯独身を貫くために若いうちから考えておきたいこと

私は私の道を生きる。生涯独身を貫くために若いうちから考えておきたいこと

やりたいことがあったり、自由に過ごしていたかったり。結婚だけが、女性の生きるべき道ではないのかも…。今回は、生涯独身を貫くために若いうちから考えておきたいことをご紹介します。


恋よりも仕事を選んだ。でもデートがしたいときってどうすればいい?

恋よりも仕事を選んだ。でもデートがしたいときってどうすればいい?

彼よりも仕事を選んだとはいえ、ずっとデートしない状況は、さすがに我慢できないかも…。こんなとき、あなたならどうしますか?


もうすぐ11月22日(いい夫婦の日)♡ 結婚前より旦那さんのことを好きになった割合って?

もうすぐ11月22日(いい夫婦の日)♡ 結婚前より旦那さんのことを好きになった割合って?

結婚すると、愛情は薄れてしまうの? 株式会社キッズラインが「いい夫婦の日」にちなんで夫婦関係について調査したデータを見て、#結婚前より好き を実践しよう♡


独身女子、必見♡モテる休日とモテない休日の違いって?

独身女子、必見♡モテる休日とモテない休日の違いって?

独身女子でもモテる人は、お休みの過ごし方も違うとか!?今回は、モテる休日とモテない休日の違いについてご紹介します。


いい人なんだけど…彼氏にするにはなぜか納得できない男性の特徴

いい人なんだけど…彼氏にするにはなぜか納得できない男性の特徴

ルックスもよくて中身も、とりあえず問題はなし…。でも、どこか納得できない…。そんな男性と巡り会うと、付き合おうかどうか最終的な判断ができないはず。今回は、彼氏にするにはなぜか納得できない男性の特徴をご紹介します。


最新の投稿


元テラハメンバー、ローレン・サイがアート空間を! 注目のスタバ新作もチェックして♡

元テラハメンバー、ローレン・サイがアート空間を! 注目のスタバ新作もチェックして♡

表参道B-SIDEに、モデル兼アーティストとして活動するローラン・サイが登場。世界レベル美女と話題になった彼女がつくったアート空間と、スターバックスコーヒーからホリデーシーズン限定で発売される新作を一気にのぞき見しちゃいます!


私は私の道を生きる。生涯独身を貫くために若いうちから考えておきたいこと

私は私の道を生きる。生涯独身を貫くために若いうちから考えておきたいこと

やりたいことがあったり、自由に過ごしていたかったり。結婚だけが、女性の生きるべき道ではないのかも…。今回は、生涯独身を貫くために若いうちから考えておきたいことをご紹介します。


リアル「プラダを着た悪魔」?アパレル業界の厳しい掟に学ぶ仕事力

リアル「プラダを着た悪魔」?アパレル業界の厳しい掟に学ぶ仕事力

華やかさと厳しさをあわせもつ、アパレル業界。撮影現場から学んだ、仕事をつくる意味とは。


無駄な会議・打ち合わせばかり重ねてない? ファシリテーション能力の鍛え方

無駄な会議・打ち合わせばかり重ねてない? ファシリテーション能力の鍛え方

人数を集めて大掛かりな会議や打ち合わせを重ねているけれど、結局なんの意見もまとまらずにダラダラと時間だけを使ってしまった…。なんてことはありませんか? それぞれのファシリテーション能力というものは違っています。では、どうすればその能力は身に付くのでしょうか?


自信がないのは、過去のトラウマ。未来記憶をたくさん吸収しよう|MY WORK ヒント#15

自信がないのは、過去のトラウマ。未来記憶をたくさん吸収しよう|MY WORK ヒント#15

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第15回目は、新しいことを始めようとした時に、自信が出ない理由について考えます。


RANKING


>>総合人気ランキング